▼このブログの説明書だよ!
用品

バイクの足つき改善には厚底ブーツがおすすめ!かっこいいし、快適

このページでは足つき改善策の1つ「厚底ブーツ」の導入について紹介します。

 

 

厚底ブーツと聞くと”ゴスロリ系”などをイメージしがちですが、バイク用にと考えられた厚底ブーツは違いますよ!

 

バイク用という事で考えられた厚底ブーツは表現するならば”ミリタリーやウェンスタン”のイメージが強いです。

 

ミリタリーやウェンスタン系のビジュアルであればバイクにも似合うので、バイクに合うブーツを履いていながらに「足つき改善」と「足長効果」の2つの恩恵を受ける事が出来るんですね!

 

この記事がおすすめな人

  • バイクの足つきが悪いと感じている
  • 足つきは考えていなかったが、身長が低めでブーツを探している人
  • 足つき改善をしたいが何をしたらいいか分からない人
  • ブーツが好きな人

上記の人におすすめのページとなっています。

 

バイク用厚底ブーツはメリットは多く、欠点が少ない足つき改善策の為とてもおすすめです!

 

参考にしてみてくださいね。

バイクの足つき改善には厚底ブーツがおすすめ!かっこいいし、快適

 

バイクの足つき改善としておすすめ度が高い「厚底ブーツ」を紹介していきます。

 

”バイク用”厚底ブーツはバイクに乗る事を考えられて作られている為、カジュアルな厚底ブーツより快適にライディングに臨む事が出来るんですよね!

 

本革のブーツは手入れ次第で一生付き合っていく事が出来るといわれるくらい丈夫です。

 

そんな丈夫なブーツに「バイクで使う」という条件が付くので、丈夫さはもちろんの事使い勝手まで追求されているのでライダーにおすすめなのは当たり前ですよ!

 

是非参考にどうぞ。

 

 

バイク用ブーツのメリット(良い点)

 

バイク用と言われているだけあって、快適にバイクに乗る事ができます。

 

主にバイク用品メーカーが販売しているブーツなので「バイクに乗る為の」という点はとても良いですね!

  • 導入が楽
  • 快適にライディングが出来る
  • 様々な工夫がされている
  • 見た目がかっこいい
  • 長く使える
  • 意外に高価過ぎない
  • 口コミ評価も上々

上記の点が厚底ブーツのメリットだといえるでしょう。たくさんありますね!

 

導入が楽

 

まず第一に”導入が楽”な点は誰にでも嬉しい事で、購入して履くだけで足を長くすることが出来ます。

 

普段の「靴を履く」動作をするだけならそりゃ楽だよね!

 

ライディングが快適

 

バイク用で作られて販売されているので、もちろんライディングの邪魔をするような靴には仕上がっていません!

 

より快適にライディング出来る様に工夫が設けられている事はありますけどね!

 

バイク用なのにライディングしづらかったら意味ないもんねw

 

 

様々な工夫がされている

 

ライディング時もそうですが、それ以外でも「快適さ・使い勝手の良さ」の為に工夫がされています。

 

なのでバイクに乗っている時から降りた時までをもサポートするブーツが多いです!

 

バイクから降りた時も快適ならなおさら良いよね!

 

 

見た目がかっこいい

 

好みにも左右される事ですが、基本的に見た目はブーツらしくクールでかっこいいものがほとんどです。

 

バイクに合うようなデザインであり、普段履きでも違和感のないものもありますよ!

 

かっこいいバイクに乗ってるなら装備品もかっこいい方が良いよね!

 

 

長く使える

 

バイクの装備品はどれも”もしもの時”を考えられている為、丈夫に作られています。

 

ブーツも例外では無く、擦れや衝撃から足を守る為に素材に気を遣って作られており丈夫なので長い事愛用する事が出来ますよ!

 

1つの物を長く大切に使用出来ればコストもかからないし、愛着も湧いて良いよね!

 

 

意外に高すぎない

 

決して安いわけではありませんが、意外に高くもありません。

 

丈夫に作られており長い事使用出来る。更に色々な工夫がされていて快適なブーツ…

 

これだけ聞くと結構高くつくんだろうなと思う所ですが、普段履きのブーツと同じくらいの価格で販売されています。

 

「普段履き+バイクに乗る時の工夫」がされているのにあんまり変わらないんですよねw

 

+αで工夫とかされていたらその分高くなりそうだけどそうでもないんだね!

 

 

口コミ評価も上々

 

口コミの評価も上々で、厚底ブーツを使用して満足しているライダーはたくさんいます。

 

日本は平均身長が他の国と比べて低く、足つきを改善したいと思う人もその分多いんですよね。

 

なので結構この手の足つき改善製品を使う人は多いです。そんな中でもブーツは結構評価が高いですよ!

 

足つきが悪いと良い事って無いもんね…ブーツ1つで改善出来るなら最高だよね!

 

 

要点だけを説明しても結構長くなってしまうくらいメリットがあるんですよ?

 

ブーツ1つで改善出来るならかなりコスパが良いと思いますよね!

 

ただ、これだけのメリットがあっても欠点は必ずあります。

 

 

デメリット(欠点)もあるのは仕方が無い

 

デメリットが無い製品というのは存在しません。厚底ブーツにも欠点があります。

  • 厚底感は普通に分かる
  • 足つき改善が靴に依存する

上記の様な欠点はありますが、気にならない人もいるかと思います。

 

厚底感は普通に分かる

 

厚底ブーツは”ソール(靴底)”が分厚く作られているブーツなので、はたから見た時の厚底感は分かります。

 

なので見る人によっては「あいつ身長アップする靴履いてるぜ?w」と言う風に見られる場合も無くはないです。

 

別に身長を高く見せる為の物では無い!と割り切って勝手に言っとけと思えるなら問題は無いかもね。

 

 

足つき改善が靴に依存する

 

厚底ブーツによる足つき改善の為、バイクに乗る時の靴を変えてしまったら効果はありません。

 

常に足つきの良い状態でいたいなら、バイクに乗る時は”厚底ブーツしか履けない”という状態になります。

 

毎日バイクに乗る生活をしていると靴を休められないという状態になっちゃうね。

 

これに関しては週末だけしか乗らないという様な人であれば問題は無いかもしれませんね!

