▼このブログの説明書だよ!
ネオクラシックバイク

400cc以下のネオクラシックバイクなら小排気量の海外モデルが魅力的で狙い目だ!

小排気量ネオクラシックバイクのタイトル画像

バイク乗り間でも話題がちょくちょく上がるネオクラシックバイクですが、まだまだラインナップは十分とは言えません。

 

特に中型クラスと呼ばれる250ccや400ccのラインナップはまだまだこれからに期待するしかないくらいの状態です。

 

でもこのページに来た人ってきっと…

  • 中型免許しかないけれどネオクラシックバイクって全然ないよなぁ…
  • 小排気量が狙い目?そんなに魅力的なのあるの?
  • サブバイクが欲しいけど、やっぱりかっこいいのが良いよね。ネオクラなんて良いのあるのかな?

こんな所じゃないでしょうか?

 

結論から言えば中型クラス、もっと詳しく言うと400cc以下のネオクラシックバイクを探すのはとても簡単であり、その理由はラインナップが全然充実しておらず少ないからです。

 

それでもネオクラシックバイクが諦められないという人は小排気量クラスから探すのが良いでしょうという事が言えるのです!

 

大型ほど結構多くのラインナップから選ぶ事は出来ませんが、かなり魅力的なネオクラシックバイクが揃っているので小排気量でもアリという人なら見てみるべきですよ?

▼ネオクラまとめページリンクも置いておきますね!

ネオクラシックバイクおすすめ記事のタイトル画像
ネオクラシックバイクの中型、大型おすすめ18選!見逃せないトレンドタイプ! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); どん...

400cc以下のネオクラシックバイクなら小排気量の外車が魅力的で狙い目だ!

レオンアートのバイクの画像

250ccと400ccのネオクラシックバイクのラインナップを合わせても正直言って数えられる程度のラインナップしかありません。こうやって聞くと全然無いって分かりますよね?

 

本当に少なく、中型免許しか無いから俺はそこから選ぶ!という人は好みが見つかるかは狭き門ですね…

 

▼250ccクラスであればそこそこ程度あるのでリンクを置いておきますね。

250ccネオクラ紹介記事タイトル画像
250ccクラスのネオクラシックバイク5選!今買う?待つ?迷い所 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ネオ...

 

ネオクラシックバイクの良い所は「高年式で壊れにくく、先進技術が搭載されており、見た目がかっこいい」という事が言えます。

 

見た目が古くてもFI、LEDヘッドライト、車種によってはクイックシフターやトラクションコントロールなど色々な現代の先進技術が盛り込まれており高年式の為壊れにくいというわけなんですよね!それに加えてかっこいいとなれば魅力的という他ありませんよね?

 

その為、ネオクラシックバイクを好きになる人は見た目で選ぶというのが大半でしょう。そんな人達の中には排気量が落ち、パワーなどが250ccや400ccよりも落ちても我慢できるなんて人いますよね?そんな人は小排気量から選んでも良いかと思います

 

小排気量のネオクラシックバイク6車種3メーカー

 

先に言っておきますが、残念ながら日本国内メーカーから出ている小排気量クラスは少ない…ですが海外モデルで出ているバイクは比較的多く、魅力的なものも多いのでおすすめ度は高いですよ!

 

日本では最近海外モデルを取り扱うお店もたくさん出てきており、聞きなれないメーカーも多く存在し、不安も出てきますが見ておいて損は無いかと思います。

 

ホンダ:CB125R

CB125Rの画像

ホンダのCB125Rはシリーズの中では一番の末っ子排気量モデルとなります。メカメカしさとクラシックさを兼ね備えたモデル。

 

日本国内メーカーで一番有力なネオクラシックバイクであり、中型以下のクラスのネオクラシックバイクが少ないというのもあり、ユーザーからは相対的に一番信頼のおけるネオクラとも言えるでしょう!

