カスタム

あなたのバイクも憧れの『セパハン』に出来るかも!?ベビーフェイスから汎用パーツが出ているぞ!

バイクに乗っていて1度は見た事があるでしょう「セパハンカスタム」のバイク。そして、そのセパハンカスタムに憧れた事なんてありませんか?

 

バイクと一体化した姿はとてもスタイリッシュでスポーティ。
そんなセパハンに憧れを持った事があるライダーは多いでしょう。
では何故そんなにライダー達はセパハンに憧れるのでしょうか?
スタイリッシュでスポーティだったらなんでも憧れてしまうのでしょうか?

  • スタイリッシュでスポーティなバイクの見た目
  • ライダーの乗り姿がとてもかっこいい
  • 乗り味が変わる
  • スポーツ走行がし易くなる

などの色々なメリットを求めてセパハンカスタムに憧れるのでは無いでしょうか?
現に私も『XL1200X(フォーティエイト)』をセパハンカスタムにした際も見た目のカッコ良さと、ライディングシルエットのカッコ良さに憧れてカスタムをした事があります。

 

でも、ライディングシルエットの事「土下座スタイル」って言われてたねw

そうそう。
かなりしんどいライディングポジションだったよね…
でもカッコイイから我慢して乗ってたよねw

 

まぁ、バイクによってライディングポジションが辛い場合もありますがかなり魅力のあるハンドルカスタムという事ですね!
そんな魅力的なカスタムを「自分のバイク用のセパハンパーツが無いから」という理由の為に、諦めている人はいませんか?

 

諦めていた人にちょっとした朗報。
『汎用カスタムセパハン』が登場しています!
もしかしたら、諦めていたセパハンカスタムが出来るかもしれません、要チェックですよ!

 

BabyFace「レースコンセプトハンドルキット」

f:id:steed40chop:20190818001445j:plain

バックステップなどが人気の「ベビーフェイス」からセパハンキットが登場しています。これは朗報ですね!

しかもかなり気が利いていて『対応フォーク径が幅広い』というたくさんのバイクに対応出来る親切な展開を行っています。

 

更に『アップタイプ』『フラットタイプ』の2タイプが用意されており、選べる幅が広い設定の製品となっています。

 

 

フラットタイプ

f:id:steed40chop:20190818011424j:plain

フラットタイプは対応フォーク径によって垂れ角が設定されており、以下の通りになっています。

対応フロントフォーク径ハンドル垂れ角
Φ3710°
Φ41
Φ4110°
Φ50
Φ5010°
Φ527.5°

 上記のような関係になっています。
その為対応フォークによる垂れ角の製品になります。
フラットタイプは既に2016年頃から発売されており、知っている人も多いかと思います。

 

 

アップタイプ

f:id:steed40chop:20190818011449j:plain

アップタイプは、クランプ部と別体のパーツでバーをオフセットする事が出来て、垂れ角は5°と10°の設定があります。

対応フロントフォーク径ハンドル垂れ角アップ具合:高さ(mm)
Φ4125
Φ4110°45
Φ4110°35
Φ4510°45
Φ4510°35
Φ4710°45
Φ4710°35
Φ4810°45
Φ5025
Φ5010°45
Φ5310°45

 新製品のアップタイプは上記のようにかなり幅広い設定内容となっています。
同じ対応径でも複数の『ハンドル垂れ角』『アップ具合』の設定があるので、自分のライディングポジションの好みと相談して一番理想に近い製品を選ぶ事が出来るのは嬉しい事ですね。

 

 

抜け防止機構もしっかりしている

f:id:steed40chop:20190818013541j:plain

競技準拠の抜け防止機構を備えており、走行中にバーハンドルが抜けてしまう不安もありません。

 

アップタイプ・フラットタイプどちらとも、ハンドルバーの固定ボルトがバーにある溝に引っかかる事で抜け止めの役目を果たします。
この機構はMFJの規則改定に沿っている機構の為、抜け防止機構の信頼性は折り紙付きです。

 

 

レースコンセプトハンドルキットまとめ

先に登場しているフラットタイプ

『Fフォークに直接ハンドルバーを突き刺したようなオフセットの少なさは、ダイレクトな操作感を生む』という好評をライダーから得ている認められている製品となっているので、この製品を検討する時のレビューの数は十分です。

 

よりスタイリッシュに、よりスポーティな見た目と走りを目指す人にはフラットタイプがおすすめ!
同じ車種でもフラットなセパハンにする事でかなりカッコよくキメる事が出来ます

 

新登場しているアップタイプ

『セパハンスタイルにしたいけれど、ライディングポジションの楽さも欲しい』という人にピッタリのタイプになっています。
フラットタイプはより一体感が強く出てスタイリッシュでスポーティさが出るのですが、一番ライディングポジションがキツくなってしまいます。

 

ロングツーリングや、適度なワインディングを楽しむ走行を多く楽しみたいという方にとってはフラットタイプはちょっと辛い…
そんな方々にはアップタイプがピッタリ!
バイクをスタイリッシュにスポーティにしたいと思ってもやはり、多少の体勢の楽さは必要ですよね。

 

 

おわりに(まとめ)

結構人気の高い、セパハンカスタムに挑戦してみませんか?
今回紹介した製品では対応径がたくさん用意されているので、セパハンカスタムが出来る車種が多くなってくるでしょう。

 

今までセパハンカスタムを諦めていた人にもとても嬉しい可能性ですね!
 

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です