▼このブログの説明書だよ!
メンテナンス

【初心者必見】バイクの洗車は意外に簡単!?やり方とおすすめの道具を紹介

バイクをやっとゲットしたバイク初心者の方や根っからのバイク好きの方、年中バイクに乗りたい!と思いますよね?

 

たくさん乗ってあげる事はバイクにとっても自分自身にとってもとても良い事です。

 

でもそのバイク…乗りっぱなしになっていませんか?しっかりとメンテナンスをしてあげていますか?

 

定期的にしっかりと洗車をしてあげていますか?正直言ってバイクに乗りっぱなしのライダーは最低です。

 

バイクで楽しむだけ楽しんで、洗車や整備については何にも関心が無く放置と言うのは絶対に良くありませんよ?

 

もしあなたがあ、俺乗りっぱなしだわ…(-_-;)という人だったら、改めて欲しいです!

 

乗りっぱなしは最低という事もそうなのですが、乗りっぱなしにしないという事はライダー自身のためにもなるという事を理解して欲しいです。

 

人って自分にメリットがある事って結構前向きに取り組めますよね?乗りっぱなしにしない事はあなたにとってデメリットが起こりにくくなるというメリットになり得るのです。

 

特に洗車というものは「綺麗にする」という事ばかりに意識をされており、バイクのメンテナンスという事を忘れられている場合もありますよね…これはいけません。

 

洗車と言うのはバイクを綺麗にするだけでは無くバイクの状態のチェック、パーツの劣化を抑えてくれる効果的なメンテナンスと言う事を忘れてはいけませんね!

 

今回はバイクメンテナンスの1つ”洗車”について解説・紹介していきますが、その前に乗りっぱなしにしないという事がいかにライダーにとってのデメリットになるかも説明していきます。

【初心者必見】バイクの洗車は意外に簡単!?やり方とおすすめの道具を紹介

バイク洗車中の画像

まず、洗車はれっきとしたメンテナンスだという事をしっかりと意識しましょう。バイクはパーツの集合体であり、洗車は各パーツを綺麗にし、劣化を予防するのにも効果的な1つの作業工程です。

  • 鉄部品が錆びる
  • ガソリンが腐る
  • タイヤが硬くなりひび割れる
  • サスペンションからオイルが漏れる
  • 小さなゴム部品が傷み、空気や油が漏れる
  • 塗装が剥がれる

上記の変化は全てパーツの劣化であり、洗車で劣化を遅らせる事が出来る事もあります。

 

上記の変化は何も手を加えない状態であれば、時間と共に爆速進行していきます。爆速進行するパーツの劣化は、交換頻度を高めるのでライダーのお財布へダメージを与えるのです!

 

ね?何もしない事によるデメリットって結構あると思いましたよね!お金が絡んでくると分かりやすくていいですよねw

 

ツーリング出発前、ツーリング中などに劣化による不具合が起きたらどうですか?仲間にも迷惑をかけるし何より自分の気持ちが萎えてしまいますよね?これもまたデメリットです。

 

全てがそうだとは言いませんが、洗車によって不具合を抑える事が出来るものも存在するのです。綺麗になったついでにそれらも予防できると分かれば、きっとあなたの中での洗車の価値があがりますよね!

 

バイクの洗車はポイントを抑えたら意外と簡単?

黒板のポイントを挿す画像

バイクの洗車と聞くと

  • どこに水をかけて良いか分からない
  • 洗車のせいで何か故障をしたらと思うと怖い
  • 洗車ってどこをどう綺麗にしたらよいの?

という感じでバイクの洗車に関して不安だったり、怖いと思っている人が多いようです。

 

でも、バイクの洗車ってそこまで深く考える必要も無く、覚える事もそんなに多く無いので全然初心者でも知らない人でも挑戦できるメンテナンスなんですよね!

