GB350/Sカスタムカウルやウィンドスクリーン!見た目と風防性能どっちを取るか?

GB350/Sおすすめカウルやウィンドスクリーンのページタイトル画像

PVアクセスランキング にほんブログ村

そのままでももちろんかっこいいGB350やGB350Sですが、こんなことも思った事ありませんか?

にわとり君

カウルを付けたらもっとかっこいいんじゃないかな!?

なんて…

カウルを付けた姿がかっこいいと思えるかどうかは付けてみないと変わらないですが、イメージする事は十分に出来ますね!

何はともあれカウルを付けた方がかっこいいんじゃ…って思っているなら色々な物を見てイメージした方がムズムズやモヤモヤが解消されますよね?

というわけでこのページではGB350やGB350Sに装着可能なカウルの中で筆者がかっこいいと思ったものをピックアップしていくので参考にしてみて下さい!…と思ったのですが、現状そんなに出てないですね。

なのでカウルだけでは無くてウィンドスクリーン(風防)もセットで紹介していきますね!

目次

GB350/Sはカスタムカウルとウィンドスクリーンでどんな風にかわるのか?

GB350はもちろんの事、バイクにカウルやウィンドスクリーンを装着する事によって主に2つの事が変わります。

  1. 見た目が変わる
  2. 防風性能が上がる

分かっている人も多いかと思いますが、これだけの事が変わりますね!

そしてGB350やGB350Sのカウルやウィンドスクリーンを見てみるとどっちを選ぶかでそれぞれがどのような効果を発揮するのかも見えてきます。

  • カウルを装着する→見た目変化◎/防風性能アップ〇
  • ウィンドスクリーンを装着する→見た目変化△/防風性能アップ◎

という感じでしょうか…あくまでカウルとウィンドスクリーンを比べたらという結果です。

カウルは見た目はかっこよくなるし、防風性能もそこそこにアップする。しかしウィンドスクリーンは見た目的にはそんなにかっこよくありませんが、カウルよりも大きなウィンドスクリーンが付いている場合が多く、立ちが強いので防風性能はカウルよりアップするといった感じです。

なのでそんなに「走行風が…走行風が…」という人でなければカウルがおすすめですね!

WM(ダブルエム):GB350用 アルミビキニカウルセット

WM アルミビキニカウルセットの画像

WM(ダブルエム)から出されているアルミビキニカウルセットです。ビキニカウルのボディ部がアルミ素材になっており独特の味を出しているカウルです。

マフラーをカスタムしてもノーマルマフラーのようなメッキカラーだったり、各部をちょくちょくメッキやステンレス系にして合わせていくカスタムを考えているならこのアルミ色もかなりマッチしてきそうですね!

ただ、フルノーマルにこのカウルだけ付けると…似合うには似合うがちょっとカウルだけが浮き気味な印象にも感じる。

WM アルミビキニカウルセットの画像
WM アルミビキニカウルセットの画像

▲引きの様子がそれぞれこんなかんじですが、いかがでしょう?やはりカウルがかなり浮いている気がしませんか?バランスはよくありませんよね。

カスタムGB350の画像

▲このようなカスタムカラーをするならアルミ地のままでかなり似合いそうですね!

まぁただもちろんそんな「アルミそのまま!」というだけでは無く、塗装をして出荷する事も出来るようになっているので安心して欲しい。

WM アルミビキニカウルセットの画像

▲これはあくまでイメージカラーなので実色はもう少し濃いと考えて良いです!マットジーンズブルーメタリックがどんな色かは分かりませんが、マットブラックの雰囲気から見るとノーマルのGB350のカラーに合わせてあるのでしょう。

WM アルミビキニカウルセットの画像
GB350の画像

このような感じでマットブラックがGB350車種自体のカラーバリエーションのマットブラックに合わせてあるので、マットジーンズブルーメタリックも同様に同じ色だと思ってよさそうだ!

欲を言えばGB350の純正カラーリングの全てがあれば良かったですけど…

  • マットジーンズブルーメタリック
  • キャンディークロモスフィアレッド
  • マットパールモリオンブラック

と3つの純正カラーがGB350にありますが、このカスタムカウルには塗装オプションとしてレッドパターンが無いんですよね…

とはいえブルーとブラックがあるので、そのカラーのGB350に乗っている人にはかなりおすすめだ!

