バイクヘルメット「OGKカブト」おすすめのかっこいいモデル9選!

OGKカブトを被った浦本選手の走行画像

PVアクセスランキング にほんブログ村

バイクに乗る際に絶対に必要な物と言えば免許証だったり、保険だったりと色々とありますが今回はその中でも『ヘルメット』について紹介していきます。

ライダーであるあなたは「何故バイクに乗るときにヘルメットが必要なのか?」と聞かれれば当然の様に答える事が出来ますよね。

もしもの時の安全の為。

あなたの答えが「義務だから」「法律で決まっているから」だった場合は認識を改めるべきかと思います。

当然の様にバイクに乗る際にヘルメットをかぶるのは決まっている事であり、義務です。

でも義務だからという理由でヘルメットをかぶるのはやめましょう。ヘルメットはあなた自身を守る為にかぶるものなのです。

バイクは楽しいので乗りたいという気持ちはめちゃくちゃわかります!でも、バイクは少なからず危険がある乗り物です。

危険に陥らないのが一番ですが『もしも』が起こらないとは言い切れませんので、自分の為にヘルメットがあるんだという認識を持っていた方が良いですよ!

まぁ、私が熱を込めていっても人の考え方はそれぞれなので強制はできません。最終的に嫌々でもかぶっていれば良いわけです。

ヘルメットをかぶっていればもしもの時の安全確保を行っていると言えますからね。

私の様に考える人もいれば「仕方が無いから」と言う人もいます。そんな邪魔者扱いされがちなヘルメットですが、そのヘルメットを自分が気に入るものにすればそんな気持ちも前向きになると思いませんか?

にわとり君

かっこいいヘルメットが欲しい!

パンダ先生

かぶりたくなるようなヘルメットが欲しい!

目次

バイクヘルメット「OGKカブト」おすすめのかっこいいモデル9選!

OGKカブトはヘルメットメーカーの中でもかなりおすすめです!

特におすすめなのは…

  • 初心者ライダー/初心者バイク乗り
  • 既にヘルメットを持っていてもう1つを探している
  • 品質が良く、安いヘルメットを探している/コスパが良いヘルメットが欲しい

こんなライダーにおすすめとなっています!

理由としては『国産で品質が高いのに、安いから!』です。

国産ヘルメットメーカー超有名所であるアライやショーエイに比べるとどうしても性能や機能面で1歩及ばない部分はありますが、正直言って気にならないレベルだと思います!

十分な安全性と機能を持ち、且つ安いOGKカブトのヘルメットはたくさんのライダーの味方になる事は間違いありません。

その中でもグラフィックがかっこいいと思うモデルを紹介していきますよ!とにかくかっこいい・目立ちたいと思っている方は参考になると思います。

ハイスペック・レーシングモデル RT-33

OGKカブト RT-33の画像

RT-33というヘルメットはOGKカブトの中でも「レースやスポーツを想定した」モデルとなっています。

【走行を手助けする・安定させる】
・トップエアロベンチレーション
・ウェイクスタビライザー
・SAF-Wシールド

【快適さ・機能性を追求】
・SAF-Wピンロック、オリジナルインサートレンズ
・SAFシールドシステム
・エアベンチレーション
・メガネ対応チークパッド
・脱着スムーズフォルム
・COOLMAX&内装フル脱着システム
・ブレスガード
・ウィンドシャッター

【安全性能】
・高強度複合素材帽体

上記の性能が盛り込まれており、スピードを出すシーンではありがたいモデルとなっています。

RT-33 AKIYOSHI

OGKカブトのヘルメット画像

韋駄天:秋吉耕佑選手のレプリカヘルメットとなるこのモデルは『雷神』もとい『雷様』が描かれています。

基本色は黄色・青色・黒色を使用しており全体的にとても派手です!

目立ちたがり屋さんにはピッタリのデザインであり、ただ派手というわけでは無く和風デザインの雷神様がゴシック調で良いアクセントになって派手なヤンチャ感をがっつり締めてバランスをとっています。

明るい色が目立つヤンチャ系ヘルメットと言うのは色合いのせいなのかちょっと安っぽくなる傾向があるのですが、このヘルメットは雷神様でしっかりとバランスをとっているので全然安っぽくないですよね!

シンメトリー(左右対称)デザインとなっており、どちらから見ても同じデザインのヘルメットです。

RT-33 URAMOTO

RT-33 URAMOTOの画像

チームKAGAYAMAの浦本選手のレプリカモデルがこのヘルメットです。

何かキャラクターが描かれていたり、分かりやすいマークがあるわけではありませんがグラフィックから速そうな感じが伝わってくる様なスポーティさがあります。

「赤、青、黒、白、シルバー」など色々な色を使用していますが、黒やシルバー系が多く占めているのでたくさん色を使用していても落ち着いた印象となっています。

スポーティ系なバイクによく合うでしょう!

