PVアクセスランキング にほんブログ村

▼お問い合わせページから質問や要望を受付中
▼服装や装備品、ガジェットなどのまとめページ!
ネオクラシックバイク

マルシン工業ヘルメットおすすめ5選!安価でオシャレなヘルメットを手軽に

マルシン工業のおすすめヘルメット紹介ページタイトル画像

ヘルメットをおすすめされるのは国産なら「SHOEIやArai」、海外モデルなら「AGVやSHARK」などなど…どれも素敵なヘルメットだけどやっぱり高い!

 

安全性も大切だし、オシャレも大切なのは分かる。でもやっぱり4万も5万も気軽に出すのは難しいんだよね…そんな人におすすめなのがマルシンヘルメットだったりします。

 

ラインナップは多くなく、たくさんの中から選べるようなブランドではありませんが「オシャレで安いヘルメット」を探しているのであれば是非見てみる価値はありますねネオクラシックバイクに似合うレトロなものや、パイロットが装備していそうなものなどの個性的なヘルメットがありますよ!

このページのまとめ

SHOEIやAraiなどの有名所のヘルメットに魅力は感じるけれどやはり高い…安全性や機能性、快適性は完璧に近い品質でなくても十分であれば良い。

そんなライダーさんはマルシンヘルメットがおすすめだったりしますね!

理由は、様々な面の品質こそ有名所には届きませんがオシャレで安く手に入れられる利点はやはり大きいと言えるからです。ラインナップこそ少ないですが1つ1つがオシャレで個性を持っているので検討する価値は十分にある。(ちなみにフルフェイスでも2万円切る!)

という感じのページとなっています。

ネオクラシックバイクに合うヘルメット11選!かっこよく流行に乗れネオクラシックバイクってかなり勢いのあるトレンドですよね。 国産であれば「Z900RS」や「XSR900/700」などが有名ですね...

マルシンヘルメットおすすめ5選!安価でオシャレなヘルメットを手軽に

 

マルシンヘルメットの売りと言えば、オシャレで安いヘルメットだという事!ですがその他の事は悪いというわけでは無く十分であるので「SHOEIやArai」などの最高品質とまではいかないだけ。

 

なのでオシャレで安いヘルメットを探しているのであればマルシンヘルメットを検討してみても良いのです!

 

MNF2 DRILL

マルシン工業 DRILLの画像

ネオクラシックバイクもとい、クラシックルックスなヘルメット好きな筆者としては1番最初に紹介したいヘルメットがこのMNF2 DRILLです。近年のバイク事情ではネオクラシックバイクが流行りの1つであるため、それらに似合うクラシックなヘルメットも人気を集めていますよね?

 

そんなネオクラシックバイクに似合うマルシン工業のヘルメットがMNF2 DRILLなのです

  • SHOEI:EX-ZERO
  • Arai:ラパイド・ネオ
  • シンプソン:Moto-3

このヘルメットは近年人気の出た上記などのネオクラヘルメットに似た雰囲気をもっており、それらに定番のバイザースタイルやゴーグルスタイルを楽しむのに向いているヘルメットだ!

マルシン工業 DRILLの画像
▲バイザースタイルとゴーグルスタイルはそれぞれ画像のようなイメージとなっており、どちらかを選んでも良いし、両方付けるスタイルも十分にオシャレでかっこいい!

 

マルシン工業 DRILLの画像

しかもバイザーには2つの種類があり、右側のバイザーに至ってはブラック以外のカラーも揃っておりオシャレライダーにはかなり嬉しい仕様。

 

マルシン工業 DRILLの画像

シルエットやスタイリングはとてもシンプルになっており、クラシック感は十分!カラーバリエーションは6色用意されており、グラフィックは描かれていないのでシンプルに楽しむのも良し、ステッカーチューンをしても良しと言ったシンプルさですね。

  • 内装脱着&洗濯可能
  • 3点留めバイザー装着可能
  • あごヒモDカン
  • 安全規格:SG規格取得

というシンプル仕様となっています。

 

クラシック感溢れるこのヘルメットをメインとして使用しても良いですし、メインヘルメットの他にオシャレなネオクラヘルメットが欲しいというライダーさんにもおすすめ!金額的にも安いのでハードルはかなり低いですからね!

 

END MILL

マルシン工業 END MILLの画像

フルフェイスでシールド付きスタイルのヘルメットですが、コチラもクラシック感があるのでネオクラシックバイクに合うタイプになっています。簡単に言うとこのEND MILLはDRILLのスポーツバージョンですね!

 

シールド付きでスポーティ&スタイリッシュさを持っているので先に紹介したDRILLほどのクラシック感を感じにくいかもしれませんが、昔のフルフェイスのようにエアベンチレーションは最小減で全体的にツルっとした帽体は十分にクラシック感を味わう事ができます。

  • 重量が軽い
  • 静音性が良い
  • シールドの種類もある

という点が安い割に良いじゃん!と思える部分であり、「フルフェイスは高いなぁ…」と思っているライダーさんにもおすすめだ。

 

重量は約1.6kgほど軽量スポーツフルフェイスと言われる部類のヘルメットと同等程度だと言っても過言ではない!それらは軽量さと快適性、機能性をも求めて開発されているのでやはり高い…そんな中で軽い上に安いフルフェイスとなれば割と価値はあるでしょう。

 

更に言えば2万円を切る価格で手に入れる事が出来るフルフェイスですが、静音性が良いと言えるレベルに完成されています。フルフェイスを選ぶライダーさんのほとんどがスポーツバイクに乗り、スポーツ走行をするでしょうが風切り音が気にならないでしょう!

