▼このブログの説明書だよ!
ネオクラシックバイク

【SHOEI】EX-ZEROをガチレビュー!軽く、良く、かっこいい

どもどもー、SHOEIの”EX-ZERO”は2019年11月22日発売のヘルメットです。

 

発売当初は店頭で拝める事自体がかなり珍しい程の人気っぷりなヘルメットであり、2019年12月15日現在でも店頭在庫が切れるといつ入荷するかは不明との事。

 

そんな大人気であるSHOEIの大成功ヘルメット!つい先日ゲットしたのでレビューを残しておきます。

 

この記事がおすすめな人

  • EX-ZEROの購入を迷っているが色々な意見があるので迷っている
  • 見た目だけかも…と踏ん切りがつかない
  • なかなか無いから諦めそう…←(もうあるよ!売ってるよ!)

 

と、EX-ZEROが気になっている人にとって少しでも参考になればと思います。

【SHOEI】EX-ZEROをガチレビュー!軽く、良く、かっこいい

バイクを乗り換えるにあたって、ふと「ヘルメットも新調したい!」と思ったのがきっかけで手に入れたEX-ZERO。

 

家の一番近くの”ライコランドグループ”にお邪魔したところ発見!

 

気になっていた「マットブラック」と「パサルトグレー」をチョイスして試着。

 

気を利かせてか、在庫限りなのかは分からなかったですがそれぞれサイズがSとMで丁度ばらけていたのでスムーズにサイズ感チェックを完了!

 

追加オプションで人気の”バイザー””ゴーグル”を装着する事を考えて、パサルトグレーをゲット!という感じでした。

 

 

EX-ZEROの装着感

 

国産のヘルメットを選ぶ時の基準として、自分の頭サイズよりもワンサイズ大きめを選ぶと良い!と言うのをよく聞きます。

 

しかし、EX-ZEROはピッタリサイズくらいでも良いかもしれません。(髪のボリュームにも左右されます)

 

実際の所、頭のサイズ+自分の髪の量やよくやるヘアスタイルをイメージしてサイズ選びに望むと失敗が少ないかもしれませんね!

 

EX-ZEROのサイズと対応頭サイズが以下…

ヘルメットサイズ頭周りサイズ
S55cm
M57cm
L59cm
XL61cm
XXL63cm

と上記の様に展開されています。

 

サイズ展開表は、SHOEI公式サイトを基に作成したものになりますが基準にする上で困るのは「頭周りサイズが1cm飛ばし」になっている点。

 

この間のサイズの人はどうすれば…となりますよねw
実は私もそれに当てはまりまして、ネットで購入しようと思っていましたが表を見て不安になりお店に行きたくなったという流れでした。

【私の頭の状態】

私の頭周りサイズは”56cm”とSとMサイズの中間に位置。
よくやるヘアスタイルは”緩めのツイストパーマ”を美容院でかけています。
髪質はねこっ毛なので”細く、柔らかい”状態。

▲SとMサイズの中間に位置していた私のサイズに合ったのは”Mサイズです。

 

Sサイズの試着時はフィット感が良かったので、バイクに乗るイメージをして色々な姿勢をとってみたりしばらく装着し、遊んでみてました。

 

そしたらどんどんと頭の締め付けが苦痛になってきて「ロングツーリングとか無理やな…」と感じてちょっと無しかな…と。

 

Mサイズの試着時はフィット感はSサイズ程良くは無かったですが、逆に言えば程良く締め付けがあり程よく出来る空間がグッドでした!

 

インカムスピーカーなどを装着する事を考えると、これくらいがちょうど良い!という結果に落ち着き”Mサイズ”をチョイスした流れですね。

 

ヘルメット選びにとってサイズはとても重要!
頭のサイズはもちろんの事、自分の髪の質やスタイルを考えて選ぶのはとても大切な事です。

更に言えば、ヘルメット内へ装着する用品類の事も考えるのが良いですね!

 

髪がボリューミーで硬い人もいれば、私の様にねこっ毛で細く柔らかい人もいます。

 

細く柔らかい人であれば頭周りサイズが製品展開サイズとマッチしてれば、EX-ZEROに関して言えば対応サイズ通りのヘルメットサイズを選んでも問題なさそう。

 

しかし、硬くボリューミーな人は頭のサイズ+髪の厚みが加わるのでワンサイズ大きめが良いかもしれません。

 

一番は店頭で試着するのが一番なのですが…入荷していなければそれも出来ないと思います。ネット購入時などの参考になれば幸いです!

 

 

EX-ZEROの見た目

 

散々話題に上がっているヘルメットの為、画像でたくさん見たことがあるという人がほとんどだと思います。

 

シンプルに「かっこいい」ですよね!私も見た目から入りました。
ただ、SHOEIだから見た目から入れるという事実もありますよね!

