▼このブログの説明書だよ!
バイク選び

【原付区分】電動バイクのおすすめ6選!免許区分説明とおすすめ

このページでは”電動バイク”について紹介していきます。

 

 

バイクファンの中でも続々と登場している事を知らないという電動バイクなんですが、結構な種類が出ているのを知っていますか?

 

電動バイクと聞くとまだまだ先の事で選ぶ程多く出ていないんでしょ?と思うかもしれませんが、結構出ているんですよ!

 

そしてガソリンエンジンのバイクと違って電動バイクには排気量という概念が無く、定格出力という電気の出力で免許区分が変わってきます。

 

そんな電動バイクの免許区分についてや、おすすめの車種を紹介していきますよ!

 

この記事がおすすめな人

  • 電動バイクに興味がある
  • 電動バイクを欲しいと思っている
  • 将来的には電動バイク欲しいよね!
  • どれくらい電動バイクって出ているの?

こんな人におすすめとなっています。

 

電動バイクに対する色々なイメージがあるとは思いますが、今回紹介する原付区分のスクータータイプに関してはガソリンバイクと同様に扱いやすさだと考える事が出来るので検討する際は比較的楽だと思いますよ!

 

ただ、ガソリンバイクには無いタイプの形も存在します。

 

その場合は、感覚がちょっと変わってくるのでそんなタイプの選び方についても説明していきます。

電動バイクとはこんな形

 

電動バイクで思いつく形ってありますか?

 

バイクには様々なタイプが存在していますが「ガソリンエンジンをモーターに置き換えるだけでしょ?」と言えばすごく簡単な話になるのですが、今の電動バイク技術ではガソリンエンジンと同等のパワーの物を簡単に出せるモデルは多くありません。

 

何故かというと電動バイク販売にあたり、今の技術では販売金額やコストの面を考えて同じパワーが出るものを作っても「航続距離、充電方式」などを満足のいくものと考えると高額になってしまう場合があり、売れる見込みが無く、出しても採算がとれない場合があります。

 

現実的に考えて、私たちが気軽に購入できる電動バイクのタイプは”スクータータイプと原付MTタイプ、自転車タイプ”になります。

 

スクータータイプ

E-VINOの画像
引用元

▲こちらの電動スクーターは「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」という番組でおなじみの電動バイクですが、ガソリンエンジンのスクーターと同じ見た目をしていますね。

 

ガソリンエンジンを積んでいても、電動モーターを積んでいてもスクーターの見た目や形は変わらない場合がほとんどで、さほど興味が無い人はガソリンと電気での見分けは付かないかもしれませんね!

 

原付MTタイプ

モトチンプの画像
引用元

▲このバイクは「モトチンプ」という名前の電動バイクになりますが、シンガポールの会社が開発したものになります。

 

電動バイクの中ではこのような原付MTのような見た目の物はあまり多くありませんが、出ているのは出ています。

 

電動バイクでのこのタイプは原付クラスになると”メカメカしい”というよりは”オシャレな”イメージが多いです。

 

自転車タイプ

ブレイズスマートEVの画像
引用元

▲こちらはブレイズスマートEVという名前の電動バイクで、株式会社ブレイズという会社が販売している電動バイクです

 

自転車タイプとは言いましたが、自転車では無くちゃんとした電動バイクになります。
この様な自転車の様なスリムな電動バイクがたくさん出ています。

 

 

電動バイクの免許区分

f:id:steed40chop:20190802214032j:plain

電動バイクの免許区分は

  • 原付一種
  • 原付二種
  • 普通自動二輪

の3種類になります。

 

なので、普通自動二輪免許を所持している人であれば現在の免許制度であれば全ての電動バイクに乗る事が可能という事です。

 

免許区分の基準

 

普通自動二輪免許を所持している人であれば何も考える事無く、全ての電動バイクを選ぶ対象にする事ができますが「原付一種しか持っていない」という人などの為に、詳しく区分の基準を見ていきましょう。

 

600W(0.6kW)以下は原付Ⅰ種免許扱い

 

