▼このブログの説明書だよ!
ニュース

ラパイド・ネオに渋くアウトドア感のある「オーバーランド」登場!

ラパイドネオの画像

このページではアライのネオクラシックヘルメット”ラパイド・ネオのニューグラフィックモデル”について紹介していきます。

 

 

ラパイド・ネオはアライの先進技術を盛り込んでいながらも古めかしいスタイルをしている「ネオクラシックフルフェイス」です。

 

武骨でかっこいい見た目で人気も高く”アライネーム”による、品質信頼度・安全信頼度の高いヘルメットなのでネオクラシックバイクに乗っているライダーにはおすすめのヘルメットです!

 

そんなラパイド・ネオにニューグラフィックモデルが登場(発売日未定)したので紹介していきます。

 

この記事がおすすめな人

  • ラパイド・ネオが気になっていた人
  • ネオクラシックバイクに似合うヘルメットを探している人
  • アウトドア感のあるカラーリングが好きな人
  • スポーティなカラーリングも良いけど、渋いのも好きな人

こんな人におすすめのページとなっています。

 

スタンダードなソリッドカラーのラパイド・ネオ自体かっこよく、ヘルメットとして申し分ない品質なのでカラーリングにビビッと来たなら登場を心待ちにしておくのも全然アリですね!

 

では新グラフィックモデルを紹介していきます。

ラパイド・ネオに渋くアウトドア感のある「オーバーランド」登場!

ラパイド・ネオオーバーランドの画像

紹介するヘルメットは「ラパイド・ネオ オーバーランド」という製品です。

 

参考画像をみてもらう通り”ベージュとカーキ”の渋くアウトドア感のあるヘルメットカラーをしていますね!

 

オーバーランドは2020デザイナーシリーズという括りで発表され、発売予定日の公表はまだとなっています。

 

渋くアウトドア感のある見た目はバイクタイプの中でも「オフロード、モタード、アドベンチャー」という林道や砂丘などがイメージとして出てくるバイクにもマッチするカラーリングをしています。

 

いやいやオフロードと言えばオフヘルメットでしょ!

オフヘルの様な特徴的な形の代わりになるとは思えない…

 

と思うライダーも多くいるかと思います。

 

でもオーバーランドをかぶってオフロードやアドベンチャーに乗っている姿をよく想像してみて下さい。

 

似合うと思いませんか?私は全然アリ!むしろマッチ率は高いと思いさえしますね!

 

「オフ車=オフヘル」という定番概念はとても良くわかりますが、ちょっとハズして考えてみると意外とマッチする事だってあるんですよ?

 

バイク自体をカスタムしなくても、ライダーの装備するヘルメットを変えるだけでも全体の雰囲気は変わります。

 

そんな雰囲気変えの一手に丁度良いカラーリングかな?なんて思えるモデルです。

 

 

オーバーランドはアーティストの「加藤ノブキ」氏がデザイン

 

 

”加藤ノブキ”氏は広島県出身のデザイナーです。

 

アーティスト活動とともにフリーランスとして「漫画・イラストレーション・絵コンテ」などのクライアントワークをしており「mashcomix」のメンバーでもある。

 

バイク関連の作品では”MotoGPのファンアート””イラストTシャツ”を発表していますね!

 

そんな加藤ノブキ氏がデザインしたのがラパイドネオのニューカラー「オーバーランド」というわけです。

 

 

オーバーランドには2色のカラーラインナップがあり”ベージュカーキ””オリーブカーキ”の両方ともマットカラーデザインとなっていますよ!

 

 

ベージュカーキ

オーバーランドベージュカーキ

ベージュカーキは薄いカーキ色のカラーリンググラフィックです。

 

この手の色は”砂(サンド)”をイメージしやすく、砂丘や砂漠を颯爽と走行するアドベンチャーなどに被っているととてもマッチして見えそうですね!

 

オーバーランドの2色中で言えば明るい色合いですが、乾いた印象があります。

 

差し色で大胆にオレンジ色を入れているのがアクセントとして良い仕事をしていますね!

 

 

オリーブカーキ

オーバーランドオリーブカーキ

オリーブカーキは”ザ・カーキ”という様な定番の暗めのカーキをしています。

 

ベージュカーキよりも渋さや武骨さが際立っており、こちらの方が男ウケが良いかなとパッと見で思えてしまいますね。

 

後部のホワイトカラーとオリーブカーキはくっきりはっきりと見えるので締まりのあるデザインだと思います!

 

暗めのカーキ色は男らしさとクールさを兼ね備えており、オフモタやアドベンチャーのアウトドアイメージが強いバイクにも似合いますし

 

アメリカンなどのワイルド系にも似合うカラーリングです。

 

もちろんSSやネイキッドなどにも似合うので、見た目が気に入るのであれば発売を心待ちにしておきましょう!

 

 

オーバーランドはゴーグルを装着しているみたいなデザイン

 

パッと見て思った人も多いんじゃないでしょうか?

 

「なんかゴーグルしてね?」という感じの見た目をしていますよね!

 

シールドに沿って伸びる黒く太目のラインはゴーグルのゴムバンド部分を意識しているのでしょうか?

 

一度そんな風に思ったらもう、そうとしか思えなくなります…w

 

発想が面白い上にオシャレにまとまっていて、流石デザイナーさんのセンスというべき発想なんでしょうね!

 

 

加藤ノブキ氏はベージュカーキがお気に入りなのだろうか?

 

発売自体がまだなので、恐らく現状(2020年4月現在)ではオーバーランドを持っているのは”加藤ノブキ氏のみ”だと思われます。

 

そんな加藤ノブキ氏のツイッターを拝見すると…目にするカラーリングは「ベージュカーキ」です。

 

そんなツイートの中でも興味深いというか…参考になるツイートがありますよ!

 

▲ツイート内に載っている画像の多くはベージュカーキカラーに近いカラーリングの車種です。

 

デザインした本人が「合わせみたい…」と言っているのだからほぼ確実に良マッチングになる事でしょう!

 

とても参考になりますね!φ(`д´)メモメモ…

 

▲実際にベージュカーキカラーの「レブル250」に合わせているツイートもありましたが、見事にバッチリな相性です。

 

同じカラーのレブルに乗っているライダーは”ベージュカーキ”が欲しくなるかもね!

 

 

ラパイド・ネオ オーバーランドまとめ

 

オーバーランドは渋くかっこいいグラフィックのネオクラシックヘルメット。

 

どちらのカラーリングを選んでもクールなライダーを演出出来る事でしょう!

 

私個人的にはどちらのカラーも好きですが、強いて言えばオリーブカーキ寄りかな?って感じです。

 

色合い的にはどんなカラーリングにも合わせやすいデザインでは無いかと思いますが、合う色のバイクに乗っているライダーなら是非検討してみて欲しいレベル。

 

「とてもかっこよく、面白い発想でオシャレ」加えて”アライネーム”という安心感。

 

完璧ですねw

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!