 

どちらかと言えば先進的デザインの方が好きかな?という人におすすめのモデルと言えるでしょう。

エンジン水冷4ストローク単気筒
シート高815mm
最高出力13PS / 10,000rpm
最大トルク10N・m / 8,000rpm
車両重量127kg
タンク容量10L

排気量は125ccクラスです。

 

ホンダ:CB190SS

CB190SSの画像

ホンダのバイクではありますが、生産国は中国ホンダとなっており、このモデルは複数の現地法人が独自デザインをして味付けをしたマシンとなっています。

 

排気量が250ccでも無く、125ccでも無い184ccと名前の通りの190cc近い排気量という中途半端なものは海外メーカーではよくあるものです。

 

残念ながら中型クラス400ccまで乗れる免許が無いと乗る事が出来ないですが、その分そこそこのエンジンパワーがあります。

 

ホンダらしいタンクやサイドカバー周りに加え、レトロ感を一味も二味もプラスするブラウンカラーのシートもオシャレで見た目も申し分無い。

エンジン空冷4ストローク単気筒
シート高
最高出力15.9PS / 8,000rpm
最大トルク15N・m / 7,000rpm
車両重量146kg
タンク容量15.3L

排気量は約190ccです。

 

ヤマハ:XSR155

XSR155の画像

XSR155はヤマハの代表ネオクラシックバイクであるXSRシリーズの末っ子です。

 

ただ、このモデルは日本での生産では無く海外ヤマハでの生産と販売になっています。その為、海外メーカーのバイクを輸入するような形になっていますね!

 

兄貴分よろしく、しっかりとクラシック感をもっておりヤマハの代表ネオクラと呼ぶにふさわしいモデルであり、それをしっかりと引き継いでいます。

 

排気量は小さいながらもシート高は810mmと高く、スポーツに振られている車格も走行に期待出来る一面と言えるでしょう。

 

クラシック感抜群のヘッドライトとテールランプはLEDであり、メーターはフルLCDとデジタルメーターが採用されていたりと”ネオ感”も十分に味わう事が出来ます。

エンジン水冷4ストローク単気筒
シート高810mm
最高出力
最大トルク
車両重量134kg
タンク容量10L

排気量は155ccです。

CB190SSやXSR155はそれぞれの日本国内メーカーからの販売はされていません。しかし、SOXというバイク屋さんが販売しているので購入する事が可能です!

 

マットモーターサイクルズ(メーカー)

マットモーターサイクルズの画像

マットモーターサイクルズは日本でのかなり有力なネオクラシックバイクを扱っているメーカーです。

 

マットモーターサイクルズの大きな特徴としては「フルカスタムバイクを新車販売している」というカスタムショップみたいな感じとなっています。

 

全ての販売バイクがネオクラシックバイクとなっており、シルエットはほぼ同じとなっていますがそれぞれに個性があるので選ぶ楽しみも十分にあります。

 

イギリスのカスタムメーカーなので英国紳士的な雰囲気もあり、街映えがかなり良いバイクとなっています。

フルカスタムバイクと言う事でベース車が存在しますよね?ベース車はスズキのバイクらしいですが、本当にマニアックな人にしか分からないくらいの完成度となっていますよ!

とりあえず1台ここで紹介しておきますね!

 

RS-13 125 

RS-13 125の画像

「小さな怪物のようなカスタムバイクであり、軽量で無駄が無く、誰よりもクール」と公式でも紹介されているシンプルかっこいいバイクです。

 

丸目一灯で、楕円形タンク、フラットなシートと全てにおいてクラシック感が高いが、LED灯火類や、FIなど現代の当たり前を当たり前に搭載しておりまさにネオクラです

 

街映えも良く、スタイリッシュなボディは街乗りに重宝しますね!

エンジン空冷4ストローク単気筒
シート高780mm
最高出力12PS
最大トルク10N・m
車両重量105kg
タンク容量12L

排気量は125ccです。

 

▼マットモーターサイクルズをもっと見てみたいって思ったときの為の紹介リンクを置いておきますね!

125や250に乗るならネオクラシックなバイク、マットモーターサイクルズもおすすめ!”マットモーターサイクルズ”をご存じでしょうか? マットモーターサイクルズはイギリスでハイエンドビンテージカスタムを手掛けてきたM...
マットモーターサイクルズの画像
マットモーターサイクルズ125cc/250ccにネオクラの新3モデル追加! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この...

 

GPX(メーカー)

GPXのバイクの画像

GPXはタイで人気上昇中であり売り上げを伸ばしているメーカーです。タイは旅行以外でも日本の身近にある国であり、バイクではカスタムメーカーのパーツが購入出来たりと結構助かる国です。

 

小排気量では魅力的なバイクが安価で購入出来るという点で、車両価格のコストを抑えたいと思っているライダーにとってはかなり助かるかと思います。

 

GENTLEMAN200(ジェントルマン200)

ジェントルマン200の画像

ジェントルマン200はおさまりの良いカフェシート的な形をしているシートと、フラットなバーハンドルが特徴的なネオクラシックバイクです。

 

クラシック感のある装いの中に見えるスポーティさに魅力があり、丸目一灯のヘッドライトと丸型ミラー、スポークホイールがクラシックさを引っ張っており力強くファットなタンクとシートが良いアクセントとなっています。

 

ありそうであまり無い見た目がより魅力を引き出していると思えるモデルですね!