 

なのでしっかりとここで勉強して自分で洗車が出来る様になればOKです。

 

恐らく自分で洗車を行う人が不安に思っている事と言うのは以下の3点程度かと思います。

  1. どこに水をかけてはいけないのか分からない
  2. どのように水をかければ良いか分からない
  3. 何を使用すれば良いのか分からない

こんな不安が多いでしょう。1つずつ説明していくのでこのページを読み終わったらもう自分で洗車が出来ますね!

 

水が入ってはダメな所(防水措置をする所)

 

バイク屋さんなどでは大きなコンプレッサーがあるので、洗車後にエアブローして水気を飛ばす事が出来ます。

 

なので必要以上の防水措置はせずに最終的に水が溜まったままではダメな所にエアブローをしますが、一般家庭にコンプレッサーはまず無いでしょう。

 

なので愛車を自分で洗車する際にはしっかりと防水措置をする事が大切です。

エアブローとはエアコンプレッサー(空気圧縮機)で高圧縮させた空気をガン(銃)状のエアガンを使用してピンポイントでエア(空気)を吹き付ける作業の事を言います。

水が染み込まない鉄や樹脂に向かってエアブローをする事によって瞬時に乾かす事が出来ます。

 

エアブローが出来ない一般家庭では、しっかりと防水措置をする必要があり…

  • キーシリンダー(鍵を挿す所)
  • スイッチボックス(エンジン始動やウィンカー作動で触る箱の部分)
  • マフラー出口(これはわかりますね!)
  • エアクリーナーの吸気口(バイクが空気を取り込む部分)
  • シート裏(多少の収納スペースがあり、何かを入れている場合)

上記の項目がその防水措置をすべき所になります。

 

キーシリンダーやスイッチボックス、エアクリ吸気口、シート裏等はサランラップで防水してあげると家庭にあるので追加で何かを用意する必要が無くお手軽ですね!

 

ある程度自由が効くサランラップなら使い慣れているというのもあり、上手に防水し易いというメリットもあります。

 

マフラーの出口ですが、同じくサランラップでも良いのですが少しでも走行した後のバイクはマフラー温度でサランラップが溶けてしまうので身近なものでおすすめなのが軍手です!

 

手にかぶせるのと同じようにマフラーの口にかぶせてあげればOK。

 

バイクのマフラーには排水穴がマフラーの一番下に来る場所に設けられているので、滴る程度の水なら溜まってしまう前にそこから排水できるので、軍手で十分ですし水のかけ方を考えれば不要だったりもします。

エアクリーナーの給油口は外からは見えづらい部分にあったり、分からないという人もいるかと思います。でも心配不要です。

水のかけ方を気を付ければ防水措置をしなくても大丈夫ですよ!

 

水のかけ方

馬に水をかけている画像

水のかけ方は蛇口にホースをつないでもかけてもOKだし、バケツに水を溜めて必要な個所にかけていくという方法でもOK!

 

バケツに水を溜めて少しずつかけるというのであれば問題ないですが、ホースなどで水を勢いよくかける場合には注意が必要です。

 

バイクに対して「前方から後方へ向けて」「上から下へ向けて」というかけ方をしてください。

 

後方から前方へかけるのはマフラーの出口は後ろを向いていて、そこへ直接水をぶちまける事になってしまうから良くありませんね。

 

前方から狙えない部分は狙える「斜め前方から斜め後方へ向けて」といった方法が良いでしょう。

 

それでも狙えない、局所的に狙いたい場合は水の勢いを落としてピンポイントにかけるのが良いです。

水をかける方向を意識するのは勢いがある水をかける場合、ホース出口から真下に落ちるくらいの勢いの場合は気にしなくてもOKです。

 

基本的にボディー全体に水をかけるときは、ホースの口を絞って行う程度の流速なら大丈夫ですが、水圧がめちゃくちゃ強くなるような道具を使えるのは控えてください。

 

ラジエータなどの細くて薄い金属で構成されているものが歪んでしまったり、意図しない場所に水が入る危険があります。

セルフ洗車のコイン洗車場などの洗車機はとても強いのでパーツを傷める可能性が十分にあります、利用する場合はしっかりと注意をして行いましょう。

 

ここまでの説明で勢いのある水は危険、ちょとちょろ程度が無難…って思いましたよね?でもある程度流速や水圧はある方が良いのです!

