ニュース

ホンダの新型スクーターバイク「ADV150」がメカメカしくてかっこいい!

ホンダが新型原付バイクを2019年7月19日に発表したのをご存知でしょうか?
都市型オートマチック・アドベンチャーをコンセプトとしており『男らしい』デザインと言われていますが、本当に男ウケが良さそうなかっこよさを持っています。

 

元々情報の出始めは外国での発表・販売という話が主だったのですが、時間が経つにつれ日本国内販売も決定しているのだとか。

 

バイク人口が減っている日本でも小さめスクーターの売れ行きはまだまだ結構勢いがあります。
何と言っても『利便性が高く、扱い易く、低燃費で安価』というのが大きな魅力でしょう。そんな日本でも大人気であるスクーターのニューモデルをホンダが日本発売を控えています

 

それでは気になるホンダの新型原付バイクを見ていきましょう。

 

ホンダ「ADV150」は男ウケするかっこいいデザインだ

何かと小排気量帯で成功をおさめているホンダから、スクーターのニューモデルの情報が着々と出てきています。
新型モデルの名前は『ADV150(X-ADV150)』という名前であり、排気量は150ccで軽二輪(中型クラス)に区分されます

 
f:id:steed40chop:20190821232903j:plain コチラが新型であるADV150のお姿になります。
ホンダファンの方はちょっと気づいたかもしれませんが、バイクの顔のデザインが『CBR400R』『アフリカツイン』に似ていますよね。
 
CBR400Rやアフリカツインはスペックはもちろんの事、デザインでもかっこいいと評判の高いバイクなので、それに似ている顔をしているという事は同じくかっこいいと思う人は多くいるはずです。
 
軽二輪より少し大きめのバイク、特にスクータータイプでの顔がかっこいいという感想はあまり聞いたことがありませんがADV150の登場を皮切りにそんな意見や、スクーターを選ぶ基準が出来るかもしれませんね!
 

 

ADV150のベースはPCX150

f:id:steed40chop:20190821233610j:plain

新型スクーターADV150のベースは『PCX150』となっています。
PCX150はホンダの成功したスクーターの代表的な存在であり、扱い易さや利便性・燃費の良さに定評があり、長い人気が続いています

 

おすすめのスクーターとしてのラインナップも多く見受けられ、その存在はバイク界でも大きなものです。

PCX150がベースになっているという事でADV150と製品概要を比べてみましょう。

【ADV150とPCX150の比較】

 ADV150PCX150
全長(mm)19501925
全幅(mm)763745
全高(mm)11531105
ホイールベース(mm)13241315
シート高(mm)795745
重量132-133kg131kg
エンジン形式水冷4ストローク単気筒SOHC水冷4ストローク単気筒SOHC
排気量150cc149cc
最高出力/発生回転数14.5ps/8500rpm15PS/8500rpm
最高トルク/発生回転数1.34kg-m/6500rpm1.4kg-m/6500rpm
ミッション形式無段変速無段変速
タンク容量8L8L
タイヤサイズ(フロント)110/80-14110/80-14
タイヤサイズ(リア)130/70-13120/70-14

新型であるADV150の方が本当に少しだけ、車格が大きいですね。
シート高は50mmアップしており、PCX150よりは足つきは悪い印象ですが795mmのシート高はそれほど高く無く、足つきもそこまで悪いわけでは無いので大体の人が不安なく乗れるでしょう。

 

 

ADV150の装備はかなり充実している

スクーターの大きな売りである『利便性』に妥協を許す事が無いくらいの気合が入っている装備をしています。

  • 2段階調整可能なスクリーン
  • フルデジタルメーター
  • LED灯火類
  • スマートキー
  • USB電源ポート
  • ABS仕様の場合→急ブレーキ時にハザード点滅
  • アイドリングストップ 

スクーターは近年『個性』『得意分野』を伸ばしていくかの如く「利便性」がかなり向上しています
上記を見ても、こちらのADV150も利便性がかなり良いですね。

 

スマートキーやUSB電源ポートは現代のスクーターでは最早当たり前という感じですね。

【2段階調整可能スクリーン】

f:id:steed40chop:20190822203036j:plain

画像中央、スクリーン横に『丸いノブ』が見えますね。
コチラをスクリーンを正面に見て両サイドに引いてから調整をします。

 

f:id:steed40chop:20190822203210j:plain

上の画像の状態がローポジションで、スクリーンが斜め状態で高さもそこまでありません。

 

f:id:steed40chop:20190822203306j:plain

こちらがハイポジションで、スクリーンが車両前方に出る事によってスクリーンの立ちが強く、高さも出ます。
より防風性能が欲しい時の活躍が期待出来ますね!

 

 

【LED灯火類】

LEDの灯火類はメーカーがどれだけそのバイクに気合を入れているかがわかるポイントでもある灯火類ですが、ADV150の場合はかなり気合が入っている様な印象です。

 

f:id:steed40chop:20190822203519j:plain

LEDヘッドライトは、顔のデザインが人気車種に似ており、スタイリッシュな顔立ちの中にギラギラとLEDのヘッドライトが輝いてかなりかっこいいです。

 

f:id:steed40chop:20190822203618j:plain

LEDテールランプはデザインにこだわっているのか、先進的・近未来的な感じのメカメカしい印象になっています。
顔からお尻までかなり仕上げていますね!

 

 

【フルデジタルメーター】

スポーツバイクでもデジタルメーターが多くなっている時代なので、スクーターもなってくるのは当然と言えば当然なのですが、メーター内の色合いがシンプルでクールな印象のメーターをしています。

f:id:steed40chop:20190822204010j:plain

下手にたくさんの色を使っていないからか、独特なメカメカしさがあり男ウケが高いメーターだと思います。

【メーター表示】
  • 速度
  • 燃料残量
  • 平均燃費
  • 瞬間燃費
  • ODO
  • トリップA/B
  • 日付
  • 時計
  • 電圧
  • 外気温
  • オイルチェンジインジケーター
  • などなど

 メーター表示も多機能でかなり優秀!
メーターだけで利便性がかなり高いですね…w

 

 

【シートボックス】

f:id:steed40chop:20190822204315j:plain

シートボックスは28Lと十分な容量があり、たくさんの物を入れる事が可能です。
ベースとなるPCXが28.8Lなので、PCXよりも少し小さいですがそれでも十二分の容量を確保しています。

 

 

 【アイドリングストップ機能】

アイドリングストップ機能搭載などのおかげで燃費は46.6km/Lという事であり、燃料タンクが8Lで心元無いと感じでも燃費が良いおかげ373kmの航続距離を実現しています。

 

 

ホンダ新型スクーターADV150まとめ

これからどんどんと新情報が展開されてくるであろう『ADV150』ですが、これだけの高性能スクーターなので、新車価格はそこそこいきそうな予感がしています。

 

ただ、同じ排気量帯のスクーターを基準に高価だったとしても納得できてしまうスペックであることは間違い無いでしょう。
排気量も150ccと小さな車格では十分にパワーを発揮できるポテンシャルのエンジンを積んでいるので「普段使い」から「通勤通学」「ロングツーリング」まで多くのロケーションに対応する事が出来る多機能スクーターである事は間違いありません。

 

期待値はかなり高めのバイクなので、今後の新着情報に期待ですね!

 

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です