RT-33 SIGNAL

RT-33シグナルの画像

RT-33シグナルもスピード感が出ているフルフェイスとなっています。

このグラフィックにはカラーデザインがあり、色が違うだけで派手さの印象や全体の印象が変わるので「自分のバイクの色」や「好きな明暗の印象」で選ぶことが出来ます。

特に筆者は赤と濃い青のカラーデザインのものがかっこいいと思いますよ!

赤は派手さの代表的な色イメージがありますが、濃い青と白色が上手く調和を取って締まりのあるデザインにしてくれています。

RT-33シグナルのカラーバリエーション画像

筆者のおすすめは真ん中だよ!

オレンジ系が一番派手だし、ブルーもかっこいいよね!

RT-33 DARK

OGKカブトのヘルメット画像

こちらのDARKと言うモデルはとにかく『スカル(骸骨)』をテーマにしているロックなヘルメットとなっています。

黒色ベースに赤と白、カーキなどを使用しており派手ながらもクールな印象を備えています。

参考画像を一見すると割とシンプル目なヘルメットデザインと感じるかもしれませんが、実はそうではありません。

このヘルメットはアシンメトリーデザイン(左右非対称)デザインを採用しており、左側面はまた違った顔を見せてくれます。

少し触れておくなら、左側は右側より派手でストリート感のあるデザインをしています。

右側も左側もどちらもかっこよく、上から下までクールにきめたい人なら上部分はこのヘルメットを選ぶのも良いですよ!

このヘルメットをより詳しく解説したページがあります。よかったら参考に!

軽さを、快適さを、スタイリングを! AEROBLADE Ⅴ(エアロブレード5)

エアロブレード5の画像

エアロブレード5は「スポーティもツーリングも」とをこなせるスタイリッシュなヘルメットとなっています。

帽体も小さ目であり、ベーシックなスタイリングなので形に抵抗が出る事は無いでしょう。

更にエアロブレード5のグラフィックモデルは、RT-33のレーシングスペックモデルとは違ってスポーティというよりはグラフィティな芸術的な印象を受ける事でしょう。

それぞれに個性やコンセプトがあるので分かりやすく、気に入ったものを選びやすいという特徴もありますよ!

【走行を手助けする・安定させる】
・軽量でコンパクトな帽体
・最先端エアロフォルム
・ウェイクスタビライザー

【快適さ・機能性の追求】
・高い静粛性のシールドシステム
・フレッシュエアコントロール
・脱着スムーズフォルム
・耳元ゆったり設計
・メガネ対応チークパッド
・ダブルアクションタイプマイクロラチェットバックル
・内装フル脱着システム(選択可能)
・ウィンドシャッター

【安全設計】
・高強度複合素材帽体と勇気要素法による各部の強度最適化

上記の機能をノーマル状態で持っており”DAFピンロック””ウェイクスタビライザー”などのオプション品を追加装着出来るので、ノーマル以上に快適さなどを追及する事も出来ますよ!

AEROBLADE-5 SAMURAI

OGKカブトのヘルメット画像

こちらのモデルは名前の通り”侍”をデザインテーマにしているヘルメットとなります。

侍と言ってもマゲをしている様な侍では無く、合戦をしている最中の将軍の様な甲冑をまとっている侍です。

しかも中身の人間は、目元が見えないながらも鬼気迫るような表情をしておりその肌感から『侍の霊』かと思わせるデザインとなっています。

その為圧倒的な畏怖感を持っており、このヘルメットを見ているだけでちょっと圧を感じてしまう様な勢いを持っています。

黒・金・白をバランスよく使用し描かれたデザインは上品さとかっこよさを持ち合わせており、侍が畏怖感を漂わせている結構マニアックなデザインですがかなり目立ちかっこいいヘルメットですよ!

このモデルはシンメトリー(左右対称)デザインとなっており、右側も左側も同じデザインとなっています。

AEROBLADE-5 DRAGON

OGKカブトのヘルメット画像

こちらのモデルはその名の通り、伝説上やファンタジーの中で有名な”ドラゴン”をテーマにしたデザインのヘルメットとなっています。

参考画像を見てもらえば分かる通り、赤色ベースの色の中にはドラゴンの鱗やたてがみがしっかりと描かれており、かなり雰囲気が出ています。

白色のペンキ調デザインは無造作に描かれた線の様ですが、どこかオシャレな雰囲気を出しておりベース色の赤との相性も良いです。

ドラゴン要素弱くね?と思った方もいるかと思いますがそんな事はありません。

このモデルはアシンメトリー(左右非対称)デザインを採用している事で、片側はドラゴンといえどもどこか落ち着いたデザインを表現しています。

が、もう片側はドラゴン感満載であり遊び心を入れながら書かれたドラゴンは『畏怖間・強さ・ポップ』な感じを全て表現しており、左右で違ったデザインを楽しむ事が出来ます。

エアロブレード-5シリーズの『侍』と『ドラゴン』ですが、デザインの参考画像を複数枚用意してあり、感想や機能が詳しく書かれているページがあります。
気になる方は良かったら参考にしてください!

