PVアクセスランキング にほんブログ村

▼お問い合わせページから質問や要望を受付中
▼服装や装備品、ガジェットなどのまとめページ!
ニュース

ヤマハ「XSR125」欧州で発表!グロム125と張れるカッコイイバイクだ!

XSR125の紹介ページタイトル画像

ヤマハのXSRと聞けば、「XSR700やXSR900」などのヤマハを代表する大人気ネオクラシックバイクが浮かんでくるでしょう。

 

そんなバイクの末っ子分として欧州で登場するのがXSR125というわけなのです

このページのまとめ

XSR125は兄弟分のXSRのかっこよさを見事に引き継いだ、小排気量ネオクラシックバイクとなっています!

現状は欧州での発表となっていますが、XSRの日本での人気や125ccが盛り上がっている所を見れば日本でも販売される可能性は大きい。販売されなくてもSOXが何とかしてくれそう…

XSR125は同排気量で大人気の「ホンダ:グロム125」と十分に張り合える見た目となっており、日本で販売されたあかつきにはカスタム性が肝になってくるんじゃないでしょうか?

このページは上記のような内容になっています。

 

「ホンダ:グロム125」を皮切りに日本の125ccが盛り上がっており、グロムがかなりの人気をかっさらっている状況…ですが、XSR125が日本へ入ってきたらその状況が一変するくらいの魅力を持っています

ヤマハ「XSR125」欧州で発表!グロム125と張れるカッコイイバイクだ!

XSR125の画像

XSR125は兄貴分のXSRのクラシックなかっこよさをしっかりと引き継いだネオクラシックバイクに完成されているモデル!

 

末っ子とは言えないくらいの完成度を誇っており、クラシック感も申し分ない。各所のディティールを詳しく見てみると、クラシックルックスバイクのファンはもっと好きになるバイクでしょう。

 

しかしながら、現状発表があったのは欧州のみ…なので日本での発売が決まったわけではありません。だからと言って残念がる必要は無く、「ホンダ:グロム125」のおかげで日本での125ccは盛り上がっており、XSR125が日本上陸する可能性は十分に高い!

 

もし普通に日本で発売されないとしても、そんな感じのバイクを輸入し販売するのを比較的多くやっているSOXが間違い無く販売してくれるでしょうなので欲しいと思ったけど買えないの…?という心配はほぼ無いと言って良いでしょう!

 

各所にこだわられたクラシック感

 

XSR125は原付Ⅱ種というにはもったいないくらいの完成度とこだわりを備えたバイクとなっています。全体的にクラシックな部分が多いのと、125ccという手の出しやすい低ハードルさが日本でも人気に拍車をかけそうだ!

XSR125の画像
▲ヘッドライトはもちろん丸型単眼を採用しており、「ミラー、ウィンカー」などのフロントの灯火類がスタイリッシュでは無く、やや野暮ったいのが良い。

 

XSR125の画像
▲シートは薄めのタックロールを採用しており、クラシック感もさることながら最初からオシャレな所はお得感がありますね!

 

XSR125の画像
▲メーターも丸いものが1つとなっておりクラシック感が出ていますが、中身はしっかりとデジタルメーター!「スピード/タコ」はもちろんの事、フューエル残量やシフトポジションも表示される。

 

1つの小さな丸型メーターの中によく上手に見やすくこれだけ表示させた!という感じでスタイリッシュながらクラシック感を忘れていないのが流石XSRシリーズだと言えるでしょうね

 

XSR125の画像
▲横から一望したスタイリングもかなりかっこいい!シートからリアシートに向かうラインがとても綺麗になっており、シートカウルがかなり薄い所にこだわりを感じます。

 

ただ1つ気になる点と言えば、タンク下から下に伸びていく多く太いフレームがちょっと気にある部分ではあります…が、慣れれば逆に良いかも?と思えなくもない。

 

カスタムの幅次第で人気が左右する

XSR125の画像

シートカウルがとても薄いのが特徴的なXSR125です。この薄さはカスタムにかなり友好的に働きそうに感じますよ

 

どんな風に友好的に働くか…?それは「カフェレーサースタイル」へカスタムする時です!カフェスタイルのカスタムは人気が高く、ビルダーも好んでそのスタイルのバイクをビルドしていたりします。

 

世界的にも人気のスタイルとなっており、XSR700やXSR900でも検索すればすぐに出てくるほどカスタムされますよ!

