超安心!ANGRY LANEのバイク用ヘルメットロック「ヘルメットセーフバッグ」

ANGRY LANEヘルメットセーフバッグ紹介ページタイトル画像

PVアクセスランキング にほんブログ村

バイクで目的地に到着した時や、休憩の時にヘルメットを脱いで店内に持っていくというライダーはそう多くは無いでしょう。ヘルメットロックの装備されていないバイクに乗っている大体のライダーはバイクの「グリップ/ミラー」などにヘルメットを引っかけてお店に入るはずだ!

 

ヘルメットの盗難と言うのは主にこんな感じでヘルメットを無防備にしている時が起こりやすいです。そんな事は多くのライダー達が知っている事実なのですが、それでもグリップやミラーにヘルメットを置いておいてします…それだけお店に持って行くのは面倒なのです。

僕のバイクにはヘルメットロックが付いてないんだよう…

高いヘルメットを持ってて心配なんだけど店内に持って行くのは荷物になるんだよね…

というライダーさんは少なくは無いでしょう。

  • バイクを離れたらヘルメットの心配が頭から離れない時がある
  • ヘルメットロックがバイクに無いけど、店内にヘルメットを持っていきたくない

こんな感じの不安や面倒だと思う点が多ければ多い人ほどこのページで紹介するヘルメットロックがおすすめだ

[toc]

https://www.subablobike.jp/doppelganger_-cable-tie-dial-lock

https://www.subablobike.jp/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%af%e7%94%a8%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%a7%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%82%e9%98%b2%e7%8a%af%ef%bc%81

目次

超安心!ANGRY LANEのバイク用ヘルメットロック「ヘルメットセーフバッグ」

 

ANGRY LANEの「ヘルメットセーフバッグ」というバッグ型のヘルメットロックは色々な面から見てもかなり優秀で使い勝手の良いヘルメットロックになっています。

  • グリップやミラーに置いていくような感じの手軽さ
  • バッグ型でヘルメットとバイクを守る構造
  • 盗まれない2重の構造
  • ヘルメットをバイクに置いていかない場合でも運びやすい
  • 使わない時でも運びやすい収納バッグ

という事が言えるので盗難が心配な人は是非見て欲しい!

 

ヘルメットセーフバッグの見た目

ANGRY LANEセーフバッグの画像

ヘルメットセーフバッグはこのような袋状のものとなっており、すっぽりとヘルメットを収納する事が出来ます。袋の丈夫には輪っかが付いており、これをハンドルに掛けたりミラーに掛けたりする事でヘルメットをバイクに置いておく事が出来るというわけですね!

バイクに置いておかないのであれば輪っかを使って持っていく事が出来るね!

ANGRY LANEセーフバッグの画像

ヘルメットセーフバッグを入れる為の収納バッグは円柱状になっており、バイク用ツールバッグくらいのサイズ感となっているので比較的小さくして持ち運べるという事ですね!

 

もう少し分かりやすくサイズを例えると…500mlペットボトルと同じくらいの高さとなっており、径はそれよりも太いですが片手で持てる程度なので持ち運びは男性はもちろん、女性でも楽々です。

 

ヘルメットセーフバッグの収納感

ANGRY LANEセーフバッグの画像

ヘルメットを収納した感じは左の画像の通りであり、袋がぶら下がった感じになっており中に何が入っているのか?というのは見えないようになっています。

中に何が入っているか見えないというのは盗難防止としては有力であり、盗人は状態が綺麗なものや高価なものを狙って盗難をします。

リスクを負った結果使えない、お金にもならないものを掴んでしまっては意味がないと感じるからでしょう!それだけ中身が見えないというのは効果的になります。

そして右の画像を見てもらうと…ヘルメットセーフバッグを入れてどのように運べるのかというのが分かりますね!バイクのどこかに括りつけて運ぶ事が出来ます。画像ではサイドバッグのように装備しています。

 

ヘルメットセーフバッグのセキュリティ

 

ヘルメットセーフバッグの一番の売りはセキュリティの高さと言えます。バイクに装備されているヘルメットロックはもちろん高いセキュリティを持っていますが、このバッグはそれに匹敵すると言っても過言では無いでしょう

ANGRY LANEセーフバッグの画像
▲ヘルメットセーフバッグの袋部には内部にワイヤーが張り巡らされているので袋が破られた所でヘルメットが取り出せるほどの隙間はありません!中が見えなくなっている上に見えた所で簡単に取り出す事は出来ないのです。

ANGRY LANEセーフバッグの画像
▲ちなみに袋内部のセキュリティワイヤーは表地と裏地の間に搭載されているので、袋に入れたヘルメットが傷つく事も無ければ、何かにワイヤーが引っかかってしまう事も無いのでセキュリティも高ければ使い勝手も良い!

 

そして下の方にくるくるっと伸びているものが見えるかと思いますが、これはこの袋が取り外されないようにする為のセキュリティワイヤーとなっています。

ANGRY LANEセーフバッグの画像

ヘルメットセーフバッグの上部の輪っかをハンドルなどに引っ掛けて、このセキュリティワイヤーをフレームなどの取り外せない頑丈な部分に付ける事でバッグをバイクの傍から離せないように出来るというわけだ

 

ヘルメットセーフバッグの仕様

  • 特許取得済の盗難防止Pacsafe Technology
  • YKK耐水性ジッパーと安全なジッパー付きキャリングポーチ
  • 100%PUテープで留められた内側の縫い目
  • ハンドルバー取付ループ
  • 耐水性100%ナイロンアウターシェル
  • 日本製シースステンレススチールケーブル

盗難防止装置の特許を取得しているとなると安心感も上がりますよね!その他には耐水性だったり、使いやすい収納ポーチ(キャリングポーチ)などなどヘルメットを収納し、保管するには十分となっています。

 

ヘルメットセーフバッグの他に付属品には、収納ポーチと3桁ナンバー南京錠が付いてくるので届いてからすぐに使用出来る製品となっていますよ

 

ヘルメットの防犯用品と考えるとそれにしか目が行きませんが、これは袋状になっている

>>ヘルメットセーフバッグの製品ページ<<

 

まとめ:お気に入りのヘルメットを守るなら「ヘルメットセーフバッグ」

 

バイクにヘルメットロックが付いているライダーは問題ないと思いがちですが、ヘルメットセーフバッグにはバイクに装備されているヘルメットロックに無いものを持っています。

このバッグは袋状だから雨が降っても平気だね!

袋状で中身が見えないからどんなヘルメットをかぶっているかわからないね!

この2つがヘルメットロックには無いものだと言えますね。

 

これらを備えており、尚且つセキュリティ面も万全となれば大切なヘルメットを預けておくのには申し分ないというわけなのだ!お高いヘルメットを持っていたり、ずっと使いたいと思えるヘルメットを持っているのであれば是非検討したい盗難防止対策用品ですね。

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓いつも面倒なポチっとにお付き合いありがとうございます。励みにしております!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

【お問い合わせ】←ではこんな記事を書いて欲しい!などの意見も受け付けています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次