バイクヘルメットのおすすめ!メーカー別特徴とそれぞれが合う人紹介

各ヘルメットメーカーの 特徴とおすすめな人紹介ページタイトル画像

PVアクセスランキング にほんブログ村

バイクに乗る為に必要不可欠なアイテムの代表作と言えるのが「ヘルメット」です。ヘルメットが無ければ法律的にもバイクに乗る事が出来ませんし、気持ち的にも無理でしょう。

そんな必ず必要なヘルメットなのですが購入前には色々と悩むものです…

  • どんなタイプのヘルメットが良いのか?
  • 価格はいくらくらいなのか?
  • メーカーはどこが良いのか?
  • などなど…

ヘルメットははっきり言って高価なものであり、簡単にほいほい1つも2つも買えるものでは無く、1つを長く使用する事もあって購入に悩みますよね?そんな人へ向けてのヘルメット紹介ページとなっています。

このページのまとめ

ヘルメットは高価であり、長く使用するというのもあり購入に悩む…

色々と思うところはあるでしょうが、フルフェイスを購入するのが安全面でも見た目面でも無難です!どんなバイクに乗るとしてもまずフルフェイスから探してみる事をおすすめします。

「SHOEI/Arai/OGKカブト/シンプソン/BELL」などなど、ヘルメットメーカーは意外にもたくさんあり、悩みの種としての1つですが各特徴と合う人があります。

金額やデザイン、機能性などなど特徴を見ながら自分に合う/欲しいと思うヘルメットを探すと良いでしょう!

こんな感じのページとなっています。各メーカーのヘルメットの特徴や合う人を紹介していきますので初ヘルメット購入や、買い替えを考えているライダーさんは参考にしてみて下さい

目次

バイクヘルメットのおすすめ!メーカー別特徴とそれぞれが合う人紹介

ヘルメットメーカーのロゴ画像

バイク用ヘルメットは必ず必要であり、ファッショナブルに日によって変える事が出来ない程度には高価な製品となっています。そんな感じで1つを長く愛用するライダーが多く、選ぶ際には結構悩みます。

ですが少しずつ狭めていく事で自分に合った、気に入る1つを見つける事は難しくありません。

ヘルメットタイプのおすすめは「フルフェイス」

フルフェイスヘルメットの画像

ヘルメットの中でも定番のタイプであり、一番信頼のおけるパートナーと言っても過言ではない形なのが「フルフェイス」です。

フルフェイスの良い所は「安全性の高さ、機能性の高さ、デザインが豊富」ってとこだね!

ネガティブ(抵抗がある)面は「高価、窮屈そう」ってくらいかな!

フルフェイスは他のタイプに比べて高価で窮屈なのは事実ですが、そのぶん手がかけられているヘルメットと言えて他と比べて安全性はトップクラス!更にエアベンチレーションやシールドシステムなど機能面も充実しています。

ヘルメット選びで自分の気に入るデザインを探したい!という面でもフルフェイスは人気でよく売れるタイプなのでカラーバリエーションやグラフィックも多く揃っているものがほとんど

筆者はそこそこ長いバイク歴で3つのフルフェイスを購入しました。それくらい文句の無いヘルメットタイプという事です!

ちなみに筆者が持っているフルフェイスは…

  • シンプソン:ダイヤモンドバック
  • SHOEI:EX-ZERO
  • SHOEI:Z-8

ですよ!

ヘルメットメーカーの特徴と合う人

ヘルメットメーカーは色々あり、それだけでも結構悩みの種になってしまう…

どのヘルメットメーカーが良いの?詳しくないし分かんない…たくさんあるし。

とりあえず人気のメーカーにしておけば良いのかな?

と、たくさんあるのが迷わせてくるんですよね!悩んで迷うのは自分にとって良い物を選ぼうとしている証拠なのでおおいに悩んで下さい!でもそれぞれの特徴を分かっていた方が良いですよね?

SHOEI(ショーエイ)

SHOEIのロゴ画像

SHOEIは日本のヘルメットの中でも定番です。

  • 安全性が高い
  • 品質が良い
  • デザインが良い
  • 機能面が良い

という良いこと尽くめなヘルメットと言っても過言ではありません。(筆者は特にデザインが気に入っています)

安全性が高いのはもちろんの事、エアベンチレーション(空気取込み)などの機能面も良く充実しています。何より1つのモデルでも複数のカラーバリエーションや、グラフィックモデルが出ているので気に入るものも見つけやすいですね!