電動モーター出力が0.6kw以下であれば、法律上50ccの原付と同じ立ち位置にされます。
先程紹介した出川哲郎さんが「充電させてもらえませんか?」という番組で使用しているバイクがこの区分のものになります。

 

600W(0.6kW)~1000W(1.0kW)は原付Ⅱ種免許扱い

 

このクラスは原付と言われる中でもそこそこのパワーを有しているものが多いです。

 

ガソリンエンジンの場合では原付が欲しいけどパワーがあるものが良いという方に需要が多くある排気量帯なので、電動バイクを探している人でもパワーがそこそこ欲しいと考えている人であればこの出力帯を探すと良いでしょう。

 

1000W(1.0kW)~20000W(20kW)は普通自動二輪免許扱い

 

こちらの出力帯はガソリンエンジン250ccクラスの扱いとなり、普通自動二輪免許が必要となります。

 

ここまでくると電動バイクを選ぶにしてもライディングを楽しみたいという人に需要があるでしょう。

 

結構なスピードを出すパワーがあり、後続距離も原付クラスに比べて伸びている特徴があります。ただ現状では比較的高価なものが多くなります。

 

20000(20kW)超は大型二輪免許扱い

 

電動バイクは少し前までは普通二輪免許で全ての定格出力のモデルに乗る事が出来たのですが法改正が入り、大型免許区分が設けられる事となりました。

 

ただでさえスポーツ系電動バイクになってくると、ガソリンバイク以上のトルクを持ち加速力がずば抜けているのに普通二輪免許でハイパワーなモデルに乗れるというのを問題視したのでしょう。

 

ハードルがかなり低くなると多くの方が乗れるようになるのはとても良いが、やはりそこそこのハードルを設ける必要性は誰もが感じている所であり当然と言えるでしょう。

 

大型区分の免許は色々な流れのもと”ほぼ確定”状態ではありますが、まだまだ情報としてはふわっと抽象的で、今後も改正が入る可能性があります。

 

現状は以下のリンクから「雰囲気」を掴む事ができますのでよければどうぞ。

 

 

電動バイクはどこのメーカーが出しているの?

国内4大バイクメーカーのロゴ画像
引用元

次に電動バイクはどんなメーカーが出しているかが気になってくるかと思います。

 

国産というだけで「安全や故障しにくい」という点に対して信頼を置ける製品だとイメージできますが、メーカーによってもそのイメージがより強くなる場合ってありますよね。

 

バイクと聞くと国産メーカーの”ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ”を思い浮かべると思いますが、一体どこのメーカーが出しているのでしょうか?

 

バイクの代表的な国産メーカーはカワサキ以外が出している

 

国産の大手バイクメーカーでは”ホンダ、ヤマハ、スズキ”が電動バイクを出しています。

 

ただ、これは現状(2020年6月時点)ではという話であり開発自体は進めています。

 

ガソリンエンジンをも手掛けているバイクメーカーが作っているのであれば!と安心感も信頼感もとても大きなもので購入を考える時の参考になりますね。

 

電動バイクには色々なメーカーが注目し、尽力をつくしているので大手国産バイクメーカー以外にもたくさんの企業から販売されています。

 

その為、形やタイプなども様々なものが出ていますし気になる「最高速度や航続距離、充電時間」も電動バイクによって差があります。

 

そんな車両スペックを踏まえておすすめのモデルを集めましたので、購入を検討している人は参考にしてみて下さいね!

 

 

電動バイクおすすめ6選!(原付クラス)

 

電動バイクは様々な種類が出ていると言いましたが、もちろんガソリンエンジンバイク並みの種類があるわけではありません。

 

今回は原付クラスの紹介という事で、数ある中から普段使いできるという物をピックアップし、私なりのおすすめランキングを紹介します。

 

1.XEAM【notte V2】

notte V2の画像
引用元

いきなりですが「notte V2」はコスパ最高のモデルです。

 

XEAM(ジーム)という会社で販売されているモデルなのですが、初めての電動バイクの購入としての価格ハードルが低く気負いがないくらいなのがとても良いですね!

