用品

スポーツスターに超簡単に脱着が出来るサドルバッグが登場!デグナーから3点登場!

ハーレーの中でも大人気の『スポーツスターシリーズ』ですが、スポーツスターにはたくさんの魅力があるからですね。
日本でもハーレーブランドはかなりの知名度と人気があり、日本でもハーレーに憧れてあのスタイリッシュな見た目をかっこいいと思った人は『スポーツスターシリーズ』を乗りたいと思うのかと思います。

 

【スポーツスターの魅力】

スポーツスターの魅力はスタイリッシュな見た目だけではありません。
スポーツスター乗りが皆が虜になっている魅力がたくさんあります。

  • スタイリッシュでクールな見た目
  • カスタムパーツが豊富、用品が豊富
  • ハーレー内でも比較的安価
  • ハーレー内でも比較的軽量級なので扱い易い
  • 男女問わず似合い、かっこいい
  • トルクフルなエンジンが走っていて気持ちが良い
  • などなど…

 

と、挙げればまだまだ出てきますが今回はこの中でも『用品』についての紹介をしていきます。

 

バイクと言うのは積載量がほぼゼロと言っても良い程荷物を積む事が出来ない車両です。
その為、ハーレーだけに限らず色々なメーカーのバイク・車種にバッグをつけているライダーがほとんどです。

 

特にツーリングや旅行・遠乗りをする時に「荷物がゼロ」なんていう事は無く、絶対に積載スペースが欲しいと思うのが当然の事であり、それを補う為にライダー達は『バッグパック』を背負ったり『シートバッグ』『サドルバッグ』をバイクに装着したりします。

 

今回は、スポーツスター用に登場したサドルバッグを紹介します。
簡単に脱着が可能なサドルバッグになっており、ツーリングやライディング用途に合わせてすぐに着けたり外したりする事が可能となっているバッグです。

 

デグナーサドルバッグ「SB-86ST、DSB-9ST、DSB-10ST」

f:id:steed40chop:20190715220037j:plain

上記画像のサドルバッグが今回紹介する『超簡単!ワンタッチ脱着』が出来てしまうものです。

 

「は?何これ普通のサドルバッグじゃんw」

 

と思う人も多くいるかと思います。

 

「お前の目は節穴か!!」

 

失礼しました…そんな事は言いません。
バッグステーとバッグの裏側に秘密が隠されているんです。
見えない所に秘密があるので見えない、分からないのは当たり前ですね。

 

という事でその秘密と共にこの製品を紹介していきます。

 

「SB-86ST」をベースに紹介

3つのモデルが登場していますが、構造はどれも同じなので1つのモデルをベースに紹介していきます。

 

▼変わった形のサドルバッグステー

f:id:steed40chop:20190715221650p:plain

▼サドルバッグ裏のフック2点とポッチ1点

f:id:steed40chop:20190715221759p:plain

この二つの構造によってサドルバッグが簡単に脱着する事が可能になります。

 

【簡単な説明】
  1. サドルバッグステーをバイクに取り付ける
  2. バッグの2点のフックをステーに引っ掛ける
  3. 1点のポッチをステーの下方の穴に入れ、Rピンを指す
 
という上記3ステップでバッグが取り付けできます。
始めのサドルバッグ装着には3ステップを要しますが、一度サドルバッグステーさえつけてしまえば『引っ掛けてピンを入れる』『ピンを外しひっかかりを外す』という超簡単脱着が可能となります。
 
 

【▼百聞は一見にしかず…説明動画を見る】


【DEGNER】超簡単ワンタッチ取付!!ハングステー付きサドルバッグの取付動画

 

 

超簡単脱着サドルバッグは3種類展開

このサドルバッグは3種類のバッグが登場しており「バイク左側」が2種、「バイク右側」が1種登場しています。

 

【DSB-86ST】

f:id:steed40chop:20190715220037j:plain

最初に紹介したサドルバッグであり、1番シンプルなデザインのバッグとなっています。
無骨でシンプルなデザインはどんなカラーリングにもマッチし、スポーツスターの景観を損なう事はありません。
シンプルで大きなサドルバッグが欲しいという方におすすめ!

 【製品仕様】

カラーブラック
素材牛革
サイズ縦31×横40×幅14(cm)
付属品・レインカバー
・ステーセット

 容量12L

 

【DSB-9ST】

f:id:steed40chop:20190715223449j:plain

最初に紹介したモデルではバイクデザインの流れに沿ったように斜めのデザインをしていましたが、こちらのモデルは左右対称となっており縦にまっすぐとしているデザインです。
バッグのフタ部分にステッチがしてあったり、中心部に飾りがつけてあったりと少し凝ったデザインでフォーマルでオシャレな感じがしますね。

【製品仕様】

カラーブラック
素材シンセティックレザー
サイズ縦29×横33.5×幅14(cm)
付属品・レインカバー
・ステーセット

容量9L

 

【DSB-10ST】

f:id:steed40chop:20190715223502j:plain

1つ前に紹介したモデルの『バイクの右側』につけるパターンのモデルです。
左側パターンの物と同じ様に、ステッチと飾りがつけてあるフォーマルなデザインのサドルバッグです。

 

多くのライダーは1つサドルバッグを付ける場合は、バイク左側に付けます。
しかし、それだけでは容量不足と感じる方は両サイドにつけるのが良いでしょう。
となってくると、左右で同じデザインで揃えるのが見た目的にベストなので「DSB-9ST」「DSB-10ST」で揃えると良いでしょう。

【製品仕様】

カラーブラック
素材シンセティックレザー
サイズ縦29×横33.5×幅14(cm)
付属品・レインカバー
・ステーセット

容量9L

 

→詳しくはデグナー公式サイトをチェック!

 

おわりに(まとめ)

アメリカンにサドルバッグを付けるという事は、一種のカスタムであり『見た目の変更』を可能にします。

 

見た目を簡単に変える事が出来て、尚且つ積載量も増えるというお得なカスタムなのがサドルバッグを付けるという事であり、ロングツーリングやタンデムツーリングに向いているアメリカンのバイクライフをより良質な物に変えてくれるでしょう。

 

【▼その他用品を見たい方はコチラも一緒に!】

www.subablobike.jp

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。