▼このブログの説明書だよ!
ネオクラシックバイク

125や250に乗るならネオクラシックなバイク、マットモーターサイクルズもおすすめ!

”マットモーターサイクルズ”をご存じでしょうか?

 

 

マットモーターサイクルズはイギリスでハイエンドビンテージカスタムを手掛けてきたMUTT(マット)が作り出したカスタムバイクを出しているメーカーです。

 

 

日本ではコアなライダーに良く知られているメーカーであり、国内4大メーカーや「ハーレー・BMW」などの有名な外国メーカー程知名度は無いですが、その実力は確かなものです。

 

 

そしてマットモーターサイクルズは今流行りの”ネオクラシック”なスタイルのバイクを出しているので、流行りに乗りたいという人にもピッタリなメーカーとなっています。

 

 

マットモーターサイクルズのラインナップは125ccと250ccになっているので、以下のような人たちにおすすめです。

 

125ccや250ccでかっこいいバイクを探してるんだけど、なんかいいバイクは無いかなぁ…

 

という様に小排気量帯でかっこいいバイクを探していたり、流行りのネオクラシックバイクを探している人。

 

車検が必要な排気量はちょっと維持費が大変だから、400ccや大型に乗るつもりはない!

 

割り切って車検が必要な排気量は眼中には無いぜ!という様な人におすすめのメーカーですよ!

 

 

と言う事で今ページでは、超クールでクラシックな印象とLED電装系などの現代的装備を持つ”ネオクラシックな小排気量帯”を販売しているマットモーターサイクルズを紹介していきます!

 

 

それではマットモーターサイクルズが販売している車両を紹介へれっつごー!

クリック出来る目次

125や250に乗るならネオクラシックなバイク、マットモーターサイクルズもおすすめ!

マットモーターサイクルズはカスタム車両を販売していますが、その全てが新車となっています。

 

 

基本的にカスタム車両を作る場合はカスタムしたいベース車両を購入し…

  • 自分でカスタムパーツを購入し、カスタムしていく
  • ベース車両を預け、カスタムショップなどにカスタムしてもらう

の2パターンが定番です。

 

 

しかし、マットモーターサイクルズは既にフルカスタムをしてある新車を販売しているので購入時点で既にカスタム済であり、とてもかっこよく仕上がっています。

 

 

その為、バイクを購入する前から「バイクをカスタムしたい」と思っている人にもおすすめですし、「人と被らない・違ったバイクに乗りたい」と思っている人にもおすすめです!

 

 

マットモーターサイクルズ125ccラインナップ


引用元:マットモーターサイクルズ

マットモーターサイクルズの125ccバイクでは7車種がラインナップされています。

 

  1. MONGREL125
  2. HILTS 125 GRAY
  3. HILTS 125 GREEN
  4. FAT SABBATH 125
  5. RS-13 125
  6. SUPER 4 BLUE 125
  7. SUPER 4 GOLD 125

 

1台ずつ詳しく見ていきましょう!

 

 

MONGREL125


引用元:マットモーターサイクルズ

MONGREL125は「誰にも邪魔されずにただどこかに行きたい」という時にピッタリのバイクと謳われています。

 

 

【搭載パーツ情報】
  • タンク(マットブラック/サテンシルバー/グロスグレー)
  • マットブラックサイドパネル
  • 特注ロープロファイルブラウンシート
  • サテンブラックアルミ製マッドガード(フロント・リア)
  • 18インチホイールブラックリム&スポーク
  • クラシックスタイルタイヤ4.10×18(フロント・リア)
  • フラットサテンブラックバーハンドル
  • カスタムメイドステンレスエキゾースト・サテンブラック
  • ダイヤモンド柄ブラウングリップ+ウェイトテッドバーエンド
  • LEDカスタムテールライト
  • ブラックカスタムショック
  • コンビブレーキシステム
  • ハロゲンヘッドライト

上記がMONGREL125の搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

【MONGREL125 見た目】

 


引用元:マットモーターサイクルズ

ブラウンカラーのシートやグリップはクラシック感を上げるとともに上品で落ち着いたクールな印象もあります。

 

 

低めのハンドルや全体的にまとまった感じは大人の色気すら感じますね!

