格安ヘルメットLEAD工業の見た目アリなフルフェイスおすすめ3選!

LEAD工業のおすすめフルフェイス紹介ページタイトル画像

PVアクセスランキング にほんブログ村

ヘルメットは高価であり、フルフェイスはヘルメットタイプの中でも一番高価なものと言っても過言ではありません。だって4万も5万しますからね…

しかし高いという認識は間違いではありませんが、数々のヘルメットを比較すると仕方ない当然の金額とも言えます。何故なら…

  • 機能性、快適性の高さ
  • 安全性の高さ(安全規格取得数やレベル)
  • そのメーカーで年々培ってきた信頼性(ネームバリュー)
  • 素材の使用量

というものが金額の高価さというものに詰め込まれています。なので当然と言えば当然の値段でもあるわけで…特にフルフェイスは頭をすっぽりと包み込む構造であり使う素材も多いので特に高いと言えるでしょう。

とは言えヘルメットに多くのお金を使ってはいられないという人がいるのももちろんかと思います!そんな人は格安フルフェイスヘルメットを出しているLEAD工業も検討してみるのをおすすめしますよ!

このページのまとめ

バイクのヘルメットが高価だと思える価格設定なのは「機能性、快適性/安全性/ネームバリュー」など値段が高くなる要因があるからです。

しかし、だから高額なヘルメットを買っておけばいいんだよ!なんて全員が納得いくわけでも無く、費用を抑えたいライダーもたくさんいるわけなのです。

そんな時は、機能性や快適性はほどほどだが安全面も日本の公道では十分に使えると判断されているLEAD工業を検討してみるのもアリかと思いますよ!

こんな感じのページとなっています。

そんなLEAD工業のフルフェイスヘルメットの中でも、見た目的にかっこいいと思えるアリなモデルを厳選し、おすすめしていきますよ!

目次

格安ヘルメットLEAD工業の見た目アリなフルフェイスおすすめ3選!

LEAD RX-200Rの画像
  • 機能性、快適性の高さ
  • 安全性の高さ(安全規格取得数やレベル)
  • そのメーカーで年々培ってきた信頼性(ネームバリュー)
  • 素材の使用量

▲これらがヘルメットを高額にさせる要因…

にわとり君

いくつかは腑に落ちるけどネームバリューは目に見えないし、何か納得いかないよ?

パンダ先生

でもさ、極端な話だけどちょっと高いけどしっかりと治療してくれると評判の医者と、安いけど全く評判の無い医者だとどっちに診てもらう?

多くの人は高いけどしっかりと診てくれる医者の方へ行きますよね!多くからの信頼ってそれだけ大切って事なんです。

まぁでもだからって誰もが「SHOEIやArai」なんてどのヘルメットも割と高額で売られているものに手を出せるとは限りません…なのでLEAD工業をここで見てみて下さい!

LEAD工業のフルフェイスはSG(全排気量対応)の安全規格

SGマークの画像

有名なヘルメットメーカーで見る安全規格は「JIS/SNELL/DOT」などでしょう。MODELLOではSGという安全規格が取得されています。

SG規格とは色々な物の安全規格と扱っており、バイクのヘルメットに関しては以下のような基準で合格可否を示しています。

メモ…

頭部を保護するための衝撃吸収性や耐貫通性を規定しています。

簡単に言うと上記参考に適していればSG規格を取得出来るのですが、日本では「SGマーク=安全の証」とされており信頼度は高いと言えますね。

製品の欠陥による人身事故には最高1億円までの賠償措置が講じられるとあるようにSGマークがついている製品を使用している状態でその製品に不備があったために起こった事故であれば1億円までの賠償措置があるというくらいのものですからね!(状況などにより金額は変動する場合もある)

ただこんな風に言うとSG規格最強!なんて思われてしまいそうなので訂正しておきますが、SG規格はしっかりと安全性を検査したものだが、SG規格のみだと最低限である事も間違いありません。

何故ならSHOEIやAraiも当然SG規格を取得しており、更にそれ以外で「JIS/SNELL/DOTなど」の安全規格も取得しているからです。

つまり色々な基準をクリアして、より安全性を証明しているという事ですね。

とは言えSG規格を取得していれば安全性をしっかりとチェックされているという証である事は間違いないので、十分に安全性を持ったヘルメットである事も間違いないのです!