そのぶん購入金額も割と高くなってしまうという面もありますが、買って損は無いヘルメットでしょう。ファッション性の高さもトップクラスなので筆者も特に愛用しているおすすめメーカーだ

EX-ZEROの画像
Z-8の画像

▲筆者愛用のSHOEIヘルメット2つはこんな感じのものですよ!

【SHOEIのおすすめフルフェイス】

  • X-Fourteen:最先端技術を盛り込んだフラッグシップモデル
  • Z-8:軽量スポーツとして高評価だった「Z-7」の後継モデル
  • Z-7:Z-8が出た事でセールになっている高評価軽量スポーツ
  • NEOTEC Ⅱ:ライダーの要求を高次元で融合させた機能もりもりシステムヘルメット

【こんな人におすすめ】
・かなり高い品質のものが欲しい
・後悔しないものが良い
・安心を求めたい
・ファッショナブルなものが良い
・SHOEIファン

メモ…

安全なヘルメットの評価を行う検査機関SHARP(シャープ)ではAraiよりもSHOEIの方が安全性が高いと評価されているようです。

Arai(アライ)

Araiのロゴ画像

AraiはSHOEIと同じく日本では定番であり、SHOEIと1、2を争う日本有数な高品質ヘルメットを製造しています。

  • 常に安全性の向上を目指した安全性能ハイクオリティ
  • 世界一厳しいSNELLよりも厳しいArai基準を設けている
  • 品質が良い
  • 機能性が良い

特に安全性能を強く意識しているヘルメットとなっています。衝撃吸収に向く形としては丸型というのは素人でも知っています…その丸型を極めに極めているのがAraiなのです。

筆者的にですが、デザイン面はSHOEIに劣ると感じていますが「品質や機能性」はSHOEIに劣らないトップクラスを誇れるレベルかと。

日本のメーカーで選びたいのであればSHOEIと同じくAraiも間違い無いヘルメットメーカーとなっています。

アストロGXの画像
ASTRO-GX
RX-7Xの画像
RX-7X

【Araiのおすすめフルフェイス】

  • RX-7X:Araiのフラッグシップのモデルであり最高峰なプレミアムフルフェイス
  • ASTRO-GX:スポーツもツーリングもこなせる万能フルフェイス
  • ラパイドネオ:クラシックな見た目はファッション性に優れている

【こんな人におすすめ】
・安全性能重視
・品質の高いものが欲しい
・後悔しない選択がしたい

Araiで迷ったら「RX-7X」か「ASTRO-GX」を選んでおけばまず間違い無いでしょう。最高峰のフルフェイスならRX-7X、スポーツもツーリングもという万能型ならASTRO-GXってな感じでしょうね!

ただAraiでよく言われるのは「思っていた以上にサイズが小さく感じる」ということです。なのでサイズ選びは販売店などで試着などをした方が良いでしょう。

OGK kabuto(オージーケーカブト)

OGKカブトのロゴ画像

OGKカブトもSHOEIやAraiと同じく日本のヘルメットメーカーです。先の2メーカー程の最高品質ではありませんが、高品質なヘルメットを出しているメーカーなので十分です!

  • 1,2は争えないが十分な安全性
  • 高品質
  • 嬉しい機能性
  • 比較的安価
  • 個性的だがかっこいいデザイン

OGKカブトはSHOEIやAraiほどの最高さはありませんが、高い水準のヘルメットになっているので十分におすすめ!「安全性や品質」については高く、機能性もライダーに嬉しい機能を持っています。

SHOEIやAraiに比べて安価に購入する事ができるので金銭的ハードルが低いというのはたくさんのライダーにありがたい。しかも、OGKカブトヘルメットの中にはかっこいいデザインのグラフィックモデルなどが存在し、ファッション性もあったり大切にしたいと思える見た目を持っています。

安く良いヘルメットを求めているならOGKカブトはピッタリでしょう!