 

それでいて今の電動スクーターの中ではスペックも高く十分な使用感を得ることが出来ます。

 

普段使いにはもってこいの性能を有しており、ガソリンエンジンの原付を購入するならコチラの電動バイクをおすすめしたいくらいです!

 

見た目もとても可愛らしく、カラーバリエーションも豊富なので男性から女性までおすすめなモデルなのです。

【スペックや情報】

免許区分原付Ⅰ種(ガソリン車なら~50cc)
最高速度約43km / h
走行距離(満充電時)60km
重量(kg)64(バッテリー込)
充電時間10時間
価格(2020年6月時点)¥104,800(税抜)

※ガソリンスクーターの一般的な燃料費3.4円 / km

 

購入者の口コミでは、カラーバリエーションが多くて可愛い事や、ちょっとしか乗っていないが満足との高評価が挙げられています。

 

自転車のみ所有の方は notte V2を買うだけでもかなりの行動範囲拡大が見込めるのではと思います。

 

notte V2をもっと詳しく!←はコチラ

【電動バイクの中でもXEAMはおすすめ!】

 

2.ヤマハ【E-Vino】

E-VINOの画像
引用元

はい、こちらは出川さんが「充電させてもらえませんか?」という旅番組で使用されている電動スクーターです。

 

デザインの可愛さもさることながらスペック値もなかなか良い数値という事で普段使いする事が可能なレベルなので十分におすすめ!

 

ただ、バッテリー満充電時の走行距離が30km行かない程度が不安要素であり50km以上を稼ぐとなるとスペアバッテリーが必要になる点は若干不満として挙がるかと。

 

見た目は十分に可愛く、街映えするのですがいかんせん距離が短い…検討時には大きなポイントになるでしょう。

 

【スペックや情報】

免許区分原付Ⅰ種(ガソリン車なら~50cc)
最高速度約40km / h
走行距離(満充電時)29km(スペアバッテリー込58km)
重量(kg)68(バッテリー込)
充電時間3時間
価格(2020年6月時点)¥219,000(税抜)

 

原付一種という事で公道速度が時速30km規制があり、時速40km近く出るという事でパワー的には問題は無いでしょう。

 

走行距離が30km程度なのは少ないわけでは無く、今の電動バイクでは意外にも平均的な数値なんですよねこれが…w

 

価格は新車の原付ガソリンエンジン車と同等程なので、原付ガソリンエンジンの購入を考えていた人はこちらの「E-Vino」を選択肢に入れるのもアリかなと思いますよ!

 

定期的なオイル交換が無い分一緒に予備バッテリーを先行投資感覚で購入すれば航続距離はかなり伸びますね。

 

E-VINOをもっと詳しく!←はコチラ

 

3.ACCESS【スニーク77】

スニーク77の画像
引用元

スクーターと言うと可愛いタイプによってしまいがちな印象ですが、こちらのスニーク77はカッコイイ系のデザインとなっています。

 


カラーバリエーション展開が画像の3色で、女性向けというよりは男性向けの様なデザインですね。

 

スリムコンパクトなデザインの割に、走行スペックは十分であり通勤や通学に活躍してくれるでしょう!

 

原付クラスですが、スポーティデザインなので速そうですよね!スニーク77は原付Ⅰ種とⅡ種の両方がありますがスペック自体はそんなに変わりありません。

 

【スペックや情報】()は原付Ⅱ種

免許区分原付Ⅰ種とⅡ種
最高速度約42km / h(約45km / h)
走行距離(満充電時)50km(50km)
重量(kg)73(80)※バッテリー込
充電時間約4~6時間(約4~6時間)
価格(2020年6月時点)¥201,600(¥262,700)※税込

 

notte V2よりも価格が少し張りますが、同じく良スペックの電動スクーターです。

 

可愛い系寄りもかっこいい系が選びたいという人にはおすすめの電動バイクとなっています。

 

原付Ⅰ種・Ⅱ種共に販売されていますが、販売サイトのスペック値を信頼するとすれば確実にⅠ種がおすすめですよね!

