▼このブログの説明書だよ!
カスタム

レブル250カスタム!印象が変わる厳選おすすめパーツ紹介

カスタムレブルの画像

このページではレブル250に関するおすすめの”カスタムパーツ”を紹介していきます。

 

 

各メーカーのアメリカンラインナップはどんどんと減ってしまっている現状で、レブル250の人気が出やすいというのは事実。

 

ですが、アメリカンだけの枠にとどまらず全てのバイクタイプと比べても人気が高いというのがレブル250ですよね!「レブル250納車・レブル250欲しい」という声もたくさん聞こえます。

 

人気というのは良いですが、ライダー達当人の中には…

 

同じバイクに乗っているの見ると嬉しいね!

人気だからやっぱり人とかぶっちゃうな…個性だしたい!

 

と意見もさまざま…

 

このページがおすすめな人

  • 人気が出てたくさんの人が乗っているから個性を出したい
  • カスタムをしてもっとかっこよくしたい
  • 自分だけのレブル250を作りたい

特に”レブル250乗りの中でも個性を出したい”と思っている人におすすめです。

 

カスタムというのは「機能的なカスタム」と「見た目を変えるカスタム」更に「機能的であり見た目も変わるカスタム」というのがありますよね?

 

その中でも機能的で見た目も変わるカスタムを紹介していきますよ!

レブル250カスタム!印象が変わる厳選おすすめパーツ紹介

カスタムレブルの画像

バイク乗りって「かっこいい」だとか「自分らしい」だとか「他と違う」っていうものが好きですよねw

 

結構自分のセンスを持っていて自分が良いと思ったものを取り入れていく傾向があるように思えます…まさに”自分らしい個性”な感じ。

 

そのくせ人の否定的な意見がよく耳に届くので「ダサい」などという言葉などに敏感ですw

 

つまり自分という個性や主張をバイクを使ってしたいのですが、ダサいとか否定的な意見は欲しくない…という感じ。

 

めんどくさいんだねバイク乗りって…w

って思うでしょ?でもバイクに限らず色々な事でこんな気持ちを体験している人はいっぱいいると思うよ?

 

なんか人と同じじゃつまらない…でも認められたい!めちゃくちゃ分かります。

 

という事でそんなめんどくさい気持ちに沿える「レブル250」のカスタムパーツを紹介していくんですね!

 

 

ハンドル周りのカスタム

 

まずはハンドル周りからカスタムパーツを紹介していきます。

 

ハンドル周りのカスタムは走行中の自分の目でも見る部分であり、人から見られる時も注目度が高めなのでかっこよくしておきたい所!

 

 

アクティブ:STFレバー

アクティブSTFレバーの画像

アクティブの「STFレバー」はブレーキ・クラッチ共にあります。

 

ブレーキレバー側はアジャスター付き可動タイプの為”セッティングが出来て、転倒時の保護”が効いています。

 

アジャスターがさりげなく、且つエッジの効いているデザインなのでスタイリッシュさを求めるライダーにはピッタリの見た目でしょう。

 

参考画像はブレーキレバー側となっていて、気品のあるブラックカラーの中に映えるワインレッドが渋いですね。

 

STFクラッチレバーの画像

クラッチレバーはこんな感じとなっており、ブレーキレバーの様に分かりやすいアジャスターがあるわけでは無いですが無段階調整が可能となっています。

 

アクティブのロゴがかっこいいですね!

 

このロゴ…実は「アベンジャーズ」のロゴにすっごい似てるんですよw

アベンジャーズのロゴ画像

ね?”A”の部分がとても似ていますよねw

 

そんな事本当はどうでも良いのですが、マーベルファンの私は食いつきました…w

 

よくあるカスタムレバーって

よくあるカスタムレバーの画像
こんな感じのアジャスターが付いているんですが、私はどうも「かっこいいと思えない」んですよね…

 

カラーもたくさんあって、安価なのでとても良い製品だとは思います。

 

が、私と同じようにこんな感じのが好きになれない人にはアクティブの「STFレバー」がおすすめですね!