これから紹介するフルフェイスは全てSG規格取得品なので、各紹介の時は割愛しますね!

LEAD ZIONE

LEAD ZIONEの画像

LEAD ZIONEはLEAD工業のフルフェイスの中でもシンプルながらにしてかっこいいと言える代表的なモデルとなっています。

グラフィックモデルと言うには足りず、ソリッドモデルと言うにはオシャレ…そんな半端な立ち位置だが、十分なかっこよさがありますよね?

LEAD ZIONEはヘルメットカラーで人気なマットブラックをベースにベンチレーションシステム部や側面、頭頂部にカラーラインを入れる事でスタイリッシュな印象を持たせています。

ベースがマットブラックとなっているのでオレンジなどの割と派手なカラーリングを合わせても落ち着いた印象を持ちます。

LEAD ZIONEの機能性

LEAD ZIONEの画像

LEAD ZIONEの機能性はそんなに多くはありません。

  • 頭部のエアベンチレーション
  • 口元のエアベンチレーション(マウスシャッター)
  • ラチェット式ワンタッチバックル
  • 脱着式内装

エアベンチレーションは頭部とアゴ部に装備されており、装着ベルトにはラチェット式ワンタッチバックルが採用されているので脱着が結構楽です。内装はフル脱着が可能なので汗などをかいたら洗濯ができ、清潔に保つことが出来ますね!

しかし、これらのほとんどは多くのフルフェイスに採用されている機能面なので特筆するものでも無いのは確か…ラチェット式ワンタッチバックルは採用されているものもあれば採用されていないものもあるので珍しいと思えるライダーもいるでしょうね!

LEAD ZIONEのカラーバリエーション

LEAD ZIONEの画像

▲まずは最初に載せた画像ですが、これは「オレンジ」というカラーバリエーションでありマットブラックがベースでベンチレーションや各部にオレンジのラインなどが入っています。

LEAD ZIONEの画像

▲こちらは「グレー」というカラーバリエーションであり、同じくマットブラックベースにベンチレーション部や各部にグレーカラーが採用されています。

LEAD ZIONEの中では1番大人しいカラーとなっており、スタイルは好きだが各所に派手カラーは要らないという人におすすめな無難カラバリモデルですね!

LEAD ZIONEの画像

▲最後は「パープル」というカラーバリエーションであり、1番人を選ぶカラーになっているかと思います。淡いパープルカラーはマットブラックの中でも目立つので下手に合わないカラーの服装やバイクと合わせるとかなり浮く可能性はあります。

その為、パープルをチョイスするならパープルにカスタムしたバイクなどに乗っているライダーにおすすめかと思いますね!

以上がLEAD ZIONEの紹介ですが、2万円(税別)程度で買える安いフルフェイスとなっているので、安くてもかっこいいフルフェイスを探している人には結構おすすめかと思いますよ!

ちなみにZIONEの基となった「STRAX SF-12」はベースのソリッドモデルとなっており、スタイルはそのままに、よりシンプルなものの方が良いという人はコチラがおすすめでしょう!

LEAD RX-200R

LEAD RX-200Rの画像

「LEAD RX-200R」はレトロなスタイルのヘルメットとなっています。ネオクラシックバイクというクラシックな見た目のバイクが流行っている事もあり、同じくレトロ(クラシック)な見た目のヘルメットも流行っていたりしますよね!

