PVアクセスランキング にほんブログ村

▼お問い合わせページから質問や要望を受付中
▼服装や装備品、ガジェットなどのまとめページ!
バイクの服装

【最新まとめ】RSタイチ秋冬ジャケットおすすめ!見た目のアウトドア系カジュアルさが売り

RSタイチおすすめ秋冬ジャケットまとめページのタイトル画像

RSタイチというバイクウェアブランドは比較的安く、カジュアルな見た目をしている特徴があり結構人気がありますよね!特にアウトドア系カジュアルなジャケットなどがあるので、マウンテンパーカーなどのアウトドア系スタイルが好きなライダーさんには特におすすめですね

 

そんなRSタイチジャケットのおすすめ秋冬モデルを年代別に紹介していきます!

年代別の最新年から先に載せていくまとめページになっているよ!

ちなみにあまり過去のものは売っていない可能性の方が高いから最近のがメインだよ!

2021年コミネの秋冬新作モデル紹介ページタイトル画像
2021年コミネ秋冬ジャケットのかっこいいおすすめ3選!今年は結構アタリかも (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); コミ...
HYODの画像
秋冬はHYODジャケットでキメる!かっこいいおすすめ6選紹介 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この...

【最新まとめ】RSタイチ秋冬ジャケットおすすめ!見た目のアウトドア系カジュアルさが売り

 

RSタイチのジャケットの売りは比較的安く手が出やすい点、カジュアルな見た目という点の他にもアウトドア系の見た目のジャケットがあるというのが特徴的です。

 

バイクのジャケットには比較的安いものも、カジュアルさがあるものも出しているブランドは他にもありますが、アウトドア系の見た目を前面に押し出しているようなブランドはそうそう無かったりするのでこれはRSタイチの割と大きな特徴と言えるのです。

 

なのでマウンテンパーカーをよく着る、キャンプが好きというライダーさんは是非RSタイチ製のジャケットをチェックしてみてください

 

2021年モデルRSタイチの秋冬ジャケット

 

RSタイチ2021年モデルの秋冬ジャケットの注目ポイントは「インナー付き」という点ですね!インナーが付属のジャケットが登場しているので1つ購入すると2着付いてくるという感覚でお得感がありますし、更にインナーと言う事もありバイクシーン以外でも防寒として活躍する使い勝手があります。

 

他にはRSタイチ十八番の1つである「電熱インナー」もオシャレなものが登場しているので是非チェックして欲しい。とりあえずこれらの注目ポイントを踏まえて3つ程ここでは紹介しておきます!

RSタイチ RSJ726の画像
コチラはRSタイチ RSJ726 モンスター オールシーズンパーカという名前のジャケットであり、使い勝手とアウトドア感を兼ね備えたジャケットとなっており、少なくとも3シーズン使用出来るジャケットです。

 

名前はオールシーズンとなっていますが、使用に適した季節としては春秋冬という肌寒い~寒い季節での使用と考えた方が良いでしょう。

 

各所に配置されたフラップ付きポケットがアウトドア感をより引き出す見た目となっており、シルエットもマウンテンパーカーのようですよね!更にこのジャケットには薄い中綿構造のインナージャケットが付属します。

RSタイチ RSJ726の画像
▲こちらがインナージャケットであり、薄い中綿構造のインナーは急激な体温低下を防ぐ事が出来ると共に、アウターのダウンジャケットのようにフワフワすぎないので着ぶくれしにくく、バイクシーン以外でも防寒インナーとして使用が出来ます。

 

RSタイチ RSJ726の画像

カラーバリエーションは最初の画像の男女が着用していたもの以外にも上画像の3色があり、割と色が選べるのもポイント!

 

RSタイチ RSJ727の画像

コチラはRSタイチ RSJ727 オクタン ウインターフーディという名前のジャケットで、一番バイク感が薄い見た目のジャケットとなっているので普段使いと両刀できるものをと考えているライダーさんにおすすめだ!

 

柔らかな印象とアウトドア感を感じさせる見た目は、普段使いでも十分に使えるシンプルなものとなっており、このジャケットもインナー付きとなっていてインナーはフード付きのカジュアルラフな見た目をしています。

 

アウター側は中綿入りオーバーシャツとなっていて防寒効果は十分で、インナーは伸縮性のあるジャージパーカーなのでかさばらないし動きやすいものとなっています。

RSタイチ RSJ727の画像
インナーカラーは画像の1色となっていますが、バイクには定番のデニムにも合わせやすくカジュアルさがあり動きやすく、これまたバイク感を感じさせないのでバイクから降りてお店に入る時も気にする事はありませんね!