AEROBLADE-5 WIND

エアロブレード5WINDの画像

風を切り裂く鋭いエッジの効いたグラフィックデザインとなっているカラーリングは割と落ち着いたものですが、デザインが派手にキマっているので良いバランスとなっています。

派手なカラーは苦手だけど、せっかくだし主張しているデザインも良いよね…

とこんなわがままライダーにはピッタリのヘルメットになっています!

黒に赤色を入れているカラーデザインなんて結構ロックさを感じますよね?ロックな感じが好きな人や、ちょっと中二がかった人もきっと好きなデザインでしょう。別の見方をすれば色気があるとも言えますね!

パンダ先生

まぁ、確かに黒に映えるトゲのデザインは「バラ」にも見えたりもするしね!

ただやはり全体的な落ち着きがあるので全体的に見ると締まりのある印象に仕上がるでしょう!

カラーリングも3種あり、それぞれの色でまた印象が変わるのも魅力的です。

WINDのカラーバリエーション画像

色が変わるだけで「色気やクール」さの具合が変わるので、好きなものが選べる!

快適さ、シンプルさが魅力的!KAMUI-3

カムイ3の画像

カムイ3はOGKカブトの中でもかなりリーズナブルな価格設定ですが「ライダーのあったらいいな」という思いを詰め込んだ快適ヘルメットになっています。

RT-33やエアロブレード5のようなスタイリッシュさはありませんが、シンプルでかっこいいグラフィックが揃っていますよ!

にわとり君

せっかくのヘルメットだからグラフィックモデルが良いけど、派手過ぎはちょっと…

なんて人におすすめです。

【快適さに余念がない!】
・UV&IRカットシールド
・インカム取付を考慮したスペース確保
・包み込むようなフィット感内装
・日差しや照り返しで活躍するインナーサンシェード
・メガネ対応チークパッド
・操作感の良いベンチレーションシステム
・着脱スムーズデザイン
・内装フル脱着システム(選択可能)
・ウィンドシャッター
・ブレスガード
・ダブルアクションタイプマイクロラチェットバックル

全てがライダーの快適さの為に装備されており、中でも「UV & IRカットシールド」は1年を通してかなりありがたいので、魅力的だ!

KAMUI-3 KNACK

カムイ3 ナックの画像

カムイ-3ナックはかなりシンプルなデザインのヘルメットになっています。

ベーシックなソリッドモデルにちょっとしたデザインを追加したようなグラフィックとなっており、落ち着きがありますね!

派手派手しているデザインは苦手だ…という人にとくにおすすめです。

デザインはシンプルながらもスポーティさを感じられるものとなっているので、スポーツ系バイクなどに似合いますね!

カムイ3 ナックのカラーバリエーション画像

カラーバリエーションは3種ありますが、ブラック系はちょっとパッとしませんね…

カモ柄というのが結構珍しくオシャレさもあるので良いですが、スポーティさはホワイトが一番ありますね!

KAMUI-3 CIRCLE

カムイ3 サークルの画像

カムイ3サークルは幾何学模様が特徴的なグラフィックモデルとなっています。

不思議な模様な幾何学模様ですが、主張が激しく無くアーティスティックな印象が持てますね!

ちょっと常人には理解が難しい模様かと思いますが、どこかスタイリッシュだったりスポーティな感じにも見えてくるのはヘルメットに描かれているからでしょうか…?

筆者は芸術センスが皆無なのでこの模様が理解出来ません!

ですが、理解に難しい模様ですが不思議とかっこいいとも思えるデザインとなっていますね!

カムイ3サークルの別角度からの画像

▲模様は全体的にいきわたっていて、よく分からない模様ですがしっかりとまとまっていますね。右後ろから見た感じなんて結構クール!

OGKカブトのヘルメット画像

カラーバリエーションは3種あり、一番幾何学模様が目立つのは赤色が混ざったタイプですね!

ただ筆者的には白色がスポーティで、黒色がクールな印象があって良い感じです。

おわりに(まとめ)

今回はOGKカブトという国産のヘルメットメーカーのかっこいいフルフェイスヘルメットをまとめました!

これらのモデルは2019年の現在に既に販売されているものであり、一部は2019年に新登場したモデルです。

国産ヘルメットメーカーの有名所だと5万円だとかする価格帯のフルフェイスヘルメットですが、OGKカブトなら3万台中盤だったりしてかなりお買い得モデルばかりです。

最高品質とまではいきませんが『良品質であり、安い』とくれば助かるライダーも多いはずです!

是非検討してみて下さいね。という事で、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次