PVアクセスランキング にほんブログ村

▼お問い合わせページから質問や要望を受付中
▼服装や装備品、ガジェットなどのまとめページ!
バイク向けキャンプ用品

ガチキャンプ好きライダーならおすすめ!「カモック サンダ2.0」ハンモックテント

カモック サンダ2.0紹介ページタイトル画像

新型コロナを含むその他の要因で出たキャンプ人気!それはライダーにも同じであり、キャンプツーリングを楽しむライダーも増えていますよね?

 

キャンプライダーのキャンプ用品(ギア)選びは基本的に”バイク用”と開発されたものが主になってきますが、実はバイク用にと開発されていなくても使える物はたくさんあるのをご存じでしょうか?

知らなかった人にとってはまさに目から鱗だよね!

今ページではそんなバイク用では無くても十分にキャンプツーリングに使えるテントの中でも「キャンプをより楽しく、上質なものにする」というちょっと高いが余裕があれば欲しくなるというテントを紹介していきますね!

このページのまとめ

「カモック サンダ2.0」というテントはバイク用に開発されたわけではありませんが、キャンプツーリングに使えるテントの1つ。

このテントは最大2人用のサイズ感の割には高価であるちょっと高級なテントとなっています。しかし、見てしまったら欲しくなってしまう機能性をもっており余裕があるのであれば思わず手を出してしまいます…何故なら、地面に設営する普通のテントの使い方も出来れば、ハンモックテントにもする事が出来るから!

キャンプ用品にこだわりを持っている!人に自慢できるようなテントは魅力的だ!と思うキャンプ好きライダーさんにとてもおすすめなのです。

こんな感じのページとなっています。

ガチキャンプ好きライダーならおすすめ!「カモック サンダ2.0」ハンモックテント

カモック サンダ2.0の画像

カモック サンダ2.0は簡単ながら紹介した通り、普通のテント&ハンモックテントの2WAYの使用が行える魅力的な機能を持っているテントです。

ハンモックってキャンプ好きなら1度は憧れるよね!

そうだね!ハンモックって考えるだけでとても気持ちよさそうだもんね。

ハンモックに憧れた事ってありませんか?気持ちの良い自然の空気の中でゆらゆらと揺れながら寝そべるなんて考えるだけでかなりリラックス出来そうだし、そんな体験をすると考えるだけでもワクワクしますよねそれが出来るのがカモック サンダ2.0というわけなのです!

 

ただしハンモックだけの使い方だと、初めてのキャンプ場などではハンモックを吊るせる場所があるかどうかも分からない…もし無ければ寝る事も出来ないし、リラックスする事も難しい。憧れだけではどうしようも無かったりしますね?

 

ですが、このテントはハンモックにもなるし普通のテントとして地面に設営しても使えるのでどんなキャンプ地でも状況に応じて設営する事が出来ますよ!

 

ハンモックってそんなに良い物なのか?

でもさ憧れは確かにあるけどさ、ハンモックって本当に良い物なのかな?

使った事がない人は特にこんな事を考えたりもしますよね?憧れだけで買ってみたは良いものの…ゆらゆらと揺れる感覚があるだけで夏は暑く、冬は寒いなんて事になってしまったら正直言って過ごす場所として使うに値しませんよね?

 

ですが、ハンモックって本当に良いものなのです!ゆらゆら揺れる心地の良さはもちろん、夏は涼しく冬は温かく過ごす事が出来ます。

 

以外にも地面と言うのは季節の影響を受けやすいので、地面から離れている構造と言うのは理にかなっていると言えるのです。(分かりやすい例として夏はアスファルトがとても暑かったりしますよね?)

