XSR900のROUGH CRAFTSカスタムパーツなら3点でかっこよく出来る!

ROUGH CRAFTS XSR900用カスタムパーツ紹介ページタイトル画像

PVアクセスランキング にほんブログ村

XSR900はヤマハを代表するネオクラシック(ネオレトロ)なバイクですよね!ミドルクラス排気量を持つ大型クラスとなっているが価格は控えめというユーザーにとっても嬉しい部分が多く、兄弟バイクであるXSR700と並んで人気のバイク車種です。

そんなXSR900はノーマルでもクラシック(レトロ)さを持っているかっこよくオシャレな見た目をしていますが、やはりカスタムをすると別の姿を見せてくれるという魅了を持っているのでカスタムをしてる人も少なくはない!

特に海外のビルダー勢のカスタムベースにも多く採用されており、かっこいいビルダーカスタムもネットでは良く目にしますよね?

しかしビルダーのカスタムはかっこいいけれど大会や企画にエントリーや展示するものとなっており一般ユーザーが真似する事がほとんどできない…

ですがROUGH CRAFTSという台湾のパーツメーカーがXSR900のパーツを販売しているのでXSR900をビルダーカスタムのようにキレッキレのかっこいい見た目にしたいというXSR900乗りはこのページをチェックして欲しい!

目次

ROUGH CRAFTSのパーツならたった3点でXSR900をオシャレにかっこよく出来るぞ!

ROUGH CRAFTSは台湾のパーツメーカーで専用パーツから汎用パーツまで様々な車種のカスタムパーツを展開しています!その為、ビルダーカスタムのようなキレッキレなかっこよさを持つパーツを一般ユーザーも楽しむ事が出来るのでカスタム好きはチェックすべきメーカーだと言えます。

そしてここで紹介するXSR900のカスタムパーツはたった3点カスタムするだけで劇的にXSR900をキレッキレな状態に出来るので…

にわとり君

カスタムはお金がかかるから少しずつ手を加えていきたい…

パンダ先生

カスタムってDIYすると手間がかかるからあまり難しいものはハードルが高いって感じちゃうね…

と思っている人でもおすすめ出来るパーツだと言えます。

ここで紹介するパーツは決して安くはありませんが、3点でROUGH CRAFTSが展開しているXSR900のパーツ全てを取り入れる事が出来ると考えれば完成に向けて1つずつ取り入れていくのも難しくありませんし、何より3点全てを取り入れられたらかなりかっこよくなるので是非目指してみて欲しい!

ということで取り入れるおすすめの順番で紹介していきます。

XSR900 FASTER TRACK-SEAT/TAIL

ROUGH CRAFTS XSR900用カスタムパーツの画像

このカスタムパーツは簡単に言うとシートカウルとシートがセットになっているカスタムパーツです。完全オリジナルのシートカウルになるのでシートも専用設計のものにしないと合わずに装着出来ないというのは当然ですよね!

このシートカウルは比較的短めのものでシングルシートスタイルになるのでリア周りをかなりスッキリさせる事が出来るのとともにトラッカースタイルのような軽快なリア周りになるのでXSR900のノーマル状態のリア周りがぶっといシートでなんだか野暮ったいと思っていたのを変えられます。

ノーマルのリアフェンダーを流用する事が難しいので同時にフェンダーレス化などのリア周りのカスタムも進めていかなければならないですが、タンクから後ろを劇的に見た目変更を行うことが出来るので一番にやってしまいたいおすすめのパーツとなっています。

フルノーマルのXSR900の画像
フルノーマルのXSR900
ROUGH CRAFTSのカスタムXSR900の画像
カスタムシートカウル&シートのXSR900

フルノーマルのリア部はノーマルリアフェンダーのちょっとした野暮ったさがやはりどうしても目立ってしまう…そしてシートカウルが無い分ノーマルでもスッキリとしている印象がありますが、カスタムをしてみるとカーボンシートカウルがボディとして違う印象を見せつつ鋭さを増している印象になりますね!

同時にフェンダーレス化もするのでリア周りのスッキリさがフルノーマルと比べても印象が違ってくるのが見て取れます。

ROUGH CRAFTSのカスタムXSR900の画像

画像のような感じでフェンダーレス化も一緒に行う事でかなりリア周りをスッキリさせる事が出来ますので、野暮ったさを捨ててよりスポーティな印象にすることが可能だ!

カスタムシートカウルはカーボン製なのでこのカーボンの柄を一目見るだけでカスタムされているのが分かりますし、マシンの軽量化にもつながるのでカスタムした満足度は十分に得られます。

いずれにしてもこのシートカウル&シートにする場合は純正フェンダーなどが使用出来なくなると思われるのでフェンダーレス化などの準備は必要になってきますが、それ相応以上の見返りがあると考えて良いでしょうね。

\ ぼたんだよ /

XSR900 FASTER TRACK-TANK COVERS

最近のバイクのタンクはアルミやスチールタンクでは無く樹脂タンクになっているバイクが多いですよね?色々なメリットがあるからだと考えられますが、樹脂タンクになっているのでタンクにはタンクカバーと言うものが装着されているようになっています。

このROUGH CRAFTSのXSR900用のカスタムタンクカバーはカーボンになっており軽量化はもちろんの事、バイクの占有面積を締める割合が大きいバイクの顔とも言われるタンクをかっこよくカスタム出来るタンクカバーとなっています。

占有面積が大きくカスタムしたというのが一目で分かりやすいという点があるので、カスタム優先順位はシートカウルの次くらいにやってしまうのがおすすめだ!ちなみにカスタムシートカウルとカスタムタンクカバーの両方をカスタムしておけば、それだけで”結構カスタムされている”という印象も生まれるし、かっこよさは格別になることは断言できます!