 

 

【MONGREL125のスペック】

 

シート高780mm
車両重量105kg
最高出力12PS
最大トルク10N・m
タンク容量12L

 

 

HILTS 125 GRAY


引用元:マットモーターサイクルズ

HILTS 125 GRAYは「有刺鉄線を優雅に飛び越えてみますか?ちょっとそれは無茶かもしれませんが、このバイクはあのマックイーン的なクールさに溢れています」と謳われています。

 

 

【搭載パーツ情報】
  • マットグレーカスタムペイント
  • 特注ロープロファイルブラウンシート
  • アルミ製マッドガード(フロント・リア)
  • ヘッドライトグリル
  • ブロックパターンタイヤ
  • 18インチホイールブラックリム&スポーク
  • フラットサテンブラックバーハンドル
  • カスタムメイドステンレスエキゾースト・サテンブラック
  • ダイヤモンド柄ブラウングリップ+ウェイテッドバーエンド
  • LEDカスタムテールライト
  • ブラックカスタムショック
  • コンビブレーキシステム
  • ハロゲンヘッドライト

上記がHILTS 125 GRAYの搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

【HILTS 125 GRAY 見た目】


引用元:マットモーターサイクルズ

乗りやすい位置のバーハンドルと、ブロックタイヤでちょっとしたオフロードも乗りこなす事が出来る遊べるネオクラシックバイクとなっています。

 

 

全体的なグレーカラーとブラウンシートは相性抜群の色合いで、いつでもどこでもクールにきめる事が出来ますね!

 

 

【HILTS 125 GRAYのスペック】

 

シート高780mm
車両重量105kg
最高出力12PS
最大トルク10N・m
タンク容量12L

 

 

HILT 125 GREEN


引用元:マットモーターサイクルズ

HILT 125 GREENはGRAYバージョンの色違いのモデルになります。

 

 

「バーミンガムのギャング兄弟トーマス・シェルビーの様に、スマートでとてもクール。奥底に闘志を秘めた一台」と謳われています。

 

 

【搭載パーツ情報】
  • マットグリーンカスタムペイント
  • 特注ロープロファイルブラウンシート
  • アルミ製マッドガード(フロント・リア)
  • ヘッドライトグリル
  • ブロックパターンタイヤ
  • 18インチホイールブラックリム&スポーク
  • フラットサテンブラックバーハンドル
  • カスタムメイドステンレスエキゾースト・サテンブラック
  • ダイヤモンド柄ブラウングリップ+ウェイテッドバーエンド
  • LEDカスタムテールライト
  • ブラックカスタムショック
  • コンビブレーキシステム
  • ハロゲンヘッドライト

上記がHILTS 125 GREENの搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

基本的にGRAYバージョンとの違いはカラーリングだと考えてOK!どちらにするかはあなたの好み次第!

 

 

【HILTS 125 GREEN 見た目】


引用元:マットモーターサイクルズ

GRAYバージョンとは打って変わってクールさよりも”アウトドア感””ミリタリー感”更には戦争をしていた頃に乗られていた様なバイクのクラシックな雰囲気を楽しめる一台となっています。

 

 

自衛隊やサバゲーなどのミリタリー系が好きな人にマッチするカラーリングかと思いますよ!

 

 

【HILTS 125 GRAYのスペック】

 

シート高780mm
車両重量105kg
最高出力12PS
最大トルク10N・m
タンク容量12L

 

 

FAT SABBATH 125


引用元:マットモーターサイクルズ

「まさにFATな一台。すーぱワイドタイヤマシンをお探しなら、まさにおすすめの一台と言えるでしょう。」と謳われているモデル。

 

 

【搭載パーツ情報】
  • カスタムマットブラックペイント
  • 特注ブラックシート
  • サテンブラックアルミ製マッドガード(フロント・リア)
  • ヘッドライトグリル
  • TKC80ツインデューロタイヤ
  • 18インチホイールブラックリム&スポーク
  • フラットサテンブラックバーハンドル
  • カスタムメイドステンレスエキゾースト・サテンブラック
  • ダイヤモンド柄ブラックグリップ
  • LEDカスタムテールライト
  • ブラックアウトカスタムショック
  • コンビブレーキシステム
  • ハロゲンヘッドライト

上記がFAT SABBATH 125の搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

【FAT SABBATH 125 見た目】


引用元:マットモーターサイクルズ

太いタイヤとブラックで統一されたクールな”ストリート系ネオクラシック”がこのモデルです。

 

 

全体的にクールな印象が強いこのバイクで、ふらっと街中に繰り出す。
たったそれだけで絵になるようなモデルであり、このバイクにまたがるだけで誰もがクールなシティボーイ!