もちろんアルミ地にして好きな色に塗装するのもアリだ!

WM:GB350/S用 ビキニカウルセット

WM ビキニカウルセットの画像

同じくWMのカスタムカウルであり、これもまた同じくアルミ素材を使用したカウルとなっています。しかしながらこちらはGB350Sにも適合となっているカスタムカウルです。

先に紹介したカウルとの違いは感じられませんが、GB350Sにも適合となっているのが唯一で大きな違いですかね!

アルミビキニカウルセットでは適合車種がGB350だけとなっていますが、こちらはGB350Sにも対応なのでGB350S乗りでもビキニカウルが装備出来るとなりますね!

しかしながらこちらのビキニカウルは基本的にアルミ地のみとなっているのでアルミ地での使用か、塗装をする前提という感じでの購入になります。

WM ビキニカウルセットの画像

アルミビキニカウルセットと比べてアルミを磨いた痕跡が分かりにくいのでかなりしっかりとバフがけをされている感じでなので遠目やぱっと見だとアルミよりかはFRPのような感じに見えるかもしれませんね!

WM ビキニカウルセットの画像

アルミのシルバー色にも見えますが、FRPの白っぽい色にも見えますね!

ただやはりこの色のままではカウルが浮いてしまっているイメージが強いので塗装をした方がよりしっくりくる事になるでしょう。

なのでGB350であればアルミビキニカウルセットの方が塗装込みで購入出来るので、そちらの方が良いかと…逆にGB350Sであればこちらのビキニカウルセットの方に適合とあるので、GB350Sはコチラを選ぶ事になるのでしょうね。

どちらのカウルもスクリーンカラーが「クリアとスモーク」の2種類あるのでそこも選べますよ!

カウルというパーツは防風性能をそこそこにアップし、見た目もグッと変わるのでカスタムとしての影響は大きくかなりおすすめ!

ですが…2022年8月時点の現状ではGB350/S用のカウルは少ないので、ヘッドライト周りのパーツで防風性能や見た目の変化を求めているならウィンドスクリーンも候補に見ておくと良いでしょう。

▼加工してでも安いカウルが良いんだ!という人は下記ページを参考にすると良いかも?

デイトナ:Blast Barrier(ブラストバリアー)車種別キット

Blast Barrier 車種別キットの画像

Blast Barrier(ブラストバリアー)車種別キットはデイトナから出ている車種別に作られたウィンドスクリーンキットです。

なのでGB350/S用のウィンドスクリーンという事で適合しているのはもちろんの事、その見た目のマッチ具合も見てもらって分かる通りかなりのものですよね?

このウィンドスクリーンは高品質スクリーン「Blast Barrier」と取付のステーがセットとなっていて、スクリーンカラーはスモークとクリアから選べます。

このウィンドスクリーンは3段階の立ち角度の調整が出来るので、自分の一番楽に走行できるポジションで設定しておく事が出来ます。

スモークとクリアの違いは結構大きく、スモークの方が見栄え的には良い印象。その分クリアは名前通り視界をクリアな状態で防風性能を発揮してくれる。

ヘッドライトとの隙間が絶妙でしっかりとGB350にマッチしており、スクリーンの形もなかなかに良い!GB350/S用のウィンドスクリーンの中でもトップクラスの見た目だと言えますね。

エンデュランス:メーターバイザーセット

エンデュランス GB350用 メーターバイザーセットの画像

エンデュランスのウィンドスクリーンはとてもスリムでスタイリッシュな形となっています。

スクリーン面積が小さいのが関係あるのかどうかは分かりませんが、価格が1万円以下で購入かのうというコスパの高いスクリーンとなっています。

ですが、先に紹介したデイトナ製のウィンドスクリーンや他のものと比べると幅狭なスクリーンとなっているので防風性能はそれらと比べると劣るでしょう。

しかしながらあまりに大きなスクリーンだとちょっと好みと違う…防風性能があれば良いけどヘッドライトにちょっとだけアクセントを付ける程度で良いという人におすすめですね!

エンデュランス GB350用 メーターバイザーセットの画像

そしてスクリーンのスリム形状以上にもっと変わっている部分として、画像にある付属の取付ステーにはスクリーンだけでは無く、ドラレコやヘルメットホルダーなども取り付ける事が可能になっているということだ!

