▼このブログの説明書だよ!
レブル250用品関係

アメリカンバイクに似合うヘルメットおすすめ10選!渋く悪くが良いよね

アメリカンとイケてる男性の画像

このページでは「アメリカンバイクに似合うヘルメット」の紹介をしていきます。

 

 

よくよく考えるとアメリカンバイクって日本の道路状況を考えると結構特異な存在な気がします。

  • ネイキッド → バランス
  • SS(スーパースポーツ) → ワインディング
  • ツアラー → ツーリング
  • オフロード → オフロード(林道・砂利道などの悪路)

などに特化しているのに対して、アメリカンは?と聞かれると「ツーリングでしょ?」となります。

 

が、日本の道路状況を考えると”狭い、舗装された道路ばかりでは無い、山などでカーブが多い”とアメリカン(クルーザー)には合わないんですよね。

 

特異というよりかは走りづらい、乗りづらいが正しいのでしょうがこんなイメージって持った事ありませんか?

 

まぁそんな事は言いましたが、アメリカンには渋いかっこよさというものがありますよね!

 

かくいう私も元アメリカン乗りであり、過去に3台乗ってきたアメリカン好き!という事でかっこよさに惹かれるのはよく分かります。

 

そんなかっこいいバイクだからこそ”ヘルメットもかっこいい”ものにしたいですよね?

 

この記事がおすすめな人

  • アメリカンバイクに乗る予定だ!
  • アメリカンバイクに似合う”かっこいい”ヘルメットは何?
  • 今ならこれがおすすめだ!とかある?

こんな人におすすめです。

 

基本的にヘルメットは保安用品であり、安全性を重視すべきだ!というのは当たり前なのですが、やはりアメリカンに合うかっこいい見た目で選びたいものですよね!

 

という事で、アメリカンバイクに似合うかっこいいヘルメット集めました!

ここからもまだ少し前置きや、選ぶポイントの説明が入るけど「早くヘルメット見せろ!」と思う人は目次をタップで一気に飛べるよ!

アメリカンバイクに似合うヘルメットおすすめ10選!渋く悪くが良いよね

渋いアメリカンツアラー達の画像

正直言って、今のヘルメット事情を見てみると”一昔前のアメリカンに似合うヘルメット”というイメージとはちょっと変わっていると感じる人もいるかもしれません。

 

でもそれは今の方が選ぶ幅が広くて、ファッション性を楽しめるという事であり今の方がずっと良いと感じれるかと思いますよ!

これを書いている筆者が「アメリカンに乗っているうちにもっと知っておけば…」と思ったくらいだからねw

そんな色々なモデルが溢れる中から最高に似合うヘルメットを選びましょう!

 

アメリカンバイクに似合うヘルメット選びのポイント

 

ちょっとだけアメリカンバイクに似合うヘルメットの選び方のポイントを紹介します。

 

今のヘルメット事情的に昔の”アメリカンと言えば”という偏見は捨てた方が良いですね!今では様々なタイプのヘルメットが存在していて、似合わないと思っていたタイプでも似合うモデルが出ていたりします。

 

という事でアメリカンバイク用のヘルメットを選ぶポイントは以下!

  • とにかく見た目がかっこいいと思うもの!
  • 偏見に流されない自由な視点
  • 悪っぽいイメージがかなり良い

こんな感じでしょうか。

 

色々なタイプを紹介していくので「こんなのもありなんだ(目から鱗)」「やっぱりこういうのだよね(納得)」などなど色々感想が出てくると思いますよ!

 

ヒャッハーなフルフェイスヘルメット

 

はい、という事でいきなり「アメリカンと言えば!」の昔の定番を崩していきます。

 

だって今のヘルメットにはアメリカンバイクに似合うヘルメットってたくさんあるんですよ!

 

ここで”偏見を捨てる”事が出来るのであれば、今時代に合ったネオアメリカン乗りになれるんじゃないか?と思います。

 

フルフェイスを選ぶポイントは「悪っぽい or クラシック」ですね!もともと悪っぽいイメージが定着しているアメリカンなので悪っぽいヘルメットは似合いますし、最近流行っているクラシックなヘルメットも似合うんです!

 

SHOEI:EX-ZERO

EX-ZEROの画像
引用元

SHOEIの大ヒットヘルメットEX-ZEROもアメリカンバイクに似合うヘルメット!

