▼お問い合わせページから質問や要望を受付中
▼服装や装備品、ガジェットなどのまとめページ!
用品

ドッペルギャンガー「RIDER’S INNER JACKET」見た目はアレだが、防寒はアリ!

ライダースインナージャケット紹介ページのタイトル画像

冬のバイク乗りの大変な所はやっぱり”寒さ”が一番ですよね…寒さからくる大変さはその温度はもちろんですが、そこからくる体力の減少の早さ。

 

それを防ぐためには「服装による防寒」が必要になりますよね?またそれが大変なんですよね~…

 

バイクの服装と言ってもやっぱりオシャレに着飾りたいというのはもちろんですし、だからと言ってオシャレばかりでは快適性や安全性も無視できません。って考えると結構冬のバイクファッション選びは結構難しいと言えるかもしれませんよね。

このページ/製品がおすすめな人

  • 機能性と暖かさの両方を持っている服が欲しい
  • 使い勝手の良いインナーが欲しい
  • 着ぶくれしにくい服装がしたい

こんな人におすすめのページであり、おすすめする製品だと言えます。

 

紹介する製品はドッペルギャンガーのライダースインナージャケットというものですが、はっきり言って見た目はイマイチ!ですが”インナー”なので基本的にはバイクに乗っている時に見られないですし、防寒に関してはしっかりと考えられています。

電熱ウェアはバイク用じゃなくても十分というタイトル画像
バイク用電熱ウェアはAmazonや楽天でもOK!選択ポイントを覚えておこう (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 冬に...
おすすめ電熱ウェアのタイトル画像
冬のバイクには電熱ウェアをプラスワン、おすすめ3選!使い勝手重視 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 冬に...
KADOYAのロゴ画像
KADOYAは革ジャンだけじゃないんだぜ?冬バイクにもおすすめ7選! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この...
RSタイチの画像
冬のRSタイチジャケットはALLシーズン品と電熱装備でオシャレに防寒! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この...
コミネのウィンタージャケットタイトル画像
コミネのウィンタージャケットおすすめ5選!秋冬使えるコスパモデルも! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この...

ドッペルギャンガー「RIDER’S INNER JACKET」見た目はアレだが、防寒はアリ!

ライダースインナージャケットの画像

ドッペルギャンガーから冬用のインナーが登場しています。それがライダースインナージャケットであり、使われている素材はサーフィンやダイビングで使用されているウェットスーツと同じクロロプレン(合成ゴム)です。

 

これの何が良いか?というと…クロロプレンゴム製の生地は内部に気泡を含み保温性に優れています。気泡というのはいわゆる空気が入っている空間であり、この空気の空間が保温性を各段に上げる為の作用として大きいのです!

 

例を挙げるとダウンジャケットが同じような作用で暖かさを生み出しているのですが、ダウンジャケットはフワフワの羽毛の中に空気が入り、その空気層が断熱材として作用しているという事なんですよ?

 

つまり、同じように空気層という断熱材を持つクロロプレンが保温として優秀なのはダウンジャケット/ベストを着たことがあるなら分かるでしょう

 

正直言って見た目はアレです

ライダースインナージャケットの画像

正直言ってこのライダースインナージャケットはかっこよくはありません、その素材上見た目はスッキリしてはいますが、スタイリッシュと言えるわけでもデザイン性が高いと言えるわけでもありません。

 

見た目はアレですが、インナージャケットと言う事でそこまで気にする事はないかと思いますが、やっぱりそうじゃない点もあります。

こんな時にダサいのはやっぱりマイナス

  • 目的地について身軽になる為にアウタージャケットを脱ぐ場合
  • 食事などでアウタージャケットを脱ぐ場合
  • アウトドアなどで頻繁に動き、暑くてアウタージャケットを脱ぐ場合

まぁ簡単に言えばアウタージャケット(上着)を脱ぐ場合には見た目的にかっこよくないとあまり見せたくはなりませんよね…

ライダースインナージャケットの画像
▲ライダーが着用した感じは画像の通りであり、やっぱりかっこいいとは思えませんよね。これを前面に出してライディングするのは…です。

 

見た目はアレだが、使いやすさは十分

 

冬用の服なので暖かさは最初に説明したとおり優秀な素材を使用されていて、十分だと言えますね!