ROUGH CRAFTSのカスタムXSR900の画像

タンクの一番大きくマッチョな部分がカーボン化されるので、前面からも側面からもカーボン柄のクールな印象を出す事ができてとてもかっこよく、カスタムシートカウルと合わせるだけでエンジンから上のほぼ全ての領域がカスタムされて見えるのでその効果は絶大と言えますね。

1枚目の画像のカーボン柄のタンクカバーの横に置いてある小さな2枚のパーツはタンク下のちょっとした隙間を埋めるものになりますが、これもシンプルながらに洗練されたデザインとなっており細かな所まで行き届いてのがまた良い。

ですが、この小さなパーツを付けなければタンク下のメカメカしい見た目を外に見せる事が出来るのでなくてもマシンとしての違うかっこよさが出せるのでこれについては付ける付けないの使い分けが出来そうです。

\ ぼたんだよ /

XSR900 FASTER TRACK-SHORT FRONT FENDER

ROUGH CRAFTS XSR900用カスタムパーツの画像
ROUGH CRAFTS XSR900用カスタムパーツの画像

優先順位は一番低いですが、最後はカスタムフロントフェンダーです。

このフロントフェンダーももちろんカーボン製となっており、見た目の印象が大きく変わりつつも軽量化を行う事が出来るカスタムパーツとなっています。

ノーマルの野暮ったさを取っ払いつつスタイリッシュな見た目のカスタムフェンダーに変える事が出来ますので、目立ち度合はそこまで大きくありませんが、しっかりと目に見えるカスタム感が味わえるので十分に満足出来ますね!

ただXSR900は色々なカラーリングのモデルが登場しており、フロントフェンダーがノーマルで黒じゃないものが普通にありますのでタンクをこのページで紹介したカスタム品に変えるのであれば、フロントフェンダーも一緒に変えてしまった方が良い。

例えばノーマル状態でタンクとフロントフェンダーが青色の場合、タンクだけROUGH CRAFTSのカスタムタンクカバーにしてしまうとフロントフェンダーだけ青色になってしまうという事が生まれます。これはこれで無しでは無いのですが一緒にフロントフェンダーもカスタム品にしてしまった方がまとまりのある見た目になるのでその方がおすすめという事です。

ROUGH CRAFTSのカスタムXSR900の画像

フロントフェンダーは小さいパーツというわけではありませんが、先に紹介したシートカウルやタンクカバーに比べると比較的目立ちにくいパーツになるので印象をガラリと変えたい場合はやはり先の2つが優先順位が高めになります。

しかし画像を見てもらえば分かる通り、カスタム品にすればしただけの違いは大きく目に見える形で反映されますし、スタイリッシュになってスポーティさが上がるのでこだわるならコチラもやってしまいたいカスタム部位ではありますよね!

\ ぼたんだよ /

ROUGH CRAFTS XSR900用パーツを装着し、その他を自分なりにカスタムしてクールな1台を作ろう

ROUGH CRAFTSが展開しているXSR900用カスタムパーツは2023年1月現在では全部で3点にとどまっています。パーツ点数は少ないですがこれら3つを全てカスタムするだけで十分なカスタムXSR900になるだけでは無く、カスタムのベース部分は十分にカスタムされたとも言えるでしょう!

なので、これら3つをカスタムしてもまだちょっと物足りないと思うなら、これらの部分以外を自分の構想なりにカスタムする事でより良いカスタムXSR900を1台作り出せる事になるのだ。

カスタムパーツ説明中にちょくちょく載せたXSR900カスタムのROUGH CRAFTSでの完成形を見てみても、このページで紹介した3つのパーツ部位以外でもかなりの場所がカスタムされているのが分かるだろうか?

  • マフラー
  • ヘッドライト

パッと見るだけでもこれだけの違いをサッと理解することが出来ます。

なのでこのページで紹介した3点だけでも十分に満足の行くものに仕上げる事が出来ますが、その後でもまだまだカスタムの余地があると言えるので伸びしろも残してある展開となっているという事ですね!

まとめ:ROUGH CRAFTS XSR900カスタムパーツは3点だけでも十分だし!そこから自分らしさを突き詰めても良い!

ROUGH CRAFTSのXSR900カスタムパーツは3点だけの展開というちょっと少ない?と思われがちなパーツ点数となっていますがそれだけでも十分にかっこいいバイクにカスタムする事が出来ます。

全てがカーボン製のものとなっており、そのクールさは言うまでもありませんし何よりノーマルからの変貌は十分なものとなっています!なのでこの3点をカスタムするだけでも十分にカスタム欲や所有欲を満たしてくれるものとなる。

しかしながら、これらをカスタムし終えてもカスタム定番所であるマフラーが残っていたり、他にもカスタム出来る余地は残されているのでそれらをカスタムしていき、より自分らしいXSR900を追求していくのも良いだろうものとなっていますね!

という感じで、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

++++このブログはシェアフリーです++++

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次