▼このブログの説明書だよ!
用品

バイクの安いインカム紹介4選!使いやすく人気のモデルは初導入に最適

このページでは安くインカムのおすすめモデルを紹介していきます。

 

 

今ではスマホは必需品となっていますが、ライダーは”インカム”が必需品になりつつあります。

 

 

ツーリングをしているライダー達を見てもインカムを付けている人が多数であり、最近では「付けていない人の方がめずらしい?」と感じています。

 

 

記事を読んで欲しい人

  • バイク初心者でインカムを買おうと思ったが意外に高いと思った
  • インカムは欲しいけれど、基本的にソロなので最低限機能で良い
  • インカム欲しいけど、初めてだからお試し程度の気持ちで使いたい
  • とにかく安くておすすめなインカムを教えてくれ

 

 

 

記事の内容

  • 高機能モデルと安いモデルの主な機能の違い
  • 安いインカムはこんな人におすすめ
  • 安くておすすめのインカム紹介4選

上記の3点を軸に安いおすすめのインカムを紹介していきます。

 

 

ではどうぞ。

安いバイクのインカム紹介〇選!使いやすく人気のモデルは初導入に最適

インカムを使ったことが無い人、インカムの良さを知らない人は店頭で販売されているインカムやおすすめされているインカムの値段にびっくりするでしょう。

 

 

こんな小さな機械が「2万も3万もすんの!?」と…

 

 

お店でショーケースに入っているものや、よくおすすめされているインカムは”高機能インカム”でありスペックが高いので割と高い金額設定となっているんですよね。

 

 

初バイクを購入し「バイクデビュー」を果たしたばかりの”バイク初心者”は特に、色々揃える必要があるのでそんな高い物買ってられるか!あと回し!

 

 

でもやっぱり欲しいよねぇ…あった方が良いって聞くし…でも失敗したらもったいない…

 

 

そんな方はとりあえず安いインカムを買ってみるっていうのもアリですね。

 

 

高機能モデルと安いモデルの主な違い

 

高機能モデルと安いモデルの違いは簡単に説明すると以下2つとなります。

  • 機能の有り、無し
  • 機能の質の違い

この2つが高機能モデルと安いモデルの違いだと思っておけばオーケーです。

 

 

高いモデルの中でもメーカーによって特色のある機能が個々にありますが、とりあえずそれを抜きにして説明します。

 

 

 

通話可能距離

インカムの出来る事の1つとして”インカム同士の通話”があります。

 

 

高機能型で比較的高額なインカムはこの通話の最大通信距離が長いものが多くラインナップしています。

 

 

”おすすめ””人気”で紹介されているものは大体1.2km~1.6km程。

 

 

それと比べて安いインカムは200mや長くて1kmと比較的短くなっています。

 

 

最大通信距離は通信を邪魔するものが無い状態での通信可能距離となっており、市街地や大きな車両が通信インカムの間に入ると通信が不安定になる場合があるので、通信安定性を考えると長く確保しておいた方が安心ですね。

 

 

Bluetoothでつなげる数

スマホとガジェットを繋ぐ為の定番通信機能”Bluetooth”ですが、これにも高機能インカムと安いインカムで違いがあります。

 

 

インカムで出来る事の定番が以下

  • インカム同士の通話
  • スマホと繋いで「電話相手との通話」「音楽の再生」など

上記2点が多く使われているインカムの機能です。

 

 

ですが「インカム同士の通話」と「音楽の再生」が同時に出来るインカムとそうでは無いインカムが存在します。

 

 

同時に出来るインカムは主に高機能型であり、インカムによっては片方が聴いている音楽をシェアするなんて事も出来るモデルがあります。

 

 

安いインカムはどちらか片方しか出来ないモデルがほとんどです。

 

 

その他の違い

 

その他の違いと言えば音質です。

 

 

メーカーによっては安めのモデルでも、そこそこの十分な音質で音楽や通話が出来るという話もありますが、基本的には”良くは無い”と思っておきましょう。

 

 

「良くは無い=悪い」では無いので、普通に聴く分には問題なかったりちょっと通信が不安定になったときが…程度に思っておくと良いです。

 

