中古のアメリカンバイクをカスタムするのアリ!レブルじゃなくてもかっこいいよ?

現行じゃないアメリカンのカスタムパーツ紹介ページタイトル画像

PVアクセスランキング にほんブログ村

今ではアメリカンと言えば「ホンダ:レブル」と言わんばかりに人気があり、レブル自体も日本では250cc、500cc、1100ccと排気量バリエーションもしっかりと揃っているもんだから人気が衰える事を知らない…

でも全体的に色々なものが値上がりをしていて大変な時にバイクの新車って本当に必要…?って思った事ありませんか?言われた事ありませんか?

バイクって実は新車じゃなくても中古で全然楽しめますし、何より中古の方がカスタムパーツが揃っていたりして他の人と一味違った姿に出来たりするんですよね!

ノーマルで楽しむのももちろん醍醐味ですが、元アメリカン乗りの筆者としては是非カスタムも楽しんで欲しい!と言う事でこのページでは現行モデルでは無いアメリカンのカスタム例とパーツを紹介していきます。

このページがおすすめな人
  • steed400、ドラッグスター、バルカン、マグナなど現行モデル以外のアメリカンに乗っている
  • アメリカンバイクのカスタム例を見てみたい
  • カスタム例をマネできるならパーツを教えて欲しい

こんな人におすすめのページとなっています。

現行モデルではないアメリカンバイクのカスタムなので現行レブルや現行のバルカンSに乗っている人には多分つまらないかと思います。

目次

アメリカンバイクはレブル250だけじゃない!中古にも魅力は十分にある!

筆者もレブルもといレブルをカスタムした見た目はとても好きですが、レブルばかりで溢れかえってしまうのはちょっと寂しい…昔のモデルもかっこいいものがあるし、カスタムすればもっと光るのを知っているから。

メモ…

自己紹介ページにもありますが、筆者は旧レブル250/steed400/xl1200xとアメリカンを乗ってきて、その中でもsteed400には一番手を加えていました。

しかも今回紹介するT&Fガレージのパーツを購入してカスタムしていました!大学生のアルバイト代でも手が届く金額帯になっており、割とカスタムパーツの中では良心的だと思いますよ!

そんな筆者だからこそ現行じゃないアメリカンも良いもんだ。と言えますし、言いたいのです!

T&Fはフリスコチョッパースタイルが得意なバイク屋&パーツ供給元

ガレージT&Fのバイクの画像
V-TWINマグナ

ガレージT&Fは画像のようなフリスコチョッパースタイルのカスタムが得意で、画像のものもガレージT&Fが作成したコンプリートカスタムバイクです。(ベースはV-TWINマグナ)

このようなチョッパー系カスタムが好きなバイク乗りならガレージT&Fのカスタムもとい販売パーツを気に入る事でしょう!

ちなみにフリスコチョッパーというのは…サンフランシスコのフリスコチョッパーズと言うショップが始めたものとされ、そこのオーナーが渋滞をいかに早く抜けるかという為に考えたスタイルと言われています。

  • ハイマウントされた長さの短い幅狭ハンドル
  • ハイステップ(比較的高い位置にセットされたステップ)
  • ハイマフラー(比較的高い位置にセットされたマフラー)

基本的にすり抜けに特化したカスタムスタイルとなっており、隙間を縫うために細く、縁石に擦らないために高くパーツが設定されているのが特徴です。

しかしながらそこまでの自由度は販売されているパーツには無く、ボルトオンでDIYカスタムで出来る程度になっているのでそこまで難しそう…という不安は持たなくても大丈夫!

画像のようなカスタムが出来るよ!という感じなので、画像のスタイルが好きならおすすめというわけ!

ヤマハ:ドラッグスター400のT&Fカスタム

ガレージT&Fのバイクの画像

ドラッグスター400のかっこいいフリスコチョッパースタイルを選びました!ハンドルは高く、タンクも細いのでこれだけで結構な見た目の印象がノーマルよりも変わってきますね!

加えてフロントフェンダーは無くし、リアフェンダーはフラットフェンダーに、シートもフラットなシングルでありナンバープレートはサイド仕様ですかね。マフラーももちろんカスタム品ですね!

ざっくり大きなカスタムパーツを挙げるとこんな感じですが、他にも色々変わっています。

ハーレー:スポーツスターのようなタンク

ドラッグスター400のタンクはもともと大きい丸みの強いものなので、このような高さがあって細いものにカスタムするだけでその姿は大きく変わってくるんですよね!