 

「最高速度や航続距離」がほぼ変わらない状態なので、違いがあると言えば1人しか乗れないか2人乗りが出来るかの違いだけ。

 

なのに関わらず価格が6万円以上違うとなれば、明らかに安い原付Ⅰ種が良いですね。

 

ガソリンバイクであれば80km/hの速度は簡単に出ますが、電動スクーターはまだまだパワーが弱い…原付Ⅱ種で最高速度が45km/hなのであれば原付Ⅰ種の選択が無難だし、恩恵がしっかりと感じれるはずですね。

 

スニーク77をもっと詳しく!←はコチラ

 

4.モトチンプ

モトチンプの画像
引用元

おしゃ可愛い電動スクーターは走行していると目を惹くことは間違いないでしょう。
デザイン性がとても高いので、お部屋や玄関前とかに置いておきたくなってしまいますね。

 

デザイン、スペック共に良いのですが他のモデルに比べて価格が高い点がネックになります。

 

スペック値は現在の原付Ⅰ種クラスではトップに君臨するほどなのですが、デザインなのか海外モデルなのかやはり価格が高いんですよね…

 

下手したら新品のガソリンバイク250ccクラスが買えるくらいの価格なので、そこをどう捉えるかをすごく悩むでしょう。

 

ただ、オシャレさ可愛さに限って言えば電動やガソリン全てのモデルを合わせても最高だと言えるデザインをしているのでここに価値を見出せるならおすすめ!

 

【スペックや情報】

免許区分原付Ⅰ種(ガソリン車なら~50cc)
最高速度約45km / h
走行距離(満充電時)60km
重量(kg)50(バッテリー込)
充電時間1時間
価格(2020年6月時点)¥486,000(税抜)

 

とにかく価格が高いw デザイン込みの値段なのか!?と思いたくなりますね。 見た目は可愛いのに値段が可愛くない…

 

モトチンプをもっと詳しく!←はコチラ

 

▼紹介動画も色々あって、見れば見る程欲しくなっちゃう!けど価格ぅ…

 

楽しそうですね!可愛くて小さいバイクってメインでもサブでも1台は持っていたいですよね!

 

 

折りたたみが可能な電動バイク

 

折りたたむ事が出来る電動バイクも出ています。

 

こちらは電動バイクと考えるよりも「自転車以上、バイク未満」程度に考えた方が良いでしょう。

 

ただ、電動モーターを使用し走行するものなので電動バイクであり、免許区分は原付一種になります。

 

折りたためることでロケーションに幅が出て、色々な場所で活躍してくれる事間違いないでしょう。

 

この手のタイプは珍しい形のものもあるので注目度が高いジャンルでもありますよ!

 

5.glafit【GFR-01】

グラフィットバイクの画像
引用元

▲グラフィットバイクは、電動バイクにペダルがついており漕ぐことができます。そうです、いきなり変わったタイプの紹介です。

 

見た目は完全に折りたたみ自転車ですが、ちゃんと電動バイクなのでヘルメットもナンバープレートも必要になりますね!

 

特徴としては

  • ペダルのみの自力走行
  • EVでの電気走行
  • ペダル+EVのハイブリット走行

が可能です。

 

そして、見た目通り折りたたむ事が可能でかなり小さくなるので車に積んで運ぶのも、家の中へ持ち込んでの保管も用意にできます。

 

ハイブリット走行では「電動+人間の力」という走行が可能なので、あなたの力次第でスピードを上げる事も期待できます。これがまた面白い所ですねw

 

似たような乗り物で言えば電動アシスト付き自転車がありますが、電気による元々のパワーが桁違いであり補助する力が逆なので似ていますが違う乗り物です。

 

電動アシスト付き自転車は…人力を電動で補助ですが

 

自転車型電動バイクは…電力メインで人力による補助。という形になるので補助する力が逆ですよね!