 

 

【FAT SABBATH 125のスペック】

 

シート高780mm
車両重量105kg
最高出力12PS
最大トルク10N・m
タンク容量12L

 

 

RS-13 125


引用元:マットモーターサイクルズ

「小さな怪物の様なカスタムバイクであり、軽量で無駄が無く、誰よりもクールです。」と謳われているモデルです。

 

 

【搭載パーツ情報】
  • ロースチールタンク(ブラックディティール、保護ラッカー)
  • 特注ロープロファイルダイヤモンド柄ブラックシート
  • サテンブラックアルミ製マッドガード(フロント・リア)
  • ディープトレッドオフロードタイヤ
  • 18インチホイールブラックリム&スポーク
  • フラットサテンブラックバーハンドル
  • カスタムメイドステンレスエキゾースト・サテンブラック
  • ダイヤモンド柄ブラックグリップ
  • LEDカスタムテールライト
  • ブラックカスタムショック
  • コンビブレーキシステム
  • ハロゲンヘッドライト

上記がRS-13 125の搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

【RS-13 125 見た目】


引用元:マットモーターサイクルズ

シルバータンクにちょっとしたデザインをブラックカラーで入れる事により、ぼやけた印象から締まった印象へとしっかりと落とし込んでいます。

 

 

大きめのブロックオフロードタイヤはある程度の悪路もなんのその。
街でクールにライディングをしていたかと思いきや、悪路でアグレッシブに乗りこなす姿を魅せる事も出来る一台。

 

 

【RS-13 125のスペック】

 

シート高780mm
車両重量105kg
最高出力12PS
最大トルク10N・m
タンク容量12L

 

 

SUPER 4 BLUE 125/GOLD125


引用元:マットモーターサイクルズ

「マットモーターサイクルズの中でもちょっと変わったテイストを持つSUPER4シリーズ。目を引く美しいペイントとは裏腹なワイルドさを秘めたマシンです。」と謳われているモデル。

 

 

色違いで2色展開されておりどちらも綺麗なタンクが目を見張ります!

 

 

【搭載パーツ情報】
  • カスタムメタリックペイント
  • 特注ブラックシート
  • ポリッシュアルミ製マッドガード
  • ヘッドライトグリル
  • TKC80ツインデューロタイヤ
  • 18インチホイールクロームリム&スポーク
  • クロームトラッカーハンドルバー
  • カスタムメイドステンレスエキゾースト・ポリッシュスチール
  • ダイヤモンド柄ブラックグリップ
  • LEDカスタムテールライト
  • クロームカスタムショック
  • コンビブレーキシステム
  • ハロゲンヘッドライト

上記がSUPER4シリーズの搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

【SUPER4シリーズ 見た目】


引用元:マットモーターサイクルズ

SUPER4シリーズはどちらもマットモーターサイクルズでは異彩のモデルとなっています。

 

 

マットモーターサイクルズの代名詞である”マットカラー&ブラックテイスト”を取り除いた色彩溢れるビンテージモデルとなっています。

 

 

何かに例えるとすればカワサキのWの様な色を上手に使用したクラシック溢れるストリートバイクの様なそんな感じ!

 

 

ただ、こちらのSUPER4は一見街に似合う「ストリート系」かと思いきや、ブロックタイヤを履かせていたりと「トラッカー調」になっています。

 

 

”見てうっとり”はもちろんの事、オン・オフ合わせて”乗って楽しい”も備えているネオクラシックバイクとなっています。

 

 

【RS-13 125のスペック】

 

シート高780mm
車両重量105kg
最高出力12PS
最大トルク10N・m
タンク容量12L

 

一応SUPER4シリーズはカラーバリエーションとして見る事が出来ますが両方ともにしっかりと車名が付いており別モデルと考えた方がいいですね!

 

 

それぞれに”SUPER 4 BLUE 125””SUPER 4 GOLD 125”となっていますよ!

 

 

マットモーターサイクルズの125ccまとめ

 

ここまででマットモーターサイクルズの125ccラインナップを紹介してきました!