 

理由としては、水によってボディーに付着しているゴミ、塵、砂、埃飛ばしながら洗い流してくれるからです。

 

スポンジで擦る際にそれらを巻き込んでいるとボディーに傷がつく恐れがあります。水をかける勢いはほどほどに、時間は長めにとってしっかりと行うのが良いですね!

 

洗車には何を使用したらよいのか?(用意する道具)

色々な道具の画像

用意する道具は車の洗車などと差ははありません。

  • 水源(ホースだったり、水タンクだったり、洗車場)
  • ふわっふわのスポンジ
  • ブラシ類
  • 洗剤類
  • 拭き上げの布
  • コート剤

これらを揃えておけばOK!特別なものは不要ですね。初心者が気を付けるべき事はまずは水を入れたくない所と水のかけ方を学ぶのが先です!

 

ただ、洗車道具選びもテキトーで良いわけでは無いので説明します。

 

水源

 

分かりますよね?洗車には基本的に水が必要なので水が出る場所に行くか、水を溜められるものが必要になります。

 

持ち家なら蛇口からホースをつないで…が簡単にできると思いますが、賃貸などの水源の確保が難しい状況の人は「洗車場に行くか、タンクを購入する」のがおすすめです。

 

タンクであればAmazonなどのオンラインショップで安く売られているものを用意するのが良いですね。あまりたくさん水が入るわけでは無いので水を確保しやすい公園付近に持っていき、洗車をすれば良いかと思います!

▲このようなものであれば、勢いは強く無いですが電源不要のポンプ式であり、まんべんなく車体に水をかける事が出来るし安い!お手軽に揃える事が出来ます。

 

ふわっふわのスポンジ

 

車体を擦るスポンジはめちゃくちゃふわっふわのものにしましょう!食器洗いなどに使用されているある程度ザラザラ面があるような物はNG。

 

前面がふわっふわのスポンジでバイクのタンクなどに傷が付かないものが良いですね!

▲簡単に言うとバイクに傷が付かないものであればOKと言う事ですね!

 

ブラシ類

 

ブラシ類は足回り「ホイール、タイヤ、フロントフォークのアウターチューブ」やエンジンを擦るのに使用します。

 

足回りは特に汚れが激しく、タンクなどの外装に使用するスポンジと同じものを使用するとスポンジで拾った異物がタンクを傷つけるなどあるので使い分けましょう!

 

更に、足回りなどではザラザラ系の材質を使用した箇所もあるのでふわふわスポンジがすぐにダメになります。足回りなどはブラシで綺麗にしましょうね!

  • ブラシのヘッド部分の横幅が大きすぎない
  • ブラシのヘッド部分が長すぎない
  • ブラシ(毛)以外の部分(持ち手や毛が生えているヘッド)が木製か樹脂製

上記のものを選びましょう。

 

ブラシのヘッドが大きすぎると、ホイールやバイクの隙間を綺麗にするのが大変になります。丁度良い大きさや長さの物にするのがおすすめ!

 

ブラシ以外の部分が木製か樹脂製と言うのはバイクを傷つけない為です。あまり見ませんが持ち手などが鉄製やかなり硬いものだと十中八九バイクを傷つける事になるでしょう。

洗剤類

 

洗剤類は車に使用するのと同じもので良いです。基本的に汚れの質は車の汚れと変わらないので同じものでもしっかりと綺麗になりますよ!

鉄粉除去剤と言うものがありますが、これはブレーキから出る鉄粉汚れを綺麗に落とす為の物です。

とても強い薬剤なので、足回り以外には使用しない様にするのと鉄粉除去剤を使用して擦った後はすぐに水で流す用にしましょう!変な跡が残る場合があります。

 

鉄粉除去剤を使用しなくても綺麗にする事は出来ます。強い薬剤は不安と言う人は買う必要はありませんね!