 

アウター単体でも、インナー単体でもカジュアルさが際立つ見た目なのでバイク感のあるジャケット類は得意ではないというライダーさんにとてもおすすめな防寒ライディングジャケットです

 

RSタイチ:TSU630の画像

コチラはRS TAICHI RSU630 e-HEAT フリース インナーパーカという名前の電熱インナージャケット(パーカータイプ)となっており、電熱を使用している分防寒効果はかなり高いです!

ちなみにこれ筆者も買ったやつね!

レビュー記事はごめん…まだ無い。

筆者も買ったというのはガチで、これを装備しているだけで結構暖かい!っていうかバイクに乗ってちょっと寒い程度じゃないと熱くなって汗をかきます…

普通に防寒していれば寒くなくなる程度の気温の場合だと逆に背中に汗をかいたりするくらいにはしっかりと体を温めてくれます!

この電熱インナーは外面がフワフワのフリース素材となっており、見た目的にも温かみがありオシャレさも十分にあります。体感的には電熱のスイッチをONにしなくても着た時から肩らへんに温かみを感じる事が出来ました。(肩内側のフリースの効果かな?)

RSタイチ RSU630の画像

フード付きのパーカータイプとなっていますが、フードの着脱可能となっており煩わしい場合やシーンに合わせて外して使用しても全然OKだ!筆者は仕事着のインナーに使用する時がありますが、その時はフードを外したりしていますね。

 

そしてRSタイチの電熱装備は「バイクバッテリーorモバイルバッテリー」の両方とも電源として使用出来るのが使い勝手の良さを生んでいます。

持続時間ハイパワーノーマルエコノミー
パーカ / ジャケット約7時間約9時間約14時間
グローブ約3時間30分約4時間30分約7時間

▲ちなみにRSタイチの電熱系装備をモバイルバッテリー使用しようと思うと、専用バッテリーが必要になりますが、ジャケットの場合はハイパワーでも7時間持続するという驚異的な時間長さとなっているのでロングツアラーでも十分に活きるアイテムですよ!

どうやらグレードアップ前のバッテリーは持続時間が短く酷評だった為に、アップグレードされて上記の持続時間になったみたいだね!

ちなみに筆者はこのインナージャケットと「バッテリー×2&充電器」のセットを購入した結果30,000-程の出費になりましたが、後悔はありませんよ?だって電熱グローブも購入予定なので、電熱ジャケットに1つ電熱グローブに1つという使い方が出来るから!

筆者はバイクの見た目をシンプルにしておきたいから、バイクのバッテリーから伸ばす電源線とか嫌うもんね…

こんな感じで筆者と同じようなバイクの見た目が好きなライダーさんはモバイルバッテリー使用をおすすめします。

 

と、こんな感じなのが2021年の秋冬ジャケットとなっていますが他にもまだまだあるので気になったライダーさんは下記リンクページの紹介をチェックしてみてくださいね!

RSタイチ2021年秋冬新作モデル紹介ページタイトル画像
2021年RSタイチ秋冬新作モデル紹介4選!使い勝手の良い電熱インナーを添えて (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); RS...

 

2020年モデルRSタイチの秋冬ジャケット

 

2020年のRSタイチ秋冬モデルのジャケットは「バイク感」と「アウトドア感」の見た目のバランスが取れた製品展開をしているイメージです。この年のモデルの多くがデザインが最小限でシンプルな見た目をしており、飽きのきにくいデザインとなっているので長く愛用したいライダーにもおすすめですね!

 

RSタイチ モトレックウィンターパーカ

コチラはRSタイチ モトレック モトレック ウィンターパーカはアウトドアテイストが強めのマウンテンパーカーライクな見た目をしています。防水とライディング機能を備えたカジュアルパーカと謳われたこのジャケットはシンプルながらもオシャレで、機能的な部分も持っています。

 

胸ポケットはアクセスしやすい部分で使いやすく、防水仕様なので突然の雨などはもちろん風も通しにくく防寒の機能としても役立ちます。

RSタイチ モトレックウィンターパーカ
▲付属のインナーは中綿が使用されており、インナーだけでも保温効果が高くお店に入ってアウタージャケットを脱いだ時にも急な体温低下を防ぐ事が出来ますし、気軽に羽織れるインナーなので普段使いとしても心強い!インナーポケットも装備しておりインナーだけでも使い勝手が良かったりもしますね。

 

モトレックウィンターパーカーの画像

カラーバリエーションも豊富に用意されているので、オシャレライダーにもシンプルデザイン好きライダーにもおすすめだ!