特にこのヘルメットはクラシックな見た目で有名なBELLというメーカーの「STARⅡ」に似ており、STARⅡは人気があるヘルメットです。

BELL STARⅡの画像

▲ちなみにこれがBELL STARⅡであり、「LEAD RX-200R」はこれにかなりそっくりですよね!って事で見た目的デザインは十分に良いと言い換える事もできますよね!

LEAD RX-200Rの機能性

LEAD RX-200Rの画像

LEAD RX-200Rの機能性は以下…

  • 80年代ヘッドロゴマーク
  • 内装生地にサテンキルティング
  • 脱着式内装
  • ラチェット式ワンタッチバックル

上2つは機能性とは言えない内容ですが…ヘッド部のロゴマークや内装生地はサテンキルティングと、外見の他にも内装にもレトロ感を出しているという事。

内装はサテンキルティング部以外は脱着する事ができ、清潔に保つことが出来ますね!

LEAD安定のラチェット式ワンタッチバックルも装備されているので、楽々とヘルメット脱着が出来ます。

LEAD RX200Rのカラーバリエーション

LEAD RX-200Rの画像

▲まずは最初に載せた「ホワイト」ですが、これは一番レトロ感の強いヘルメットとなっていますね!ホワイトは無難なカラーというのもありますが、このような昔ながらのスタイルと合わせるとかなりレトロ感が出ますね。

LEAD RX-200Rの画像

▲次のカラーバリエーションは「オレンジ」ですが、これもなかなかのレトロ感を持っています。

しかしグラフィック等がされていないレトロ感溢れるツルツルボディ全てがオレンジと言うのはかなり目立つものであり、上手に服やバイクと合わせないとかなり浮く事になるので上級者向けかもしれませんね!

LEAD RX-200Rの画像

▲最後は「ブラック」ですが、ブラックはヘルメットの中でも定番のカラーリングとなりますが、ことレトロ系ヘルメットの中では一番レトロ感が弱いと言えるでしょう。

しかし黒は黒で締まったスタイリッシュな印象があるので、レトロ感とシックなクールさが欲しいライダーにピッタリかと思いますね!

以上が「LEAD RX-200R」の紹介ですが、このヘルメットは16,000円(税別)で買えるので安いんですよね!ちなみにBELLのSTARⅡは7~10万円ほどします…

MODELLO(モデーロ)

LEAD工業 MODELLOの画像

「MODELLO」はLEAD工業のフルフェイスヘルメットの中でも格安なヘルメットとなっていますが、そんな安さの割にグラフィックにはこだわられているスポーティなフルフェイスに仕上がっています。

MODELLOはアンダー1万円(1万円以下)で購入する事が出来る格安フルフェイスとなっているので安価だがスポーティさを持っているグラフィックモデルを探しているライダーにおすすめだ!

▼MODELLOの詳しい機能面やカラーバリエーションなどは下記リンクへどうぞ!

という感じで格安ヘルメットを提供しているLEAD工業のおすすめフルフェイスヘルメット3選を紹介してきました!

安いとは言ってもデザイン性は高いと思えるLEAD工業であり、機能性は最低限で十分だと思えるライダーにとってはかなり良いヘルメットかと思えますね!

まとめ:LEAD工業のフルフェイスヘルメットは高くても「2万円ちょい」

LEAD工業のフルフェイスヘルメットは高くても2万円とちょっと、と他のヘルメットメーカーのものと違ってかなり安いと言えますよね!

代わりに機能性などは最低限となっており、4万5万するフルフェイスに比べると「機能性や快適性」は落ちてしまいますが、それは仕方はありませんね。

LEAD工業のフルフェイスヘルメットはそんな感じの格安ヘルメットとなっているので、安くて見た目が良いなら全然OK!という人にとってはかなり良いヘルメットになるでしょう!

逆に、機能性や快適性はやっぱり高ければ高い方が良い…というライダーは比較的高価なフルフェイスを購入する他無いのかもしれませんね。

という事で、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

++++このブログはシェアフリーです++++

↓いつも面倒なポチっとにお付き合いありがとうございます。励みにしております!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次