バイクのツーリングで助かる便利グッズ!定番から忘れがちアイテムまで

ツーリングではしゃぐ男性たちの画像

PVアクセスランキング にほんブログ村

このページではツーリング時に助かる”便利グッズ(用品)”について紹介していきます。

定番のアイテムはもちろんの事!知っているけどなんか忘れてしまうようなアイテムまでをまとめて紹介していくので

「あ、そんなのもあったんだよね~!」とかゆい所に手が届くかもしれませんよ?

この記事がおすすめな人
  • バイクツーリング時に便利なものが知りたい
  • 自分が持っているものと持っていないものをおさらいしたい
  • 何か欲しいのがあったんだけど、思い出せない

こんな人におすすめですよ!

バイクグッズ(用品)の定番の物は結構早めに揃えて忘れないのですが、正直無くても困らないものって後回しにしちゃいますよね!

にわとり君

ちょっといいなと思っていても後回しにして忘れちゃう。

そんなものも思い出せるような「定番アイテムからマイナー(忘れがち)アイテム」までを紹介するので是非ツーリング前の準備に役立てて下さい!

では参りましょう。

目次

バイクのツーリングで助かる便利グッズ!定番から忘れがちアイテムまで

準備をしている画像

と言う事でツーリングに役立つ便利グッズ(用品)を紹介していくのですが

パンダ先生

「便利」って具体的にどんな効果があるの?

なんて思っている人の為に、このページで紹介する便利グッズはライダーにどんな効果をもたらせてくれるのかと言うのを少し説明しておきます。

ツーリングを快適にしてくれるものを便利グッズと言っています。

これだけで十分でしょう。

きっとこのページのタイトルを見て読み始めてくれたライダーばかりだと思うので”ツーリングを快適にしてくれる用品の紹介”をしていくんだねって伝われば十分ですよね?

すばる

前置き長いわ!はよせい

はいすみません…では紹介いってみましょう!

便利グッズ:まずは定番から

まず紹介するのは定番のアイテムです。

既に色々と揃えているライダーは”持ってるわ”という感想が出てくるかと思いますが、初心者ライダーなどには参考になるかと思います。

スマホホルダー

QuadLockの画像

今や”ナビゲーションシステム”をスマホのアプリを使っている人も多いですよね!

その為、バイクにスマホを固定出来るスマホホルダーは必須と言っても良いくらいにたくさんのバイクに装着されています。

初めてのバイクを購入した後なんかに「まず何を揃えるか?」と考えた時に真っ先に出てくるアイテムでもありますよね!

スマホホルダーも色々ありますが、おすすめは片手で超早く簡単に取り付ける事が出来るタイプです。

理由はグローブ着用時でもすんなり着脱が可能だからです!

グローブを外して…両手を使って…って毎回やってると意外にストレスなんですよね。

【これがおすすめ!】

これらのスマホホルダーは、”台座に合わせてひねるだけ”でスマホを付ける事が出来ます。

外す時も”ひねるだけ”でスマホを外す事が出来るのでスタイリッシュでスピーディなんですよね!

ちなみに私は「SPコネクト」の方を愛用しています。

【デメリットは2つだけ!】

  1. ちょっとお高め
  2. スマホケースを専用品にする必要があります

インカム

DT-01の画像

スマホホルダー(スマホ)がバイクに乗る時の定番アイテムであれば、インカムはスマホと共に使いたいアイテムと言えます。

インカムで何が出来るか?というと…

  • スマホと連動し(音楽、ナビ音声)が聴ける
  • インカム同士で無線通話が出来る
  • ラジオが聴ける(モデルもある)
  • などなど

色々な事が出来ます。

よくある利用のされ方は「インカム同士の通話」や「スマホで音楽・ナビを聴く」という使われ方で、1度使えばインカムが無いツーリングは考えられなくなります!

【これがおすすめ!】

この「DT-01」「B+COM ONE」は私も愛用しているインカムであり、高機能インカムの中ではエントリーモデルとして有名です。

「DT-01」は高機能インカムの中では他と比べ1万円程安価なのにも関わらず”欲しい・必要”な機能を全て持っており、かっこいいのでこれで十分なんですよね!

「B+COM ONE」は日本で有名な高機能インカム「B+COM SB6X」のエントリーモデルとして出されているものであり、やや安価に設定されており、機能面はやや少ないが十分!

