用品

男は1度は憧れるスカル柄!OGKカブトから気合の入ったバイクヘルメット誕生!

男の人って子供の頃も大人になってもいつまでも夢や憧れを持っている人って多いですよね。
例えば「かっこいいヒーロー」や「ワル系」「何かの主人公」などなど、色々と『男』という生き物を魅了するものはたくさんあります。

 

男はかっこいいものに憧れ、強いものに憧れ、賢いものに憧れます。
それをどう表現するかは人それぞれであり、一番簡単に表現できる方法の1つと言えるのが『着飾る』という事でしょう。

 

 

憧れのものが表現されている、描かれているものを着たり装備したりする事で自分の気分を上げたり、満足出来ます。
完全にそれになる事は出来ないと分かっていても、それに近づく・身に着ける事でそんな気になれるんですよね。

 

 

好きなものを身につけると気分が良くて確かにテンション上がるね!
新しいものを買った時もそうだよね!

うんうん、自覚あるよね。
たくさんの人が経験している事実であり、男女関係無くその気持ちがわかると思うよ。

 

そして、今回は男性が憧れる「かっこいい」「ワル系」という所にマッチしてくる『スカル柄』の製品を紹介していきます。
スカル…つまり骸骨と言うのは死の象徴だったり、死神という霊的に怖いイメージがあるはずなのですが、何故か男ってこういう物がかっこ良く見えたりするんですよね。

 

 

という事で今回は、スカル柄のヘルメットを紹介していきます。
ヘルメットは頭部を覆う装備品であり、高い位置(目線)にあり、割と大きく、目立つ装備品です。
その為、ヘルメット1つ変えるだけで自分のアイデンティティを表現する事が出来るとても簡単に表現出来る部分なので、ここに自分の好きなもの・憧れるものを持ってくるのはとても良いでしょう。

OGKカブト「RT-33  DARK」スカルグラフィックモデル

f:id:steed40chop:20190722001216j:plain

引用:OGKカブト

OGKカブトの2019年7月末に発売予定『RT-33 DARK』は、スカルをモチーフにしたグラフィックモデルとなっています。

 

 

しかし、ただスカルをモチーフと言うだけだとこのヘルメットの説明はいまいち出来ていないかと思います。
何故なら、メインはもちろんスカルになるのですがこのヘルメットのグラフィックの派手さはそこでは終わらないからです。

 

 

画像では左側面のスカル柄が見えて、一見「おっ、スカル柄だ」となりますが、このヘルメットはアシンメトリー(左右非対称)デザインであり、逆である右側面と後面のグラフィックにも注目して欲しいです。

 

OGKカブトは他にもアシンメトリーデザインを出してたよね!
左右対称デザインブームなのかな?

確かに他のアシンメトリーデザインも出しているね。
ブームなのかは分からないけど、アシンメトリーデザインはオシャレでかっこよく、左右対称デザインより楽しみも多いからおすすめだよ?

 

【▼他のアシンメトリーデザイン】

www.subablobike.jp

上記リンク内の『ドラゴンデザイン』もアシンメトリーです。

 

 

RT-33 DARKの右側面と後面のグラフィックは、ストリートグラフィック調であり左側面とは違った顔を見せてくれます。
ストリートグラフィックといっても、トンネル内や廃墟に書かれている様なやんちゃな感じでは無く、かなりオシャレにまとまっており芸術的なグラフィックとなっています。

 

 

「RT-33 DARK」のグラフィック詳細

このモデルのグラフィックを詳しく見ていきましょう。

 

 

▼まずは左側面

f:id:steed40chop:20190722001216j:plain

左側面は黒ベースに赤のスカルと白の蜘蛛の巣のようなラインで描かれており、かなりクールな一面となっています。

 

 

▼右側面と後面

f:id:steed40chop:20190722004127j:plain

乾いた色を中心に描かれたストリートグラフィック調デザインは、左側面とはうって変わってクールというよりは芸術的なデザインとなっています。
スカルをモチーフに描かれてはいますが、ガッツリ「スカル」という主張では無く、全体的なオシャレデザインの中心にスカルが構えている様なそんな構図となっています。

 

 

▼頭頂部

f:id:steed40chop:20190722004557j:plain

頭頂部は左側面部と同じ様に黒ベースに赤と白を使用しており、頂上にはスカルが大きな口を開けて畏怖感のある笑顔を見せています。
全ての面に細かくデザインされたこのモデルはどの角度から見ても楽しむ事と主張を忘れておらず、とてもオシャレでかっこいいヘルメットとなっています。

 

 

アシンメトリーという左右対称デザインを採用していますが『左側面+頭頂部』『右側面+後面部』とグループ分けされており、2グループでコンセプトの違う表現がされています。

 

OGKカブト「RT-33シリーズ」のスペック

 

RT-33シリーズのグラフィックモデルを紹介しましたが、実際のところRT-33というシリーズのヘルメットの性能は評価は?と気になる方もいるかと思います。
なので、RT-33というヘルメットモデルそのものの特徴を軽く説明します。

f:id:steed40chop:20190722005057j:plain

RT-33シリーズは『世界で戦える、軽量ハイスペック・スポーツモデル』というコンセプトから生まれたヘルメットです。

 

 


A.C.Tによる、強硬度・軽量化をしていたり
エアロベンチレーションを用いてヘルメット周りの整流をしたり
エアベンチレーションでヘルメット内空気環境を良くしたり
UVカットシールドの採用
内装フル脱着・洗濯可能だったり


 

 

とライダーのライディングをサポートする機能が詰まったヘルメットです。
▼詳しくはOGKカブト製品ページをチェック
OGKカブト「RT-33」製品ページ

 

 

RT-33の各サイトレビュー★付け状態

 ★評価人数★評価
Webike174.6/5
Amazon674.4/5
価格ドットコム14/5
ナップス14/5
楽天44.75/5

▲上記テーブルの★評価は『RT-33』のベーシックなソリッドモデルの評価になります。
なのでグラフィックは無い状態のモデルなので、レビューの多くは製品の機能性や使い勝手を感じて★を付けている人ばかりです。

 

 

レビューを見ていく中で多かったことは「軽い」「被り心地が良い」という評価ですね。更にはOGKカブトならでは価格が安くコスパが良いというレビューも存在しています。

 

 

おわりに(まとめ)

OGKカブトはなんといってもコスパの良いヘルメットが多いです。
このメーカーの製品は他の国産メーカーと比べて、かなり安く販売されており、性能も十分に良製品の為コスパ最強ヘルメットメーカーとして知っている人は知っています。

 

 

ただこのメーカーの良く無い所はまだ知名度が低めという所であり、「アライ」や「ショーエイ」に比べると被っているライダーの絶対数が圧倒的に少ないです。

 

 

しかし、今後…特に2019年にかなりかっこよく派手なグラフィックモデルをラッシュしている傾向があるので、どんどんと興味を持ち始めている人がいるかと思います

 

 

個人的にOGKカブトのヘルメットはコスパ最強ですし、最近ではかなり凝ったグラフィックモデルも登場してきているのでおすすめのモデルなので、もっと被っているライダーが出てくると嬉しいかな。と思います

 

【▼他のOGKカブトヘルメット】

www.subablobike.jp

www.subablobike.jp

 

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です