【▼ブレーキレバー】

【▼クラッチレバー】

 

 

STFレバーのカラー紹介画像

ブレーキ・クラッチ共にカラーが「ブラック・レッド・ブルー・ゴールド・グリーン・ガンメタ」と多いので好きなカラーを選ぶ事が出来ます。

 

 

 

OVERRacing:スポーツライディングハンドルキット

 

「スポーツライディングハンドルキット」とは言っていますが、馴染みのある名称を使うとセパハンです。

オーバーレーシングのセパハンキット装着画像 オーバーレーシングのセパハンキットの画像

オーバーレーシングのセパハンキットはとても親切であり、セパハンに交換した後の見た目のリペアもちゃんとしてくれるんですよ!

 

レブルをセパハンにしようと「ハンドルだけ」を購入した場合正直言ってメーターやミラー類の行き場に困るんですよね…w

 

有名なのはセパハンで有名なハリケーンですら、その行き場提供に困っている様に見えるくらいです…

ハリケーンのセパハン画像1

ハリケーンのセパハン画像2
上2枚の参考画像がハリケーン製セパハンを装着した時の見本になります。

 

ミラーはハンドルに近く、ローテイストに付けれているのでどちらかと言えばかっこいいかと思います。

 

しかし、メーターはどうですか…?

 

なんか…やだ。

スマホホルダーとかをクランプ出来そうだけど、ごちゃごちゃしてるし浮いている印象あるね…

 

なんか嫌ですよね…スタイリッシュじゃないというか、かっこよくは無いです。

 

これはセパハン化した事によって不要になるはずのハンドルポストを利用し、メーターを無理やり付けている感がある為でしょう…

 

しかし、オーバーレーシングのセパハンキットは「セパハンと、メーターステー」がセットになっているので場所に困る事は無く雰囲気を壊さずに付ける事が出来るようになっています。

 

スポーツアメリカンと言われるレブルですが…”俺はスポーツ寄りにしたい!”というライダーにおすすめですよ!

 

ハンドルのカラーも「ブラック」と「シルバー」の2種類が用意されており、自分に合う色を選ぶ事が出来ます。

 

 

ゼロデザインワークス:メーター移設キット

 

オーバーレーシングのセパハンキットはかなりメーターの位置を頑張っている気がします!

 

しかし、こだわりのある人はこれでも気に入らない!という場合があるかと思います。

 

元アメリカン乗りだったのでその気持ちはとてもわかりますw

 

そんな場合はメーター移設キットを併用するしかありませんよね!

ゼロデザインワークスのメーター移設キット画像

メーター移設キットはアメリカンカスタムでも「ハンドル周りをスッキリさせたい」場合や「セパハンでロースタイルにする」場合に定番です。

 

なので出している所はしっかりと出しています。

 

ゼロデザインワークスのメーター移設キットは少ないパーツ点数で、分かりやすく移設が出来るのでハンドル周りのカスタムついでにやるにはピッタリ!

 

参考画像を見てもらえば分かる通り、移設後の見た目の十分にかっこいいんですよね!

 

 

デイトナ:ハイサイダー バーエンドミラー ウェーブ

 

レブルにも流行りの”バーエンドミラー”はいかがでしょう?

バーエンドミラー ウェーブ装着画像

どちらかと言えばスポーティなデザインをしているバーエンドミラーとなっているのデイトナの「ハイサイダー バーエンドミラー ウェーブ」です。

 

クラシカルというよりは”スポーティ”又は”先進的”なデザイン性にしたいライダーにおすすめです。

 

名前の通り、ミラー背面デザインはウェーブが効いておりシャープでオシャレ。

 

ミラー角度の微調整も出来るので「視認性を損なわずにかっこよさアップが出来る」素敵なバーエンドミラーとなっています。

 

ちょっと高価なのがアレですが、それ以外は文句なし!かっこいいし!

 

【▼バーエンドミラー ウェーブと一緒に!】

 

GOODS:ビキニカウル・バイザー

 

特徴的なビキニカウルは、あなたの感性次第で超ヒット!

個性的なビキニカウルを装着したレブルの画像

「無難・ありきたり・よく見る」というのが嫌いなあなたは個性的なパーツに挑戦してみるのもアリ!