インカムで有名なのは「B+COM SB6X」ですが、いかんせんお高いんですよね。

サイドバッグやシートバッグ

ドッペルギャンガーのバッグを装着したバイクの画像

バイクに付けるバッグ類「サイドバッグ、シートバッグ」は旅行やキャンプツーリングの際には定番のアイテムです。

積載量が無いバイクの強い味方として”バイクに付けやすい、荷物を取り出しやすい”など色々考えられて設計されているのでとっても便利ですね!

そんなに荷物を必要とするツーリングにはいかないよ?

というライダーはサイドバッグ程の容量はいらないかもですが、貴重品などの小物用でシートバッグがあっても良いですね!

携帯に便利な盗難防止装置

バイクロックをしている画像

バイクロックは絶対に欠かす事の出来ないアイテムです。

基本的に決まった保管場所に置いておく場合は多くのライダーがロックをしていますが、出先ではどうですか?

にわとり君

ちょっとの間くらい大丈夫でしょ!

こんな考えを持っている人は要注意ですよ?

ちょっとの間でも盗まれてしまう場合もありますし、その”ちょっとの間”という予定が変わってちょっとじゃなくなる場合もありますよね?

そうなった場合は何もせずに置いておくのでしょうか?家で使っている様な重たいロックを積んで走行している人なんて滅多にいませんよね?

メモ…

【ハンドルロックをしていればよっぽど大丈夫?】

そんなわけありません!バイクのハンドルロックなんて蹴り飛ばせば壊せる場合もありますし、大の大人が2人もいればそのまま盗み出す事も可能なんです。

家では最低でも2つのロックを!出先では1つを持ち運ぶ様にしましょう!

そこまでしても「やられてしまった場合」は運が無かったと思うしかありません。

そこまでやらずに盗まれた場合は自分を責める結果になります。

【これがおすすめ!】

「XENA社の最新のディスクロック」はスマホ対応&アラーム付きな点が最強です。

振動などを感じるとアラームが鳴り、窃盗犯をビビらせる事はもちろん

Bluetoothによりスマホと連動する事で「音量などの様々な設定が出来たり、スマホに通知が飛ぶ」なんて最新の仕様になっています。

バイクロックの中でもそこそこの価格はしますが、盗難防止対策としては最強クラスのアイテムなのに小さいから持ち運びも出来てかなりおすすめ!

バイクを盗まれるよりもしっかりと盗難防止をしておいた方が低コストと言う事を知らない人が多すぎます。

家でも出先でもしっかりと対策をしておくべき!

無くても困らないが、あるとより快適になるアイテム

次に紹介していく便利アイテムは”無くてもいいけど、あると快適になるよ!”というものです。

無くても特に困らないので「これほしい!」って思っていても知らない内に忘れちゃっているアイテムもあるかもしれませんよ?

ゲルサブ

エクスジェルの画像

”ゲルザブ”とは「エクスジェル」という柔らかい物質の入っている、シートカバーの事です。

シートの上に付ける事で、柔らかくお尻に優しいシートに早変わりさせる事が出来ます。

  • シートの硬いバイク
  • 長距離を走行するツーリング
  • 腰痛が心配な方
  • 痔のある方

という場合や人におすすめのアイテムです。

かなり気持ちの良い特殊なゲルを使用しており、触ってみるだけでもその優しさがとても良く分かります!

”ゲルザブ”には「シートの上にかぶせる」タイプと「シートの中に入れ込む」タイプの2つがあり、楽なのはかぶせるタイプですね!

中に入れるタイプはシートに対しての加工が必要であり、簡単に着脱が出来ないので不要になった時には再加工が必要になってしまいます。

購入から即使用可能であり、着脱も自由に出来るかぶせるタイプが使い勝手的にもおすすめですね!

バーウエイト(重量のあるバーエンド)

デイトナヘビーウエイトバーエンドの画像

重量のあるバーエンドは何が良いかと言うと「バイクの振動を抑える効果がある」という点です。

知らない人も多いですが”バイクからハンドルに伝わる振動”は知らず知らずの内にハンドルを握る手を疲れさせてしまうんですよね。

この振動による疲れはツーリングの距離が伸びれば伸びるほど、手へと蓄積して痛みや握力の弱体へと繋がります。

余分な疲れを無くして長距離ツーリングを楽しむ事が出来る心強い味方であり、同時にバーエンドカスタムも出来てしまうとっても素敵なアイテムなんですね!