XSR900カフェスタイルの画像 XSRカフェスタイルの画像

XSRカフェスタイルの画像
▲これらがXSR700やXSR900をベースにしたカフェスタイルのカスタムのバイクとなっています。王道のカフェスタイルは「シートのラインがフラット」「セパハン」です。

 

XSR125はフルノーマル状態でシートのラインがフラットになっているので、ポン付けカスタムで簡単に味が出せそうです!なんならそのままでも既にカフェの片鱗が出ていると言っても良いくらい。

 

な・の・で、セパハンカスタムするだけでカフェ感が十分に出るようなバイクになるとも言えます。しかしそんなので満足出来ないのがカフェ好きのコアライダーですよね?

 

と言う事で、XSR125はノーマルでも十分に魅力的だから人気はかなり出ると思いますが、より自分らしく、よりかっこよく出来るカスタムパーツで人気の爆発度が左右するとも言えるでしょう。

 

グロム125と張り合うにもカスタムは重要

 

日本に上陸すれば、125ccの売上トップクラスのグロム125のライバル的な存在としてXSR125が注目される事でしょう!

 

しかし、ただ上陸するだけではインパクトは弱くカスタムの面はやはり重要になってくる。何故なら新型グロム125がカスタムにも力を入れているからなのです。

グロム125モタードモンスターカスタム の画像
▲新型グロム125は「ライダーが自身でカスタムして楽しむ」というコンセプトがあり、素人でも比較的簡単にカスタム出来るような工夫がしてあるのです。画像は、アドベンチャー/トラッカー系カスタムがしてあるグロムです。

 

新型グロムのカスタムコンセプトは3パターンが既に発表されており、画像のカスタムはその1つなのです。ただでさえ人気のあるグロムが新型から新しいバイクの形として売り出しており、まさに鬼に金棒状態…

 

こんなグロムに対抗するためには「かっこいいネオクラシックバイク」というだけじゃいささか弱いんですよね。となれば幸い人気のカフェカスタムに最短でたどり着けそうなスタイリングをしているXSR125なので、更にカスタムが充実すれば負けず劣らずの張り合いが出来るんじゃないか!?という考え方が出来ます。

 

既にXSR125は話題性としては大きなインパクトを持っているバイクなので、その後の展開次第で爆発的な人気バイクへと成長してもおかしくはない

 

まとめ:XSR125はネオクラでかっこいいが、人気獲得にはカスタム要素は必須か

 

XSR125はノーマル状態でも十分にかっこいい125ccとなっています。ただ発表があったのは欧州なので日本での発売に期待しましょう!

 

しかし日本には125ccクラスの強力な人気車両「ホンダ:グロム125」の存在があり、新型なんて素人が簡単にカスタム出来る様な工夫がされていて侮れない…となればXSR125と言えどかっこいいだけでは弱い

 

となると…XSR125がグロム並みの人気を獲得するためには、カスタム性も重要となってくる事が考えられます。XSR125はカフェカスタムの良いベース車両になるかと思えるので、それ系のカスタムパーツが充実すればかなりの人気が出そうだ!

 

いずれにしては125ccという多くの人が乗るのに低ハードルなバイクなので早く日本に上陸して欲しいバイクなのは間違いないですね

 

という事で、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓いつも面倒なポチっとにお付き合いありがとうございます。励みにしております!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

【お問い合わせ】←ではこんな記事を書いて欲しい!などの意見も受け付けています。

こちらの記事もおすすめ!