用品

SHOEIから渋さと遊びを備えたデザインのバイクヘルメット登場!

みなさん『ネオクラシックバイク』って知っていますか?
クラシカルデザインだけど、搭載機能などは新しい見た目はモダン、中身は新しいの融合バイクタイプの事です。

 

 

ネオクラシックバイクは2018年頃から始まり、2019年にかなり人気度合いが上がっています。
そんなネオクラシックバイクに注目が集まり始めた同時期ぐらいから『ゴーグルスタイル』のヘルメットの人気も上がっているのをご存知でしょうか?

 

 

ゴーグルスタイルというのは多くの人がオフロードやモタードというイメージが強いと思いますが、ネイキッドなどにも割とマッチするスタイルであり、現在かなり人気が高まっている状態です。
そんな状況の中SHOEIから新作オフヘルメットが登場予定です!

 

オフ車に乗っているけど、かっこいいヘルメットに新調したいな!
モタードを購入するから、かっこいいヘルメットなんかないかな…

最近流行りのゴーグルスタイルのヘルメットを考えているけど、なんか良いもの無いかな?

 

という人達へ向けて、今回は『渋さと遊び心を備えたデザイン』のSHOEIのヘルメットを紹介していきます。

SHOEIからオフヘルメット
「VFX-WR FAITHFUL」が登場予定だ!


SHOEIと言えば「Arai」と国産ヘルメットメーカーの1、2位を争う実力メーカーです。
かなり人気が高く、最高品質と呼ぶべきヘルメットをたくさん販売しています。
デザインもかっこいい物が多く、根強いファンも多いメーカーです。

 

 

「そのヘルメットどこのメーカー?」と聞かれればSHOEIと答えるだけで
「良いメーカーの使ってんじゃん!」と言われる程、品質や信頼度の高いメーカーとなっています。

 

 

そんな国産トップレベルのSHOEIから登場予定なのが…

 


引用元:SHOEI

 

こちらのヘルメットです。

 

どうでしょう?
かなり渋いですよね!
何と言ってもマットブラックがクールさをかなり高めており、ラインやスターデザインが遊び心を加えている様な感じです。

 

では、この渋オシャレなかっこいいヘルメットの詳細を見ていきましょう。

 

VFX-WR FAITHFULの製品詳細

 

このモデルば既に「VFX-WRシリーズ」として他のデザインモデルが販売されております。
その為、製品自体の機能は後に説明していくとしてまずはデザインなどを説明していきます。

 

 

このVFX-WR FAITHFULはアシンメトリー(左右非対称)デザインを採用しており、右から見た印象と左から見た印象が違います。

【左側面】


引用元:SHOEI

左側面視は最初に紹介した参考画像のもので、マットブラックベースの中にグレーラインとスターデザインが散りばめられたクールさと遊び心を備えたデザインとなっています。

 

 

【右側面】



右側面視は左側面視よりも遊び心が控えられており、マットブラックとホワイトラインのコントラストがクールなスポーティデザインに仕上げられています。
左側面視よりも色の違いがはっきり出ており、走行中の対向車に注目してもらえ易いデザインとなっています。

 

 

【やや左からの後方】


引用元:SHOEI

やや左から見た後方部ですが、左右でデザインされていたラインが後頭部中心へ向かって伸びています。
そのラインが行きつく後方中央部には、火が消えた後の煙のような静かなデザインが左右の派手さを調和している様な感じ。

 

 

【ツバ&頭頂部】


引用元:SHOEI

ツバと頭頂部は比較的おとなし目に仕上げられており、細いホワイトラインがアシンメトリー状に描かれています。
後方部と同じ様にシンプルなデザインなのは左右の派手さ具合を調和しているのでしょうか。

 

全体的に見たデザインの印象はマットブラックで全体的にクールに引き締めているが、左右のアシンメトリーデザインで遊び心とスポーティさを出している様なイメージです。
あまり注目の集まり難い、頭頂部と後方部はシンプルに調和を持たせている様ですね。

 

 

VFX-WR FAITHFULのサイズ展開

 

このモデルのカラーバリエーションはマットブラックだけなので、カラバリの紹介はありません。

 

次にサイズ展開ですが…

SMLXLXXL
55cm57cm59cm61cm63cm

の5サイズ展開になります。

 

国産メーカーの「SHOEI」や「Arai」は自分のサイズイメージと合わない場合が結構あります。
しかし、この2つのメーカーは人気有名メーカーである為にどの用品ショップに行っても必ず置いてあります。
ネット購入の方が安い場合が多いですが、ネット購入をする際にも一度店舗でのサイズチェックを行っておくと失敗しないですよ!