 

拭き上げの布

 

拭き上げの布も傷が付かないものを選びたいですね。

  • 目がかなり細かく絹のように他のものに優しい表面の物
  • 表面が柔らかいもの

イメージとしては上記なのですが、模範解答は「マイクロファイバークロス」です。

 

マイクロファイバークロスは拭き上げ時に細かい毛が付いてしまう事が残念な点ですが、車体の表面を傷つけない布の代表格なので、迷ったらマイクロファイバークロスを用意しておけば良いですね!

 

コート(コーティング)剤

 

コート剤は艶のあるタンクやフェンダーの艶を出す役割と守る役割を持っているので、使用するのがおすすめです!

 

車で使用されているもので良いですが、これらのコート剤を使用するのはタンクやフェンダーなどの塗装がされているパーツなどです。

 

エンジンなどに使用しても効果が感じられず、変なシミが付いてしまう可能性があるので全体への使用は控えましょうね。

代表的なのはポリマーコート剤であり、タンクなどについた目に見えない小さな傷に入り込みながらツヤを出し、本体を守ってくれますよ!

 

洗車の手順

洗車をした人の画像

洗車の手順に難しい事はありません。水を入れてはいけない所や水のかけ方さえ気を付けていれば基本的には見様見真似だったり、イメージで行っても大きな問題は起こらないでしょう。

  1. 水をたっぷりとかける(表面に付いているゴミを飛ばすイメージ)
  2. 泡洗車を行う
  3. 水をたっぷりとかける(ゴミ、汚れ、泡を落とす)
  4. 吹き上げる
  5. コーティング剤を塗る

なんて事は無い手順ですよね?手順に関しての不安を持っている人はそうそういないでしょう。

 

ただ、水源を確保する方法として紹介したタンクなどを使用して水をかける場合は水をかけれる量が多く無いのでまんべんなくかけている間にどこかが乾いてしまう可能性があります。

 

そんな場合は上から順に洗車をして行きましょう!

  1. ハンドル周り、タンクやシートを洗う
  2. エンジン周りを洗う
  3. 足回りを洗う

というように上から下へ汚れを順番に落としていくイメージでパーツ毎にやっていく方法もあります。

 

蛇口+ホースのコンビだと十分な量を十分な勢いでかけることが出来るので、一部が乾いてしまうなんて事が起こりにくいですが、持ち運びポンプなどを使用している場合は上記のような順番洗車が良いですね!

 

色々ある乾燥の仕方

天気の良い日の画像

洗車をし、吹き上げても水気は必ず残ります。なので乾燥をしっかりとする必要があるのですが、細かな部分などはコンプレッサーが無いと飛ばしきるのは非常に難しいです。

 

その為一番楽な方法が「自然乾燥」となります。ただ湿気のある曇りの日などに洗車をするとなかなか乾燥してくれません。

 

洗車をする時は良いお天気の時にしましょう!

 

軽く走行してあげるのも良い

 

洗車後に程よいスピードで走行してあげるのも良いでしょう。スピードを出しすぎると濡れたタイヤが砂や埃を蹴り上げて洗車したのにすぐに汚れる事になります…

 

なので、そこそこなスピード「出しても60km」の走行を大体10分~15分程度してあげると良いでしょう。

注意点として…マフラーなどの走行時熱が加わる部分の洗剤の洗い流しが雑だと、そのまま”洗剤シミ”が出来ます。

始動時や走行時に熱が加わるマフラーやエンジン部の拭き上げはしっかりと行っておきましょう。

 

洗車後すぐの保管はNG

 

バイクカバー、バイクガレージ、車庫など色々ありますが洗車が終わってすぐにバイクをしまってしまうのはNGです。

 

細部に水気がたくさん残っている状態で保管するなんて最悪です。錆びてしまう原因になります。ある程度時間をかけて乾燥してあげましょう!

