PVアクセスランキング にほんブログ村

▼お問い合わせページから質問や要望を受付中
▼服装や装備品、ガジェットなどのまとめページ!
バイクの服装

コミネ2022年春夏ジャケット!シンプルで飽きの来ないモデルおすすめ6選

コミネ2022年春夏ジャケット紹介ページタイトル画像

コミネの2022年春夏モデルのジャケットが発表されましたね!筆者の感覚的な印象ですが、2022年モデルは2021年モデルより気合がはいっていない感じがしますね…いきなりネガティブな発言であれなのですが、しかしながら2022年モデルも十分にアリなジャケットが出ていますね!

 

という事でこのページでは2022年春夏モデル全てでは無く、その中でもアリなものを紹介していきますそして、それらのジャケットは「洗練されたシンプルさで、長く使える飽きのこないデザイン」だという事です。

 

▼ちなみに2022年の他メーカーのジャケットもみたい人は以下のリンクページも見てみてくださいね!

RSタイチ2022年春夏ジャケットおすすめ紹介ページタイトル画像
RSタイチ2022年春夏ジャケット、今年モデルはシンプルなものがおすすめ!3選 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 20...
KADOYA2022年モデルジャケット紹介ページタイトル画像
2022年KADOYAの春夏秋3シーズンジャケットでカジュアル&オシャレに!3選紹介 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 本格...
このページのまとめ

コミネ2022年春夏ジャケットのおすすめはズバリ6選だ!

この6選は変わったデザインが無く、無難にシンプルでありバイクバイクしておらず気合を入れずに気軽に着る事ができる見た目になっています。

無駄な装飾などなくシンプルに仕上げたデザインは飽きがこず、長く愛用出来るし時代に流されないというメリットがあります。そしてそんなジャケットは色々なバイクに合いやすく無難にかっこいい見た目になっているもの!

「バイクに乗るぞ!」とジャケットを羽織ってもよいですが、バイクに乗るという趣味を生活の、人生の一部としているならこの手のシンプルジャケットでナチュラルに乗るのもまた良い。

という感じのページになっています。

2021年コミネジャケット紹介ページタイトル画像
コミネ2021年モデル春夏秋冬ジャケット総まとめ!見た目的に当たり年だった気が (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); コミ...

コミネ2022年春夏ジャケット!シンプルで飽きの来ないモデルおすすめ6選

 

「コミネマン」という馬鹿にしたような呼び名は年々、コミネを上手に着こなすライダーという褒め言葉に変わってくる事だろう…と筆者は思っています。年が経つにつれてコミネジャケットは洗練されていき、魅力的なジャケットに進化しているからです

 

そんなわけでここで紹介するジャケットはとてもシンプルで誰にでもどんなバイクにでも似合いやすいものとなっているので是非チェックだ!

 

LJ-538 ベンティッドシングルライダースジャケット

コミネ LJ-538の画像

LJ-538 Vented Single Riders Leather Jacketはレザージャケットで本来であれば通気性なんてものは無く、本来であれば春や夏に着るものではありませんよね?でもこのレザージャケットはパンチング(穴あけ)加工がされているので通気性が確保されているので温かい季節でも着れるレザージャケットなんですね!

 

レザージャケットは基本的にはプロテクターを装備しておらず、レザー(本革)の耐摩擦性のみでライダーの体を守りますが、それだけでも結構優れた体を守る性能がありますが、それ以上に両肩にはアルミスライダー、胸部にはプロテクターを標準装備しているので防御性能が高くつくられています

コミネ LJ-538の画像
▲全体的にパンチング加工されたレザーを使用しており、胸ポケットがあったりなどの若干の利便性が確保されておりシンプルながらも小さなものなどの収納に役立つ!(もちろん横ポケットもあります)

 

コミネ LJ-538の画像
▲腰部にはしっかりと身体のラインにフィットさせることができるようにベルトが付いており、風によるバタつきを防ぎ、レザージャケットをよりかっこよく着こなす為の助けになるでしょう!

 

コミネ LJ-538の画像

 

JK-114 プロテクトメッシュパーカ-テン

コミネ JK-114の画像

JK-114 プロテクトメッシュパーカ-テン」はコミネお得意のスタイリングのパーカージャケットとなっています。カジュアルルックなパーカースタイルなのでどんなバイクにも合わせやすく気軽に着れるのが売りだ

 

フードのバタつきを抑える工夫やフード脱着可能という定番の工夫はもちろん、カラーリングがたくさん揃えてあるので気に入る物をしっかりと吟味することが出来るでしょう。

 

パーカースタイルはここ数年ではどんなバイクウェアブランドにも存在し、人気がずっと続いている物なので何年も愛用することが出来る時代に流されないスタイリングなのでカジュアル系が好きなライダーには特におすすめ!更にカラーリングデザインなどがされているジャケットですが、やり過ぎずシンプルなので飽きも来にくい。

コミネ JK-114の画像
▲これだけのカラーリングが揃っており、肩周辺と胴回りの色違いというカラーリングがほとんどですが、この胴回りがメッシュ素材になっているハーフメッシュジャケットなので温かい季節でも十分に風を取り込みクールダウンが出来ますね!