 

VFX-WRシリーズの製品機能紹介


引用元:SHOEI

今回の「VFX-WR FAITHFUL」はグラフィックモデルであり、ベースとなるVFX-WRの存在があります。
いわゆるソリッドカラーという単色モデルです。
その為、機能面はVFX-WR全シリーズと共通となっています。

 

軽量&安全性向上を実現したシェル構造

 

高い弾性と引張強度を有する高性能有機繊維を採用しており、効果的に積層した独自構造で高強度シェルを実現しています。
それに加え、軽量設計でライダーの首の負担の軽減を目的に集中力維持を助けます。

 

ベンチレーションシステム


引用元:SHOEI

アイポート上部(目の上)にあるエアインテークはスクープ形状をとっており、効率良く涼しい空気をヘルメット内に取り込む事が出来ます。

 


引用元:SHOEI

リアアウトレットと大きなネックアウトレットによって、暑くこもったヘルメット内部の空気を一気に排出する事が出来ます。

 

 

アイポート上部で効率良く涼しい空気を取り込むと同時に、大きなアウトレットによって熱気を外に排出するので常にライダーの頭部環境を良い状態に保つ事が出来て、ストレス無くライディングに集中出来る構造となっています。

 

 

M.E.D.Sによる安全性

 

競技中に転倒も多いモトクロスレースやオフロードライディングでのヘルメットの衝撃吸収性を非常に重要な要素と認識しているSHOEIは、ヘルメット内部の衝撃吸収ライナーの硬さを部位毎に変え、最適な衝撃吸収性構造を生み出しています。

 

 

M.E.D.SというSHOEIの新技術を搭載する事により、転倒時にヘルメットに衝撃が加わった際の頭部への衝撃緩和をアップさせる事により、ライダーの『もしもの時』に際しての負荷を最小限にします。

 

 

内装


引用元:SHOEI

内装は通気性向上の為に、パンチング加工をしており3D形状のウレタンパッドが快適なフィッティングを実現。
更には激しいライディングアクションでもしっかり頭を支えるホールド性能を発揮します。

 

 

内装生地のハイブリット化により、汗のべたつきによる不快感を抑え走行時の快適な装着感とヘルメットのスムーズな着脱を両立させる事に成功しています。

 

 

バイザー部


引用元:SHOEI

バイザーは専用設計品であり、装着されているノーマルポジションは多くのライダーが使用するバイザーの最上位置についています。
ただ、バイザーの角度調節が可能なので購入後に好みの角度への調整も出来ます。

 

 


引用元:SHOEI

バイザーの取り付けボルトの形状はボル固定用のナットと噛み合う設計をしており、スタンダードポジションへ調整し易くなっているのと、激しいオフロードライディング時に不意にバイザーが動く事を防ぐ役割を果たします。

 

 

ノーズカバー


引用元:SHOEI

ノーズカバーは大型であり、激しいライディング時における息苦しさを軽減するのだが、ザルではありません。
塵やホコリの侵入を防ぐメッシュフィルターを内側に装備する事によって、息苦しさが無い大型設計だが、しっかりと異物の混入を防ぐ構造となっています。

 

 

以上が主な機能説明です。
VFX-WR FAITHFULの発売予定は12月となっているのでまだまだ先になってしまいますが、VFX-WRシリーズには既にかっこいいデザインの製品がたくさん出ています。

 

 

ヘルメットの購入を待ちきれない方は既に登場のVFX-WRシリーズの中からお気に入りを選んでみるのも良いかもしれませんね!

 

 

【VFX-WR PR動画】

 

おわりに(まとめ)

 

オフヘルメットは名前にオフと付く様に、基本的にはオフロードやモタードと相性の良いヘルメットです。
しかし、相性が良いのは実はそれだけでは無く、ネイキッドやストリートファイター・ネオクラシックバイクにも結構相性が良くマッチする車両があります。

 

 

その為、オフヘルメットのシルエットが好きな人であればオフヘルメットを検討する価値は存分にあり、何より今はゴーグルスタイルが結構流行っているのでその流行りに乗る事も出来ます!

 

 

迷っているくらいなら用品店にでも遊びに行き、店員さんにお願いして自分のバイクと合わせてみてはどうでしょう?
気の利く店員さんなら、店員さんと一緒ならそのような事も許してくれる店舗もありますよ!

 

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。