 

洗車後のチェーンメンテナンスを忘れずに

f:id:steed40chop:20190331203800j:plain

洗車時にチェーンの清掃をしてあげる方も結構いるそうですね!とても良い事です。

 

ただ、チェーンの清掃はよっぽどひどくない時でない限りあまりする必要はないです。

 

私が言いたい洗車後のチェーンメンテナンスは、洗車によってたくさん水がかかっているはずのチェーンの注油状態は大丈夫か?の確認。

 

大丈夫じゃなければ注油してあげてくださいね?という事です!

 

水無し洗車もおすすめ!だけどズボラさんにはおすすめしない!

f:id:steed40chop:20190331204817j:plain

マンションや賃貸の方、水の手配が出来ない、周りでバシャバシャできないといった環境の方いると思います。

 

そういった方へ水無し洗車というのもおすすめです!

 

上の画像のフクピカなどでもバイクをキレイにすることはできますので「ウチでは洗車できないからやらない」では無く、水無しの方法でやってあげましょう。

 

ただ、水無し洗車ってめんどくさがりのズボラさんには向きません。

 

ズボラには向かない水無し洗車

 

水無し洗車は水を使う洗車に比べて、バイクに傷をつけてしまうリスクが高いです。理由は水による砂や埃を飛ばす作業をやらない為です。

 

なので、こまめに出来る人だけにおすすめします!こまめに行っている人であれば、砂や埃がそこまで付いてしまう前に綺麗にリセットしてしまうのでそこまでのリスクはありません。

 

逆にズボラでたまにしかやらない人はたくさんのゴミが付いた状態+汚れがこびり付いた状態での拭き上げとなりますので、傷がつくリスクしかないです…

 

水無し洗車の強力なお供紹介

 

水無し洗車だからフクピカだけでいいや!では無く、強力なお供と一緒に出来るだけ傷をつけずに出来るだけキレイに仕上げてあげましょう。

 

毛ばたき

f:id:steed40chop:20190331205627j:plain

フクピカなどで拭き上げる前にこの毛ばたきをサササーっとしてあげる事で、砂や埃を払い落としてくれるので、傷のリスクがぐーんと下がりますよ!

 

 

プレクサス

f:id:steed40chop:20190331205824j:plain
フクピカの代わりにプレクサスはいかが?コチラはスプレータイプで、ボデーにシューと吹きかけてマイクロファイバークロスなどで拭き上げればOK!

 

そこそこ値が張りますが、お値段相応の仕上がりにしてくれます。ちょっとの汚れならすぐに落ちますしね!

 

水有り洗車派の方でも1本持っておくだけでめっちゃ助かるので、どちらの方にもとてもおすすめ!

 

 

インペリアルハンドグレース

f:id:steed40chop:20190331210124j:plain

コチラを知っている人はあまりいないですが、これめちゃくちゃいいです!

 

布に付けて磨くだけのコーティングができます。完全に乾いた状態で拭き上げる事で極上の仕上がりが手に入りますよ!

 

水無し洗車の方も水有り洗車の方にもとてもおすすめ!

インペリアル…?なにそれ

使ってみ?楽だし、綺麗になるからきっと気に入るよ!

とおすすめしたくなる一品!

 

値は結構張りますが、量も結構入っているのでかなり長持ちしますw

 

 

終わりに(まとめ)

 

洗車はとっても大切なメンテナンスです。洗車をするという事は自分の愛車の色々な所を見る事になります!

 

「ここは汚れていないかなー?」と普段でも見る事のないところを覗いたりします。そんな色々と隅々まで見ていく行為もまた、メンテナンスなんです。

 

その時に愛車の異変に気付いてあげれたり、消耗品の消耗具合の確認も出来ます!

 

これはとても大切なことです。人間の病気と同じで早期発見が大きなトラブルを未然に防ぐことが出来るのですから。

 

出来るライダーは自分のバイクの状態を把握しているものですから!バイクライフを重ねると共に自分も成長していきましょうね!

 

という事で、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!