 

クラシックルックスなヘルメットとして”クラシックバイク””ネオクラシックバイク”に似合うと、今では大定番のフルフェイスになっています。

 

2018年11月の発売から長い間(1年以上)も購入するのに困難だった超人気っぷりだったのです。

 

機能的な部分はそこまでずば抜けたものは無く最低限なのですが、そのかっこよさから人気に火が付いたのでしょう!

 

そして、そのかっこよさともう1つの売りとして語られるべく特徴は「軽さ」であり、この軽さは首に負担のかかるライディングポジションでも全然苦にならないという事が言えます。

 

EX-ZEROは明るい色であればオシャレに、暗い色であればクールにワイルドと言った印象が得られるので、アメリカンに合わせるなら”ブラックやマットブラック、レッド”がおすすめ!

暗い色や攻撃的なイメージの色が無難に合わせやすいだけで、白や黄色でも車種によっては合うよね!

 

ゴーグルスタイルが流行っていますが”暗めのシールド”にするか”サングラススタイル”でワイルドに悪くキメるのがアメリカンにはマッチするでしょうね!

もしゴーグルスタイルにするなら、暗い色を選ぶとアメリカンには合うね!

 

オプションでバイザーを付ける事が出来ますが、アメリカンバイクに合うかは車両次第でしょう!なのでバイザースタイルにするかはよく考えて決めましょう!

 

シンプソン:M50

シンプソンM50の画像
引用元

悪そうなヘルメットの代表格ともいえるシンプソンから、クラシックなヘルメットの紹介!

 

シンプソン M50もまたEX-ZEROの様にクラシックルックスなヘルメットですが、こちらの方が悪っぽさが強めです。

 

シンプソンはバイクウェアでも人気が高く、そのほとんどが悪く渋いというイメージを受けますよね。

 

その為、シンプソンの主にレザージャケット類はアメリカン乗りが着ているのをよく見ますしかなりバイクとのマッチングも高いです。

 

そんなシンプソンですが、ヘルメットも多くアメリカンに合うものを出しておりシンプソンM50もその1つだという事。

 

M50のシルエットはこの手のクラシックヘルメットと少し違って、髑髏(ドクロ)っぽいイメージを受けませんか?

 

そんな悪さが滲み出ているヘルメットなので、明るい色を見てみてもその悪さが薄れる事無くしっかりと残っています。

 

なので明るいカラーを選んでも、暗いカラーを選んでもしっかりとアメリカンバイクにマッチしてくれる事を期待出来ますよ!

自分のバイクのカラーに合わせるとより似合うよね!

 

このヘルメットも「ゴーグルスタイル」や「バイザースタイル」を楽しむ事が出来ますが、やはり武骨に渋く悪くというイメージあるので、サングラススタイルだったりが良いと思いますね!

まぁでも基本は好みだよね!ただ、ゴーグルスタイルで派手なのを選んじゃうとスポーティな印象になっちゃって合わないなんて事もあり得るから注意だ!

 

BELL:Moto-3

Moto-3の画像
引用元

BELLは最初にフルフェイスヘルメットを作ったと言われる老舗のメーカーです。

 

クラシックなヘルメットがいくつか出ており、この手のクラシックヘルメットは得意分野だと言えるでしょう!その中でもBELL Moto-3はアメリカンバイクにも似合うヘルメットとして知られています。

 

Moto-3は先に紹介した「EX-ZEROやM50」などよりも悪っぽさが低く、オシャレさを感じるヘルメットとなっています。

 

ぱっと見はほとんど違いを感じ無いかと思いますが、チンガード部分が一番スタイリッシュでありスポーティさとオシャレさを感じる要因ではないかと思います。

 

BELL Moto-3はアメリカンバイクだけでは無く、ネイキッドやオフロードにまで合うヘルメットとなっているのでアメリカン以外にも複数のバイクタイプを所有している人は1つでまかなう事が出来たりもしますね!

 

スポーティでオシャレ、ちょい悪なのがMoto-3なのです。

ここまでの3つがアメリカンバイクに似合うファッション性の高いヘルメットモデルです。

 

ライダー次第で様々なスタイリング

  • バイザー
  • ゴーグル
  • サングラス

などなどをする事が出来る、1つで色々な顔を楽しむ事が出来るヘルメットなのでした!