SHUMAの画像
SHUMA
RT-33の画像
RT-33
エアロブレード5の画像
エアロブレード5

【OGKカブトのおすすめフルフェイス】

  • SHUMA(シューマ)
  • RT-33
  • AEROBLADE-V(エアロブレードV)

【こんな人におすすめ】
・ヘルメットにたくさんのお金はかけられないが十分なものが欲しい
・安価でも安心できるものが欲しい
・個性的でかっこいいデザインが好き

OGKカブトの最高峰スポーツなら「RT-33」、夏の暑さが苦手なら「SHUMA」、豊富で個性的!かっこいいグラフィックモデルなら「AEROBLADE-V」でしょう!

SIMPSON(シンプソン)

シンプソンのロゴ画像

シンプソンは特徴的なデザインフォルムが根強いファンを生み出しているヘルメットです。某バイクアニメでも採用され、認知度も上がり人気もあがりましたね!

シンプソンヘルメットを被るキャラクターの画像

▲このキャラですね!

シンプソンヘルメットは品質や安全性は十分だが、いかんせん見た目に振っているので視野の広さなどの機能面は日本メーカーほど良くはありません…しかしその見た目に十分な魅力を感じてしまう…

  • 十分な安全性と品質
  • かっこよくいかついデザインフォルム

シンプソンの魅力はやはり見た目であり、ワルそうな見た目は男心をなかなかくすぐってきますね!逆に日本メーカーにある快適さを求めた機能性などは足りない部分もありますが。

特にハーレー、アメリカンクルーザー系のバイクには映えるワルい見た目なのでその手のバイクやバイク乗りに是非検討して欲しいものです!

▲「ばくおん!!」来夢先輩が使用のスーパーバンディット

▲筆者の初代使用フルフェイス「ダイヤモンドバック」

▲ネオクラシックバイクやアメリカンなどに合うクラシックテイストなフルフェイス「M50」サングラスやゴーグルと合わせてファッショナブルに。

【シンプソンのおすすめフルフェイス】

  • モッドバンディット
  • ゴーストバンディット
  • スピードバンディット
  • M50

上記3つのバンディットはシンプソンヘルメットの中でも視野の広さが確保出来ているのでおすすめです。

【こんな人におすすめ】
・ゴツイ、イカツイ見た目が好き
・あまり人とかぶりたくない
・ワルい見た目が好き

モッドバンディットはシンプソンフォルムを崩さずに作られたシステムヘルメットであり、使い勝手が良く機能性も高い。

ゴーストバンディットはツーリングフルフェイスで「空力性能/ベンチレーション/インナーバイザー」などの機能面が充実しておりツーリングを快適にサポートしてくれるかと。

スピードバンディットは割とストリートユースに作られていますが、ベンチレーションなどの機能面はもちろん、インカム用ポケットなど現代ライダー使用において十分に配慮されているモデルになっていますね!

M50はクラシックルックスなバイクに合わせたり、バイザースタイル/ゴーグルスタイルなどをしたいファッションライダーにおすすめ!

メモ…

ちなみにシンプソンヘルメットの「バンディット」と「ヴェノム」は同じモデルをさしていてヨーロッパではバンディットの名前を使える版権が無く「ヴェノム」となっています。

BELL(ベル)

ベルのロゴ画像

BELL(ベル)はヘルメットメーカーの中でも老舗中の老舗メーカーであり、そんな事もあってかクラシックな見た目のヘルメットがたくさんあります。

ベルは米国のメーカーであり、世界で初めてバイク用フルフェイスを開発した。当時は1966年でした!そんなフルフェイスの先駆者という事もありクラシックなものはもちろん先進的なフルフェイスももちろんあります。

  • 大人気なほどのクラシックなフルフェイス
  • 世界一厳しい安全規格SNELLを一番最初に取得した安全性能
  • 日本で言うAraiのようなイメージ

ベルヘルメットのざっくりなイメージは「クラシック感が強い」という人は多いでしょう。しかしベルは多方向衝突保護システムなどの安全機能により、高い水準での安全性能を確保しています。(さながら日本のAraiのような感じ!)