マルシン工業 END MILLの画像
▲シールドは3つ用意されており、左から「ノーマル/スモーク/ブルーミラー」となっているので、安いながらもスモークもミラーシールドも選ぶ事ができるヘルメットです。

 

マルシン工業 END MILLの画像
▲多くはありませんが、ヘルメットのカラーバリエーション自体も定番の白や黒の他に赤色も用意されていますので3色から好きな色を選ぶ事が出来ますね!

  • 内装脱着&洗濯可能
  • あごヒモDカン
  • 安全規格:SG規格取得

仕様は上記の通りです。

 

TE-1

マルシン工業 TE-1の画像

TE-1は比較的珍しいスタイリングのスポーツジェットヘルメットですね!オフロードヘルメットについているようなバイザーが付いているがチンガード(顎部)が無い帽体をしておりなかなか見ないスポーツジェットヘルメットとなっています。

 

チンガードが無い為、フルフェイスには安全性は劣ってしまいますがそれでも安全性はそこそこに高く、珍しいスタイルな上に十分なかっこよさとスポーティさを持ち合わせているので視覚的な魅力は十分でしょう

 

しかもこのバイザーは取り外しが可能となっているので普通のスポーツジェットヘルメットの見た目にも出来ますし、画像のようなオフジェットスタイルにも出来る2WAY仕様!

  • インナーバイザー装備
  • ラチェット式ベルトバックル

約15,000円程度ながらに上記の機能性を持ち合わせているのでツーリングは快適に走行する事が出来る。

 

マルシン工業 TE-1の画像
▲カラーバリエーションは4色あり、左上から「マットブラック/マットカーキ/ホワイト/ブラック」となっており、全体的に暗い色が目立ちますが無難でシンプルで良いとも言えるでしょう。

  • 内装脱着&洗濯可能
  • インナーサンバイザー装備
  • あごひもワンタッチラチェット式バックル
  • 安全規格:SG規格取得

という仕様になっています。

 

MS-340

マルシン工業MS-340の画像

MS-340は戦闘機パイロットのスタイルをイメージしたジェットヘルメットなだけあって、本当に似たスタイリングとなっています。このヘルメットにダクト付きの口に付けるアレをセットにしたらすぐにパイロットの完成ですね!

 

マルシン工業MS-340の画像
▲エアベンチレーションはスチールネットが張ってあり、大きな開口部をしており風をたっぷりと取り込む事が出来るが、逆に入って欲しくない虫やゴミなどはしっかりとブロックしてくれる構造となっている。

 

そしてパイロットといえば「かっこいい」をイメージするかと思いますが、女性がこの手のヘルメットをかぶるとあら不思議!可愛い雰囲気が出来上がります。

マルシン工業MS-340の画像
▲そしてあえてミシン目が目立つように作られた帽体のエッジラバーがオシャレさと可愛らしさをより上げてくれる見た目となっていますね!

 

マルシン工業MS-340の画像

そしてゴーグルのようなシールドは2タイプ用意されており、純正がクリアとなっておりオプションでスモークに変更する事も出来ます。どちらにしてもこのシールドにはUVカット機能が付いているので夏などの強い紫外線から目や肌をしっかりと守ってくれる効果もあるのだ!

マルシン工業MS-340の画像

カラーバリエーションは「マットブラックとホワイト」の2色しかありませんが、グラフィックモデルの「ARMY STAR」や「ASYMMETRIC」と言ったモデルもあるのでMS-340のシリーズは6色あると言っても良いでしょうね!

 

MP-110

マルシン工業 MP-110の画像

MP-110はアメリカの警察を彷彿とさせるスタイリングのハーフタイプヘルメットになっています。ハーフヘルメットに短めのバイザーを追加するだけのスタイリングですがこれだけで渋さやオシャレさが十分に上がりますね!

 

ハーフタイプヘルメットなので特筆すべき機能性はあまりありませんが、ワンタッチバックルで着脱が可能という快適性を持っています。そしてバイザーは着脱が可能となっており、普通の丸っこいハーフヘルメットとしても使用が可能です。

 

SG規格を取得しており安全性的にも問題自体はありませんが、ハーフヘルメットはやはりフルフェイスやジェットと比べると安全性がかなり劣るので、それを理解したうえで選ぶようにしましょうね!(ちなみに125cc以下専用とマルシン自体も表記しています)

 

まとめ:マルシンヘルメットのイチ押しはフルフェイス!安くてオシャレで十分な品質

 

マルシン工業のヘルメット…特にフルフェイスタイプは、高いイメージが付いているフルフェイスなのにも関わらず安価な金額で手に入れる事が出来ます!それでいてオシャレであったり機能面で割と優秀な部分であったりと色々ポジティブな面があります。

 

フルフェイスは4万5万とする高価なものというイメージが結構ありますが、マルシンの場合は2万円もしない価格で手に入れる事が出来ますよ?ちなみに「安いけど大丈夫か?」というように興味本位で購入しレビューしているライダーさんがいますが、良い評判が多いのも事実!

 

品質こそ高いヘルメットに届きませんが、SG規格取得をしていますしオシャレで安いのでヘルメット選びのネックの1つに金額面があるのであれば、1度マルシンのヘルメットを検討してみるのもアリかと思いますよ

 

という感じで、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓いつも面倒なポチっとにお付き合いありがとうございます。励みにしております!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

【お問い合わせ】←ではこんな記事を書いて欲しい!などの意見も受け付けています。

こちらの記事もおすすめ!