 

 

一応デメリット(欠点)もある厚底ブーツですが、メリットが多いのとデメリットは目を瞑れる程度のものと考えると、とても良い改善策である事が分かりますよね!

 

 

おすすめ厚底ブーツはWINFLOVE / WILDWING

 

メリットなどを知ってもらった所でおすすめの「バイク用厚底ブーツ」を紹介します。

 

ここまでで、厚底ブーツめっちゃいいじゃん!と興味を持ってくれた方は是非参考にしてみてね。

 

 

WINGLOVE / WILD WINGのブーツがおすすめ!

WINGLOVEのロゴ画像

WINGLOVE(ウィングローブ)の厚底ブーツは比較的安価で手が届きやすいです。

 

ちなみに名前は違いますが「WILDWING(ワイルドウィング)」という名前でも同じ様な見た目、機能性のブーツがあります。

 

詳しくは分かりませんが、同じ製品名の物もあるので”同系列のメーカー”なのでしょう。

 

名前が違うだけなので、ウィングローブの方で紹介していきます。

 

ウィングローブのブーツはブーツ単体で見ると「なんかキメすぎてへん?」となりますが、履いて衣服と合わせると案外そうでも無いという感覚です。

 

【ウィングローブのブーツの特徴】

  • ソールがつま先2.5cm / かかと5.0cmの厚み
  • 脱ぎ履きを楽にするサイドジッパー採用
  • 靴紐のあまりを固定するベルトがある(バイクに引っ掛けない為の物)
  • シフトガード装備
  • シフトチェンジをサポートするオリジナルソール形状
  • エンジニア、8ホール、6ホールの種類がある

上記がウィングローブの良い所であり、特徴です。

 

ウィングローブのブーツ画像 ウィングローブのブーツ画像2 特殊ソール形状の画像

厚底以外にも工夫がされており、脱ぎ履きのしやすさや靴紐がバイクに引っかかってしまう事にも配慮がされています。

 

バイク用ならではの”シフトガード”もしっかりと装備されているので、シフトチェンジによる靴や足へのダメージも考えられてますね!

 

画像は「6ホール」タイプのブーツであり、他に「エンジニア」と「8ホール」があるのも好みで選べるので嬉しいポイント。

 

ソールのヒール部をオリジナル形状である”斜めカット”にする事で、バイクのステップ部にかけた時に自然な位置になるようになっています。

 

この斜めカットはシフトチェンジの際も邪魔する事なく、逆に少し位置がズレた時や停車時からステップへと足を置いた時にすんなりと良い位置に来るようにとサポートしてくれる役割を持っています!

 

 

 

ブーツの種類・見た目紹介

 

WINGLOVE / WILD WINGには「6ホール」「8ホール」「エンジニア」の3種類のデザインがあると説明しましたね!

 

1つずつ参考画像と共に紹介します。

 

 

定番モデル「スワロー」(6ホールモデル)

スワロー黒色の画像 スワロー茶色の画像

 

6ホールモデルの「スワロー」は革ブーツでも定番のスタイルをしており、基本的にどんな服装にも合わせやすいモデルです。

 

無難にクールなブラックとブラウンカラーが揃っており、そのほかにもレッドやキャメルもあるので好きな色をチョイス出来る所がグッド!

 

 

 

 

パンクやロック、ウェスタンテイストの「ファルコン」(8ホール)

ファルコン黒色の画像 ファルコンキャメル色の画像

6ホールのスワローよりも長いモデルなのが「ファルコン」です。

 

8ホールモデルであるファルコンは面白い事に、色合いで印象が変わるところ。

 

ブラックであれば”パンクやロック系”のイメージになるのですが、キャメルだと”ウェスタン”なイメージがより強くなります。

 

「MOTOZIP」さんで厚底ファルコンが紹介されているよ!

 

 

 

好き嫌いは分かれるが、かっこいいぞ!エンジニアブーツ

エンジニア黒色画像

エンジニアブーツはバイクに乗る時では割と定番と言えるブーツなのですが、いかんせん好き嫌いが分かれますねw

 

靴紐が無く引っ掛けてバイクを倒してしまうような不安が無いのでとてもおすすめですよ!

 

そして何より本革のエンジニアブーツを購入しようと思うと高価ですよね…4万とか5万とか。

 

しかしWINGLOVEやWILDWINGの製品であれば本革にも関わらず2万円を切っているというのもかなり良いです!

 

 

 

バイクの足つき改善には「厚底ブーツ」がおすすめのまとめ

 

バイクの足つき改善方法には色々ありますが「金額面」や「導入のしやすさ」などを考えると、厚底ブーツはかなりおすすめです!

 

靴は絶対に履かなければならないですし、バイクに乗る以上はもしもの時を想定しておく必要があります。

 

そうなってくると”革製品””ライディングシューズ”がおすすめなんですよね。

 

特に今ページで紹介したメーカーは”本革”を使用して丈夫で長い事使えるブーツですが、2万を切る価格の製品ばかりでリーズナブル。

 

どうせ揃えるならメリットが大きい製品にしておくのはアリかな?と思います。

 

必要なものを揃えるついでに足つき改善が出来るなんて一石二鳥じゃないですか!

 

おすすめですよ~。

 

ではでは、現場からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!