▼このブログの説明書だよ!
バイク選び

250ccカスタムルックスなアメリカンバイク「THUNDER250」大注目モデル

サンダー250の画像

このページでは”THUNDER250(サンダー250)”という海外メーカーのアメリカンバイクを紹介していきます。

 

最近日本メーカーではアメリカン(クルーザー)モデルラインナップがかなり減っており、寂しいと感じているライダーも多いでしょう。

 

しかし、日本ではあまり知名度の無い海外メーカーではカスタムルックス(カスタムされた様な見た目)のアメリカンクルーザーが出ているのでアメリカン好きなら海外メーカーに着目するのも良いですね!

 

この記事がおすすめな人

  • カスタムされたバイクはかっこいいと思う
  • 自分も乗るならカスタムバイクの様なバイクに乗りたい
  • アメリカンクルーザー探してるよ!
  • レアなバイクって好きなんだよね

こんな人におすすめ。

 

このページで紹介するのはサンダーモーターサイクルというメーカーの「サンダー250」で、日本でも買う事が可能なバイクです。

 

しかし、サンダーモーターサイクルを知っている人が少ない上に、カスタムルックスです。更にはパーツもなかなかレアな構成をしているので注目度は抜群で、まさにレアバイクと言えるモデルでしょう!

 

そして排気量帯が250ccというのもほとんどのライダーが乗れるという点も素敵です。

250ccカスタムルックスなアメリカンバイク「THUNDER250」大注目モデル

サンダー250の画像2

サンダー250はカスタムをするのが大人気なアメリカンクルーザータイプのバイクであり、既にカスタムされている様な見た目のとてもイケているバイクです!

 

アメリカンクルーザーカスタムには色々なスタイルがありますが、その中でも「チョッパーカスタム」が好きという人にピッタリのモデルとなっていますよ!

 

それ以外でも「ボバースタイル」などの、スタイリッシュで空間の空いているカスタムスタイルを好むライダーにはかなり魅力的だと思います。

 

国内メーカーのアメリカンバイクは

  • 乗りやすさ
  • 機能性
  • 見た目のまとまり
  • 燃費

などなど魅力的な点はかなり多いですが、どんどんとラインナップが減っていて、良くも悪くも”無難”という言葉が似合う。

 

個性を出す為にはカスタムを行う必要があり、素人が自分で行うのは一定レベル以上は大変であり、お店に頼むとお金がかかる…

 

個性あって相棒としての愛着も持てる、それでいて注目度抜群なレアなアメリカンクルーザーが欲しいというのであれば「サンダー250」は最高だと思います!

 

各所に魅力的なカスタム仕様

 

カスタムルックスという事でかなり手の込んだ作りがされているサンダー250なので、細かい部分にまでカスタムの息遣いを感じる事が出来ます。

サンダー250の画像3

アメリカンクルーザーの”顔”と言われる燃料タンクはチョッパーカスタム定番のピーナッツタンクを採用しており、燃料容量は犠牲になりますがその分カスタムとしての見た目はかなり上がっています。

 

サンダー250の画像4

リアフェンダーはフラットフェンダーを採用し、それを支える為のシーシーバー、テールランプとナンバーステーは最小限。

 

ラジアル方向(縦方向)へ入ったギザギザローテーションのスポークタイヤが良く見えるようになっています。アメリカンクルーザー特有の太いタイヤをしっかりと目立たせているスタイルはかなりかっこいい!

 

サンダー250の画像5

スイッチボックスやグリップもチョッパーカスタムの定番の簡素なものとなっいます。

 

スイッチボックスから配線が伸びていない所を見ると、恐らくハンドル内部へ通しているのでしょう!自分でハンドル内への配線をするのは大変なので最初から行われているのはとても助かりますね。

 

ハンドル周りをスッキリとするのがこれまたチョッパーカスタムの定番なのですが、サンダー250にちょっと今風をプラスし、バーエンドミラーにするのも良さそうです。

 

サンダー250の画像

フロントフォークは「スプリンガーフォーク」が採用されており、現状では基本的に目にする事の出来ないレアパーツとなっています。

 

コアなアメリカンカスタムショップなどでは見る事が出来ますが、大手中古バイクショップやメーカー代理店ではまず見る事が出来ないと言えばレア度がわかりますよね?

 

サンダー250の画像6

サンダー250はアメリカンクルーザーの中でもホイールベースが長くなっており、リア部へと伸びる2本のマフラーサイレンサーがかなり似合っていますね!

 

シート部はフラットにシンプルなスプリング構造という事でスタイリング全体を見てもかなりまとまったカスタムルックスとなっています。

 

ロングライド(長距離)をゆったりかっこよく

 

既に分かっている通り、アメリカンクルーザーという事で「ワインディングよりもロングライド(長距離ツーリング)」に向いているモデルとなっています。

 

ゆっくりマイペースに長距離を走る事に向いていますが、積載能力なども犠牲にしているので魅せて走るというバイクになります。

 

なので日帰りの長距離ツーリングか、バックパックを背負っての1泊ツーリングくらいが丁度良い感じになりそうですね!

長くゆったりと乗れる上に、マフラー音も250ccクラスにも関わらず渋い音を奏でてくれます。

 

見た目も十分にかっこよく、それでいてバイク全体でみても定番なマフラーカスタムまでする必要の無いモデルとなっています。

 

サンダー250のまとめ

 

サンダー250は全てにおいてかなり魅力的なバイクに仕上がっています。

サンダー250の魅力まとめ

  • 250ccクラスという誰でも乗れる排気量
  • 各所に備えたカスタムルックス
  • レアなスタイリング
  • マフラーが良い音
  • コンセプトのしっかりしたまとまったルックス

味も出ていて、スタイリングもまとまっている魅力的なアメリカンへと仕上がっています。知らない誰かに見てもらいたいがために街を流してみたりしたくなるようなバイクなのがサンダー250なのです!

 

ライダーの中でアメリカンを購入し、サンダー250の様なカスタムをしてきた人は今まででたくさんいるでしょう。

 

今は「購入時でカスタムルック」というバイクがたくさんあります!特に日本ではマイナーな海外メーカーはとても気合が入っており、そんなバイクを求めている人は少しでも海外メーカーに詳しくなっておくと求めているスタイルのバイクが購入できるかも。

知らないバイクを知る事はあなたのバイクライフを豊かにしたりもしますよ?

 

という事で、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!