エンジン空冷4ストローク単気筒
シート高800mm
最高出力11.5PS / 7,500rpm
最大トルク13N・m / 7,500rpm
車両重量160kg
タンク容量12L

排気量は197ccです。

 

GENTLEMAN RACER200(ジェントルマンレーサー200)

ジェントルマンレーサー200の画像

ジェントルマンレーサー200はカラーリングが派手なのでそこまでクラシック感を感じる事は難しいかと思いますが、丸目一灯を上手におさめたビキニカウルはカフェレーサーを存分に主張し、トレンドのバーエンドミラーが良い味を出しています。

 

かなり魅力的なネオクラシックカフェレーサーであり、セパハンから伸びる丸型バーエンドミラーはクラシック感を殺しておらず、良さを上げていますね!

 

約200ccの小排気量且つ、安価に手に入れる事が出来るバイクなのにも関わらず「ダブルディスク&倒立フォーク」という足回り装備も豪華です。

 

ライダーと合わせた見た目もとてもかっこよく、とても小排気量と思わせないオーラがまた贅沢です。

エンジン空冷4ストローク単気筒
シート高800mm
最高出力11.5PS / 7,500rpm
最大トルク13N・m / 7,500rpm
車両重量160kg
タンク容量12L

排気量は197ccです。

 

レジェンド150S

レジェンド150Sの画像

レジェンド150SはGPXの中でも一番クラシック度が高く、排気量が小さいので扱いやすさもかなり高いです。

 

かなりクラシック寄りの見た目となっており、街乗りに重宝するし街映えもかなりしますよ!

 

前後17インチホイールを履いたフルサイズの贅沢なストリートモデルとなっており、単気筒のトルク感を存分に味わいながら走行を楽しむことが出来ます。

エンジン空冷4ストローク単気筒
シート高790mm
最高出力9.1PS / 8,000rpm
最大トルク10N・m / 8,000rpm
車両重量130kg
タンク容量

排気量は150ccです。

 

LEONART レオンアート(メーカー)

レオンアートのバイクの画像

レオンアートは彗星の如く現れたかなり魅力的なネオクラシッククルーザーがたくさん揃ったメーカーです。

 

ツイッターなどSNSで一時期かなり話題になっているライダー達にも爆発的に印象を与え、それが当然のようなラインナップ全てが魅力的でかっこいいバイクばかりとなっています。

 

このページではその中でも筆者が特におすすめしたい2台をとりあえず紹介しておきますね!

 

Pilder125(パイルダー125)

Pilder125の画像

パイルダー125はリアタイヤがプロアーム(片持ちスイングアーム)となっているアメリカンクルーザーの中ではかなり珍しいモデルです。

 

並列2気筒のエンジンを採用しており、フロントはダブルディスクな上に倒立フォークと足回りも豪華!ステップの位置はシートに座って、普通に膝を曲げた時に足が付くようなネイキッドのような位置にあるのでアメリカンクルーザーである事を忘れてしまいます。

 

ただやはりクルーザーという事だけあり、ホイールベースは長く直進安定性が優れており、逆に小回りが利きにくい設計となっています。

 

クラシックな雰囲気を漂わせながら、ネイキッドのような乗りやすくスポーティさも兼ね備えた見た目と色々融合させたようなバイクとなっていますが一言「かっこいい」という言葉が出てくるという事は上手にそれぞれに感じる特徴を融合させたという事でしょう。

エンジン水冷4ストロークパラレルツイン(並列2気筒)
シート高700mm
最高出力15.2PS
最大トルク
車両重量180kg
タンク容量

排気量は125ccクラスです。

 

Tracker125(トラッカー125)

Tracker125の画像2

トラッカー125はオフロード並みの活躍が期待できるモデルとなっています!トラッカーと名前が付いていますが、サスペンションの余白やシート高、最低地上高はオフロードと遜色が無い。

 

トラッカーという名前にしておくにはもったいないと思ってしまう部分もありますが、クラシック感をより出す為か、完全にトラッカーで行きたかったのか分かりませんが、楕円形タンクとフラットシートはオフロードのそれではありませんね。

 

ただ、このタンクとシートの組み合わせはクラシック感がかなり大きく出るスタイリングであり、シティ映えもするのでさながらシティ派トラッカーを目指したようなイメージです。

 

足回りはオフロードにも匹敵する性能を有しており、タンクやシートなどの上部の装備はクラシックで魅力的なバイクとなっています。

エンジン空冷4ストローク単気筒
シート高850mm
最高出力10.9PS / 8,500rpm
最大トルク8.6N・m / 7,500rpm
車両重量130kg
タンク容量

排気量は125ccクラスです。

 

他にもレオンアートのネオクラシックバイクはかっこよくておすすめです!もっと見たいという人の為にリンクを置いておきますね!