 

 

気づいているかもしれませんが、基本的にどの125ccも基本スペックは同じです。

 

 

「搭載パーツ」や「カラーリング」「スタイリング」で差が付いています!よく気にしがちなエンジンパワーやシート高は全て同じになっているので見た目やスタイリングで決めると良いでしょう。

 

 

125ccの気になるお値段

 

基本スペックは同じでも搭載パーツやカラーリングが違えばもちろんお値段も違ってきます。

 

 

125cc紹介の終わりにそれぞれの価格をマットモーターサイクルズ公式サイトを参考に載せておきますね!

 

MONGREL125495,000円
HILTS125(GRAY&GREEN)533,500円
FAT SABBATH 125539,000円
RS-13 125539,000円
SUPER4(BLUE&GOLD)550,000円

※全て10%消費税込みとなっています。
※各モデルにおいて予告なく仕様変更する場合があります。

 

 

次の項目からはは250ccクラスを紹介していくよ。
250ccも車検が無くて、軽量だから初心者にもおすすめって言われているね!

 

 

マットモーターサイクルズ250ccラインナップ


引用元:マットモーターサイクルズ

マットモーターサイクルズでは250ccクラスが6モデルラインナップされています。

 

  1. MASTIFF250
  2. MONGREL250
  3. SABBATH250
  4. RS-13 250 BLACK&SILVER
  5. HILTS 250 GREEN&GRAY
  6. SUPER4 250 BLUE&GOLD

 

色違いモデルを合わせると9モデルラインナップとなっています。

 

 

ほとんどが125ccクラスの兄貴分となっており、スタイリングや見た目はほとんど変わりません。

 

 

唯一125ccに無いモデルが”MASTIFF”です。

 

 

では唯一250ccのみである”MASTIFF”から詳しく見ていきましょう!

 

 

MASTIFF250

 
引用元:マットモーターサイクルズ

キング・オブ・マットと言われているマットモーターサイクルズきってのモデルです。

 

 

MUTTの確かな血を受け継ぎながらも、至る所に特別な愛情を注ぎ込まれており、特徴的な大きなタンクはキング・オブ・マットに相応しくもあり、17Lもの容量があります。

 

 

【搭載パーツ情報】
  • 17Lガソリンタンク カスタムペイント ブラック&シルバー
  • カスタムペイント ブラック&シルバー サイドパネル
  • 特注ダイヤモンドパターンブラウンシート
  • ポリッシュアルミ製マッドガード
  • ヘッドライトグリル
  • 18インチホイールブラックリム
  • ディープトレッドタイヤ4.10×18
  • カスタムメドステンレスエキゾースト・ポリッシュスチール
  • シルバーサンプガード
  • ダイヤモンド柄ブラウングリップ
  • LEDカスタムテールライト
  • LEDインジケーター

上記がMASTIFFの搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

【MASTIFF 見た目】


引用元:マットモーターサイクルズ

細部にまでこだわり抜かれた見た目はまさに「キング・オブ・マット」と言えます。

 

 

マットモーターサイクルズの定番カラーである”マットブラック”とシルバー・ブラウンを上手く組み合わせており、上品かつアグレッシブなネオクラシックバイクに仕上がっていますね!

 

 

【MASTIFF250のスペック】

 

シート高780mm
車両重量130kg
最高出力21PS
最大トルク20N・m
タンク容量17L

 

▼ここからは125の兄貴分!だから見た目はほぼ変わりません。
なので見た目の紹介は省略するよ!

 

MONGREL250


引用元:マットモーターサイクルズ

MONGREL250は125のフラットブラック&レトロスタイルを受け継いだクールな一台です。

 

 

ブラックベースのクールの中に光るブラウンシートがクラシック感満載でかなり良い!

 

 

【搭載パーツ情報】
  • タンク(マットブラック/サテンシルバー/グロスグレータンク)
  • 特注ロープロファイルブラウンシート
  • サテンブラックアルミ製マッドガード(フロント・リア)
  • 18インチホイールブラックリム&スポーク
  • ファイヤーストーンスタイルタイヤ
  • フラットサテンブラックバーハンドル
  • カスタムメドステンレスエキゾースト・サテンブラック
  • ダイヤモンド柄ブラウングリップ+ウェイテッドバーエンド
  • LEDカスタムテールライト
  • ブラックカスタムショック
  • ABSブレーキシステム
  • ハロゲンヘッドライト

上記がMONGREL250の搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

基本手に125との違いはエンジンスペックと、ブレーキです。

 

 

ブレーキは125の場合「コンビブレーキシステム」だったのが、250の場合「ABSブレーキシステム」となっています。

 