ガレージT&Fのバイクの画像

フラットフェンダーカスタムは今も昔も根強い人気を持っているもので、アメリカンバイクの重厚感のある個々のパーツをより近づけてまとまりのある見た目にするのに一役買っています。

上記のパーツがあれば、画像のフリスコチョッパースタイルのドラッグスターにかなり近づける事が可能になりますね!

高いロボハン/ハイマウントスポーツスタータンク/フラットフェンダーキッド/ソロシートキットという感じなので、後はマフラーを好きなものにカスタムして細かなパーツの質感をこだわればもうすでに自分だけの1台になり得ます!

ヤマハ:ビラーゴ250のT&Fカスタム

ビラーゴ250の場合は排気量の大きいドラッグスターよりも更にフリスコチョッパースタイルに磨きをかけやすく、更にすり抜けに特化したような見た目が似合うものとなります。

このカスタムではタイヤをファットなものにして存在感を強くしていますが、同じような太いタイヤにする場合はお世話になるバイク屋と相談して決めると良いでしょう!

それ以外のパーツを紹介していきます。

ガレージT&Fのバイクの画像

お馴染みの高く細いハイマウントスリムスポーツスタータンクはもちろん装備!マウント位置が高く、タンクがバイクのパーツを余り隠さなくなるので中のメカメカしい構造を見せる事が出来る!

シートはフラットシングルシートとなっており、ドラッグスターはスプリング取付でしたがこちらはリジット取付となっておりバイクとライダーの密着度が高くステップに置いた脚の角度がよりフリスコらしくなる。

リアフェンダーはショートなフラットフェンダーとなっており、リアタイヤのほぼ全面を見せる事が出来るアメリカンでも人気の高いスタイリングにする事が出来ます。

ガレージT&Fのバイクの画像

メーターをカスタム品にして横にセットする事でハンドル周りもといフロント周りをスッキリさせてよりスッキリさせられて、よりビラーゴ250のシルエットをくっきりとさせてくれるぞ!

同じヤマハでも、ビラーゴはドラッグスターと違って元々車体自体が細くコンパクト!これを生かしてさらにフリスコチョッパースタイルに仕上がっているのが画像のカスタムビラーゴというわけですね。

マフラーももちろんカスタム品ですが、アメリカンバイクに定番のスラッシュカットマフラーとなっています。

ホンダ:スティード400のT&Fカスタム

ガレージT&Fのバイクの画像

スティード400のフリスコスタイルはややハンドル高さが低めに抑えられており、フリスコスタイルながらもややローに構えた全体シルエットとなっています。

ハイマウントスポーツスタータンクはもちろんの事、フラットシートとフラットリアフェンダーはT&Fのフリスコカスタムでは最早定番であり必須のパーツですね!

このスティード400の特徴としてはエンジン・マフラー・エアクリーナーと全てがブラックで塗装されているので車体自体は細くスタイリッシュになっているのですが、重厚感はしっかりと持っておりクールに仕上がっています。

ガレージT&Fのバイクの画像

先に紹介した2台とちょっと違う所はリアフェンダーの後方にテールランプとナンバーを取り付けられる状態になっているという点でしょう。

ひと昔前まではサイドナンバープレートを縦長に着けるアメリカン乗りも多くいましたが、今では完全に禁止で違反となってしまうのでサイドナンバープレートは必ず横長に付けるけなければならない!

サイドナンバーにしても横長で付けなければ…なら普通にリアフェンダーに着けた方がまとまりが良いよね。と思う人はこのカスタムの方が良いと思えるかもしれませんね。

ホンダ:V-TWINマグナ250のT&Fカスタム

ガレージT&Fのバイクの画像

ホンダの250アメリカンのV-TWINマグナもT&Fカスタムにかかれば立派なフリスコチョッパーズの仲間入りを果たす事が出来ますね!ここまで見てくると大体のパーツ構成が似通ってくるので割愛しますね!

とはいえ全アメリカンバイクを見てもマグナ250はトップクラスのホイールベース長さを誇るバイクなのですが、それをここまでコンパクトに仕上げられるT&Fカスタム恐るべしといった感じです。

このようにT&Fガレージはアメリカンバイクをフリスコチョッパーカスタムにするのが得意であり、多くのアメリカンバイク乗りにそのカスタムを楽しんでもらえるように買いやすいように展開しています。

ここで紹介した車種の他にも…

カワサキのバルカン400などもフリスコチョッパースタイルにする事が出来ますよ!

