カスタム

【初心者必見】バイクのタイヤ種類!各種人気ツーリングタイヤの特徴とこんな人におすすめ

どもどもー!初心者ライダーの味方、すばるです(^^)/
バイクや車に絶対に必要な「タイヤ」ですが、バイク乗りの中でも自分の愛車がどのメーカーの何という名前で、どんな特徴があるタイヤを履いているのかというのを知らない人が結構いるようです。

でもそれって結構もったいない事なんですよ?
何故かというとタイヤというのは、バイクカスタムの中でも基本的なカスタムになります。
見た目の変化はタイヤのパターン(溝の形)くらいしかありませんが、選ぶタイヤによっては走りにとても変化が生まれます!

自分のバイクライフにマッチしたタイヤを選ぶ事で、今も十分に楽しく幸せなバイクライフが更に楽しく幸せになる事は間違いないでしょう( *´艸`)

という事で今回紹介するテーマは『タイヤ』です(^^)/
自分にはどんなタイヤが合っているのか?
今自分が愛車に履かせているタイヤはどんな特徴があるのか?
おすすめのタイヤはどれなのか?
というのをよく知って、自分のバイクライフに取り入れてみてください♪

 

タイヤの種類と特徴、ツーリングタイヤ編

f:id:steed40chop:20190304195219j:plain

まずはどのようなタイプのタイヤがあって、それはどのような特徴を持っているのかを知っていきましょう!
タイヤを知って、タイヤを自分で選ぶ事で走る楽しさが何倍にも大きくなりますし、人によってはバイクのランニングコストを抑える事にもつながります。

タイヤはバイクに乗っているときは常に使用される「消耗品」です。
絶対に交換する時期は来てしまうので、その時に自分にとっての最良の判断が出来る準備をしておきましょう(^^)/

今回の紹介はツーリングに関するタイヤです。
バイクに乗る目的の1つであるツーリングですが、ツーリングを視野に入れたタイヤ選びって出来ていますか?

ツーリングタイヤ

ツーリングタイヤというのは文字通りツーリングに適しているタイヤです。
どの様に適しているのかというと…ツーリングというのは「バイクで走る」という意味もあれば「バイクで旅をする」「バイクで遠出をする」といった意味で使用される事が多いでしょう。

長い距離を走行するとその分タイヤは消耗していきます。
しかしツーリングタイヤというのは他のタイヤと比べてタイヤが消耗しづらい特徴があります。

ツーリングをしていると急に天候が変わる時がありますよね?
その為、ツーリングの用品紹介として「レインウェア」は用意しておけ!という記事もよく見るくらいツーリングには雨への準備が欠かせないものです。
その為か、ツーリングタイヤは雨にも強い!濡れた路面走行性能が他と比べて高いといった方がいいですかね( *´艸`)

つまり、ツーリングタイヤの特徴は…
摩耗がしにくく濡れた路面に強い!という事。

ツーリングタイヤだから摩耗がしづらいのは予想がついたかと思いますが、濡れた路面走行性能は見落とされがちですw
結構重要なポイントなんですけどね(;^ω^)

各メーカーの人気ツーリングタイヤと特徴

ツーリングタイヤといえどもバイクに乗って走る以上、バイクを倒して曲がりたいものですよね( *´艸`)
なので、スポーツ走行も出来るスポーツツーリングタイヤを紹介していきますよー!

Pirelli(ピレリ) /  Angel GT(エンジェルGT)

f:id:steed40chop:20190329005007j:plain

車に乗る人にとってはあまり馴染みのないピレリというメーカーだが、実はバイク業界ではかなり評価が高いメーカーです。

【グリップ力】
スポーツタイヤに迫る勢いで、安定感もある。
バンク中はしっかりと地面を掴み、カーブを攻めたくなるのはピレリのタイヤの特徴です!
ツーリングタイヤなのにピレリの良さが出てスポーツ走行もなんのその!といった仕上がり。