 

【MONGREL250のスペック】

 

シート高780mm
車両重量130kg
最高出力21PS
最大トルク20N・m
タンク容量12L

 

 

SABBATH250


引用元:マットモーターサイクルズ

SABBATH125の持つ武骨で荒々しい性格を引き継ぎつつ、250ccの単気筒4ストロークエンジンがより力強い走りを支えます。

 

 

125ccの”FAT SABBATH 125”と見た目自体にそこまでの違いはありませんが、排気量が大きい分エンジン周りが力強くみえます。

 

 

【搭載パーツ情報】
  • マットブラックタンク
  • 特注ロープロファイルブラックシートダイヤモンドパターン
  • マットブラックアルミ製マッドガード(フロント・リア)
  • 18インチホイールブラックリム&スポーク
  • クラシック4.10×18ディープトレッドオフロードタイヤ(フロント・リア)
    又は、ファットディープオフロードタイヤ(オプション)
  • フラットサテンブラックバーハンドル
  • カスタムメイドステンレスエキゾースト・サテンブラック
  • ブラックダイヤモンドパターングリップ・ウェイテッドバーエンド
  • ヘッドライトグリル
  • LEDカスタムテールライト
  • LEDインジケーター
  • ブラックカスタムショック
  • ABSブレーキシステム
  • ハロゲンヘッドライト

上記がSABBATH250の搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

125と違う所はオプションでタイヤの種類を変えられる所が大きな特徴ですね!

 

 

ブレーキシステムも、コンビブレーキシステムでは無くABSブレーキシステムとなっています。

 

 

【SABBATH250のスペック】

 

シート高780mm
車両重量130kg
最高出力21PS
最大トルク20N・m
タンク容量12L

 

 

RS-13 250 BLACK&SILVER


引用元:マットモーターサイクルズ

RS-13の250ccクラスにはタンクカラーが2種類用意されています。

 

 

「シルバー」は125ccと同じ、「ブラック」は250ccクラスのみとなっていますよ!

 

 

ソリッドなスチール製タンク、荒れた路面に噛みつくブロックタイヤ、RS-13はその全てがMUTT仕様。

 

 

軽量で無駄が無く、誰よりもクール!

 

 

【搭載パーツ情報】
  • ロースチールタンク(ブラックディテール、保護ラッカー)
  • 特注ロープロファイルダイヤモンド柄ブラックシート
  • サテンブラックアルミ製マッドガード(フロント・リア)
  • 18インチホイールブラックリム&スポーク
  • クラシック4.10×18ディープトレッドオフロードタイヤ(フロント・リア)
  • マットサテンブラックレンサルハンドルバー
  • カスタムメイドステンレスエキゾースト・サテンブラック
  • ダイヤモンド柄ブラックグリップ
  • LEDカスタムテールライト
  • LEDアルミインジケーター
  • ブラックカスタムショック
  • ABSブレーキシステム
  • ハロゲンヘッドライト

上記がRS-13 250 BLUE&SILVERの搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

カラーバリエーションが用意されているところは選ぶ楽しみが増えて良いですね!

 

 

【RS-13 250 BLACK&SILVERのスペック】

 

シート高780mm
車両重量130kg
最高出力21PS
最大トルク20N・m
タンク容量12L

 

 

HILTS 250 GREEN&GRAY


引用元:マットモーターサイクルズ

HILTSシリーズも125ccと見た目にほとんど違いはありません。

 

 

しかし、やはりエンジンの大きさや細々としたところで250ccの方が重厚感がありますね!

 

 

【搭載パーツ情報】
  • マットグリーンカスタムカラーorマットグレーカスタムペイント(MUTTブランドロゴ)
  • 特注ビンテージブラウンシート
  • 同系色アルミ製マッドガード
  • ショートカット仕様のリアフレームとマッドガード
  • ヘッドライトグリル
  • オフロードタイヤ
  • 18インチホイールブラックリム&スポーク マットサテン
  • クロスブレースドブラックハンドル
  • カスタムメイドステンレスエキゾースト・サテンブラック
  • ダイヤモンド柄ブラックグリップ
  • LEDカスタムテールライト
  • LEDインジケーター
  • マットブラックカスタムショック
  • コンバインドディスクブレーキシステム
  • ハロゲンヘッドライト

