PVアクセスランキング にほんブログ村

▼お問い合わせページから質問や要望を受付中
▼服装や装備品、ガジェットなどのまとめページ!
コラム

ヤマハの「つながるバイク」は良い!でももっと使えるシステムが欲しい

つながるバイクと他にも欲しいシステムの紹介ページタイトル画像

ヤマハ発動機(通称:ヤマハ)は2021年5月20日にコネクト機能を備えた「つながるバイク」というものを2021年6月28日に日本市場へ導入すると発表。

 

「つながるバイク」は新型NMAX ABSモデルから導入される予定であり、簡単に言えばバイクとライダーをITで繋ぎライダーに様々な情報を提供するという狙いがあるようです。

このページのまとめ

ヤマハが開発した新システム「つながるバイク」はかなりバイク乗りからすればかなり良いシステムサービスだと言えるでしょう。スマホアプリによってバイクと連動する事でいくつかの状態確認を行う事が出来るからだ!

これによってライダーはバイク管理がよりしやすくなる。しかし、バイク乗りの事を考えるともっと良く出来る…整備履歴記録システムやツーリングスポット紹介システムを追加するだけでバイク乗りや整備士には大きく有益になるから。

バイク関連のアプリやシステム開発を行うような関係者には、これらなどが追加されたよりバイク乗りの為になるものを期待したい!

こんな感じのページとなっています。

 

「つながるバイク」の機能を詳しく解説した後に、これからのバイク乗りとお店はどのような展開が望ましいのかという考察を、何故そのような展開だと良いのか?と言うのを説明していきますよ

出来ればバイク関係者に読んでもらって、より良いシステムを構築して欲しい思いもあるよ!

バイク関係者(お店や開発陣)だけでは無く、バイク乗りにも読んでもらって共感してもらえると嬉しいよね!

ヤマハの「つながるバイク」は良い!でももっと使えるシステムが欲しい

つながるバイクの画像

ヤマハが出す新機能「つながるバイク」とはいかほどなものか…少なくともライダーのバイクに対する理解は深まるだろうと思えるものに間違いは無いでしょう。

 

つながるバイクはバイクをスマホアプリと連動する事によって以下の情報が提供されます。

  1. スロットル開度
  2. エンジン回転数
  3. 加速度
  4. エコ運転状況
  5. 走行距離、経過日数に基づいたオイル交換タイミングのお知らせ
  6. バッテリーのコンディション(状態)
  7. 日別、月別の燃費
  8. バイクの最終駐車位置

これら8つの情報をライダーは知る事が出来ます。

 

①~③までを気にするライダーは多くは無いでしょう。基本的に走行中の情報なので見る暇もないでしょうからね!

 

しかし、「エコ運転状況/オイル交換タイミング/バッテリーコンデション/燃費」などはちゃんと見える形で確認したいライダーは多いでしょう!これらの情報を基にライダーは自分の運転を見直したり、バイクの状態を少しだが判断する事が出来ます。

 

つまり…バイク初心者などの知っている事が多くない人でも、バイクの状態次第では整備の必要性を感じたり、安心したりすることが出来るのだ現在所有しているバイクに装備出来るのではなく、これからのバイクへの装備という事なのでそこはちょっと残念ではありますが、ありがたいITのグレードアップなのは間違いない。

 

「つながるバイク」は良いシステムだが、整備履歴も記録できると尚良い

 

つながるバイクは間違いなくバイク乗り達にとって良いシステムであり、バイクの状態を良く保つタメになるものです。

 

しかしそれだけではまだ足りない…理由は、バイクは頻繁に整備をして乗り続けるものと言う事。ヤマハというメーカーとしては十分なシステムなのだが、バイク乗りの事を考えると汎用的な面で足りないのです。

ヤマハさんへのダメ出しでも、改善を求めるというわけでは無いよ!

つながるバイクの出来る事だけでも十分に良いからね。

ではどう足りないのか、何が必要なのか…それは「整備履歴」を記録できるシステムだ。バイクには整備履歴が欠かせないと言っても過言ではありません。

 

整備履歴システムがあれば、オイル交換はもちろん!その他消耗パーツの交換タイミングも予測しやすくなる

整備記録簿の画像

車とバイクを所有している人なら分かるかと思いますが、消耗品の交換や故障の修理に関して車よりバイクの方が必要な整備回数が多いのでは無いでしょうか?整備回数が多いものほど整備履歴が欠かせない。整備回数が多ければ得られる情報も多いから。

  • オイル交換以外の消耗品類の交換タイミング指標
  • 所有車種のどこが弱いのか?故障が多いのか?
  • 過去に何をしているのかを誰にでも漏れなく伝えられる

上記の事が分かるようになると良い、更に上記の事が共有出来る様になるとより良いのです。

2022年4月1日走行距離20,000kmでFrブレーキパッド交換
2022年7月5日走行距離24,000kmでRrタイヤ交換
2023年2月25日走行距離32,000kmでFrブレーキパッド交換
2024年8月19日走行距離44,000kmでRrタイヤ交換、Frブレーキパッド交換
2026年11月8日走行距離64,000kmでRrタイヤ交換

なんて履歴があるとします(消耗品パーツは同じものを常に使用)。それぞれの消耗品の交換時期はどれくらいでしょうか?

 

とちょっと学校の問題みたいですが、こんな整備履歴からは「Frブレーキパッドは12,000km程度、Rrタイヤは20,000km程度」のスパンで交換タイミングがくるというのが読み取れますよね?しかもこれを見た大体の人が読み取れます。

 

こんなのも手元のスマホで管理、確認出来るようになればバイク乗り個人で所有バイクのより良い管理を行えるようになると思いませんか?