 

コミネ JK-114の画像

 

JK-152 プロテクトメッシュパーカ

コミネ JK-152の画像

JK-152 プロテクトメッシュパーカは2021年登場のジャケットなので、本来であれば2021年モデルなのですが2022年モデルとしてもラインナップされています。新色が登場したのもありますが、それ以外にも定番且つ人気が高いというのも2022年モデルとしてラインナップした理由の1つでしょう!

 

バイクに乗る姿がスラっとかっこいい上半身になるように細身でスタイリッシュなシルエットになっており、カジュアルながらにもクールにかっこよさを求めたいライダーなどにおすすめだ。

 

もちろんしっかりとプロテクターが装備されているので安全面でも十分に配慮されています

コミネ JK-152の画像
▲カラーバリエーションもいくつかあり、ベースカラーとファスナーカラーが違うものが多く差し色となっているので地味にならずにシンプルながらにオシャレに見えるのだ!フルメッシュジャケットになっているので夏のライディングジャケットにピッタリだ。

 

コミネ JK-152の画像

JK-162 プロテクトフルメッシュジャケットネオ

コミネ JK-162の画像

JK-162 プロテクトフルメッシュジャケットネオは肘・肩・胸部・背中にプロテクターが標準装備されているフルプロテクトジャケットとなっています。見て気づいたかと思いますが、基本的にはJK-152 プロテクトメッシュパーカのフード無しタイプだと思えば話は早いかと。

 

フードが無い分スポーツ感や、バイク感がフードありよりも強くなっているのでコチラの方が好みであればコチラを選択するようなタイプバリエーションですかね!

 

コミネ JK-162の画像

 

JK-159 プロテクトクールドライパーカ

コミネ JK-159の画像

JK-159 プロテクトクールドライパーカはカジュアル度が強めなパーカータイプのジャケットになっています。伸縮性、通気性、撥水性を持った着心地のよいプロテクションパーカーなのでジャケットによる体の硬さが苦手だというライダーさんにおすすめだ!

 

肩・肘・胸部にプロテクターが標準装備となっており、動きやすい生地なので普段着のパーカーのように気軽に着れるのが大きな売りなのですかなりシンプルな見た目となっており、バイクバイク感がかなり弱いのでバイクから降りての行動でもさほど目立つ事はないですね!

コミネ JK-159の画像
▲通気性のある生地を使ってもいるが、腕部にはエアベンチレーションが装備されているので涼しさアップも出来れば、肌寒い時にはこれを閉じる事で調整する事も出来ますね!

 

コミネ JK-159の画像
▲カラーバリエーションは4色と少な目だが、基本的に暗めの色がそろっている感じですね!この手の色が好きな筆者には結構ポイントが高い。

 

コミネ JK-159の画像

 

JK-158 プロテクトライダーメッシュジャケット

コミネ JK-158の画像

JK-158 プロテクトライダーメッシュジャケットは名前の通りバイク感もといライダー感が出るジャケットになっているのでスポーツ感が十分にありますね!高品質なテキスタイルメッシュを採用したハーフメッシュジャケットになっており、速い走行もしっかりと想定しています。

 

フルプロテクション仕様となっている他、別売りのライナーやネックプロテクションなどを装着する事ができるような拡張性をも持っています!バイク感のあるジャケットとなっているのでバイクを降りてからの行動ではライダーだとすぐに分かる見た目ですが、バイクとのマッチ度はその分高い。

コミネ JK-158の画像
▲デザインは最小限のロゴマークやタグだけとなっているので、かなりシンプルなデザインになっていますね!下手にデカデカとデザインされているものよりもこの手のシンプルなものの方がコーデしやすく色々なデザインやカラーのパンツと合わせやすいのでこの手のシンプルさは使い勝手が良い。

 

コミネ JK-158の画像
▲カラーバリエーションは5色となっており、ややデザインに凝っているものもありますが、それでもシンプルさは健在ですね。他のメーカーと違ってスポーツモデルでも派手では無いので大人ライダーでも取り入れやすいでしょう!

 

コミネ JK-158の画像

 

まとめ:2022年春夏モデルは無難だが、その分飽きがこず長く愛用出来るデザイン

 

コミネ2022年春夏モデルは基本的に派手さは無く非常にシンプルなデザインが多くなっています。しかしながらその手のデザインは長く愛用するのに向いている飽きの来ないデザインなのだ!

 

コミネのジャケットデザインは年々洗練されており、それと同時にシンプルさにも磨きがかかっています。「オシャレさ、カジュアルさ、スポーツさ」どれをとっても突出した部分はありませんが、十分にかっこいい見た目を突き詰めてきている結果でしょう。

 

そしてシンプルでカジュアルめなデザインは「バイクに乗るという気合いを入れて着る」必要は無く、日常的に普段着を着用する気持ちくらいで着る事が出来るので気楽に着用できるのも良い点ですね!

 

筆者的には…

  • LJ-538
  • JK-114
  • JK-152

が好みのジャケットデザインですね!

 

という感じで、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓いつも面倒なポチっとにお付き合いありがとうございます。励みにしております!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

【お問い合わせ】←ではこんな記事を書いて欲しい!などの意見も受け付けています。

こちらの記事もおすすめ!