用品

バイクの盗難防止対策していますか!?使われる道具と対策を紹介、結局アラームが最強!

 

どもどもー!
皆様バイクライフ楽しめていますか!?
バイクに乗れるという事はたくさんの楽しさに繋がる事はもちろん、バイクに乗ると計画している段階もとてもワクワクして楽しいですよね( *´艸`)

ただ、それもバイクが自分の手元にあってこその事です!
今までバイクの管理・メンテナンスの記事を少々紹介してきましたね(^^)/
しかし、それらはバイクを元気に保つ為の事がほとんどです。
バイクがあってこその管理やメンテナンスなんですよ?

バイクが盗まれてしまったらこれも出来ません

皆さんはバイクの盗難に対する防止対策をしているでしょうか?
もししていなかったら1分1秒でも早く対策を行ってください!
「まだ盗まれて無いし…」「俺の地域はそんなの無いから大丈夫」なんて考えていませんか?
一体その自身ってどこからくるものなんでしょう?w

まだ盗まれていないだけです!
まだ目をつけられていないだけです!
まだ窃盗に着手されていないだけです!

「まだ」がポイントです。運が良いだけです!勘違いしない様に…
一度目をつけられたら気づいたときにはもう無くなっている事でしょう。
それだけバイク盗難のプロは手際が良いのです…

犯人を知って、対策をたてよう!

f:id:steed40chop:20190317235518j:plain
犯人はどこであなたのバイクの情報を仕入れているかわかりません。
皆が寝静まった夜中にアナタのバイクが「金になるか」どうかをチェックしているかも知れません。
あなたがバイクで走っている姿をみて目をつけているかもしれません。

犯人は様々な方法で『何処に』『金になるバイクがあるか』『どんな人が所持しているか』『どんな対策がしてあるか』『盗めるか』というのを綿密に調査しています。

ではどの様にして対策を講じていけば良いのでしょうか?

 

犯人は現物を確認する

犯人は盗むバイクを必ず見ます。
金になるバイクかどうかを確かめる必要があるからです。
犯罪をする上でお金にならない物に時間や労力を使ってはいられないからでしょう。リスクが大きい為リターンも大きく求めるのですね。

だったらまず自分のバイクを誰にも見られないように保管をすれば良いのです。それが盗難防止対策の第一歩と言えるでしょう!

 

カバーやシェルター、車庫で隠そう

f:id:steed40chop:20190318000832j:plainf:id:steed40chop:20190316025645j:plainf:id:steed40chop:20190316021519j:plain

バイクを保管する上で最低限の処置がバイクカバーです。
カバーで覆い隠す事によって、バイクに乗っていない時の人目を避ける事が出来ます。

最低限の保管方法であるバイクカバーだけだとしても、前輪後輪にチェーンロックを通す穴が存在し、バイクの真下でカバー同士をくっつけ閉じれるような構造になっております。カバー全てに備え付けてあるものを全て使用することにより簡単にはバイクを見る事が出来ないようになっています!

バイクシェルターや車庫を用意すれば、扉の場所などに鍵をする事ができますしバイクカバーの様にバイクに密着することが無いのでシルエットすら分からなくすることが可能です!

カバーやそれ以上の保管方法を行う事はライダーにとってバイクに対する最低限義務です。やっていない方はすぐにどれにするか検討しましょう(^^)/

《一緒に読みたい:バイクの保管方法》 

www.subablobike.jp

 

 

犯人が使用する道具を知ろう

何も対策していないバイク以外、犯人は何かしらの道具を使ってロックや盗難防止対策を破壊してバイクを盗みます。
その道具を知る事によって対策方法も見えてくるというものです。

犯人は基本的に挟んで使用する道具を使います。主に『ニッパー』『クリッパー』『油圧カッター』を使用してロック類を切断します。

 

ニッパー

f:id:steed40chop:20190318003043j:plain
ニッパーはどこの工具店でも置いてあり、文房具屋にも売っている様な色々な所に売っているお手軽に手に入れる出来るものです。