レオンアートSAのバイクの画像
魅力的な「レオンアート」のバイクは125ccで誰にでも手が届く!このページでは魅力的な125ccのバイク”LEONART SA(レオンアートSA)”について紹介していきます。 ...

 

ZONTES(ゾンテス):カフェレーサー125

ゾンテス カフェレーサー125の画像

英国でも販売されている中国メーカーZONTESのバイクです。

 

125ccクラスながらフルサイズモデルと言う事で、見栄えも十分ですね!LEDヘッドライトやバーエンドミラーなどの各所に見えるこだわりデザインをしており、気軽に乗れるネオクラシックカフェレーサーであり、ちょっと灰色がかった背景にマッチするレトロさです。

 

価格が安く、手の届きやすい排気量帯なので「とりあえずクラシックでかっこいいバイク」を探している人におすすめです。

エンジン空冷4ストローク単気筒
シート高850mm
最高出力10.9PS / 8,500rpm
最大トルク8.6N・m / 7,500rpm
車両重量130kg
タンク容量

排気量は125ccクラスです。

 

ITALMOTO(イタルモト):ティクワトロ125スクランブラー

ティクワトロ125スクランブラーの画像

本国生産にこだわりを持っているイタリアの老舗ブランドである「イタルモト」は日本では致命的に知名度がありません。

 

しかし、オシャレで軽快なコンパクトスクランブラーは扱いやすさを重視したいライダーにとてもおすすめなバイクとなっており、クラシック感も十分!

 

イタリアっぽい派手さはありませんが、どちらかと言えばイギリス紳士のようなジェントルマン感のあるシティ映え抜群のモデルとなっています。

 

見た目のイメージはおとなしく軽快に走行するスクランブラー感に欠けるのは否めませんが、ヘッドライトガードやミドルポジションのマフラー位置はスクランブラーを感じる事が出来ますね!

 

静かにたたずむ大人なネオクラシックスクランブラーという感じでしょう。

エンジン空冷4ストローク単気筒
シート高780mm
最高出力9.8PS / 8,500rpm
最大トルク
車両重量126kg
タンク容量13L

排気量は125ccクラスです。

 

ITALMOTO(イタルモト):ティクワトロ125カフェレーサー

ティクワトロ125カフェレーサーの画像

地味なカラーリングながらもイタリアならでは主張を感じる事が出来る小排気量ネオクラシックカフェレーサーです。

 

見た目のかっこよさ、クラシック感は十分なので見るだけでも楽しむ事が出来るバイクかと思います。

 

更にUSBソケットなども装備しており、快適性も備えている点は今っぽくて良いですよね!バーハンドルの為、カフェスタイル感は薄くなってしまいますが、それでもかっこいいと言えるモデルです。

エンジン空冷4ストローク単気筒
シート高780mm
最高出力9.8PS / 8,500rpm
最大トルク
車両重量126kg
タンク容量13L

排気量は125ccクラスです。

 

と、ここまでの6車種3メーカーのバイクは日本での購入が出来る事が分かっているものです。メーカーとして出しているラインナップのほとんどがネオクラシックバイクだったりするのでネオクラを愛車にと探している人は助かりますね

 

海外の全然聞いたこと無いメーカーなどのバイクを見ているとまだまだ海外モデルにはネオクラシックバイクの可能性をたくさん感じる事が出来ます!日本上陸は全然期待出来ませんが…

 

海外ネオクラは充実していますが逆に日本の小排気量並びに、250ccや400ccでのラインナップが充実して来るかは全然まだわからない…

 

まとめ:小排気量なら日本国内で買えるモデルは結構ある

 

知らなかったモデルやメーカーも多々あったかと思いますが、250cc~400ccという日本では馴染みのある中型排気量では全然ラインナップが見つからず困っていたとしても、小排気量ならネオクラは結構あるんです!

 

エンジンスペックはあんまり気にしない!何より大切なのは見た目かな?という人は小排気量帯で探してみても良いかと思いますね!

 

という事で、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!