 

このような整備履歴は大手のバイク取扱店(もちろん整備工場あり)ではやっているでしょう。少なくとも筆者はこれを行っているバイク関連企業を1つ知っています。

 

自分のバイクの整備履歴を誰にでも共有できる状態であれば、お世話になっている整備士が不在な場合や、通うお店が変わった場合でもその情報をもとにしっかりと適切な整備を受ける事が出来るでしょう。

 

整備履歴システムもあれば、所有バイクの弱い所/故障が多い所がわかりやすくなる

故障したバイクの画像

整備履歴はライダーにとっても、整備をする側にとっても良いというのがここまでで分かったかと思いますが、整備履歴はバイクの弱点情報をも得られる可能性が高いです。

 

バイクには車種毎はもちろん、1台1台に故障しやすいパーツや箇所というのが付き合っているうちに分かる場合が割と多くあります。

例えばKTMなら電装系が弱いなんて話を聞いたりするよね?

筆者のバイクはKTM傘下のメーカー車両だから、これもまた電装系が弱いという情報もSNSなどで流れていたりするよね!

KTMや、その傘下のハスクバーナはもちろん海外車両は電装系が弱いと言われる事がよくあります。これはメーカー毎に認識されている弱点であり、数の多い報告は信憑性も高く実際に弱かったりもする…

 

しかし、バイクの弱点というのはそれだけでは無いのです。同じCB400SFでもある人のはミッションが良く故障したり、ある人のはメーターインジケーターが良く故障する…このような症状もバイク毎に起きますし、それがそれぞれの弱点と言えます。

 

この弱点を見極めれる材料としても整備履歴は有効なのです整備履歴を見て、多く整備をされている箇所はそのバイクの弱い所と言うのが簡単に分かるからですね!

 

弱い所/故障が多い所がわかれば、修理も早い

整備士の画像

整備履歴によって「弱い所/故障修理が多い箇所」がわかれば修理が早く済む可能性も十分に高くなります。その理由は…整備履歴に記載されている故障症状と同じ症状が出ていればまずそこをあたってみる事が出来るから。

 

もしそれで治ったのであれば故障診断の時間を大幅に短縮できるのです

 

更に言えばバイクに慣れている人であれば、直してもらった複数の整備履歴から読み取って自分で怪しい所に手を加えて直す事が出来たりもするんですよね!

 

整備履歴システムはライダーにも、整備士にもメリットがある

 

このようにして整備履歴システムがある事で、ライダー自身はもちろんバイクを触る整備士にもありがたい!

でもさ、整備履歴なんて所有ライダーが自分で覚えておけば良いんじゃないの?

確かにね!整備前にしっかりと話しておけば整備士にも伝わるでしょ?

それがそうでも無いのです…整備後の「不具合内容+修理方法」の説明は義務なので整備士はライダーに説明します。

 

でもその説明を1から10までしっかりと理解し、他の人に説明出来るライダーはどれくらいいるでしょうか?聞き慣れないパーツが多い、聞き慣れない単語が多い…その為話も頭に入ってこない…結果として理解できない。なんてたくさんのライダーが経験しているでしょう。

 

それを変わりに説明してくれるのが整備履歴なのです。ね?あった方が良いでしょ!

 

ライダーに楽しさを提供するならツーリングスポット紹介などもあると良い

綺麗な夜空の景色画像

整備履歴システムがあると良いというのは「バイクを大切に長く乗る」「バイクに乗れない期間を最小限にする」という面において効果的です。

 

ではバイクをより楽しんでもらう為にはどんなシステムがあれば良いのでしょうか?

  • 綺麗な景色
  • おいしい食べ物
  • 走って楽しい道
  • 撮影スポット
  • などなど…

バイク乗りは様々な魅力を求めてツーリングに出かけます。これを提供出来れば、バイク乗り達はよりバイクに乗る事を楽しめるのでは?

 

自分で色々と調べてツーリングに出かける人は多いですが、それが出来ない人もいますし、「そんな所/そんな食べ物/そんな景色/そんな道」があるなんて知らなかったなんて場合もあります。

 

それをアプリなんかで気軽に提供してもらえれば、ツーリングの計画も早く立てれたり、新しい発見が出来るかもしれませんよね!そんなシステムサービスもあったら良いと思いませんか?

 

「つながるバイク」は良いシステム!だけどもっとバイク乗りの事を考えられるはず!

 

「つながるバイク」は今までに無いバイクの状態を簡単に割と詳しく知れる良いシステムなのは間違い無い!ですが、バイク乗りの事を考えると今一つ足りないと言えます。

 

整備履歴記録システムがあれば…今まで以上にバイクの状態の管理が出来るようになりますし、ツーリングスポット紹介システムがあれば…今まで以上にツーリングを楽しむ事が出来るようになるでしょう。

 

これは「つながるバイク」のダメだしでは無く、いちバイク乗りとしての希望です。ヤマハはもちろん、バイク関係者様方…より良いサービスをアプリなどで展開してくれるとかなりありがたいです

 

という事で、現場(@su_ba_ru)からは以上です!

【▼質問などはツイッターでも受け付け中ですよ!】

Follow me!/

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓いつも面倒なポチっとにお付き合いありがとうございます。励みにしております!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

【お問い合わせ】←ではこんな記事を書いて欲しい!などの意見も受け付けています。