 

国産ヘルメットで安全性は申し分ないという信頼を基に見た目で選べるのは、かなり楽だし良いこと!

 

私はオプション品である”バイザー”を同時購入して装備していますよ!

▲バイザーをつけるとこんな感じ。

 

オプション装備のバイザー自体のカラーは”黒”しかないですが、基本的にどのヘルメットカラーにも合います。

 

私は自分のバイクの色から「マットブラック」か「パサルトグレー」を検討していて、バイザーを付ける予定だったので、色合い的に気に入ったパサルトグレーにしました。

 

ゴーグルはまだどれにしようかを迷っているので、付けていません。(誰か良いの教えて…切実)

 

コメント欄におすすめゴーグルどしどしお待ちしていますよ!

 

バイザーを付ける事でヘルメットが引き締まって、更にかっこよく見えると思っています。

▲正面から見るとこんな感じ!いいでしょw

 

ただ、このバイザーを装着し走行してみるとちょっとしたデメリットも発見…

 

  • 頭頂部から見るとダサい
  • スピードに乗ると風の抵抗を受け、あおられる

 

という事を発見。

 

▼頭頂部から見るとダサいというのはこういう事

バイザー幅が大きい為、なんだか不格好ですよね。

 

でも頭頂部からみられることは無いからまぁ…いいか!と解決。

 

次に、スピードが出ると風にあおられるという点。

 

これは結構問題点としてとらえておいた良いかと思っており、まだ高速走行を行っていませんが一般道の規定速度域で数回風が気になりました。

 

感想は「うわぁ、結構バイザーで風におされるんだな…」と言った具合で一般道ではこの程度で済む話かと思います。

 

しかし、高速道路に乗ると考えるとちょっとつけていられないかも…と考えており、高速道路に乗る際はバイザーを外しておいた方が良いかもしれませんね!

 

 

ゴーグルスタイルで印象がかなり変わる!

 

EX-ZEROはヘルメットに内蔵しているインナーバイザーを使用する場合と「ゴーグルスタイル」の両方を楽しめるヘルメットです。

 

ゴーグルスタイルもかなりかっこいいのでおすすめ!


▲スワンズのゴーグルを付けている状態です。

 

ミラーレンズと言う事もあり、かなり印象が変わりますよね!

 

更にインナーバイザーと違う点はゴーグルの後頭部へと回り込むベルトがオシャレ感をアップさせてくれるという所。

 

基本的にこの手のゴーグル「バイク用・スノボ用など」はベルト部分にもデザインが入っていてオシャレなんですよね!

 

何かロゴが入っていたりして目にかかる以外にもオシャレさをアップさせてくれるゴーグルスタイルはかなりおすすめ!

 

 

使用ゴーグルによっても印象が全然違う

 

EX-ZEROに付けるゴーグルの見た目によってもかなり印象が変わってきますよ!

EX-ZEROの画像
▲画像はスワンズのゴーグルを購入する前の「とりあえず」で付けていたスノボーのゴーグルを付けていた時の画像です。

 

レンズやベルト部分の色などが違うだけでこれだけの違いを見せます!

 

ゴーグル1つでオシャレが楽しめる所もEX-ZEROの見た目の良さの1つと言えるでしょう。

 

走行時の感想

 

つい最近購入したEX-ZEROでの走行レビューを書いていきます。
正直控えめに言っても”良い”と感じています。

 

 

この軽さは重宝する

 

今まで使用していたヘルメットは『シンプソン ダイヤモンドバック』だった私。

 

重量自体は”約1.5kg”であり、数値だけで見ると正直言って軽いですよね…まぁ見た目で選んだんですけど。

 

ただ、ヘルメットで考えると結構重たい…デイトナ675に乗っている状態でこのヘルメットをかぶっていた私は前傾姿勢からの首を上げる体勢が時間経過と共に辛くなっていました…

 

完全に首が悲鳴を上げていた状態ですw

 

EX-ZEROの重量は”Mサイズで約1.18kg”となっており、300g程ダイヤモンドバックよりも軽い!

 

初走行で感動していました…無駄に首をあっちゃこっちゃへ振り回してみたりしていて完全に不審者になっているくらい感動していましたw

 

乗り換えたバイク(別ページで紹介します)も前傾姿勢のバイクなのですが、全然余裕でしっかりとライディングを楽しむ事が出来ますね!

