はじめてバイク

バイク初心者~そこそこ層へ向けて、バイクについて説明や簡単な整備の仕方、製品紹介やニュースをお届け!

バイクヘルメット、OGKカブトから幾何学模様が美しい新グラフィックモデル登場!

f:id:steed40chop:20190625210429p:plain

国産ヘルメットメーカーは安心、安全が日本人の中に浸透しています。
そんな国産ヘルメットメーカーOGKカブトから新グラフィックモデルが登場!

 

このモデルはインナーサンシェード付きフルフェイスヘルメット『KAMUI-3』のグラフィックモデルとして登場し、幾何学模様が美しくかっこいいデザインとなっています。


デザインを手がけたのはフランス人アーティスト「ファブリース・クリストファー氏」であり、円を中心とした幾何学模様とラインの絶妙な組み合わせで東洋的なイメージを表現しているのだとか。

 

OGKカブトの「KAMUI-3」シリーズは他にもグラフィックモデルを展開しており、他のモデルも十分にかっこいいデザインをしています。
《▼KAMUI-3他のグラフィックモデルのページ》

www.subablobike.jp

 

 

OKGカブト「KAMUI-3 CIRCLE(カムイ3サークル)

KAMUI-III CIRCLE åååç
引用:OGKカブト公式サイト

 

OGKカブトというヘルメットメーカーは国産メーカーでしっかりとした造りと安全面に対する信頼感があるが、安価という所が大きな特徴なメーカーであり、学生ライダーやお小遣いライダーにとって心強い味方となっています。

 

そのOGKカブトの中でも「KAMUI-3」シリーズはライダー達の『あったら良いな』を全て詰め込んだ快適追求ヘルメットというコンセプトで開発されたモデルです。

 

その快適性は特に夏に発揮され、天気の良い日にライディングに出かけたくなるライダー達にとって嬉しい性能です。

 

カムイ3サークルの性能・製品情報を簡単に説明

  • T.P.S.(高性能サーモプラスチック帽)
  • 2-SHELL構造
  • ウェイクスタビライザー(PAT.)
  • ヘッドベンチレーション
  • チンベンチレーション
  • リアベンチレーション
  • CF-1クイックチェンジシールドシステム
  • UV & IRカットシールド
  • インナーサンシェード
  • 内装フル脱着可能&洗濯可能
  • 眼鏡対応チークパッド
  • マイクロラチェットバックル
  • ウィンドシャッター

上記全ての構造が搭載されており、ライダーの快適なライディングをサポートしてくれます。

T.P.S.

高性能サーモプラスチックを素材に使用した帽体は優れた耐衝撃性をもっているのでもしもの時もライダーの頭部をしっかりと保護してくれます。

 

2-SHELL構造

上記T.P.S.を2重構造にする事により、頭部との細やかなフィッティングを実現。

 

ウェイクスタビライザー

走行中に発生する帽体付近の気流をコントロールし、ライダーへの負荷を軽減する特許を取得しているOGKカブトオリジナルの機構を搭載。

 

ヘッドベンチレーション

前方からの空気をヘルメット内部に取り入れるシャッター開閉機能付きのベンチレーションを上部前方に搭載。

 

チンベンチレーション

前方からの空気をヘルメット内部に取り入れるシャッター開閉機能付きのベンチレーションを下部前方に搭載。

 

リアベンチレーション

ヘルメット内部にこもった頭部の熱気を外部へと排出するシャッター開閉付きベンチレーションを上部後方に搭載。

 

CF-1クイックチェンジシールドシステム

シールドメカのレバーを引くだけでシールドが外せるシールド交換システムを搭載。

 

UV & IRカットシールド

目などに有害なUV(紫外線)とヘルメット内部の温度を上昇させる要因であるIR(赤外線)をカットするシールドを採用。

 

インナーサンシェード

ヘルメット内部(シールド内側)に搭載されており、外の明暗シーンに合わせて開閉できるサンシェード。

 

内装フル脱着可能&洗濯可能

内装を全て脱着する事が可能であり、更に洗濯が出来る素材の為いつでも清潔に快適なヘルメット内環境を実現。

 

眼鏡対応チークパッド

眼鏡やサングラスをスムーズにかける事が出来るチークパッドを採用。

 

マイクロラチェットバックル

ワンタッチであごひもを脱着できるバックルを搭載しており、微調整も可能。

 

ウィンドシャッター

ライディング時に発生するあご付近からの風の巻き込みを軽減します。
好みや季節に応じて脱着が可能です。

 

