▼このブログの説明書だよ!
用品

意外と知らない「ネックチューブ」の良さ!冬以外でも使用すべき理由

このページではバイク乗りの為の”ネックチューブの良さ”について紹介していきます。

 

 

ネックチューブとは…簡単に説明すると「首に巻く布」なのですが、そう聞くと冬に首元の防寒対策として考える人が多いんじゃないでしょうか?

 

ネックチューブという言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、ネックゲイターやネックウォーマーと同じものと考えてOKです。

 

でも今回紹介するのは単純に首元は冷やすと良くないよ?という説明では無いんですね~

 

この記事がおすすめな人

  • 敏感肌の人、肌が弱いと感じている人
  • スキンケアを日常的にしっかりと行っている人
  • フルフェイス以外のヘルメットを使用している人

などの人におすすめのページです。

 

ひと昔前ではそこまででしたが、今では男性でもスキンケアをしっかりと行っている人は多いですよね。

 

がっつりとまではいきませんが、肌をきれいに見せる為の化粧をしている人もいたりします。

 

これは「見た目への意識の高さ」が性別問わず定着しているという事であり、ケアや化粧以外にもメンズ脱毛などが流行っているのもその為ですね!

 

ネックチューブというのはそんな人達の味方となってくれる用品なんです。

意外と知らない「ネックチューブ」の良さ!冬以外でも使用すべき理由

ネックチューブを付けた女性ライダーの画像

ネックチューブやネックウォーマーと言った「首に巻く・つける布」というのはどうにも冬の防寒対策としてのイメージが強いです。

 

本来首に無くても良いものを付けるのだからそんなイメージを持ってしまうのは当然と言えば当然なのですが…

 

でも、バイク乗りこそネックチューブを付けた方が良い!と私は思います。

 

特にフルフェイスタイプ以外のヘルメットを使用しているライダーはネックチューブの装着がおすすめですよ!

 

冬以外でもネックチューブがおすすめな理由

 

まず、こんな事を経験した事はありませんか?

 

  • ツーリングから帰宅後は髪がガシガシ、ギシギシになっている
  • ツーリング後は唇が乾燥気味
  • ツーリング後は顔がかゆい
  • ツーリングの次の日は肌の調子が悪い

 

上記の経験があるという人はネックチューブの導入を考えても良いかもしれませんよ?

 

 

ツーリングによる乾燥は肌にとってかなりのダメージ

乾燥肌の画像

基本的に頭部(頭頂~顎下)が覆われており、完全フィットするタイプのフルフェイスでヘルメットを使用している場合にはツーリング中に常に風が当たる状態です。

 

この状態というのは速攻で肌を乾燥させていくんですよね…

 

その為「敏感肌、乾燥肌、肌が弱い」人程この影響を受けやすいんです。

 

筆者はツーリング後には顔が乾燥しておりすぐにお風呂に入ってすぐにスキンケアをしなければヤバイです…スキンケアをしっかりとした次の日も肌と唇が乾燥しまくっている状態ですねw

 

 

汗をかき、体の水分減少で乾燥は更に加速

汗をかく女性の画像

ツーリングというのはその見た目より体力を使うものであり、じんわりと汗をかくものです。

 

暑い日なんかはなおさらで、水分補給をしっかりとしている自覚を持っていても足りないくらいだと思います。

 

そんな感じで走れば走る程、体の水分が奪われる状態で更に風が常にあたっているなんて言ったら肌の乾燥なんてマッハですよねw

 

 

日光による体温の上昇

日差しの画像

いわゆる日差しでも、肌の乾燥を進行させてしまう要因になります。

 

日光が肌の出ている部分にあたり、体温が上昇する事で「肌の保湿」が崩れて乾燥への足掛かりになってしまいます。

 

ツーリング後はなんだか体が熱い…と思った場合は日差しが原因の場合がありますよ?

 

と言う様に、冬以外では乾燥から身を守ると言った効果がネックチューブにあるんですよね!

 

冬の方が空気が乾燥してスキンケアを必死に行いがちですが、それは季節的な問題の話であってツーリングを行うという面ではちょっと違ってきます。

 

なんなら冬のツーリングは色々と着こむので、冬の方が風が地肌に当たりにくい環境にあるとも考えられるんですよね。

 

そして”乾燥”以外にも肌にダメージを与える要因もあります。

  • 花粉
  • 砂、埃、排気ガス
  • 潮風

などが肌へのダメージ源となりますし、なんならこれらも乾燥の要因になります。

 

ね?以外に敵って多いんですよw

 

ただ、これらがちょっと触れるだけではさほど影響が無かったりするんですがこれに「ツーリングという行為」が加わった場合に強力になるという事。

 

要は…肌に悪い状況の中、高速走行して強い風を直に受けると肌が簡単にやられちゃうという事。

 

ネックチューブを付ける事で「肌に悪い状況の緩和」が出来る事と「直に強い風を受けるのを防ぐ」事が出来るんです。

 

数千円で購入出来る製品を追加するだけでかなりマシになるのを意外にたくさんの人は知らない。

 

 

首元の日焼け対策にも効果的

 

乾燥を抑える事もそうですが日差しの強い夏なんかは”日焼け対策”にもなります。

 

日焼けを気にするのは女性ばかりかと思っている男性諸君、これは違うんですよ?

 

ライダーのツーリング時の服装はどうですか?