【耐摩耗性】
他のメーカーと比べ特別良いわけではないが、その分スポーツに比重を振っている感じがします。
ドライ走行時のグリップ力が良い分、摩耗性はいったん据え置きといった具合。

【ウェット走行性】
路面が濡れていてもスポーツ走行は健在!
雨の中でももっちりと柔らかい感触が残り安心感が違うとの声も多いです。

【こんな人におすすめ!】
ツーリングタイヤを選ぶにしてもスポーツ走行は捨てられない!
ツーリング中にカーブを攻めるのがバイクの醍醐味でしょ?
耐摩耗性だけでは満足できないという人( *´艸`)

タイヤパターンもシンプルながらカッコイイ。

もちろんツーリングタイヤというだけあって耐摩耗性は他のタイプのタイヤよりありますのでご安心下さい。

ダンロップ /  Roadsmart3(ロードスマート3)

f:id:steed40chop:20190329010014j:plain

ダンロップは外国メーカー?国産?といった質問がありますが、元々は外国メーカーです。
しかし、日本で販売されているものは日本独自の技術が盛り込まれていたり「住友ゴム工業」がそのブランド名で製造販売している為、もう国産って言っていて良いと思いますよw

ダンロップのタイヤは日本でも信頼が厚く、車に履かせている人をよく見ますね!
その信頼度はバイク業界にも通用し、ダンロップタイヤのファンのライダーも多くいます( *´艸`)

【グリップ力】
サラッとしたグリップ感でクセが無く乗り易いです。
ただそれでいて物足りないわけでも無いですね!

【耐摩耗性】
大体15,000~20,000㎞くらいは持つのは、ツーリングタイヤでは良くあること。
耐摩耗性が飛び出ているわけでは無いが不満は出てこない。
ツーリングタイヤとして選んで後悔することは無いでしょう(^^)/

【ウェット走行性】
溝が深い分ウェット走行性は結構良い!
滑ったり恐怖を感じる事がほとんど無い排水性。

【こんな人におすすめ!】
バイクの走行距離があまり伸びていない為、スポーツ走行も少し不安だからクセのあるグリップはちょっと…
バンクに比重は置いていないので、ツーリング時には乗り心地優先でいきたい!
雨天時にも構わずバイクで飛び出しちゃうからそんな時の滑りの不安を少しでも抑えたい!

 

ブリジストン /  T30EVO(T30エボ)

f:id:steed40chop:20190329012423p:plain

ブリジストンタイヤは国産タイヤの中でもとても有名かつ人気で車やバイクでもよく見ますね!
国産メーカーブランドの絶対的な安心感を形にしたようなタイヤで、性能も折り紙付き!

【グリップ力】
スポーツ走行も難なくこなすグリップ力。
サイド面のグリップが安定しているせいか、自分の限界値も把握し易いでしょう!
通常の走行時でもグリップ感を十分に感じる事が出来、クッション性も高い。

【耐摩耗性】
ツーリングタイヤという事で、他のタイプのタイヤに比べて長持ちするのはもちろんのことだが、偏摩耗することなくキレイに摩耗していくので長く使用しても不満が出来る事が無いでしょう!

【ウェット走行性】
雨の日でも不安無く走行ができる信頼性。
雨という寒くてタイヤが固くなりがちな悪ロケーションでもブリジストンらしい信頼感で走行できますよ!

【こんな人におすすめ!】
ツーリングとスポーツにバランスを求めている方。
長距離走行でも乗り心地はよく、スポーツも難なくこなす為不満無く乗れるでしょう!
更にツーリングタイヤという長期使用を考えるタイヤなので、偏摩耗が心配になる所だがキレイに減っていくのでその点もプラスポイント( *´艸`)

 

 

Metzeler(メッツェラー) /  RoadTec01(ロードテック01)

f:id:steed40chop:20190329014249j:plain

メッツェラーもピレリと同じく聞いたことがある人は少ないでしょう。
しかし、バイク業界では有名所なんですねーw
正直言ってバイク初心者がこのメーカーを聞いても聞いたことのない外国メーカーという事で不安が勝って選ばれない事も多いです…
でも知らないともったいないというメーカーなので覚えておいて下さいね(^^)/

【グリップ力】
ツーリングタイヤの中でもピレリと同様で結構なグリップ力を持つタイヤです。
タイヤのパターンの細かさはタイヤを様々な形に変形させ、しっかりと地面を掴みます!