ヘルメットモデル全体的に「広い視野/洗える内装/インカムポケット」などなどの機能面にも工夫が行き届いており、安全性だけでは無く快適性も提供してくれるヘルメットとなっています。

ベル ブリットの画像

▲ベルの定番クラシックヘルメット「BULLITT(ブリット)」

ベル スターの画像

▲ベルのスポーティヘルメット「STAR(スター)」

ベル モト3の画像

▲ネオクラシックバイクなどに映えるタイプ「moto-3」

【Bellのおすすめフルフェイス】

  • BULLITT(ブリット)
  • STAR(スター)
  • QUALIFIER(クオリファイヤー)

【こんな人におすすめ】
・クラシックな見た目が好き、クラシックなバイクに合わせたい
・スタイリッシュでクールな見た目が好き
・伝統に安心感を感じる

クラシックさを求めるなら「BULLITT」や「Moto-3」が良く、スポーティさやツーリングじの快適さを求めるなら「STAR」がかなり良い!

しかしながら高い水準の機能面、快適面は欲しいがお金はそんなにかけられないというのであれば価格を抑えたSTAR版の「QUALIFIER」が良いでしょう!

HJC(エイチジェーシー)

HJCのロゴ画像

HJCは韓国のヘルメットメーカーであるにも関わらず、全米No.1の人気を持っている実力のあるメーカーです。一番の特徴は安いがかっこいいものが多く揃っているという所であり、さながら日本メーカーで言う「OGKカブト」のようなポジションな気がします。

  • 比較的安い
  • かっこいいデザインが多い
  • 世界シェアトップレベル

HJCヘルメットを知らない人の中には、正直言って信用出来るのかどうかを不安視する人もいるでしょう。

しかし、バイクレース最高峰のMotoGPライダーと契約していたりなど実績も十分にあります。全米No.1人気とレース界で使用されていたなどを聞けば名実ともに十分な製品である事は容易に想像できますよね!

グラフィックモデルではデザイン系の物から映画とのコラボ「アベンジャーズ/エイリアン/ミニオン」などなどのグラフィックも楽しめる!

HJCヘルメットの画像
RPHA70
HJCヘルメットの画像
CS-15
HJCヘルメットエイリアンモデルの画像
RPHA11エイリアングラフィックモデル

【HJCのおすすめフルフェイス】

  • RPHA(アルファ)11
  • RPHA(アルファ)10
  • CS-15

【こんな人におすすめ】
・安いフルフェイスを探している
・たくさんのグラフィックやデザインの中から選びたい

HJCのプレミアムモデルとなるのがRPHA11であり、頑丈さと軽量さを持つスポーツヘルメットです。ベンチレーションやアンチフォグシールドなど充実した機能面ももっていますね!

RPHA70はHJCの中ではツーリングフルフェイスに位置づけられており、インナーシールドが付いていたりします。高性能フルフェイスでのツーリングを楽しみたい人におすすめ!

CS-15はスタンダードなモデルとなっており安い!その代わり機能面はどのフルフェイスにもよくあるようなものとなっています。

と、とりあえずこのページではここまでの紹介にしておきましょう!

ヘルメットも色々!品質や機能面、金額も様々だから自分に合うものを

高品質以上のものが揃っているヘルメットメーカーばかりだが、さらにその上を行く最高品質を選ぶのか?機能面が充実したものを選ぶのか?コスパの良いヘルメットを賢く選ぶのか?などなどヘルメット選びは様々な要因がありますね!

ちなみに筆者はどんな要素を重視したのかと言うと…

  • フォルムのかっこよさ
  • 快適性
  • 軽さ

です。見た目はやっぱりかっこいい方が良いですが「軽さ」は捨てられない!理由としては一番最初に買ったフルフェイス(シンプソン:ダイヤモンドバック)が重たく、SSに乗っている時に首がかなり痛くなってしまいロングツーリングが億劫になってしまったから…

SHOEIの「EX-ZERO」や「Z-8」は軽く首に負担がかからないので筆者は愛用していますね!逆にダイヤモンドバックはコレクションになってしまいました…(ハーレーに乗っていた時は良かったのですが)

というように色々な要因がありますので、自分はどんなバイクでどんなツーリングをしたいか?見た目はどんなのが良いか?どんな機能があれば嬉しいか?などを考えて選ぶと良いですね!

という事で、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

++++このブログはシェアフリーです++++

↓いつも面倒なポチっとにお付き合いありがとうございます。励みにしております!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次