PVアクセスランキング にほんブログ村

▼お問い合わせページから質問や要望を受付中
▼服装や装備品、ガジェットなどのまとめページ!
バイクの服装

ネオクラに似合うライダーススタイルなメッシュジャケット!KADOYAから

KADOYAのライダーススタイルのテキスタイルジャケット紹介ページタイトル画像

カフェレーサーやネオクラシックバイクに似合う服装として「レザージャケット」と言うのは定番となっているアイテムですよね?ですが、夏なんかの暑い季節にはレザーを着て走るのは結構キツイ…

 

見た目がかっこよく締まるレザージャケットはとても魅力的なのですが、快適性まで犠牲にしてしまっては辛い、ストレス、疲労が勝ってしまう…それは話にならん!

 

何故レザージャケットはかっこいいのでしょうか?それは「レザーの質感」「レザー時ジャケットのスタイリング」ではないでしょうか?革(レザー)を使う事で通気性や涼しさを確保するのが難しいのならそれを省いてスタイリングのみを残してかっこいいジャケットにしてみたらどうだろう?

 

という感じで開発したのでしょうね!それがKADOYA「マークスマンバレット」というわけだ

KADOYA2022年モデルジャケット紹介ページタイトル画像
2022年KADOYAの春夏秋3シーズンジャケットでカジュアル&オシャレに!3選紹介 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 本格...
RSタイチ2022年春夏ジャケットおすすめ紹介ページタイトル画像
RSタイチ2022年春夏ジャケット、今年モデルはシンプルなものがおすすめ!3選 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 20...
コミネ2022年春夏ジャケット紹介ページタイトル画像
コミネ2022年春夏ジャケット!シンプルで飽きの来ないモデルおすすめ6選 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); コミ...

ネオクラに似合うライダーススタイルなメッシュジャケット!KADOYAから

KADOYAのライダーススタイルメッシュジャケットの画像

KADOYAは高品質なレザージャケットが有名ですが、その開発経験を活かしてレザー並みに各種バイクスタイルに似合うメッシュジャケットを登場させています。レザーと同じように「シングルライダース」「ダブルライダース」スタイルをしており…

  • クラシックバイク
  • ネオクラシックバイク
  • カフェレーサースタイル

などのバイクにもレザーと同じように似合うスタイリングとなったメッシュジャケットなので夏にも抜群の相性となっています。

 

「夏=メッシュジャケット」というのは定番ですが、「レザー=暑い」というのが周知の事実ですし、夏用レザーはパンチング加工をされていますがテキスタイル生地のメッシュジャケットには劣る。

 

でもこのKADOYAのメッシュジャケットはレザージャケットのかっこいいスタイリングと夏にピッタリのメッシュ生地を採用した、見た目+快適性を見事に調和したジャケットになっているのです!

 

レザージャケットと同じスタイリングでクール

 

このジャケットの売りはメッシュ生地で夏でも涼しいというのはもちろんですが、その見た目が一番の売りだと言えるでしょう

KADOYAのライダーススタイルメッシュジャケットの画像
▲シングルライダーススタイルの方KADOYA VLM-4だと、シングルライダースなので首元がスッキリとしており、シンプルなスタイリングなのでコーディネートしやすかったりしますね!

 

ライダースという普通よりはちょっと気取ったスタイリングですが、シングルライダースであればそんなに気負いする必要なく着れるのでハードルもそんなに高くない!

 

KADOYAのライダーススタイルメッシュジャケットの画像
▲ダブルライダーススタイルの方KADOYA MARKSMAN BARRETTはダブルライダース定番の胸元の襟部に三角がありますね!これがシングルとダブルの最大の違いで、チャックを全部上げずに胸元を開けて魅せる着こなしとなります。

 

胸元を大きく開く分普通のジャケット類と比べても大きく違ったデザインになり、クールさが高いスタイリングです。Tシャツでも丸首とVネックでは大きく印象が違うのと同じ様なものだ!

 

しかしデザイン性が高いジャケットという事なのでシングルライダーススタイルと比べるとコーディネートがやや難しかったりしますね。身長がある人の方がよりスタイリッシュに着こなす事が簡単ですが、そうで無くても上手にコーデすれば小さなライダーもかっこよく着こなせますよ

 

  • クラシック
  • ネオクラシック
  • カフェレーサー

などのネイキッド系、アメリカンクルーザー

に似合うスタイリングなので、渋くクールにという服装でツーリングしたいというライダーにはピッタリの見た目ですね!

 

レザー系スタイルだが、機能性はメッシュジャケット

KADOYAのライダーススタイルメッシュジャケットの画像

スタイルはレザージャケットのようだが、テキスタイル生地なので春夏定番のメッシュジャケットと同じような機能性があります。

  • ストレッチ性がある(表地)
  • 春夏に最適なメッシュ(表地)
  • 吸汗速乾性があるCOOL DEHYBER(裏地)

という快適性のある生地が採用されているのですレザージャケットだとそうはいきませんよね?

 

さらに言えば表面には撥水加工がされており、少しの小雨程度であれば中に水を入れる事を許しません!(走行風の圧力や雨の強さによっては中に入ります)

 

背中(脊椎)部にはソフトパッドを装備しているので安全性はそこそこ。肩と肘にはプロテクターポケットがあるので防御力を上げる事も出来ます。ちなみに背中のソフトパッドはCEレベル1にアップグレードも可能だ。

 

テキスタイル生地だからこそできるカラーバリエーション

 

レザージャケットだとカラーを増やすのは難しいですが、これらのジャケットはテキスタイル生地なのでカラーバリエーションもまぁまぁ用意されているのです!

KADOYAのライダーススタイルメッシュジャケットの画像
KADOYA VLM-4はブラック、グレー、ネイビーの3色が用意されています。

 

KADOYAのライダーススタイルメッシュジャケットの画像
KADOYA MARKSMAN BARRETTはブラックとグリーンの2色がありますね!

 

ちなみにこの2モデルのライダース系メッシュジャケットは肩や肘にリブやダイア形状の模様がありますが、これはライダース系が色濃く出ていますよね?これがもっとシンプルにカジュアルになったモデルもありますよ!

KADOYAのライダーススタイルメッシュジャケットの画像
肩や肘にデザイン的なものが無くスラっとなっているタイプですが、シングルの方は普通になりすぎて最早ライダース感はほぼありませんが、ダブルのほうはしっかりとライダース感が残りつつシンプルにまとまる感じになっていますね!

 

まとめ:KADOYAの春夏は涼しくレザーと並みのクールさが出せる

 

レザージャケットはクールでかっこいいジャケットの定番ですが、その突出した質感とかっこよさを犠牲に快適性があまりない日本の四季では扱いが難しいジャケットジャンルと言っても過言では無いでしょう。

 

しかし、そのかっこよさを譲れないがために夏に暑い…と苦しみながらレザージャケットを着ているライダーもいる!それだけレザーのかっこよさに魅力があるんですよね。

 

それを見かねて登場したようなジャケットが今ページで紹介したKADOYAのジャケットというわけですね!「レザージャケットのスタイリングのかっこよさ」と「涼しさという快適性のあるメッシュ」を融合させたジャケットになっているのでレザーの大敵である夏を見事にカバーしていると言えるでしょう

 

という感じで、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓いつも面倒なポチっとにお付き合いありがとうございます。励みにしております!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

【お問い合わせ】←ではこんな記事を書いて欲しい!などの意見も受け付けています。

こちらの記事もおすすめ!