【耐摩耗性】
ツーリングタイヤの割に結構柔らかいので、重量級バイクに履かせてしまうと結構な勢いで減ってしまうのが難点(´・ω・`)
しかし、スポーツ系のミドルクラスのバイクに履かせると本領発揮!?
そこそこの耐摩耗性で減り方も綺麗になりますよ!

【ウェット走行性】
とても信頼できる走行性能を持っています!
大雨はもちろん、極寒の地でさえも走れるんじゃね!?ってくらい安心して乗れます。(極寒で乗ったことはありませんがw)
どんなロケーションにも負けないでしょう( *´艸`)

【こんな人におすすめ!】
ピレリのエンジェルGTと同じく、ツーリングタイヤを選んでもスポーツ走行性は捨てられない!グリップも無いと嫌だ!
逆にグリップも欲しいけどツーリングに良くいくから耐摩耗性も無いと嫌だ!

というスポーツもツーリングも目いっぱい楽しみたいわがままさんにおすすめですね!

MICHELIN(ミシュラン) /  PilotRoad4(パイロットロード4) 

f:id:steed40chop:20190329015332j:plain

ミシュランというメーカーの名前は、ミシュランのタイヤを履いた車両で美味しいものを食べに行こう!
というテーマで付けられたとか?
ミシュランは外国メーカーの中でも結構な有名所ですよね( *´艸`)
愛らしいキャラクターのミシュランマンを見た事も多いでしょう!
もちろんバイク業界でもその有名具合は健在ですよ!

【グリップ力】
このタイヤは一言でいうと「万能タイヤ」と言ってもいいくらいバランスが良くて、ツーリングタイヤなのにグリップ力も十分に備わっています。ツーリング中のワインディングも難なくこなし、通常走行時のグリップ感も良い。

【耐摩耗性】
グリップ力があるくせにかなり持つと評判のロード4です!
ツーリングタイヤに欲しい長持ち耐摩耗性は健在で、長い間使用することが出来ますね( *´艸`)

【ウェット走行性】
パターン入れ方にバリエーションが多い為か排水性も問題なし!
濡れた路面も水たまりも不安無く走行できますね!
ただ溝が多い為か走行ノイズがやや感じる所。

【こんな人におすすめ!】
ツーリングタイヤを履かせてみたいけれど、どんなタイヤを選んだらよいかよくわからない。
長持ちのタイヤが欲しいけど、スポーツ走行もしたい!
聞いたことがあるタイヤで安心して乗りたいし、タイヤスペックも不満無く乗り続けられるものが良い!

 

終わりに(まとめ)

 今回はツーリングタイヤの中でもそれぞれのメーカーの人気タイヤについて紹介しました。
自分が見たり聞いたりしたことがあるタイヤはありましたか?

ツーリングタイヤのメリットとしては長持ち!という所にフォーカスを当てがちですが、濡れた路面に強いというのもひとつ覚えておくと良いでしょう(^^)/
その為、溝が多くパターンの特徴がメーカーや種類によって大きく変わってきます!
パターンひとつでバイクの印象がガラリと変わる事もあるので、自分のバイクに合わせた時をイメージして選ぶと良いですね!

ツーリングタイヤと言ってもスポーツ走行にも視点を向けられているタイヤが多いので、無理に高価なハイグリップタイヤに手を伸ばさずとも満足できる場合があるのでタイヤカスタムの始めてのタイヤはツーリングタイヤをおすすめしますよ( *´艸`)

 


《一緒に読んで欲しい》

www.subablobike.jp

 

++++このブログはシェアフリーです++++

 ↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

2019年8月15日追記

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です