 

どれも「ヒャッハー」な感じがあり、悪っぽい印象を出したいアメリカン乗りにはかなり良いオシャレヘルメットでは無いですか?

 

新定番正統派フルフェイス

 

もうすでにフルフェイスをかぶってアメリカンバイクに乗っているというライダーも多くいると思いますが、ひと昔前の定番と差別化を図るという事で”新定番”と言っておきます。

 

今ではそこそこ多くのフルフェイスヘルメットがアメリカンバイクに似合います。

 

フルフェイスと言うのは基本的には「安全性や機能性」を盛り込んだヘルメットの中でも一番良いとされるヘルメットの1つです。

 

が、基本的にアメリカンバイクに合うヘルメットというのは機能性が抜群に良いというものでは無く、見た目的に似合うというものがほとんどですかね!

 

それでも「似合う・かっこいい」というのは1つのアドバンテージなので全然良いでしょう!

 

シンプソン:M30

シンプソン M30の画像
引用元

相変わらず悪い顔をしていらっしゃるシンプソンはやはりアメリカンバイクヘルメットの定番所なのでしょう!

 

シンプソン M30は目元のシールド部と口元が”スターウォーズのダースベイダー”のような見た目をしていて、かなり悪者感が強いですよね!

 

こんなヘルメットをかぶってアメリカンに跨っている姿を見たらかなりかっこいいのと同時に威圧感も満載ですw

 

黒やシルバー系では結構威圧的に見えますが、その他の明るい色(イエローやレッド)などだと悪さの他にオシャレさも見えてくるヘルメットでありアメリカンバイクに合わせるヘルメットとしては選ぶ楽しさもありおすすめ!

 

見る角度によっては時たま「あれ?可愛い…?」なんて事も思わせてくれる所もまたシンプソン M30の良い所!

 

フルフェイスヘルメットはスポーティデザインな印象が強いなかで、このようなエッジの効いたモデルはアメリカンの”重厚感・渋さ・悪さ”にかなりマッチします。

 

シンプソン:ダイヤモンドバック

ダイヤモンドバックの画像
引用元

同じくシンプソンですがこちらのヘルメットもおすすめ!

 

「なんやこのヘルメット、ふんぞり返っとるやないか!偉そうやな…」と思いますよねw

 

このシンプソン ダイヤモンドバックはチンガード部分が特徴的なヘルメットであり、顎が長いように見えますよね。

 

まぁ確かに長いのですが、そこもポイントとして含みかっこいいヘルメットになっています。

 

シールドをスモーク系やミラー系にすると「チャラそうな悪いおっちゃん」のような顔に見えてかっこいいんですよねw

ダイヤモンドバックの画像2
引用元

▲なんかピアスっぽく見える金具パーツの部分もチャラい感じを増していますよねw

 

このシンプソン ダイヤモンドバックなのですが”リッチマンプアウーマン”というドラマで小栗旬さんがYZF-R1に乗る時にかぶっているヘルメットでもあるんですよ?

 

そうやって聞くとより良く思える人もいませんか?w

筆者はXL1200Xフォーティエイトに乗っていた時にかぶっていたね!

 

私も持っているのですが、重量は正直言って重たいと感じるのですが楽な姿勢でアメリカンに乗るよという人は全然気になりません。

 

SSに乗る時にこれをかぶっていたら首がやられましたが、首に負担がかからない姿勢なら全然大丈夫ですね!

 

ICON:エアフレームプロ

エアフレームプロの製品紹介画像
引用元

ICON エアフレームプロは見た目がかっこいい!

 

アイアンマンだとか、それ系のメカニカルなマスクをかぶっているヒーローものがかっこいいと思う人はこのヘルメットのかっこよさは伝わるはず。

 

中でもICON エアフレーム プロ ゴースト カーボンは真っ黒では無く、グレー調に主張しすぎないカーボン感を持っているのが渋さや悪さをかっこいいと思う人にクリティカルでしょう!

エアフレームプロゴーストカーボンの画像
▲これがエアフレームプロゴーストカーボンです。

 

シックでクール、スポーティ過ぎず適度に悪さを感じれる見た目がかなり良いと思います!