 

高機能モデルと安いモデル(まとめ)

 

  • 通信可能距離が割と違う
  • 「音楽+通話」などの同時進行が出来るか出来ないか
  • 音質などの”質”が変わってくる

と言うのが違ってくると覚えておきましょう。

 

 

このご時世”安かろう悪かろう”は当てはまらないものばかりですが、高額な方と比べると劣る部分は確かにあるという事。

 

 

ただ、気持ち的に「インカムってどんなもん?」「ちょっとお試しで安い製品から」程度の導入であれば安いものを購入する選択もアリですね。

 

 

安いインカムってどんな人におすすめ?

 

安いインカムは下記の様な人におすすめです。

  • ソロツーリングがほとんどで通話はする予定が無い
  • タンデムツーリングの為にインカムを考えている
  • 出来るだけ安く抑えたい

安いインカムは前述した通り、高価な高機能モデルと比べて劣る部分はいくつかあります。

 

 

しかし、わざわざ高機能いらないよね…と自分で思うライダーって結構いるかと思います。

 

 

それが上記の3つに該当するような人なんですね。

 

 

ソロツーリングがほとんど

 

ソロツーリングがほとんどというライダーは基本的に通話機能がいりません。

 

 

となれば、Bluetoothでつなげるのは”スマホのみで良い”と思います。

 

 

通話が不要と言う事であれば、通信可能距離の長さなんて気にする必要もない状態。

 

 

必要なのは「スマホで音楽などが聴ける」「充電の持ち」「防水性能」くらいでしょう。

 

でもさ、そこまで必要な要素が少ないとインカム自体いるの?って感じじゃないのw

 

インカム自体いるの?とはならないんですよねw

 

 

スマホが必需品と言うのは、ライダーも同じ事であり”スマホホルダー”を付けてツーリングしている人がほとんど。

 

 

何にスマホ使ってるって?そんなのは”ナビ”ですよね!

 

 

ナビの音声を聞きながらスマホの道案内を見る事が出来ます。運転中の「ハンズフリー」は安全の為に必須!インカムが手伝ってくれます。

 

 

 

タンデムツーリングをメインに考えている

 

タンデムツーリングがメインと言う人は「通話をしながら」走りますね。

 

 

でも、通話するからと言って”通信距離”を気にする必要はありません。

 

 

だって1台のバイクの前後に座っているからです。

 

 

近いなんてもんじゃありません。密着ですよ!密着!

 

 

通信可能距離なんて5mあったら全然余裕ですよwまぁそんな短すぎるのは無いんですけどね。

 

 

必要なのは「通話可能」「防水性能」「充電の持ち」程度でしょう。

 

 

ソロの時も利用するとして「スマホで音楽などが聴ける」も追加しておきましょう。

 

 

上記2パターン「ソロメイン&タンデムメイン」のライダーのインカムの使い方を見ると高機能型っていらないですよねw

 

 

あっても機能を使い切れないんですよ。高いお金払って高機能型買っても使わないんじゃしょうがないですよねw

 

 

安いインカムのおすすめ4選

 

と言う事で「ソロツアラー」「タンデムツアラー」におすすめな”安い”インカムを紹介していきます。

 

 

デイトナ:クールロボイージートーク3

 

デイトナの”イージートーク3”はタンデムツアラーにおすすめモデルと言う事で有名なインカムです。

 

 

通信可能距離は200mとインカムの中では短いですが、タンデムでは十分過ぎますねw

 

 

この性能が低いので値段も低く設定できているのでしょう。

 

 

ただ、安いからと言って舐めてはいけませんよ?このインカムは「音楽+通話」と言った併用が出来る安いインカムではかなり上位に位置する存在です。

 

 

インカム同士の最大接続が2台までと言う事で、通信距離と考えて「タンデムにご使用下さい」と言っている様なインカムとなっています。

 

2個セットで高機能インカムの1台分くらいだねw

現状はAmazonが最安で、高機能インカムの1台分より安いねw

 

 

B+COM MUSIC(ビーコム ミュージック)

 

 

ビーコムと言えばインカムの人気が高いモデルです。

 

 

高機能インカム”B+COM SB6X”の人気が非常に高く、メーカーであるサインハウスのサポートも充実しています。

 

 

ビーコムミュージックは名前の通り音楽に重きを置いているインカムであり、インカム同士の通話は出来ません。

 

 

その為ソロライダーにおすすめのインカムです。

 

 

「バイクに乗りながら音楽を楽しみたい!」というソロライダーには一押しのアイテムとなっており、サインハウスならではの音質が自慢です。

 

マイクが付いていないから、通話は絶対にしないという人なら全然アリだね!