【これがおすすめ!】

デイトナの「ヘビーウエイトバーエンド」は適度な重量であり、あまり振動は気にしていないけど念のため付けておくかなという程度の人にもおすすめです。

そしてポッシュウルトラヘビーバーエンドはデイトナ製よりも重たく”単気筒やVツイン”の様に振動が大きいバイクで気になっているという人におすすめです。

出来るだけ長い距離を楽しむためには、少しでも長い間疲れを感じない方が良いに決まっていますよね!

スロットルアシスト

スロットルアシストの画像

”スロットルアシスト”とは…簡単に言うとスロットルグリップ部に取り付けるベラの事です。

何の意味があるの?と思うかもしれませんが、スロットルをひねるのが楽になるサポートアイテムなんですよね!

ずっとグリップを握っていると手って疲れてきます。

このベラがあれば手首のスナップだけでスロットルが回せるようになり、ツーリング中の右手の疲労を軽減してくれます。

慣れるまではちょっと違和感がありますが、慣れてしまえばとても楽に巡行させてくれるアイテムなのでツーリング中の右手の疲れが気になるという人は是非!

安価な製品なので、お試し購入をしてもお財布には優しいです。

ヘルメットロックワイヤー

ヘルメットロックワイヤーの画像

バイクにヘルメットロックが付いていないからと言ってヘルメットを「ハンドルやミラーにかけるだけ」なんて事してませんか?

そんな事をしているとそのうち大切なお気に入りのヘルメットが盗まれますよ?

ヘルメットを盗む犯人はその多くが”計画犯”では無く”出来心犯”の場合が多いです。

バイクにかけてあるだけのヘルメットなんてひょいと手に取って持っていってしまえば犯行時間なんて数十秒です。

バイク用品店に言って盗まれたとか、出先で盗まれたという話はかなりありますよ!

用心しておきましょうね!

「ワイヤー+カナビラロック」が取り付け方や場所を選ばなく、持ち運びも楽なのでとてもおすすめです。

ヘルメット窃盗なんてものは”出来心犯”がほとんどなので、細いワイヤーで十分なんですよね!出来心が生まれた時に丁度良くワイヤー切断できる道具なんて持っていません。

なので運びやすさと自由度の高いワイヤー+カナビラ的なロックがおすすめ。

簡易汚れ取り

シールド汚れ取りクロスの画像

春や夏の暖かい季節に楽しむツーリングには”虫”という敵がいます。

  • 体に当たれば結構痛い
  • ヘルメットやバイクに当たれば潰れて汚れる
  • 服の隙間に入ったら事案

もう最悪ですよね…汗

上記の中でもヘルメットに当たった時の汚れがシールドに付いたら視界が悪くなってしまいます。

視界が悪い状態というのはツーリング時にはかなり良く無い事であり、事故などにも繋がる危険な状態です。

そんな状態といち早く解決する為の便利なクロスを用意しておくと良いですね!

虫汚れというのはかなり早く乾く上に取れにくい本当に厄介な汚れなので、綺麗に取る事が出来る専用クロスを用意しておくと尚良しです。

メモ…

タオルなどでも良いですが、汚れが伸びる場合やヘルメットやシールドに傷が付く可能性も高いので専用クロスがおすすめです。

クロスを持っておけば、ヘルメットのシールドの他にバイクの車体の虫汚れにも使用出来るので持っていて損はありません。

虫の体液というのは「樹脂パーツの劣化」や「塗装をはがす」恐れのあるこれまた厄介な存在なので、やはりクロスは常備して見つける度にすぐに綺麗にするのを心がけるのが良いです!

※紹介はここまでですが、発見次第随時更新していきます。

ツーリングでの便利グッズまとめ

ツーリングは楽しいものですが、何かの拍子に嫌な思い出も付いてくる場合があります。

便利グッズを揃えておく事で「嫌な思い」を回避出来る場合があったり、より質の良いツーリングへとグレードアップさせるポテンシャルも秘めています!

定番アイテムは多くのライダーが持っている程、多くの人に使われているので揃えて間違いはないでしょう。

そして定番だけでは「なんかまだかゆい所(たりない)」がある気がすると感じれば定番以外の部分にも目を向けると新しい快適発見があるかもしれませんよ?

バイク用品は結構な種類あります。色々と見て試してみて自分にはこれが必要だ!というものが見つかると最高ですよ。

ではでは、現場からは以上です!

という感じで、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次