 

カーボンという軽量で優秀な素材を使っているが主張しすぎていない所もまたグッドですよね。

 

もう一つおすすめなのがICON エアフレーム プロ クイックシルバーです。

 

クイックシルバーカラーはまさにシルバーベースカラーであり、ブラックのシールドとの組み合わせが抜群にかっこいい!

 

ブラックやシルバー系のバイクカラーとの相性が良いかと。

クイックシルバーの画像
▲こんな感じになりますね…いやはやかっこいいなおい!

 

こんな雰囲気のフルフェイスが好きならめちゃくちゃおすすめですね!

 

ICON:エアフライト

エアフライトの画像

ICON エアフライトも仮面ヒーロー系がかっこいいと思う人なら確実にビビッと来るでしょう!

 

ね?めちゃくちゃかっこいいでしょ!

 

エアフライトの特徴は何といってもチンガードまで覆うスタイリッシュなシールドですね。

 

よく見るヘルメットにあるシールドは目から鼻あたりにかけてまでのものばかりですがICON エアフライトは顔前面全部を覆うような感じになっています!

 

言わなくても分かる通りかっこよさはこの変わったシールドから来ていますね。

 

インナーサンバイザーが付いているヘルメットなので、シールド部をクリアタイプにしていても太陽のまぶしさとかは感じませんが俄然「ミラーやスモーク系でかっこよくしたい」って気持ちになりますね!

 

重量はMサイズで1690gとヘルメットの中ではそこそこ重たい部類になりますが、どっしりと構える様なアメリカンのスタイルであれば気にならないでしょう。

 

セパハンなどで前傾姿勢になるカフェスタイルカスタムなどをしていたりすると長距離で首がキツくなる可能性は高いですね…

 

ICONのヘルメットはICON エアフレームプロ」「ICON エアフライトともにかなりイケている見た目なのでフルフェイスタイプを選びたいならかなりおすすめ!

 

BELL:Bullitt(ブリット)

BELL ブリットの画像
引用元

クラシックな雰囲気を前面に出したいアメリカンバイクライダーは「BELL Bullitt」がおすすめです!

 

どれだけクラシックなヘルメットと言われていてもこのヘルメットにクラシック感がかなうフルフェイスは見当たらないと思います。

 

フルフェイスを初めて作ったBELLだからこそ出せる味であり、かなり古臭い渋さを出してくれるヘルメット。

 

視界がかなり広くとられており、目視のしやすさもかなりのもの!見た目はクラシックなもののかぶり心地は品質が良いと言われている日本製と遜色が無い心地であり、シンプルだからこそ色々なバイクに合う所も魅力だ!

 

防風性能が欲しいからシールドはやっぱりいるけれど、あえてクリアシールドにして中にサングラスを付けるスタイルも渋くてグッドですね。

 

シンプソン:Mod Bandit(モッドバンディット)

モッドバンディットの画像
引用元

今ページ唯一のシステムヘルメットなのがシンプソン Mod Bandit です。

 

今回紹介するシステムヘルメットがこのモデル1つだったので、項目をわけずにフルフェイスの中で紹介する事にしました!

 

システムヘルメットなのでこんなしっかりとしたフルフェイスルックスなのに”チンガードがフリップアップ”します。

 

シンプソンならではのサングラスのような形のシールドの内側には、インナーサンバイザーが付いており、どんなにまぶしいロケーションでもへっちゃら!

 

更にチンガードがフリップアップして、ジェットヘルメットの様になるので「ヘルメットの脱着」が楽ですし「ヘルメットを被ったまま、飲み食い」だって出来てしまいます。

 

個人的にフルフェイスをかぶっている時に顔がかゆい時!こんな時にチンガードが上がるのはかなり助かるシステムヘルメット流石!ってなりますねw

モッドバンディットフリップアップ の画像
引用元

▲フリップアップするとこんな感じになって、この状態でロックをかけることも出来るので暑い季節などにはフリップアップ状態で走行し、クールダウンを行う事なんかも出来ますね!

 

各種エアベンチレーションは調節が可能であり、チンガードのエアベンチレーションはヘルメットデザインに一役買っています。

 

全体的に機能性が高いシステムヘルメットとなっているので、見た目だけでは無く機能性も欲しいというアメリカンバイクライダーにおすすめですね!