ニッパー程度であれば、針金くらいの細い金属~ちょっと太めの金属を頑張って切断出来る程度です。

その為、あまりこれを使用しての犯行はめったに無いでしょう…
これを使用するのは『グレたヤンキー』『不良少年』くらいでしょう。
若い犯人は他にもハサミで鍵穴を破壊したりします。

クリッパー

f:id:steed40chop:20190318003425j:plain
クリッパーは工具店やホームセンターに売っており、コチラも割とお手軽に購入できるものです。このクリッパーには様々な大きさが存在しており、大きくなるにつれ破壊力も上がります。

値段も20,000円程度で購入することが出来る為、ちょっと小慣れた犯人であればこれくらいは揃えてくるでしょう。

そこそこの太さのチェーンーロックまで切断する事ができるので油断しているとかなり痛い目を見るアイテムでしょう…

 

油圧カッター

f:id:steed40chop:20190318003935j:plain

油圧カッターは最悪です。最強最悪の敵と言っても過言ではありません。
画像のカッターでは能力が16トンとなっておりますが、これが電動の物とかになってくると50トンとか恐ろしいパワーを発揮するものがあります。

油圧カッターもホームセンターなどでの仕入れルートは比較的多いです。
強力な油圧カッターを用意するとなると何十万とかかりはしますが、バイクを盗むのを生業としているプロ集団であれば持っていて当然でしょう…


しっかりとしたチェーンロック対策をしても切られてしまう製品もあります。

 

油圧カッターにも対抗できるおすすめの製品

油圧カッターはとても強力なカッターです。20mmもの直径があるチェーンロックでも切断することが可能なアイテムです。

現時点販売されている製品最強のロックアイテムがコレだ!
『キタコ ウルトラロボットアームロック』

f:id:steed40chop:20190318004900j:plain

こいつが現時点最強のロックアイテムとなります。
これ以上の物は今はありません。
これは油圧カッターにも対抗できるとても優れた製品となっています!

 

 

ロックだけでは無く、嫌がらせをして追い返す

バイクを盗む犯人は、極力人目を避け目立つ事なくスピーディに作業を行いたいと考えます。
その為、奴らのゴールデンタイムは深夜(早朝)の3時~4時だったりします。わざわざそのような時間というのは目立たずスピーディな作業を行うのに最良の時間だからですね…

それを逆手にとって嫌がらせをしてやりましょう!
音が鳴る装置「イモビアラーム」というアイテムを使用してやれば、犯人が振動などを起こした際にうるさい音を出します。

うるさい音で目立ってしまう状態で犯人は作業を続ける事が困難になります。

イモビアラームはディスクロック型がおすすめ

ブレーキディスクに付けるタイプのイモビアラームであれば、ディスクロックをするのと、イモビアラームを付けるという一石二鳥の効果が見込めます!

f:id:steed40chop:20190318010312j:plain

おすすめ製品はこの画像の物です。
『ABUS(アブス)ディスクロックディテクト7000RS1』です!

おすすめポイントとしては…

  • 100デシベルの大音量(バイク車検の適応マフラー以上の音量)
  • LEDにより起動状態の認識が可能
  • アルカリ単4電池2本のお手軽電力(電池切れお知らせLED機能付き)
  • 360度傾斜感知センサーにより風などでの誤作動も無い

以上の機能がそなわっているかなり優秀なロックアラームとなっています。


ABUS(アブス) バイク用ディスクロック ピクセルレッド ディテクト7000RS1 (Detecto7000 RS1)

 

終わりに(まとめ)

バイクが盗まれるという事はライダーにとって悲劇です。
ローンで購入した人がバイクに盗まれたとなってはもう最悪です。

 

バイクは盗まれても、ローンは盗まれていない


これは最悪ですよね…
ローンで購入していない人でも高いお金を支払って購入したバイクを盗まれるとか最悪です。それを防ぐ為には少なからずお金をかける必要があります。
悪い人がいなくならない限り、これは仕方のない事なのです。

ライダーとして愛車を守る為には、自分は大丈夫という根拠のない自身を捨て去り臆病になって対策をしてあげることです。
気を付けましょうね(^^)/

 

 

++++このブログはシェアフリーです++++

 ↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です