上記がHILTS250シリーズの搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

コンバインドディスクブレーキシステムとは、いわゆる「コンビブレーキシステム」であり125ccと同じです。

 

 

細々と125ccの搭載パーツとは違いがありますが、見た目はそこまでの違いは無いですね。

 

 

【HILTS250シリーズのスペック】

 

シート高780mm
車両重量130kg
最高出力21PS
最大トルク20N・m
タンク容量12L

 

 

SUPER 4 250 BLUE&GOLD


引用元:マットモーターサイクルズ

タンクの色やスタイリングも125ccとほとんど変わりが無いので、排気量が大きい方が良いという人向けなのでしょう。

 

 

相変わらず綺麗なカスタムペイントタンクは見ていてうっとりしてしまいます。

 

 

【搭載パーツ情報】
  • カスタムメタリックペイント
  • 特注ブラックシート
  • ポリッシュアルミ製マッドガード(フロント・リア)
  • ヘッドライトグリル
  • TKC80ツインデューロタイヤ
  • 18インチホイールクロームリム&スポーク
  • クロームトラッカーハンドルバー
  • カスタムメイドステンレスエキゾースト・ポリッシュスチール
  • ダイヤモンド柄ブラックグリップ
  • LEDカスタムテールライト
  • クロムカスタムショック
  • コンビブレーキシステム
  • ハロゲンヘッドライト

上記がSUPER4シリーズの搭載パーツであり、ユーロ4に対応しています。

 

 

こちらのモデルはそのほとんどが125ccとの違いは無いと考えてよさそうです。

 

 

見た感じ搭載パーツも同じなものが多く、目立って違いがあるのはエンジンスペックくらいなのかな?と思います。

 

 

【SUPER4 250シリーズのスペック】

 

シート高780mm
車両重量130kg
最高出力21PS
最大トルク20N・m
タンク容量12L

 

 

マットモーターサイクルズの250ccまとめ

 

250ccラインナップを紹介してきましたがいかがでしたか?

 

 

お気づきだと思いますが、250ccも基本スペックは同じとなっています。

 

 

「シート高や重量」「エンジンパワーやトルク」も同じとなっており、125cc同様に見た目やスタイリングで選んでも良いかもしれません!

 

 

ただ1つ250ccクラスのみにラインナップしている”MASTIFF250”はタンクの容量が大きかったり、MASTIFFにしかないデザインだったりとで唯一感を出しています。

 

 

流石キング・オブ・マットと言うべく風格を持っているので”MASTIFF250”はかなりおすすめですね!

 

 

250ccの気になるお値段

 

125cc同様、基本スペックは同じでも搭載パーツやカラーリングが違えばもちろんお値段も違ってきます。

 

 

250cc紹介の終わりにそれぞれの価格をマットモーターサイクルズ公式サイトを参考に載せておきますね!

 

MASTIFF250671,000円
MONGREL250599,500円
HILTS250シリーズ649,000円
SABBATH250654,500円
RS-13 250シリーズ654,500円
SUPER4 250シリーズ654,500円

※全て10%消費税込みとなっています。
※各モデルにおいて予告なく仕様変更する場合があります。

 

 

マットモーターサイクルズ製品紹介まとめ

 

マットモーターサイクルズ製品は正直言って新車だとしても、他のメーカーに比べると価格は高いです!

 

 

しかし、それには理由もあればメリットも存在します。

 

はい、じゃあまず理由はなんだと思う?

フルカスタムの新車だから、最初からカスタムしてある分高いんだね!
あとは”オリジナルパーツ”とかも使用している分高くなるよね!

うんうん、いい回答だね!
じゃあ次にメリットは何かわかるかな?

既にフルカスタムをしてあっていじる所が無いくらい完成している!
素人が頑張ってもやっぱり限界があるし、プロが作ったバイクってやっぱりカッコ良さが全然違うよね!

 

という様に、他のメーカーで新車を購入するより高い「理由」や、それに伴って得る事が出来る「メリット」がちゃんと存在します!

 

 

利便性を高くするためのカスタム程度でいいや…という人には高価に感じてしまうマットモーターサイクルズバイクでも、フルカスタムで超かっこよくしたい!と購入前から思っている人にとっては選ぶ価値があるのが”マットモーターサイクルズ”なんですよね!

 

 

マットモーターサイクルズ紹介はここまで!
最後までお付き合い頂きただきありがとうございましたm(__)m

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!