カスタム

ストライカーからZ900RSセパハンキットが登場!削り出しトップブリッジとセットでかなりかっこいい!

ゼファーの時から人気が高く、Z900RSが登場してからも人気の高いセパハンカスタムパーツがストライカーから登場しています。
セパハンにカスタムするだけで、そうでないバイクも一気にスポーティになります。

 

ゼファーやZ900RSはネイキッドタイプのバイクですが、ネイキッドのバイクをセパハンにする事自体結構人気が高いカスタムです。
Z900RSなどの他には「ヤマハ:XJR」「ヤマハ:SR400」にもセパハンカスタムをしているライダーがおり、スーパースポーツの様なカウルは不要だがスポーティにカスタムをしたいという人が多いようです。

 

ネイキッドバイクをセパハンカスタムするというカスタムスタイルは私としても結構おすすめのカスタムです。
何故なら、ネイキッドバイクは全体的にバランスが良く、扱いがとてもし易いという特徴があります。

 

その為、ネイキッドをセパハン化してスポーティバイクに仕立てるのはとても良い考えであり、ネイキッドに物足りなさを感じたライダーには『新しいバイク』に乗っている感覚さえも味わう事が出来ます。

 

という事で、ネイキッドをセパハン化するカスタムはおすすめです。
今回はそのセパハンパーツの中でもストライカーが出しているセパハンを紹介します。

 

ストライカー「Z900RS Separate handle KIT」

f:id:steed40chop:20190722221558j:plain

この「Z900RS Separate handle KIT」はギルドデザインとストライカーのコラボによって実現したセパハンキットとなっています。
基本的にセパハンキットとして売り出しており、画像のものはトップブリッジとセパハンのセット装着例となっています。

 

質感や剛性にはもちろん妥協をしておらず、「ハンドルブラケット」と「フォーククランプ」を別体構造にする事により、4種類のハンドルポジション設定を可能にしています。

 

そして、トップブリッジとセパハンをセットで装着する場合にはトップブリッジカラーが2種類設定されています。

 

セパハンキットの概要

f:id:steed40chop:20190722225249j:plain

これは「トップブリッジ」「フォーククランプ」「ハンドルブラケット」の簡易図です。
1番大きなものがトップブリッジで、2番目に大きなものがフォーククランプ、最後にハンドルブラケットです。

 

上の図のように、フォーククランプとハンドルブラケットが分かれている事によって4種類の高さ設定を可能としています。

 

これの良いところは『購入時に4種類の中から選ぶ』では無く『購入後に4種類の設定が出来る』ところにあります。
これが出来る事により、購入して失敗した…最悪だ。という事が無く、購入後に自分のライディングに合ったハンドル位置カスタムを好きに調整する事が出来ます。

 

購入して失敗だったときは辛いよね…買い直すとなるとお金もかかるし。

買った後に自分好みに調整出来るのであれば、それの心配もないよね。

 

セパハンの高さ調整紹介

ハンドルブラケットとフォーククランプが別体という事で実現できる高さ調整4パターンを紹介します。

 

ストリートHiポジション

f:id:steed40chop:20190722231652j:plain

スタンダード出荷状態です。
セパハンながら、一番ゆったりとしたスタンダートポジションであり、ストリート使用の場合はこのポジションにするのが最適です。

 

ストリートLowポジション

f:id:steed40chop:20190722231811j:plain

製品出荷時の状態から少し下に下げた状態です。
フォーククランプ部を左右逆に取り付ける事で、スタンダード状態から高さが15mmダウンした状態です。
低めのストリートポジションが好みの方におすすめ。

 

レーシングHiポジション

f:id:steed40chop:20190722232005j:plain

レーシングに向いたポジションです。
製品出荷時の状態からハンドルブラケットを左右逆に取り付けした状態で、ハンドル垂れ角5°のレーシングUPポジションです。
ハンドル位置が比較的高めでゆったり目のレーシングポジションが好みの人におすすめ。

 

レーシングLowポジション

f:id:steed40chop:20190722232218j:plain

本格的なレーシングポジションです。
製品出荷時の状態から、フォーククランプ・ハンドルブラケットを左右逆に取り付ける事で、ハンドル垂れ角5°高さが15mmダウンしたポジションです。
一番レーシングなポジションであり、サーキット走行・レース走行・峠走行などに適したポジションとなります。

 

扱い易さを徹底追及された製品

f:id:steed40chop:20190722232821j:plain
▲上記画像はストライカードライブレーシング 新辰郎選手によるサーキットテストの様子です。

 

ストリートでは車体の扱い易さ、乗り易さを。
サーキットでは車体に対する荷重のかけ方を念頭に。
乗り比べ、試作、テストを繰り返し、適切な剛性、ポジションを設定した製品となります。

 【トップブリッジとセパハンのセット】

Gストライカー(G-Craft)Z900RS セパレートハンドルキット ブラック /Z900RS(61179)

価格:103,300円
(2019/7/22 23:58時点)

▲トップブリッジ:ブラック

Gストライカー(G-Craft)Z900RS セパレートハンドルキット HCブラウン/Z900RS(61180)

価格:108,633円
(2019/7/22 23:59時点)

▲トップブリッジ:HCブラウン

 

【セパハンのみ】

Gストライカー(G-Craft)Φ50 セパレートハンドル/Z900RS(61183)

価格:46,767円
(2019/7/23 00:00時点)
感想(0件)

本製品の取り付け時注意事項

【注意事項】
※Z900RS cafeへの装着は不可
※ブレーキホースは社会品への変更、又は取り回し変更が必要です
※純正より高さ、幅が変更となる為、公道走行に適合させる為には構造変更が必要
※スイッチBOX固定の為、ハンドルバーへの穴あけ加工が必要
上記注意事項は最初の「Z900RS cafe」には取付不可。以外の事はどの様なハンドルバーに交換しても当てはまる可能性のある事です。
 
 
その為、このセパハンキット以外にもハンドルバーを交換する際には上記の事を注意しておく必要があります。
 

そして、注意事項を守る為に必要な事『ブレーキホース交換、取りまわし変更』『ハンドルバーへの穴あけ加工』は失敗すると危険な事になる可能性がありますので、経験不足・自信のない方はプロに任せると良いでしょう。
 
 
『構造変更』は車検場での手続きが必要になるので、自分で出来ない場合は車両購入店にお願いすると良いでしょう。
 
 

おわりに(まとめ)

セパハンカスタムは、バランスの良いネイキッドに行う事で取り扱い易さをそのままに、スポーティに仕上げる事が出来るとても素敵なカスタムです。

 

ハンドルの位置かかなり変わるカスタムですので、カスタム後に初めて跨る場合はとても違和感があるかと思います。
しかし、慣れていく事でスポーティに・レーシングなライディングをし易くなってくるカスタムなのは間違いありません。

 

ただ、少なからず前傾姿勢の角度がキツくなるカスタムなのでロングツーリングや長時間バイクに乗る場合は、バーハンドルの時よりも疲労感が出る可能性もあります。

 

あなたはどのようなカスタム(見た目)がしたいか?
どの様なライディングをしたいか?というのを考えてカスタムすると良いでしょう。

 

【▼その他のZ900RSカスタム】

www.subablobike.jp

www.subablobike.jp

 

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です