▼このブログの説明書だよ!
ニュース

高コスパバイク「GPX」にフルカウルDEMON GR200Rが登場!

このページではタイのバイクメーカー”GPXのバイク”について紹介していきます。

 

 

タイのGPXは「150cc、200cc、250cc」と小排気量のスポーツモデルを出しており、安いが良いバイクという高コスパメーカー、高コスパバイクとしての評価が高いです。

 

海外メーカーのバイクというと、あまり精度などのイメージが良くないと思いますがそれは割と昔の話でもあり、現代であれば海外メーカーでも精度は上がっています。

 

日本製ほどではありませんが、普通に乗っていく分には問題無いと思って良いでしょう。

 

GPXのバイクは北海道〜沖縄にいたるまで日本の各所に代理店があり、代理店自体の数は多くはありませんが購入することが出来ます。

 

このページがおすすめな人

  • 珍しいバイクに興味がある
  • GPX結構好きなんだよね
  • 小排気量の高コスパモデル?いいじゃん
  • 注目度のあるモデルが欲しい

こんな人におすすめのページです。

 

GPXは現状登場しているモデルで「ネイキッド、ハーフカウル(ロケットカウル)、フルカウル」とスポーツモデルが存在していますが、数は多くありません。

 

どれも魅力的であり、高コスパモデルなのですがまだまだラインナップ自体は少ない。

 

日本に上陸してまだまもない「GPX」ですが、すでに評価も上場で乗っているライダーも存在する。

 

これから日本に定着していくのも時間の問題でしょう!そんなメーカーから新しいモデルが登場するとなれば注目度もあり、紹介をしないわけにはいきませんよね。

高コスパバイク「GPX」にフルカウルDEMON GR200Rが登場!

 

登場からまもないが評価も人気も一定数ある「GPX」からフルカウルモデルが新しく仲間入りすることになっています。

 

既視感がある見た目なのは気になる部分ですが、かっこいいのでまぁ良しとしておきましょうかw

 

タイヤは前後ともに細いものを採用しており、小排気量感は外観ながら簡単に感じとることが可能ですがかなり色々な所にこだわられているのがかなり好印象です。

 

ということで色々と見ていきましょう!

 

「GPX:DEMON GR 200R」は既視感はあるが別物で魅力的

DEMON GR200Rの画像
引用元

上の参考画像が今回紹介する新モデルなのですが、特に赤いカラーの方に既視感があるんじゃないでしょうか?

 

そうですね「ホンダ:CBR250RR」に似ていますよねw

GR200Rの横から見た画像
▲GR200R 引用元

CBR250RRの画像
▲CBR250RR 引用元

似てますよねw

 

確かに同じフルカウルなのでシルエットは似てきますが、細かい部分は全然違うので似ているだけという事に落ち着きますよ!

 

フロントフェイスは現在販売されている全てのバイクタイプの中でも1番と言っても良いほど攻撃的でありかなり睨みが効いています。

 

最近のトレンドである2つ目のヘッドライトでキリッとした形の究極版と言ったところでしょうか。

 

そして「GR200R」は他のフルカウルモデル「150GR」とは違ってタイヤが17インチと本格的なのです!150GRは14インチと小柄なホイール・タイヤを使用していますがGR200Rは17インチと中型や大型にも採用されている本格サイズなんです。

 

まぁ、タイヤの太さは流石に細いんですけどねw

 

フロントフォークは倒立フォークを採用し、各種灯火類はLEDを採用しており小排気量ながら現代のおさえたい所はおさえてあります!

GR200Rのフロントフェイスの画像
引用元

▲フロントフェイスはこんな感じになっており、バイクの目に当たる部分はどのバイクよりもかなりキリっと攻撃的になっています。

 

この目の部分もライトになっていそう?であり、その下に光っている左右の部分も恐らくライトになっており「全てヘッドライトなのか、下のがポジションなのか」はちょっと分かりませんが全て光るようですね!

GR200Rのテールライト画像
引用元

▲テールライトも細くスタイリッシュになっておりかっこいい!現状では大きめのリアフェンダーが伸びていますが、このスタイリッシュなテール周りを強調する為にフェンダーレスカスタムをしたい所。

GR200Rのメーター画像
引用元

▲メーターもデジタルメーターとなっていてまさに今風ですね。

 

GPXのロゴがのっており、各種情報が一目で分かるメーターはとてもありがたい!