 

あまり見ない個性的なビキニカウルは、パーツ単体で見ると「なんじゃこりゃw」という感想が出るのですが、バイクと合わせると結構イケてるじゃん…と。

 

私個人の意見は普通にかっこいいでした。

 

あなたはどうでしょう?このビキニカウルスタイルをかっこいいと思ったのであればおすすめです!

 

 

 

足回りのカスタムパーツ

 

足回りのカスタムパーツは見た目ももちろんですがツーリング時にその恩恵を感じる事が出来る部分でもあります。

 

機能性のあるカスタムをする事で「疲れたけど楽しかったツーリング」「楽しかったツーリング」にする事だって出来ますね!

 

 

H2C:フロアボード

 

フロアボードは大きなアメリカンの定番だと思っていませんか?

 

そんな事はありませんよ!250ccのレブルにもH2Cから「フロアボード」が登場しています。

H2Cフロアボードの画像

フロアボードは広い面積に足を置く事が出来るので、ロングツーリングなどでも疲れにくくなります。

 

しかし、棒状のステップの様に土踏まずにフィットする感じでは無いのでワインディングロードなどではちょっと不安になってしまう側面がありますね。

 

その為、スポーツアメリカンと定義されるレブル250を”アメリカン寄りにカスタムしたい”と思っているライダーにおすすめ!

 

マイペースにドコドコとツーリングを楽しみたいならフロアボードはとても良いカスタムパーツですね。

 

 

 

オーバーレーシング:フォワードコントロールステップ

 

アメリカンらしいスタイリング、通称「フォワコン」がオーバーレーシングから登場しています。

オーバーレーシングのフォワコン画像

レブルの通常のステップ位置は、エンジン側面”HONDA”のロゴが入っている部分の下あたりですが、その位置から参考画像の位置までオフセット出来るキットです。

 

ミッド(ミドル:中間)コントロールからフォワ(フォワード:前)へ移動できるという事ですね!

 

オフセット量参考画像

上の参考画像は大体の移動位置を示したもので、赤丸がノーマルで黄丸がカスタム後の位置になります。

 

アメリカンのよくあるイメージで、足を前へ出して乗るというスタイルにする事が出来ますよ!

 

足を前に出すスタイルは無駄に足で踏ん張る事が無くなり、若干リラックスして乗る事が出来るのでロングツーリングなどでは疲労が溜まりにくいです。

 

しかし、ワインディングロードなどでのスポーツライディングには向いていないので”アメリカン寄りのカスタムがしたい!”という人向けです。

 

 

▲の製品詳細ページでは画像が無く、色のイメージが付きにくいですが品番の最後に”B”が付けばブラックカラーであり、付かなければシルバーカラーです。

 

上のリンクは「17-51-13-01B」なのでブラックカラーです。

 

 

マフラー

 

カスタムマフラーはどの車両でも変えたくなってしまう定番所です。

 

何故変えたくなるかというと「見た目が変わる・音が変わる」という点がとても大きいでしょう。

 

マフラーは目立ち、注目されやすい部分なので価格は高めの部位ですが変えたくなっちゃうんですよねw

 

レブルのカスタムマフラー選びは”メガホンタイプ”がおすすめです!

 

よくあるどっしりとしたアメリカンというイメージよりも、スリムでスタイリッシュなイメージのレブルなのでマフラーもスタイリッシュなメガホン系がマッチするでしょう。

 

 

オーバーレーシング:SSメガホンマフラー

 

オーバーレーシングの「SSメガホンマフラー」はフルエキとスリップオンの両方があり、フルエキはメッキでスリップオンはブラックです。

 

フルエキのSSメガホンマフラー画像 スリップオンのメガホンマフラー画像

見た目も軽やかでレーシーな印象になるのはもちろんの事、排気音もとても渋くかっこよくなります。

 

レブル250純正マフラーでは乾いた軽い連続した音が印象的ですが、渋く低い音に変わって心地よいアメリカンサウンドを奏でてくれます。

 

排気量が250という事もあり迫力自体はそこまでありませんが渋さが出ており、かなり良い音ですよ!

 

▼是非ご賞味あれ!

 

 

モリワキ:ネオクラシックブラック スリップオンマフラー

 

音の参考動画はありませんが、見た目ならモリワキだって負けていません!