 

【参考:サイズ別重量表】

製品サイズSMLXLXXL
ソリッド(g)1,1401,1791,1961,2681,292
グラフィック(g)1,1751,2021,2161,2901,312

 

首の角度がキツいバイク程、ヘルメットの重量は気にすべき!
EX-ZEROの軽さはどんなバイクでもありがたみを感じるかと思います。

 

 

場合により風の対策が必要なヘルメット

 

EX-ZEROは冬のライディングに向いていません。場合によりと言うのは、寒い時期という事。

 

EX-ZEROはフルフェイスでありながら隙間が多いヘルメットタイプであり、冷たい風がダイレクトで鼻元、口元に突撃してきます。

 

その為、対策を何もしていないと顔がかなり冷え…痛いです。

▲内蔵シールドを完全におろした状態で上の様な比較的大きめの隙間が出来るので、ここから風がめっちゃ入ってきますw

 

 

▲アルミナムメッシュフィルターは常時開放型なので、ここからも風がめっちゃ入ってきますw

 

隙間&常時開放フィルターなので冬のライディングはちょっとキツいと感じるかもしれません。

 

ちなみに私は今時期の冬に購入し、走行、レビューを書いています。
ただこの隙間風は全然気になりませんでした!
理由は【対策】をした事で”薄手のネックウォーマー”を鼻までかぶせる事でこの風が気にならなくなります。

厚手だと、暖かさ抜群だが息苦しさと締め付け感が強くなるのでおすすめ出来ません。薄手の物で十分でした!

 

しゃくれている様なシルエットの為、口元部分にある程度の空間がありネックウォーマーを入れるのもそんなに苦労はありませんよ!

 

ちなみに夏は涼しく快適な期待が持てますよ!まだ夏使用してませんけどねw

 

 

走行風の音

 

高速道路をまだ走っていないので一般道路の話になります。

 

隙間が多く”走行風の音”が気になるかと思いますが、私的には気になりませんでした。

 

音楽を聴いていたわけでも、何かで耳をふさいでいたわけでもありませんがよく言われる風切り音と言うのは問題なく感じましたよ!

 

テンションが上がっていて気にならなかった可能性もありますが…w

 

風切り音についての追記

 

顎部のエアベンチレーションである「アルミナスメッシュフィルター」は良いのですが、それ以外の閉じていない部分…

EX-ZEROの隙間説明の画像 EX-ZEROの隙間説明の画像2
▲鼻がくる部分と、顎部のフルオープンな部分からはかなり風が入ってくるので走行速度によってはかなり風切り音が気になる場合があります。

 

これによって「スマホの音、インカム通話」が聴こえにくくなる場合が結構あります。

 

正直言ってスマホの音に関しては基本的に安定しているのそこまで聴こえにくくなる事はありませんが、走行中に度々通信が不安定になるインカムは相手の声量によってはかなり聴こえにくくなる時があります。

 

やはりフルフェイス定番の密閉率が高いスタンダードな形よりも音の聴こえやすさが劣ってしまう部分は否定できませんね。

 

ただ、全く使用出来ないわけでは無く私も普通に使用出来ていますので、全く聴こえなくなるわけではありませんよ!

 

視界

 

フルフェイスヘルメットの宿命ともいえるかもしれませんが、多くの製品はかなり視界が狭まってしまいます。

 

上下左右共に視界が狭い状態は私にとって結構不安な状態であり、以前のヘルメットを装着時には目視確認が忙しかったくらいです。

 

しかし、EX-ZEROは”視界が広く良好”なのでこれは良い!と走行中に思いました。

 

最低限の首の可動で広く目視確認をする事が出来るので、不安で起こる心への負担も無いしヘルメット自体が軽いので首への負担も無いですね!

 

とりあえず、現状のレビューはこんな感じ!

 

まだまだ本格使用をしたわけでは無いので、気づいた事はどんどん追記していきます。

 

 

 

ちなみにEX-ZEROの製品の概要を知りたい方は下記リンクへどうぞ!

 

おわりに(まとめ)

 

EX-ZEROの一番の売りは”見た目””軽さ”だと感じています。

 

まず見た目がかっこいい事はライダーに選ばれる基準として大きな点であり、ライダー自身のテンションやライディング意欲を上げるうえで重要なポイント!

 

そして重量が軽いというのは”疲労”を最小減に抑える事が出来るので、ライディングに集中出来る、楽しめるという面に加えて事故の減少にも貢献します。

 

ライダーが元気な状態を保てる時間が長ければ長い程、事故の可能性は低くなるのは想像するのは簡単な事であり、その手助けの1つのなるのが装備品の軽さと言えます。

 

首などに負担の無い用品はそれだけ疲れにくく、ライダーの安全をサポートできますからね!

 

EX-ZEROは控えめに言って優秀なヘルメットだと感じます。

 

  • 見た目
  • 快適さ
  • 安全性

 

が備わっているヘルメットでしかもフルフェイスの中では”比較的安価”です。

 

そりゃ人気も出ますよねw

 

EX-ZEROを検討している人へ参考を提供出来たらと思って書きました!

 

ではでは…最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!