MENU
▼このブログの説明書だよ!
ニュース

【ハスクバーナ】ネオクラシックな「Vitpilen,Svartpilen」が250ccに仲間入り?

とてもシンプルなデザインをしており「オールドルック」とも「近未来的」ともとれるその見た目はまさにネオクラシック。

 

 

”ヴィットピレン”は2018年に、”スヴァルトピレン”は2019年にピレンファミリーとして登場したネオクラシックバイクです。

 

 

ピレンファミリーは「ヴィットピレン・スヴァルトピレン」共に最高排気量が692ccであり、その下に400ccクラスの中型が控えています。

 

 

シンプルイズベストという言葉がマッチする、このピレンファミリーは『その美しさ』『KTMの傘下であるハスクバーナ』という事で、コアなライダーに注目されています。

 

 

そんな注目のあるピレンファミリーの中に250ccクラスが新たに仲間入りを果たす可能性が見えてきました。

 

 

”ヴィットピレン250””スヴァルトピレン250”です。

【ハスクバーナ】ネオクラシックな「Vitpilen,Svartpilen」
が250ccに仲間入り?


引用元:バイクブロス(ヴィットピレン701、2020年モデル)

 

”ヴィットピレン”もとい”スヴァルトピレン”それぞれに魅力を感じているライダーは少なくは無いと思いますが、以下の事を思った人もいるんじゃないでしょうか?

 

かっこいいんだけど、車検有りばっかりか…

 

と…車検無し排気量に魅力を感じているライダーも日本では多く、外車に魅力を感じても排気量を見てガッカリしてしまうパターンがあります。

 

 

基本的に車検は2年毎に訪れる点検行事であり、400cc以上のバイクは避けては通れません。

 

 

しかし、今までの外車メーカーのラインナップときたら大型がかなり多い!250~400ccクラスなんてものは限られたメーカーしかないというのがほとんどでした。

 

 

外車には日本メーカーには無い魅力があり、惹かれる人も多いのですが「大型」「車検有り」という壁にぶつかって諦めていた人も結構いますよね。

 

 

だが嬉しい事に最近の外車メーカーは小排気量にも目を向け始めており”ハスクバーナ”もその内の1メーカーという事です。

 

 

現段階ではピレンファミリーの250ccクラスが日本に上陸するかまでは、情報はありませんが期待出来ると思います。

 

 

ヴィットピレン250、スヴァルトピレン250の現段階での情報

 

ヴィット&スヴァルト250cc両車種の登場は確実かも?

 

追記:スヴァルトピレンの情報としては【発売日2020年4月予定】【価格は59万9,000円】と発表されています!

 

 

この2つの車両の動画が「ハスクバーナ・モーターサイクルズ・インディア」のYouTubeチャンネルにもアップされているくらいであり、発売情報などが見え始めるのも時間の問題になってくると予想出来ます。

 

 

【▼ヴィットピレン250、スヴァルトピレン250の動画】

 

 

ヴィットピレン250のスペック詳細(401と比較)

 ヴィットピレン250ヴィットピレン401
エンジン形式水冷単気筒4ストロークDOHC4バルブ水冷単気筒4ストロークDOHC4バルブ
排気量(cc)248.8373.2
ボア×ストローク(mm)72×61.189×60
最高出力(PS)3143
燃料タンク容量(L)9.59.5
シート高(mm)835835
車両重量(kg)153148
Frフォークタイプ倒立フォーク倒立フォーク
Frフォーク径(φ)4343
ヘッドライト(Hi)LEDLED
テールライトLEDLED
スピードメーターデジタルデジタル
車両装備ABS

ABS
スリッパークラッチ

 

基本スペックは兄貴分であるヴィットピレン401と同様です。

 

 

シート高835mmはビットピレン401と同じであり、更に大型である701ともほぼ変わりません。

 

 

日本人にはちょっと高めのシート高設定とはなっていますが、流石のハスクバーナと言った所でしょう。

 

 

小排気量のライディングスペックに妥協はありませんね!

 

 

しかし、搭載機能自体はどこまでなのかちょっと分かりません。(ABSがある事だけ確認済)

 

 

ヴィットピレン250の見た目

 

見た目もヴィットピレン401とほとんど変わりがありませんね!

 

 

マイナーチェンジとして小排気量帯を出すという事でしょうが、ライディングスペックを妥協せずにと考えると見た目やシルエットは似てくるものなのでしょう。

▲ヴィットピレン専用PR動画では、比較的細かい部分まで確認できるよ!

 

 

スヴァルトピレン250のスペック詳細(401と比較)

 スヴァルトピレン250スヴァルトピレン401
エンジン形式水冷単気筒4ストロークDOHC4バルブ水冷単気筒4ストロークDOHC4バルブ
排気量(cc)248.8373.2
ボア×ストローク(mm)72×61.189×60
最高出力(PS)3143
燃料タンク容量(L)9.59.5
シート高(mm)835835
車両重量(kg)154150
Frフォークタイプ倒立フォーク倒立フォーク
Frフォーク径(φ)4343
ヘッドライト(Hi)LEDLED
テールライトLEDLED
スピードメーターデジタルデジタル
車両装備ABSABS
スリッパークラッチ

 

スヴァルトピレン250も兄貴分である401と基本的にスペックは同じになります。

 

 

”ヴィット””スヴァルト”両方ともに言えることは、250ccと400ccクラスではほとんどパワーの差くらいしか無いと言う事です。

 

 

ピレンファミリーは既に401の時点で小排気量のガチバイクとしてのスペックを確立しており、そのスタイリングからスペックに至るまで一流の車種となっているのは間違いありません!

 

 

スヴァルトピレン250の見た目

スヴァルトピレンも250と401の違いは五とんど見受けられません。

 

 

ヴィットピレンよりも比較的楽なライディングポジションなバーハンドルを採用しており、初心者にもおすすめです!

▲スヴァルトピレン専用動画では、比較的細かい所まで確認できるよ!

 

 

ヴィットピレン250、スヴァルトピレン250まとめ

 

基本的に”ヴィット・スヴァルト”の250は両車とも兄貴分である401とスタイルは変わりません。

 

 

これにより250ccのピレンが気になる!となっているライダーに1つだけ伝える事が出来る部分があります。

 

 

それは”ポジションのキツさ”です。

 

 

ピレンファミリーで2019年12月現在で販売されている車種は401と701です。

 

 

その2つの排気量の中でもポジションがキツいとされているのが”ヴィットピレン401”だと言われています。

 

 

「250でも401とパワーは違えど、スタイリングは同じ」となった時、250ccクラスと言うのは初心者にもとてもおすすめの排気量ですが、”ヴィットピレン250”だけは別物になる可能性が出てくると言う事。

 

 

つまり、250ccだからと言って初心者~ベテランまで誰でもおすすめ出来るか?と言われればちょっとためらってしまうレベルだと予想出来るのが”ヴィットピレン250”になる可能性がありますね!

 

 

ガチバイクだからこそ、小排気量でも妥協しない!スパルタンさが残っている場合があるので初心者ライダーでヴィットピレン250を検討しようと考えている方は情報集めが大切になってくると思いますよ!

 

 

期間限定番外編(ハスクがキャンペーンしてるよ!)

 

現在2020年1月1日~3月31日までハスクバーナがヴィットピレン401/スヴァルトピレン401に関するキャンペーンをしています。

 

 

上記2モデルが気になっているという人は下記リンクへジャンプ!

 

 

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村