「バイクの服装」夏は半袖でもOK!だけど涼しくないかもよ?

バイクの夏の服装、半袖の解説ページタイトル画像

PVアクセスランキング にほんブログ村

夏はバイクにとっての本シーズンの1つの季節であり、青い空の下走行するのはとても気持ちが良く気温が高いのでタイヤもしっかりと道路を掴んでくれて走りやすい!しかし夏はバイクのシーズンでもあればバイク乗りにとって辛い季節でもあります。

暑い日差しの下、暑い気温の中、暑いエンジンの上に跨り走行するのはやはり辛いものがある…そうなってくると出来るだけバイクの服装は涼しいものが良い…と思うのは当然ですよね。

にわとり君

でもさ、安全のために長袖のバイク用ジャケットを着た方が良いんでしょ?

パンダ先生

やっぱりバイクはむき出しの状態での走行だから安全は大切だよね…

これはその通りであり、安全はなにものにも代えがたい!

すばる

でもさ、バイク用の服装ってダサいじゃん…暑くてダサいとか最悪よ?

と、思ってしまうのも仕方が無い事ですね。

人の好みと言うのは千差万別であり、バイク用の服装がかっこいいと思う人もいればダサいと思う人もいます。というわけでこのページではとりあえず安全性は度外視して、涼しさだけを詳しく説明していきます。

目次

「バイクの服装」夏は半袖でもOK!だけど涼しくないかもよ?

上半身裸でバイクに乗る人の画像

夏の服装と言えば「半袖」が定番で、毎年半袖を着て外に出る事になりますよね?その半袖Tシャツなどはバイクに乗る時にも適しているのか?という事ですね!

安全性に関してはこのページでは言及しませんし「バイクに半袖で乗るやつはバカだ!」なんて言いません。そもそも安全に対する意識は人それぞれであり、服装で対策をするしないは自由ですし。

夏のバイクの服装に半袖は向いてる?結論!「向いているが工夫が必要」

涼しさの観点で考えて、夏のバイクの服装にTシャツなどの半袖は向いています。

しかし、ただ半袖のTシャツを着るだけでは向いておらず逆に暑い…ロケーションに合わせて簡単に工夫をする事で半袖の涼しさを初めて得る事が出来るのだ!

という感じで、半袖は向いている!だけど工夫をしないと逆に暑く向かなくなってしまうのです。

ではこの結論について詳しく説明していきましょう。まず工夫して防ぐべき暑さや不快さの要因は2つです!

1:直射日光は一番の暑さの要因

日光の画像

ご存じだと思いまうが、夏に感じる暑さの一番の要因は「直射日光」です。

夏で外出中に思わず日陰に逃れてしまう事ってありますよね?あれば直射日光が刺すように暑いからですね。直射日光には紫外線(UV)と赤外線(IR)があります。これらがバイク乗りに対して結構強い攻撃をするんですよね…

メモ…

紫外線…UVは肌にダメージを与え、そのダメージは日焼けという形で体に残る
赤外線…IRは日射熱として当たった肌表面の温度を上昇させて、体温上昇にもつながる

熱上昇の要因は赤外線ですが、紫外線によるダメージは暑いというのと同様にバイク乗りの体力をグングンと奪っていくので直射日光のUVもIRも両方とも脅威なのです!

2:流した汗は拭かないと暑いままだし不快

汗をかいている女性の画像

流した汗はそのままだと良い事は1つもありません。夏なんかの暑い気温だとじっとしていても汗をかき、出来る限り快適に涼しく走行したいならその汗をなんとかするべきなのです。

メモ…

汗は流したまま放置していても基本的に涼しくなる事はありません。汗をかいた後に涼しくなるには汗を蒸発させ、気化熱によって体温を下げるようにしないといけません!

しかし、バイクの走行中にタオルを出して汗を拭くなんて事は出来なくはありませんが面倒だし立ちゴケなどのリスクもあがる…どうしたら良いのでしょう?