安さと音質を求めるなら間違い無くコレだね!

 

 

FreedConn T-COM

 

T-COMはいわゆる中華製のインカムです。

 

 

中華製と聞くと日本人ならあまり良い印象を抱かないかと思いますが、こちらのインカムは安いくせに普通に使えると評判です。

 

 

まず価格ですが”5,000~6,000円”という破格のインカムでして…T-COM同士なら通信距離800mとそこそこの距離を持っています。

 

 

更に更に、LCDスクリーン(画面付き)+少ないボタンで操作が分かりやすいというのも良いポイントとなっています。

 

 

「音楽+通話」のような併用はできませんが、激安の割に機能が揃っている良コスパインカムですよ。

 

安さに飛びついて「結果オーライ」って言うのは割とあるもんだよねw

このインカムはまさにそれだね!

 

 

LEXIN LX-B4FM

 

十分実用に適している格安中華製インカム”B4FM”です。

 

 

1万円を切る金額設定なのにも関わらず「最大4人までの同時通話」から「クリアな音質」「十分なバッテリー容量」「使いやすさ」を備えています。

 

 

音楽と通話の同時併用などはできないですが、インカムを使って通話を楽しみながらツーリングする実用性は十分にあり、エントリーモデルとして申し分のないコスパを誇ります。

 

バイクのガジェットって中華製結構侮れないよねw

安いのも魅力の1つだしね!馬鹿にできない。

 

 

以上、上記4選が安くておすすめのインカムとなっています。

 

 

基本的に使うに値するもので”安い”インカムは中華製が1万円前後あたり、それ以外は1万円台中~後半というのが金額の基準となってきます。

 

 

高機能インカムの大半は3万円台と言う事がほとんどで簡単に手が出ませんよね…しかし、安いインカムでも自分の使い方をしっかりと考えて選ぶ事で「高機能型やっぱりいらんかったわ!安い方で十分♪」とベストチョイスする事も出来ます。

 

 

ちなみに3万円は厳しいけれど…2万円台なら。

 

 

という人は”高機能インカムのエントリーモデル”的な存在の「デイトナ:DT-01」がおすすめ!

 

 

デイトナ:DT-01(筆者使用)

 

”DT-01”は飛び出た機能はありませんが、高機能インカムとして十分な機能を持っています。

  • 通信可能距離:1km
  • 最大連続使用時間:最大12時間
  • 防水性能:IP67
  • 「音楽+通話」併用可能
  • 少ないボタンで簡単操作

ざっと説明すると上記の機能を持っています。

 

 

高機能インカムの中では飛び出たものも無く、機能に特色もありませんが実用性十分であり”デイトナ”ネームの信頼感もありますね。

 

筆者も使っているけど不満は全然ないみたいだよ?

ネットの最安で20,000円くらいだから高機能インカムが良いって言うならその中でもかなり安いDT-01がおすすめだね。

 

 

 

安いインカムまとめ

 

機能・価格を見るもの良いですが、まず「あなたのツーリングスタイルの見直し」をすると良いかもしれません。

  • ツーリングはソロ?複数?
  • タンデムに使う?違う?
  • 音質にはこだわる?

まずインカムに出来る事を知って、その中で自分のツーリングスタイルと照らし合わせてみて、高機能か安いものにするかが決まるかと思います。

 

 

何も考えずに「みんながおすすめしているから」は一番無駄が発生しやすいですよ?

 

 

支払う金額の無駄を省いて別の事に回せたら買い物上手ですよね!

 

 

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!