  • スピードメーター
  • タコメーター
  • 走行距離
  • シフトインジケーター
  • フューエルゲージ
  • 油温計
  • ニュートラルなどの各種インジケーター
  • 時計

と、ライダーが欲しいと思っているものが全て揃っている様なメーターとなっています。

 

【注目スペック】

シート高(mm)815
重量(kg)150
エンジン形式単気筒4ストローク2バルブ。
燃料タンク容量(L)11
リアサスペンションYSS製7段階プリロード調整付

 

GR200Rのカラーバリエーションは3色

GR200Rの画像2
▲レッド 引用元

GR200Rの画像3
▲ブラック×レッド 引用元

GR200Rの画像4
▲ブラック×ホワイト 引用元

上記3色モデルの用意があるようですね!

 

レッドモデルだけホイールが赤色になっており、それ以外はブラック。

 

どれもかっこいいですが、個人的にはブラック×レッドカラーはそれぞれの色がくっきり見えるので一番好み!

 

GR200Rも安価な価格での販売が期待出来そう

 

GPXの売りは見た目のかっこよさもありますが、一番は高コスパな所!

 

走って楽しいバイクに仕上がっているのに安価に手に入るのが一番の魅力と言えるでしょう。

 

現状(2020年7月上旬)では販売価格は発表されていませんが、他のモデルと同様に手の届きやすい安価な価格が期待出来ます!

 

【現状販売されているモデルの価格】

LEGEND150286,000円
DEMON150GR371,800円
GENTLEMAN200382,800円
GENTLEMAN RACER200429,000円
LEGEND250 TWIN459,800円

上記は全て新車、メーカー小売り価格(税込み)になります。

 

今や250ccクラスでも当たり前の様に新車価格は60万円~80万円などします。そんな中で30万円~40万円台で購入出来るGPXはやっぱり安い!

 

見た目も良く、所有者の評価も上々ですしね!

 

そして今回紹介の「DEMON GR200R」は、フルカウルながらも200ccクラスとという事なので、大体40万円~50万円台で販売されるんじゃないでしょうか。

 

DEMON150GRの兄貴分モデルとなり、フルカウルはちょっと高めの価格設定をしていて同じ排気量帯でもちょっと高くなる可能性があります。

 

そう考えると50万円~60万円あたりが妥当な線かなと思いますが、40万円~50万円くらいだと「これかっこいいじゃん!良いね!」と思った人は嬉しいですよね!

 

GRDEMON GR200R紹介動画

▲音楽のみ、説明はテロップ(英語)で説明しています。外観の感じを割と詳しく見る事が出来ますよ!

▲音楽のみ、GR200Rのカラーカスタムの参考になりますね!動画のタイトル的にPhotoshopによってカラーデザインの変更をしているのかも?しれません。

 

が、カウルのデザインが変わるだけで印象が大きく変わるという参考になります!

 

GR200Rをカラーカスタムのベース車に選びたくなる動画になっています。

▲王道的なモデル紹介動画です。エンジンの始動もしているのでメーターの動き方や、ノーマルマフラーのサウンドを聞く事が出来ますよ!

 

GPXの日本公式サイトものぞいてみると良いよ!(GR200Rは販売前だから載ってないけど、他の車両が気になる人はおすすめ)

GPX DEMON GR200Rまとめ

 

今や200ccや250ccの小排気量クラスでさえも、結構お高いイメージが付いてしまっているバイク市場です。(特に日本メーカーモデル)

 

ですが、電子制御システムの進化や各種性能のアップを考えれば仕方の無い事でもあります。

 

ただやはり車体価格が高額になってくるとそれだけ「バイクに乗りたいと思う人」や「バイクの購入を考えている人」にとって障害になるのも事実…

 

そんな中で登場して、好評を勝ち取っているGPXは現代のバイク市場においてはバイク乗りを増やす為の救世主ともいえるでしょう!

 

やはり良いものだとしても安い方が消費者にとってはありがたいですし、特にバイク初心者なんかは”不安”という気持ちと”初めての自分のバイク”という気持ちが大きいので乗り慣れた人よりもバイクを倒してしまうリスクも大きければその時に感じる絶望感も大きい…

 

全ての人がそうと言えるわけではありませんが、高額なモデルよりは比較的安価に購入出来るモデルの方が色々と気が楽なので、精神的ハードルは低いでしょう。

 

なのでGPXはバイク乗りを増やす為のとても良い起爆剤になり得ますね!

 

そして今回紹介した「DEMON GR200R」ですが、特にフルカウルはどんどん高額になっているバイクタイプなので、そんな状況下に安価に販売されたらとても助かりますよね!

 

価格情報はまだありませんが、安価で販売してくれる事を願いましょう!

 

という事で、現場からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!