  • ヘルメット
  • グローブ
  • ライディングウェア
  • ロングパンツ
  • ブーツ / シューズ

とこんな感じでしょう。

 

するとどうですか?日差しが当たるのって”首だけ”って事結構ありますよね。

 

首だけ日焼けするのって変だし、嫌ですよねw

 

でも僕は暑い日は「Tシャツ」着るから腕も日焼けするかなぁ…

 

いやいやそれなら首と腕(拳は焼けない)状態にするの?これも嫌じゃないですか?w

 

こんな風に変な日焼け跡を残さない事にもネックチューブは活躍します。

 

 

実はそんなに暑くない

 

暑い日に服を着るって確かに暑いです。

 

でも暑い日用にと考えられたライディングウェア”メッシュジャケット”などって、かなり通気性が良く作られておりそこまで暑くありませんよね?

 

なんなら半袖Tシャツなどでツーリングしている方が日差しを直に食らって暑かったりします。

 

ネックチューブも同じで”ネックウォーマー”の様に、防寒対策品として作られいないので薄めで暑く無く息も苦しくないんですね。

 

ね?イメージだけで考えるとなんだか暑苦しそうと思っていたネックチューブも良い点を見てみるとかなり効果があるのが分かるかと思います。

 

「肌の乾燥」「日焼け」などに悩んでいるライダーは是非導入をおすすめしますよ!

 

 

ネックチューブはすっぽりかぶれるタイプが使い勝手抜群

 

ネックチューブというより、首元への布を巻くタイプはいくつか存在します。

 

あまり見た事や調べた事が無い人はスノーボードなどで使われているイメージが強いかと思います。

 

が、あちらは基本的に防寒用なので探す場合もネックウォーマーでは無くネックチューブで検索するのが良いかと。

 

 

バイク用ネックチューブ「すっぽりタイプ」は結構色々出ていますよ!

 

おすすめは”すっぽりとかぶって首元に着るタイプ”であり、コチラは工夫次第で色々な形に出来るので1つだけで使い勝手が良くおすすめ!

 

筆者の場合は「ラフ&ロード ACERBIS AC-91028」というものを使用しています。

ラフ&ロードのネックチューブの画像

ちょっとグラフィカルなデザインをしており「ドクロ」や「スチームパンク」っぽい雰囲気があるネックチューブです。

 

無地はちょっと寂しすぎるので、デザインがあるものでと探していきついたものですね!

 

上記参考画像の

ラフ&ロードのネックチューブ画像2
こちらを使用しています。

 

 

バイク用品の中では「ラフ&ロード」も有名ですが「アルパインスターズ」なども出ており、明るめな雰囲気が良いならそちらが良いかもしれませんね!

アルパインスターズのネックチューブ画像2 アルパインスターズのネックチューブ画像1

アルパインスターズのロゴがしっかりと主張しており、明るい雰囲気があるのはアルパインスターズらしいです。

 

 

製品としてもいくつかあり、カラーリングも豊富なので「バイクやヘルメットの色が明るい」のであればそれに合わせて揃えるのもアリ!

 

アルパインスターズのネックチューブ画像3 アルパインスターズのネックチューブ画像4

明るい雰囲気もですが、大人しい雰囲気の製品も揃っておりアルパインスターズ製品内で自分の好みが見つかる可能性がありますね!

 

 

 

ネックチューブはどのメーカーでも大体2、3千円程度で購入する事が出来ます。

 

比較的手軽に揃える事が出来る用品の1つですが、使用してみると効果は大きいのでおすすめですよ!(特に肌の乾燥に悩んでいる人)

 

 

何故すっぽりタイプがおすすめなのか?

 

首元を守る為の用品というのはネックチューブの様に”すっぽりタイプ””頭から首へかけてタイプ”と言うのがあります。

 

▼すっぽりタイプ

 すっぽりタイプの画像

▼頭から首にかけてタイプ

頭から首にかけてタイプの画像

基本的にこの2つだと考えて良いですね!

 

でもすっぽりタイプがおすすめなんですね、その理由は2つで

  • デザインやカラーが豊富
  • すっぽりタイプは頭から首にかけてタイプの様な付け方も出来る

という理由があります。

 

まず、すっぽりタイプの方が色々なデザインの製品が出されています。

 

バイクに乗っている自分の姿にもこだわりたいというオシャレライダーは多く、デザインの幅広さを考えるならすっぽりタイプの方が選ぶ幅は広いという事。

 

そして次にすっぽりタイプは1つで色々なかぶり方が出来るという事。

 

首だけ巻くというのももちろん出来ますし、頭にかぶせて首も巻くという付け方も出来ます!

 

ネックチューブって結構長いから工夫次第で色んなかぶり方が出来ちゃうんですね!そんな事がよく分かる動画を見つけたので参考にどうぞ。

 

ね?すっぽりタイプ1つで十分だと思いますよねw

 

 

年間通して「バイクに乗る時」はネックチューブを付けた方が良い!

 

まとめですが、私が言いたいのは寒い季節でも暑い季節でも「ネックチューブ」はあった方が良いという事!

 

バイクに乗る時は必ずいずれかの事が肌へ攻撃してきます。

  • 走行風
  • 日差し(紫外線)
  • 砂、埃、排気ガス

などは、総じて肌に良い物では無く乾燥や肌荒れを引き起こす要因になります。

 

なのでネックチューブは付けた方が良いですよ?そんなに高い物でも無く、肌の調子が悪いと悩む人程実感する事が出来ます。

 

私もツーリング後の肌荒れに悩んでいましたが、かなり緩和される様になりました!

 

フルフェイスタイプをかぶっていますが「SHOEI:EX-ZERO」というヘルメットなので、風は結構鼻から下を襲ってくるんですよね…

 

 

でもネックチューブを使ってからはそこまで気にならなくなりましたよ!

 

是非お試しあれ。

 

という事で現場からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!