 

【スペックや情報】

免許区分原付Ⅰ種(ガソリン車なら~50cc)
最高速度約30km / h
走行距離(満充電時)40km
重量(kg)18(バッテリー込)
充電時間約4~5時間
価格(2020年6月時点)¥152,680(税込)

 

スクータータイプやMTタイプと比較してかなり軽量という点が大きいです。

 

ちなみにバッテリーの充電が切れても人力による走行が見た目通り可能ですが、原付Ⅰ種クラスという事でもあり、人力オンリーの場合でも公道を走行しなければなりませんよ?

 

グラフィットをもっと詳しく!←はコチラ

 

《▼グラフィットバイクに関して詳しい別記事がコチラにあります。》

《▼グラフィットから立ち乗りバイク?が登場するぞー!》

 

 

6.BLAZE SMART EV

ブレイズスマートEVの画像
引用元

ブレイズスマートEVはコンパクトでスリムな電動バイクになります。

 

折りたたむ際の時間はわずか5秒で行う事ができ、重量が約18kgという軽さなので持ち運びも可能です。

 

折りたたみ時は小さく、というよりもよりスリムになり車に積む場合や保管の場合には場所を取りません。

 

カラーバリエーションも4色の展開があり、気軽にオシャレに乗る事が出来る電動バイクとなっています。

 

スッキリとオシャレデザインであり、気軽に乗れる「ブレイズスマートEV」は私服などのカジュアルルックな服装にとてもマッチするので楽に乗れるのが多きなメリット。

 

自転車タイプの中でも変わった見た目をしており、そのスタイリッシュデザインは気軽に乗るのにかなりグッド!

 

【スペックや情報】

免許区分原付Ⅰ種(ガソリン車なら~50cc)
最高速度約30km / h
走行距離(満充電時)30km
重量(kg)18(バッテリー込)
充電時間約3.5時間
価格(2020年6月時点)¥166,000(税抜)

 

ただ、満充電からの航続距離が約30kmなのは原付クラス平均値ではあるものの物足りなさは感じます。

 

しかし購入者が多く、口コミも出回っているので購入の参考にしやすいのも購入を考える際には役に立ちますね。

 

ブレイズスマートEVをもっと詳しく!←はコチラ

 

《▼ブレイズからトライク(3輪)バイクが登場するってさ!》

 

 

折りたたみ可能な自転車タイプは「チョイ乗り、旅行先に便利」

 

折りたたみ可能な自転車の様なタイプの電動バイクは、毎日乗るような使い方では無く「ちょっとそこまで」や「旅行先の足として」考える方が良いかもしれませんね。

 

現状の電動バイクで挙げられている不満点の多くで”電力残量が減ったらパワーも落ちる”という口コミがある様に、使用によって電力残量がわずかになると恐らく折りたたみ可能な自転車タイプではかなりのパワー不足になるかと思います。

 

なので購入の際の考え方や、使用イメージとしては…

  • そこそこの距離へ遊びに行く
  • 旅行先へ車に積んで持っていき、観光時に使用
  • キャンプなどのレジャーに行った時に使う
  • 通勤通学の足

という使い方が良いのかなと思います。

 

ツーリングや、自宅から旅行先へ行くという比較的距離を稼ぐ必要のある乗り方は不安になってしまうので、決まった距離を走行するという場合の使い方がベストですね!

 

おわりに(まとめ)

 

電動バイクはまだまだ出はじめたばかりなので、全てを満足させるような製品はまず存在しないと考えた方が良いでしょう。

 

ただ、あなたの使用用途によってはマッチするものが存在する場合があるので「自分に合っている」と感じた場合の購入検討は良いと思います。

 

スクータータイプであれば自転車では遠いけど電動バイクならと思える通勤距離であったり、目的地である場合。

 

折りたたみ可能な自転車タイプであれば出先での足として、レジャーの一環としてという考え方であればマッチするのでは?と思います。

 

 

いずれにしても、自転車よりは行動範囲が拡大することは間違い無いと思いますので購入を検討している人はスペックを参考にしながら『自分の用途に合うのか?』というのを考えながら検討するのが良いと思います。

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!