はじめてバイク

バイク初心者~そこそこ層へ向けて、バイクについて説明や簡単な整備の仕方、製品紹介やニュースをお届け!

2019年バイクツーリングタイヤ「ブリジストン T31」はウェット性能に自信あり!

f:id:steed40chop:20190811020108j:plain

バイクのタイヤで言う「ツーリングタイヤ」とは
ツーリングにおける長距離を考慮して設計されたタイヤで『長距離ライディングの摩耗』『スポーツ走行』『高速走行』『天候』などツーリング時のあらゆるロケーションを考えられているタイヤです。

 

基本的に多くのライダーとしては「ツーリングタイヤは長持ち」というイメージが強く、それは間違っていません。
しかし、ツーリングタイヤというのはただ長持ちという訳ではありません。

 

それはどのタイヤメーカーでもツーリングタイヤは長持ちしなければいけないという需要を知っており、その様に設計をしています。
しかし、ただ長持ちだというのであれば差別化を図る事は出来ませんし、何より長持ちだけで他の要素を度外視してはライダーを納得させるのは難しいからです。

 

バイクと同じくタイヤも年々進化を続けており、タイヤのライフ(寿命)も延びていたり、様々な性能面でも進化をしています。

 

そして今回紹介するのは有名タイヤメーカーブリジストンの「BATTLAX SPORTS TOURING T31」で、このタイヤはT30 EVOの後継モデルになります。

 

ツーリングを一新する
高次元ウェット性能「T31」

f:id:steed40chop:20190810141620j:plain
引用:ブリジストン

ブリジストンからウェットロケーションに強いT31が登場しています。
従来モデルT30 EVOから進化した性能は、ツーリングタイヤに属するもののスポーツタイヤの側面をも併せ持つタイヤです。

 

その為、ワインディングを軽快に走り抜けるシチュエーションでもスポーツタイヤを履いているかのようなライディングをも可能とします。

 

ブリジストンのツーリングタイヤシリーズは「T30 EVO」の時からオールマイティさを評価されていましたが、新モデルであるT31ではそのオールマイティさに磨きをかけ、更にウェット性能の更なる進化を遂げています。

 

”かけがえのない旅への誘い”
というのが開発者の思いであり、もっとツーリングに行きたいという思いを実現します。

 

 

「T31」のウェット性能

 

f:id:steed40chop:20190811005631j:plain
引用:ブリジストン

 

T31に対するブリジストンの売りは『オールラウンド性』の向上と、『ウェット性能』の向上です。
特筆すべきはウェット性能の向上の方ですが、前モデルである「T30 EVO」からのウェット性能向上に関しての変更は以下となっています。

 

f:id:steed40chop:20190811010446j:plain
引用:ブリジストン

  • ①部分のトレッドショルダー部の溝の割合をアップし、ウェット路面の排水性とコーナリング時のウェット性能を向上。
  • ②部分のトレッドセンター部の溝の割合を少なくする事により、ブロック剛性が向上し、ウェット制動距離が短縮。
  • ③部分のロング溝の角度適正化は接地面積増加によるキャンバースラストの向上をもたらし、ドライ路面での応答性の向上。
  • ④部のトレッドセンター部にスポーティなハイアングル溝を配置し、ドライ性能が向上。

 

上記変更点で分かる事は『ドライ性能、ウェット性能』の両ロケーションでの向上ですが、ウェット性能向上比率がかなり高いです。
それは次に見てもらう比較グラフからでも明らか。

 

 

f:id:steed40chop:20190811011054j:plain
引用:ブリジストン

上記グラフ群からも分かる通り、ドライ性能も向上していますが、ウェット性能の向上具合がとても大きいのが分かります。
この結果が出ているのであれば、ブリジストンがウェット性能を向上したというのを自信を持って言っているのが頷けますね!

 

 

T31のタイヤサイズ展開

f:id:steed40chop:20190811013619j:plain
引用:ブリジストン

 

タイヤサイズもたくさん展開しているので、多くのバイクに装着できるのもたくさんのライダーにとって嬉しい所ですね。

 

 

T31まとめ

今回紹介した「T31」は前モデルである「T30 EVO」のオールラウンドな性能を引き継ぎつつ、更なる進化を遂げています。
全ての面で性能がアップしているのはもちろんの事、ウェット性能がずば抜けて向上しています。

 

ツーリング、特にロングツーリングなどの長距離を走行する場合は、距離が伸びるのと並行してかかる時間も増えてしまいます。
そんな時にちょっと心配になるのが『天候』ですよね。

 

正直言ってバイクは雨天時にはあまり乗りたくないもの…
何故なら、濡れるし、滑るしと悪い事ばかりです。
濡れるだけならまだしも、不運にも滑って転んでしまっては最悪。

 

そうならない為にもウェット性能が優秀なタイヤを履いておけば滑る心配も減りますね。
悪天候に見舞われなければそれに越した事はありませんが、『備えあれば憂い無し』とも言います。

 

ツーリングメインのバイクライフを送っているライダーの方は、タイヤ交換の機会にブリジストン T31も検討してみてはいかがでしょう?

 

 

まとめ(おわりに)

タイヤがレベルアップ・進化して登場するのはライダーにとって、とても嬉しい事ですね。
タイヤの新モデルが出る事によって『より性能が上がったタイヤを履ける』という事はもちろん、『旧モデルのタイヤが安くなる』といったメリットまで生まれてきます。

 

ライダー自身の需要によって『新しく出て高価だけど性能が良い』『新モデルには性能が劣るけど、安い旧モデル』と選び分けが出来ます。
両者の需要は製造されたタイヤを無駄にする可能性が低くなる為、環境にも良いですよね!

 

 

【こちらもおすすめ!】
バイクのハイグリップタイヤはまだまだ進化する!ブリジストン「S22」の進化を見逃すな! - はじめてバイク

2019年ダンロップのハイグリップタイヤ「SPORT MAX Q4」は初級者向け!?上級者向け!? - はじめてバイク

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村