 

ドライマスターフィールドパーカーを着た男女の画像2

コチラはRSタイチ ドライマスターフィールドパーカーという名前のジャケットであり、これもアウトドア感の強いジャケットになっています。

 

全天候型のジャケットと言う事なので”急な雨”などでも全然大丈夫!それに雨もしのげる素材という事なのでもちろん風も通しませんね!基本的に防風・防水性に優れているジャケットなので冬の寒い季節でもしっかりとライダーを環境から保護してくれます。

 

カジュアルルックスなフィールドジャケットなので、プロテクター類を外す事で普段着としても全然使用する事が出来ます。

ドライマスターフィールドパーカーのインナー画像
▲ちなみにこのジャケットに付属のインナーにはプロテクターが装備されているので、このジャケットはインナーを外す事で普通のフィールドパーカー化する事が可能であり、見た目も相成って普通にアウトドア用のパーカーとして使用するのも楽ちんなのです!

 

ドライマスターフィールドパーカーのカラーバリエーション画像

カラーリングも何色か用意されており、全てがシンプルなデザインとなっていてバイク感を感じさせない所がカジュアル好きにはグッドポイントこのようなアウトドア系ジャケットライクなシルエットが好きなライダーさんには是非手に取ってみてほしい。

ただ、このジャケットはガッツリ冬用ではなくて幅広い季節で使えるようなイメージだからしっかりとインナー類で防寒をして着るのが良いかもね!

 

レーサーオールシーズンジャケットの画像

コチラはRSタイチ レーサーオールシーズンジャケットという名前のフードなどが付いていないスポーティテイストなジャケットとなっています。ただデザインは派手では無く落ち着いている感じがしており、力を入れずに気楽に羽織れるような見た目となっています。

 

ただ、オールシーズンジャケットという事で全季節型を謳っており、季節的な汎用性はありますが秀でた季節性が無い点が弱点だ…なので秋冬モデルとはなっていますが、寒い季節にはしっかりと中で防寒をして臨む必要がありますね。

レーサーオールシーズンジャケットのインナーの画像
▲ただ、中綿使用のインナージャケットが付属されており重ね着タイプでかさばらないので防寒対策も割と考えられているというRSタイチのやさしさ仕様となっているので寒い季節用としての購入も全然アリだ!

 

レーサーオールシーズンジャケットのカラーバリエーション画像

カラーバリエーションもいくつか用意されていますが、おSの全てが黒色ベースでロゴやちょっとしたラインデザインの色が違うという感じでスポーツ感がブレずに色展開が出来ています!なのでスポーティだが、比較的気軽に着ていけてカラーも色々選びたいというジャケットが欲しいライダーさんにおすすめ

2020年の秋冬モデルは他にもおすすめがありますので、良ければ下記リンクページもチェックしてみてくださいね!

RSタイチの画像
冬のRSタイチジャケットはALLシーズン品と電熱装備でオシャレに防寒! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この...

 

まとめ:RSタイチの秋冬はアウトドアテイストが強く、使い勝手の良いインナー付属の嬉しいコスパモデルが多い

 

という感じで2021年/2020年と2年分のRSタイチ秋冬モデルジャケットを紹介しましたが、なんかちょっと気になるというものがありましたか?

 

RSタイチの近年の特徴としてマウンテンパーカーライクなアウトドア系ジャケットが結構目立つ印象がありますので、その手のジャケットデザインが好きなライダーさんには特にRSタイチがおすすめなのです

 

そんなカジュアルな見た目と共に、更にインナーまで付属しているというのだからある程度の防寒がその時点で確保されていたりするという親切具合なので、冬用の防寒対策が出来るライディングジャケットが欲しいと思っているライダーさんもコスパ良しジャケットが多いのでおすすめだ!是非チェックしてみて下さいね。

 

という感じで、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

こちらの記事もおすすめ!