▼お問い合わせページから質問や要望を受付中
▼服装や装備品、ガジェットなどのまとめページ!
カスタム

ポッシュフェイスから「レブル250」プルダウンバーが登場!乗りやすさ向上におすすめ

ポッシュフェイスのプルダウンバー紹介ページのタイトル画像

レブル250と言えば登場から人気が爆発的なアメリカンクルーザーですね!

 

スポーツ走行も考慮されており、スポーツアメリカンなんて呼ばれ方もするスタイリッシュなクルーザーとなっています。(ネイキッドやSSほどのスポーツ走行は厳しいですよ?)

 

アメリカンバイクは「足つきがよく跨りやすい」「乗り姿勢が楽」「疲れにくい」と言われる代表的なバイクタイプですが、まだまだ乗り味を快適にしたい!という人もいるんじゃないでしょうか?

 

そんな人にピッタリなカスタムハンドルがポッシュフェイスから登場しているので紹介します。

このページ/このハンドルがおすすめな人

  • ハンドルをもっと手前(自分のほう)にしたい
  • 今でも楽だけど、もっと楽な姿勢で乗りたい
  • あまり見た目を変えたく無いけど、ハンドルは変えたい

こんな人におすすめです。

 

「プルダウンバー」というポッシュフェイスの製品の紹介ですが、このハンドルはパッと見ではノーマルハンドルとの見分けを付けるのは難しいです。

 

レブル250に乗っている人が、プルダウンバーを装着したレブルに乗った時に気づくかな?くらいな感じです!

 

なのでハンドル周りの見た目をあまり変えずに乗り姿勢などを楽にしたいという人におすすめになってきますよ

レブル250のハンドルおすすめ7選!乗りやすさ?見た目?差別化? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この...

ポッシュフェイスから「レブル250」プルダウンバーが登場!乗りやすさ向上におすすめ

プルダウンバーを装着したレブル250の画像

レブル250用のポッシュフェイス プルダウンバーの良いところは、見た目をほぼ変えずにハンドルを手前(自分のほう)へとする事が出来る所です。

  • 見た目を大きく変えずにカスタム出来る
  • 基本的にポン換え可能(ケーブルやホースはそのまま使える)
  • ハンドルを手前に出来るので腕が短い、少しでも前傾にならなければならない状態を解決できるポテンシャルがある
  • 価格がそこそこ

こんな所が良いと言えるでしょう。

 

上記の中で魅力を感じる項目があるのであれば、交換する価値があるでしょう

見た目がノーマルと大きく変わらない

プルダウンバー装着レブル250の画像

カーブの感じや質感が同じようなハンドルの為、ぱっと見ではカスタムハンドルかどうかを見抜くのは難しいです。

 

もちろんハンドルを自分の方に出来るのでカーブはそのようになっており、ノーマルとは違いますが見た目ではすぐに分かる事は無いでしょう。

ハンドル周りがノーマルの雰囲気が好きな人にはピッタリだね!

 

基本的にポン換え可能

 

ケーブルやホース類は基本的にもともと付いているものをそのまま流用する事が出来るようですね!

 

なので、プルダウンバーと交換する為の工具類さえあればそのまま交換作業に移れてしまうという事です!ポン換えとはこれの事を言っています。

もちろん、スイッチボックスの為の穴あけ加工もしてあるよ!

 

自分で交換をしないという人はハンドルと交換工賃さえあればすぐにカスタムしてもらう事が出来るでしょう。

ハンドルの背がやたら高かったり、幅広ハンドルにする時などはケーブルやホース類の交換も必要になり「ハンドル以外のパーツ代+交換労力、又は工賃」が必要になるのでポン換え出来るハンドルは時間と費用を抑えられるのです。

ケーブル類は純正をそのまま使用できる事が説明書きにありますが、ホース類についてはしっかりとした記載がありません…

ただ、注意書きを見るにケーブル類と同様にホース類も純正を使用する事を想定している事がわかります。

注意点

※取付作業時は、仮装着状態でハンドルを左右限界まで慎重に動かし、ハンドルバー、コントロールスイッチ等が燃料タンクに接触しないことや、ブレーキホース、ワイヤーハーネス等が張りすぎてないかを必ず確認してください。

引用元:POSH Faith ポッシュ フェイス プルダウンバー REBEL250製品ページ

これを踏まえて考えるとホース類も純正をそのまま使用出来ると言えるでしょう。

 

「腕が短くて伸ばしっぱなしになる、前傾になって辛い」が解消できる

 

体系は人それぞれ「背が高い人/低い人」なんて分かりやすい違いですよね?「腕が長い人/短い人」もいます。

 

基本的には背が高い人はその分低い人よりも長かったりしますが、背が低くても腕が長い人だっています。

 

体系の可能性を話していてもキリが無いのでここまでにしますが、

僕の腕にはハンドルがちょっと遠いなぁ…腕が疲れちゃうよ。

僕は腕は大丈夫だけど、前傾にならないとだから腰が痛いよ…

と言う人はプルダウンバーにする事でその悩みが解消される可能性がありますね!ハンドルが手前に来るというのは手が届きやすくなるという事ですからね。

プルダウンバーの画像

製品説明の画像が乗りやすさ向上具合をより明確にイメージさせてくれます。

 

具体的に手前(自分のほう)に来る数値としては45mm寄せる事が出来るらしく、左下のノーマルハンドルと重ねた比較画像がとても分かりやすいでしょう!

 

グリップ2個分くらいライダーの方へと寄っています。

 

価格がそこそこ安い

 

ポッシュフェイス プルダウンバー税込みで5,720円となっています。

 

ハンドルは汎用のノーマルに近い形状のバーハンドルなら比較的安く売られていますが、「セパハン、ロボハン、Zバー、etc」なんかだと1万円~3、4万などとなってきます。

 

税込み5,720円は破格ではありませんが、そこそこ安いハンドルという事で費用を安く抑えたい人にとってはとてもありがたいですね

まとめ:プルダウンバーは安く乗りやすく出来るおすすめカスタムハンドル

 

ポッシュフェイスのプルダウンバーはあまりお金をかけずに乗りやすくしたいという人におすすめのハンドルである事は間違い無いでしょう。

 

基本的に「ケーブル、ホース類」の交換も不要なので、労力やお金の追加もいらない!これは結構大きいですね。

交換したい部分を交換する為に、その周辺のものまで交換しなければならないという状況は面倒な上に追加費用がかかるので嫌になります。(筆者経験談:XL1200Xのハンドルを交換した時の話)

特にバイク用品、カスタムパーツ、ツーリング費用など、やりたい事や欲しいものが多い人は出来るだけ費用はおさえたいものですよね?

 

バイク乗りにとって安さとは正義だと思います!ポッシュフェイスのプルダウンバーは安く乗りやすくするためには最適なハンドルの1つだと思いますよ

 

という事で、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

こちらの記事もおすすめ!