 

更にそれに加えて…

  • 伸縮性の高さ
  • 1枚で断熱効果が高く薄いので重ね着しやすい
  • 首元、手元まで暖かさへの工夫がある
  • 防寒着の弱点であるファスナー部からの冷気への対策

という工夫があり、このインナージャケットが暖かさのみでは無い事が言えます。

 

クロロプレン素材を使用し、見た目を犠牲にして得る事が出来た伸縮性はツーリングやライディングという運動をするには結構嬉しいですし、この素材のおかげで断熱性・保温性に長けています。

 

首元にカラー(立ち襟)があり、防寒を工夫されている冬用ジャケットは多くありますが、手元まで工夫されているものはそんなに多くありませんが、ライダースインナージャケットは手元まで保温に対して工夫されています。

ライダースインナージャケットの画像
▲防寒カラーは60mmとそこそこ高いですが、防寒の足しになる上に邪魔になる程でもありません。

ライダースインナージャケットの画像
▲手元は親指を通す穴を設けられており、これを利用することによって手のひらや手の甲を冷気から守ってくれます。

手は暖かいが、デメリットもある

  • 手のひらに厚みが出るのでグリップを握る感覚が違ってくる
  • 縫い目などの当たりが悪いと手が痛くなったり、疲れやすくなったりする
  • 親指の可動域(動かす範囲)が狭くなる可能性がある

人間が一番体を動かしやすい状況ってやっぱり全裸なんですよね…つまり、着るものが増えれば増えるほど制限がかかってくるんですよね。

 

手の周りも同じ事が言えて、布1枚増えるだけで上記のようなデメリットが生まれます。

んまぁ、でも冬は滑りやすくてあんまりキツ目のライディングとかしないからそんなにデメリットって感じないかもね?

まぁ、そうかも?でも違和感はストレスにもつながるからフィーリングも確かに大切ではあるよ!

 

そして防寒の穴となりやすいファスナー(チャック)部にも抜かりはなく、チャックの裏には同じクロロプレン素材で、冷気を防ぐようにされています。

ライダースインナージャケットの画像
▲ファスナー裏には広く使用されたクロロプレン素材が目立ちます。

防水仕様のジャケットなら防水ファスナーを使って、風も通りにくいよね!

その逆で、非防水のファスナーは風が通るから冬はここから冷えていくんだよねぇ…

断熱性や保温性に優れているライダースインナージャケットですが、非防水なジャケットです。ファスナーももちろん非防水なので冷気が入る穴となってしまうんですよね。

 

でもファスナー裏にしっかりと対策がうってあるのでファスナー部からの冷気もシャットアウトしっかりと弱点をおさえています!

 

ライダースインナージャケットの製品詳細

 

サイズ展開M,L,XL
製品総重量610g
カラーリングブラックのみ
材質表地:ポリエステル
裏地:ポリエステル
中材:クロロプレンゴム
パイピング:ポリウレタン

 

ライダースインナージャケットのまとめ

 

ライダースインナージャケットはオシャレ要素としては、はっきり言ってナシです!

 

ですが、インナージャケットと言う事なのでバイクに乗っている時は他人にお見せする事は基本的にありません。ツーリング中では披露する場面があるのでその辺は考慮しなければなりませんね…

 

その逆に冬の服装には大切と言える「防寒性能」はもちろんありますし、伸縮性が高いので動きに合わせてくれるという良い部分も大きいです!

インナーだから見た目は二の次で良いかな!

寒いのは苦手だから…やっぱりしっかり防寒してくれる服が良い!

という人におすすめのインナージャケットと言えるでしょう。

 

逆に、ちょっとでも見せる場面がある部分でこの見た目はヤダなぁ…と思う人には合わないでしょうね。

 

これで見た目もオシャレだったらいう事無しかと思いますが、冬用インナーとしては優秀です

 

という事で、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓いつも面倒なポチっとにお付き合いありがとうございます。励みにしております!

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!