  • 宙に浮き、体の周りの風の通り道が増えるので夏は涼しい
  • 地面からの冷気が伝わりにくく、更に地面側に工夫をすれば冬でも十分に暖かい

という事が言えるのです。

 

ツーリングにも向いている収納サイズ感

カモック サンダ2.0の画像

最大2人用というサイズでは、総重量2790gと言うのは超軽量というわけではありませんがバイクに積むのは全然許容範囲内と言えるでしょう!重量が普通レベルなら全然まだ良いですが、バイクに積むことを踏まえると大きな点と言えるのは収納サイズです。

 

カモック サンダ2.0の画像

カモック サンダ2.0の使用サイズは長い部分で2.5mを超える大きさを持っていますが、収納時には高さ(長さ)48.2cm×φ(直径)17.7cmというコンパクト設計になっているのでバイクに積むのにも十分なコンパクトさを持っているのだ!

ちなみに日本の成人男性の手の平の長さ(手首端~指先)平均が18.5cmらしいよ!

手の平サイズと言うのは大きいですが、直径が手の平の長さと変わらないくらいになるというのはバイクに積むのに結構ありがたいコンパクトさだとは思いませんか?

 

ハンモック仕様にするツリーストラップやタープも含まれているのに、この重量や収納時のコンパクトさを考えるとかなり優秀でしょう!

 

設営10分、トランスフォーム3分

カモック サンダ2.0の画像

カモック サンダ2.0の通常テント使用の設営時間は約10分程度です。この時間は簡単設営を謳っているテントと比べるとやはり劣る部分はありますが、10分程度なら全然問題ないと言えるキャンパー及びライダーは多いと思うので良いとしておきましょう!

 

それよりも注目すべき点は、通常テント使用からハンモック使用へのトランスフォームする時間がわずか約3分というところだやはり憧れているハンモック使用なので使えるのであれば使いたい…ですが、それにたくさんの時間を有し、面倒な手順だと出来るのだとしても億劫になってしまう…

 

ですが、トランスフォームは3分程度で完了するのでハンモックが使える様なキャンプ場であればすぐにハンモック化して楽しむ事が出来るのです!

 

カモック サンダ2.0の仕様まとめ

 

カモック サンダ2.0はとても魅力的なハンモックにもなるテントですが、残念ながら安くはありませんので、仕様などをよく見て購入を検討した方が良いですね。

展開サイズ(通常テント)全長254×幅127×高さ96.5cm
展開サイズ(ハンモック)全長254×幅127cm
総重量2790g
耐荷重181kg
付属品・ガイライン×6本
・DACペグ×6本
・パイソン10ストラップ×2本
・ミニカンガクローカラビナ×2本

フライは20Dリップストップナイロン、テントの壁部分は15Dナイロンメッシュで薄く軽量だが、テント及びハンモックの床部分は厚めの40Dリップストップナイロンとなっています。

 

十分な生地素材となっている上に、ありがたい事にテント時でもハンモック時にも床になる部分の素材が厚くなっているので気温の影響を受けにくく尚且つ、一番擦れたりする部分が頑丈に出来ているので長く愛用出来るというのは嬉しい所だ!

 

まとめ:ハンモック化出来るカモック サンダ2.0は憧れだけでは無く快適性も高い

 

キャンプ場でハンモックを使用して過ごす…これはたくさんのキャンパーが憧れる事でしょう!ゆらゆらとリラックスする姿はとても魅力的ですからね。しかしハンモックはそのゆらゆらだけが魅力では無くキャンプ拠点としても十分な快適性を持っているのです。

 

夏は涼しく、冬は暖かいという是非とも欲しい快適な機能性を持っているので1台あればどんな季節でのキャンプを楽しむ事が出来ますし、何より他の人に自慢したくなるような使い方が出来る自慢のテントとしてあなたの身体も心も満足させてくれる事でしょう!

 

収納時もコンパクトになり、キャンプツーリングに使用するのにも十分でライダーにもしっかりとおすすめ出来るテントだ。

 

ただし金額的には安いものではありませんので、本当のキャンプ好きにおすすめしておく事とします!テントを買ったけれどあんまり使う機会が無い…となると高い金額を出すのがもったいないですからね。「キャンプが好きだ!」「これから本気でキャンプをやるんだ!」というライダーやキャンパーは是非検討してみてくださいね

こちらの記事もおすすめ!