対策:おすすめはアームカバー

アームカバーの画像

「直射日光」や「流した汗」の対策として半袖Tシャツなどの他にアームカバーをすると良いでしょう!

にわとり君

でもさ…半袖にアームカバーしたら長袖と一緒じゃ?

パンダ先生

見た目はね!でも、半袖にアームカバーと言うのが肝なんだよね!

”半袖+アームカバー”というのが半袖をいかしつつ直射日光や汗の暑さや不快感を大きく緩和する事が出来るのです!

半袖はあたりまえですが、袖が短くて長袖よりも袖口が大きいですよね?そこから風を取り込む事が出来ます。アームカバーはピッチリしているのでその袖口を塞ぐことなく腕を直射日光から保護する事ができるんですよね!

なので”半袖+アームカバー”なら袖口から風を取り込みつつ、腕をダメージから保護してくれるという事になります。

さらに言うと、アームカバーは汗の不快感や体温を下げるのにも恩恵があります。アームカバーは薄くストレッチ性のある生地で出来ていますがこれがまた良い!腕の汗をしっかりと吸収し不快感を拭うと共に、走行風の力もあり汗の蒸発を早めてくれて、この時の気化熱で肌の表面温度を下げる効果もありますね。

メモ…

アームカバーが無くても腕の汗は蒸発しますが、布で座れずにそのまま汗の玉が腕に乗っている状態だと蒸発の効率が良くない。

深い水たまりよりも、浅い水たまりの方が蒸発が早いという比較が分かりやすいでしょう。

アームカバーをすることで浅い水たまり状態にするという事です!

ただし…アームカバーをずっと装着し、汗を吸わせ続けると不快感が出てくるし暑くもなってしまう。そうなると意味が無いので、ちょっとしたロケーション事の工夫をすると効果が高く、長く快適にツーリングを続ける事が出来ます!

なのでバイク走行時にはアームカバーをし、お店に入って食事などをする休憩時にはアームカバーを干しておくなどして吸収させた汗を乾かしておくと良いでしょう。出来る事なら簡単に水洗いをして干しておくと再装着時にはより快適な付け心地でツーリングの再開をする事が出来ますね!

筆者おすすめのアームカバーは「ワークマン」安くて良い着圧感

そして、筆者がおすすめするアームカバーは「ワークマン製」のものです!ワークマンが販売しているアームカバーはいくつかありますが、500円程度で買えるもので十分です。

筆者は仕事でもアームカバーを使っていますが、これが安いクセにしっかりと汗を吸うし着圧具合も最高に良いんですよね!

ワークマンのアームカバーの画像

画像のようなFind-Outと書かれた柄無しのアームカバーが「安く丈夫で着圧感の良い汗をよく吸う」アームカバーなのがおすすめです!画像はネイビーカラーですが、もう1セットブラックカラーと2セット筆者は持っています。

ワークマンのアームカバーは店頭で確かワンコイン出せばお釣りがくるくらいの金額でしたが、ネットで買うならインナーシャツに定評のあるおたふく手袋などでも良いかと思いますよ!

まとめ:バイクの夏の服装は半袖でも良いが、それだけじゃ涼しくない!プラスアームカバーがポイントだ

夏は単純に気温が暑いというのもありますが、直射日光による暑さの増加や汗による不快感があるので気温異常にバイク乗りには辛さがのしかかる…

そんな状態なので「長袖なんか着てられるか!」「バイク用なんてダサいし暑いしで最悪」なんて思うバイク乗りがいても仕方の無い事!

だからといって単純に半袖Tシャツを着るだけだと暑さ対策にならないことは覚えておいた方が良い!アームカバーなどの肌を隠しつつ、風を取り込める状態にするというのがポイントだと言えるでしょう。

という感じで、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

++++このブログはシェアフリーです++++

↓いつも面倒なポチっとにお付き合いありがとうございます。励みにしております!

にほんブログ村 バイクブログへ
当ブログの【お問い合わせ】ではこんな記事を書いて欲しい!などの意見も受け付けています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次