近年増えているバイクのVLOG(モトブログ)でハンドル周りにもアクションカメラを付けて自分の走行姿も撮っているのを考えての事なんでしょう!

そんな感じの工夫までしており開発にかなりバイク乗りの事を考えられている姿勢がうかがえますね。

エンデュランス GB350用 メーターバイザーセットの画像

メーターバイザーという名前が付いているようにメーターに沿うような角度をしていますね!どちらかと言うと機能面よりも見た目重視のウィンドスクリーンという印象になるかと。

スクリーンカラーは「スモーク/クリア」の2種類が用意されています。

ワールドウォーク:メーターバイザー

ワールドウォークのウィンドスクリーンは2種類の形状が用意されています。

横幅が広めで高さもある防風性能が高めのタイプと、スリムで高さも低めのスタイリッシュなタイプの2つですね!それぞれ分かりやすく「ミドル/ショート」というバリエーション名となっています。

ワールドウォーク GB350/S用 メーターバイザーの画像
ミドルタイプ
ワールドウォーク GB350/S用 メーターバイザーの画像
ショートタイプ

ミドルもショートもどちらも角度はメーターに沿うような角度になっていますが、ミドルは高さがあり、ショートは高さが無いのが比べて見てもわかりますね!

そしてミドルタイプは横幅も広いので画像ではサイドに湾曲している部分の面もしっかりと見えています。ショートは正面に向いている面だけのような幅の狭さとなっています。

  • ミドルタイプは防風性能重視
  • ショートタイプは見た目重視

という感じにイメージして選ぶと良いでしょう。

そして、このウィンドスクリーンもスモークとクリアから選ぶことが出来ます。

純正アクセサリ:メーターバイザー

ホンダ純正アクセサリ GB350/S用 メーターバイザーの画像

ホンダ純正アクセサリからもウィンドスクリーンが出ていますが、こちらはハッキリいっておきます!防風性能皆無の見た目重視のアクセサリーパーツです!

防風性能を求めているなら絶対に選んではいけないアイテムですが、ヘッドライト周りをスタイリッシュにしたいというのであればこのウィンドスクリーンが一番良いと言えるでしょう。

何故なら防風性能を度外視してとても小さくフィット感の高いサイズ感を出しているので、見た目を飾るのには今まで紹介した中では一番向いているからですね!

以上の4選がGB350やGB350Sのおすすめウィンドスクリーンです。

出ているウィンドスクリーンは「防風性能重視か」「見た目重視か」の2択で選ぶようなものが多かったかと思いますが…筆者のおすすめは以下ですかね!

  • デイトナ:Blast Barrier(車種別キット)
  • ホンダ純正オプション:メーターバイザー

の2つがおすすめです。

デイトナのブラストバリアーはスクリーンの大きさがあり防風性能が高い上に、形状が結構こだわられておりGB350/Sへのフィット感が高いから見た目もなかなかに良い!

ホンダ純正オプションのメーターバイザーはとても小さいので防風性能はありませんが、それを捨ててまでも「意味あるんか?」という小さいサイズを採用しているおかげでヘッドライト周りのアクセントとしては丁度良く見栄えが良い!

そんな理由から筆者は上記の2点を推したい。

まとめ:カウルはこだわりが強いが選べる多さはない…とりあえずはウィンドスクリーンを付けておくという手もありか?

今現在ではGB350/S用にと登場しているカウルは人気から見ると意外に少ない…アルミ素材を採用しておりこだわりが強くとても魅力的だが今後の各ブランドから登場する新製品にも期待したい。(ロケットカウルとか…ね)

となってくると現状出ているカウルに高い金額を出すよりかは、比較的安価に購入出来るウィンドスクリーンで防風性能を充実させるか、見た目を好みに近づけておくという選択が良い気もしますね!

だって、人気の車種であればあるほどカスタムパーツが充実してくるから。

今はかなりたくさんのカスタムパーツが出ている同じくホンダのレブル250だって登場当初はカスタムパーツも充実していなかった。

だけど人気が続いたがためにカスタムパーツも充実した!GB350/Sも同じく人気を維持し続ける可能性を大いに秘めたバイクなので期待して良いでしょう!

という感じで、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

++++このブログはシェアフリーです++++

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次