OGKカブトグラフィックモデルの特徴

OGKカブトのグラフィックモデルはド派手では無くどちらかと言えば落ち着いています。
その為、オシャレにキメたいけれどあまり派手で目立つようなのは苦手という人にはピッタリであり、シンプルさの中に整ったデザインという物が多いので様々なカラーのバイクに合わせ易いのが特徴です。

 

フルフェイスはヘルメットの形の中でも比較的高価なものが多く、5万円を超えるものがほとんどの中でOGKカブトは大体3万円台で展開しており、お財布にも気持ちにも優しい価格帯なので手が出やすいでしょう。

 

OGKカブトは『安心・安全・安い』というだけでは終わらず、この3点だけでもヘルメットという用品の中では水準なのですが、国産メーカーだけあってライダーが求める便利に対して関心が高く、今回のモデルのような快適にライディングをする為の工夫を色々としています。

 

OGKカブトはアライやショーエイよりは知名度が低く、人気もありませんがかなりおすすめのメーカーとなっています。

 

カムイ3サークルのカラーバリエーション

このモデルはカラーバリエーションを3つ展開しています。
ベースの色と組み合わせる色が違うだけでも印象がガラリと変わります。

▼パールホワイトレッド

f:id:steed40chop:20190625185140p:plain
引用:OGKカブト公式サイト

 

ホワイトベースにレッドラインとグレーの幾何学模様で構成されたデザインはスタイリッシュでスポーティです。
ホワイトのフレッシュでシンプルなキャンバスに洒落た幾何学模様が映えるモデルです。

 

▼フラットブラックレッド


引用:OGKカブト公式サイト

 

ブラックベースにレッドのラインとグレーの幾何学模様で構成されたデザインはブラックとレッドで戦闘的なデザインとなっています。
威圧感たっぷりのカラーリングの中に幾何学模様がエッセンスとなっており、戦闘的な野蛮なイメージを調和するような感じにバランスをとっています。
ホワイトベースよりもブラックベースの方がグレーが映えるので幾何学模様がよりはっきりと見えます。

 

▼フラットブラックシルバー


引用:OGKカブト公式サイト

 

ブラックベースの若干の青みを帯びたシルバーのラインとグレーの幾何学模様で構成されたコチラのデザインはダントツのクールさがあります。
クールなヘルメットですましたライディングを魅せるとかなりカッコよく見えるでしょう。
「ブラック、シルバー、グレー」の組み合わせは近い色というだけあって相性が最高でかなりまとまりのあるデザインとなっています。

 

僕は「ブラックシルバー」一択かな!
ブラックパンサーみたいでかっこいいもんね!

いやいや「ホワイトレッド」のスポーティさも捨てがたいよ?

 

【OGKカブト KAMUI-3 CIRCLE】
楽天で見る
≪ホワイトレッド≫ ≪ブラックレッド≫ 
≪ブラックシルバー≫ ≪おまけ付き≫
Amazonで見る

≪ホワイトレッド  -Sサイズ-  -Mサイズ-  -Lサイズ-  -XLサイズ-
≪ブラックレッド  -Sサイズ-  -Mサイズ-  -Lサイズ-  -XLサイズ-
≪ブラックシルバー -Sサイズ-  -Mサイズ-  -Lサイズ-  -XLサイズ-
《サイズ表》

サイズ表示 XS S M L XL XXL
頭周り(cm) 54-55 55-56 57-58 59-60 60-61
61-62
63-64

 

更に詳しい情報はOGKカブト公式サイトをチェック!
→OGKカブト公式サイト

 

おわりに(まとめ)

OGKカブトのイメージとして多くの方に定着しているのは『安い』というイメージがとても強いかと思います。
理由としては国産ではアライやショーエイがかなりの知名度と人気を誇っている為で、国産ヘルメットと言えばその2つのメーカーという風調があり、OGKカブトの影が薄くなっているからです。

 

しかし、知名度こそ低いものの良質であり安価』という所は特筆すべきであり、OGKカブトの売りでもあります。
なので周りのミーハーな言葉だけでは無く、自分の目でたくさん確かめて、情報を集めて自分にとっての最高のヘルメット選びが出来るようになれると『自分が納得できる金額で、一番気に入る物をゲットできると思います。

 

《▼その他のヘルメット紹介ページ》

www.subablobike.jp

www.subablobike.jp

www.subablobike.jp

www.subablobike.jp

www.subablobike.jp

www.subablobike.jp

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック! ←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村