 

若干スタイリッシュさはオーバーレーシングには負けますが、重厚感のあるブラックカラーの見た目と「モリワキロゴプレート」の相性は抜群で男らしい渋さな見た目!

モリワキ ネオクラシックブラックスリップオンの画像1 モリワキ ネオクラシックブラックスリップオンの画像2

ブラックカラーが多いレブルにこのマットブラックマフラーはまさに適格なカラー!

 

アメリカンというただでさえ渋かっこいいバイクの渋さが上がり、とてもかっこよく仕上がります。

 

モリワキというマフラーでも名を馳せているメーカーなので、品質の信頼度も高く見た目も良い!

 

排気音の参考動画を用意できなかったのは残念ですが、きっと良いに違いない!

 

 

もう1つかっこいいマフラーを紹介しようと思ったのですが、いかんせん車検不適合だったのでやめました…

 

参考までに「ツーブラザーズレーシング」というメーカーのマフラーなのですが…

ツーブラザーズレーシングのマフラー画像1 ツーブラザーズレーシングのマフラー画像2 ツーブラザーズレーシングのマフラー画像3 ツーブラザーズレーシングのマフラー画像4

マフラーエンドがカーボンでとてもかっこいいんですよね!

 

見た目はかっこいいのですがやはり車検不適合…という事でおすすめは出来ません、ご購入は自己責任でお願いします。

 

 

リア周りのカスタムパーツ

 

リア周りのカスタムパーツの紹介です。

 

 

ハリケーン:2wayリアキャリア

2wayリアキャリアの画像

参考画像はまず定番のリアキャリアの取り付け方法です。

 

通常の取り付け方法でも、デザインがあまり見ない形をしており結構オシャレで可愛らしい印象ですよね!

 

通常リアキャリアは何も積載していない時は見た目の邪魔をしがちなパーツですが、このリアキャリアなら積載無しでも付けていたいような気がします。

 

定番の付け方が1wayだとすると2way目はいったい…

2wayリアキャリアの画像2

じゃじゃーん!こんな感じで付いちゃいます。

 

きっと利便性はそこまで高くは無いでしょう!何せ底になる部分が短いですからね…w

 

積載してもきっと不安で何回も確認しちゃうね…w

 

ですよね…きっと不安になっちゃう。

 

でも、見た目としては全然アリなんじゃないですか?むしろ私は好きです!面白い発想だしデザインも好き。

 

私と同じ完成の持ち主はきっと気に入りますよね!2wayどちらもオシャレで可愛いです。

 

いかがでしょう?

 

 

 

デイトナ:ローダウンリアショック280mmブラック

 

ローダウンリアショックはリア周りを低くさせる事で、バイクの一体感を高める事が出来ます。

 

シート高が低いバイクであるレブルなのでシート高が低くなる効果はあまり必要無いかもしれませんが、足つきの改善も図る事が出来ますね!

ローダウンリアショックの画像

低く構えたアメリカンが好きな人にはおすすめのリアショックです。

 

黒くツヤのあるリアショックは高級感もあり、レブルに似合うので全体的なシルエットを低く見せたい人におすすめです!

 

 

と、以上がレブル250の印象を結構変えるおすすめのカスタムパーツ紹介でした!

 

レブル250はとても人気があり、まだまだカスタムパーツが新しく出る期待は大きいです。

 

なので新製品が登場し、おすすめのパーツが出たら更新していきますよ!

 

レブル250カスタム!印象が変わるもの厳選おすすめパーツ紹介

 

レブル250の主に見た目の変わるおすすめパーツを紹介しましたがいかがでしたか?

 

フルノーマルでも十分にかっこいいレブルをカスタムしたら更にかっこよくなる事が分かってもらえたかと思います。

 

カスタムというのは自分らしさを出す良い機会であり、自分が気に入る見た目となったバイクに乗るのはとても楽しく気持ちが良いですよ!

 

気持ち的な事だと言われればもちろんそうなのですが、その気持ちがとても大切なんですよね。

 

その気持ち次第で「楽しいツーリング」が「めちゃ楽しいツーリング」にグレードアップしたりして満足感が違うんですよ?

 

興味が湧いたら是非カスタムにチャレンジしてみましょう!おすすめですよ!

 

ではでは、現場からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!