T&Fのアメリカンバイクカスタムにはフリスコ以外のカスタムもある!

T&Fのカスタムモデルもといカスタムパーツにはフリスコチョッパースタイル以外のカスタムも存在しています。フリスコチョッパーのような細身で軽快さを求めていないアメリカン乗りならコチラの方が好みかもしれませんね!

ドラッグスター1100のV字ハンドルが特徴的なカスタム

ガレージT&Fのバイクの画像
ドラッグスター1100

こちらのカスタムはドラッグスターの車体の大きさの印象はそのまま残し、出来る限りのロースタイルを追求したようなカスタムになっています。

タンクはノーマルを採用してドラッグスターの大きな印象をエンジンと共に残しつつ角度の浅くなるハンドルと、フラットなシングルシートでタンクからのラインの流れを作り、そのままタイヤと密接に位置したフラットフェンダーで流れていくようなフォルムになっているので、全体的なまとまり感は抜群だ!

と、思いきやタンクもカスタム品の様ですね!

ガレージT&Fのバイクの画像

一番目を惹く特徴的なパーツはズバリこのV字型ハンドルであり、上に伸びているというよりは横に後ろに伸びているようなハンドルとなっているので、ロースタイルをするのにはピッタリな角度のハンドルとなっています。

その他はフリスコチョッパースタイルで紹介していたものと余り違いはありませんが、見た目は近くてもものは微妙に違った利すので注意が必要です!

▲同じシングルシートでもコチラはフラットフェンダー専用シングルシートと言うものを採用しているカスタムですね!

というようにT&Fはその車種の特性を生かして大柄なものはそれを崩さずによりかっこよくすると言ったカスタムモデルやパーツを出しているので割と幅多くのアメリカン乗りがお世話になれるカスタムパーツだと言える!

ここではドラッグスター1100をベースに見せたが400ccの方でもこのようなカスタムが出来ます。

ホンダ:シャドウ400のディープフェンダーが特徴的なカスタム

ガレージT&Fのバイクの画像

こちらのシャドウはアメリカンバイクカスタムでは、スタイリッシュにするかパワフルにするかで分かれるところのパワフルにする方にカスタム方向性を振っていますね!

こちらもアメリカンカスタムでは定番ではありますが、ディープフェンダーというタイヤを包み込むような深いフェンダーを採用しているので車体がより大きく見える。

シートをシングルの物にしている事で、そのフェンダーの大きさが際立って見えますよね!ここまでアメリカンの外装と呼ばれるものが大きく黒々と輝いているからこそ、メッキパーツがより輝きを増しているようにも見えるのだ!

シャドウの場合は重苦しくデカくというカスタムですね!前後のディープフェンダーはとても大きく目を惹くパーツなのでこれだけをカスタムしても大分雰囲気が変わります!

という感じでT&Fが展開しているアメリカンバイクのカスタムモデルやカスタムパーツを2タイプにわけて紹介してきましたが、今人気絶大なレブル250のカスタムと比較しても負けないくらいかっこいいですよね!

新車はもちろんピカピカで自分しか基本的に跨らないので自分だけのもの感がとても強いですが、絶対に新車じゃなきゃダメだ…というのじゃなければ現行ではない中古のアメリカンバイクにしてカスタムするのも楽しいし、バイクライフは充実するもんですよ?

まとめ:新車じゃなくても、レブルじゃなくてもアメリカンのかっこいいは作れる!

新しいもの好き、新しいものに目がいきがちと言うのはとても気持ちはよく分かります!ですが本当にそれが欲しいのもなのか?目指しているバイクなのか?合っていますか?

アメリカンバイクなら自由度があるので尚更完成形をイメージして自分に合うようなベース車種を選んだ方が最初の満足度よりも最終的に乗っていく間から最後までの満足度が違います!

自分でカスタム出来るか不安?それならパーツだけ揃えてお店に持っていくでも良し、自分で四苦八苦しながらカスタムするでも良し!筆者は大学生の時に四苦八苦しながらやった結果カスタムの知識も整備の知識も付きましたよ!もちろんその後整備士としてより深い知識も得ましたが。

いずれにしてもアメリカンバイクはカスタムパーツも豊富に揃っており、色々な完成形や大きく見た目を変更出来るカスタムパーツが揃っているので、すぐ今新車で売っているもの!では無くどんなパーツがあってどんな風にカスタム出来るのだろう?

と見てから決めると、より満足出来るアメリカンバイクライフを送る事が出来ますよ!

という感じで、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

++++このブログはシェアフリーです++++

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次