はじめてバイク

バイク初心者~そこそこ層へ向けて、バイクについて説明や簡単な整備の仕方、製品紹介やニュースをお届け!

バイクに乗るライダーの為のバッグ!2WAY使用可能「ライダーズホルスターバッグ」の紹介

f:id:steed40chop:20190814013627j:plain

バイクの用品類というのは色々と悩みますよね。
バイクをカスタムするパーツも悩みますが、より悩むといえば『身に着ける物』です。
なぜかって?それはバイクから離れても身に着けたままの状態だからです。

 

バイクから離れたライダーはいわゆる『普通の状態』となるので普段着と同じ様にファッションとして気を配りたくなるというわけですね。
もちろんバイクに乗っている際の状態にも気を配りたいと思っていますが「目的地で何かをする」「バイクに乗って終わりでは無い」という場合は特に身に着けるものには気を配りたくなりますよね。

 

そんな身に着ける物でも今回紹介するのは『バッグ』です。
バッグという物は「たくさんの物を入れる」時や「貴重品のみを入れる」時など色々な用途があります。

 

特に貴重品を入れておくバッグは、大切なものを入れるという事なので基本的には肌身離さず常に身に着けておきます。
そういった常に身に着けておく物は服と同じなのでより気を遣いたくなります

 

ライダー向け設計の『ライダーズホルスターバッグ」

f:id:steed40chop:20190813214604j:plain
引用:ドッペルギャンガー

 

ライダーズホルスターバッグは「ドッペルギャンガー」から出ています。
上記参考画像の腰に巻かれているのが今回紹介するホルスターバッグであり、ライダーにとってはとても魅力的なバッグです。

 

バイクという乗り物は積載スペースがほぼ無かったり、限られた場所にしか無かったり、更にハンドルを握る事で基本的に荷物をサッと出す事が難しい乗り物です。

 

そんな状態だからこそ高速道路に抵抗があるというライダーもいるくらいです。いちいち財布からお金を出すのって結構大変ですしね。

 

そんなのETC付けたらいいじゃん?

色んな都合でそうも言っていられない人もいるんだよ。
みんながみんな同じ都合で動けるわけではないからね。

 

サッとお金や荷物を出したい時はふとした瞬間に訪れる事があります。
そんな時に便利なバッグを使っているととても助かりますよ?
「ライダーズホルスターバッグ」はとても使い勝手が良く、便利なバッグですよ!では詳しい紹介をどうぞ。

 

ライダーズホルスターバッグは2WAY使用が出来る!

最初に見てもらった参考画像では腰に付けていた状態ですが、このバッグは2WAYの使用が可能です。

 

【腰につけるパターン】

f:id:steed40chop:20190813234403j:plain
引用:ドッペルギャンガー

 

腰に付けて使用するのがライダー向けの使用方法となっています。
ライディングポジションを邪魔しない設計となっており、楽しくライディングをするとともに、ライダーの便利を確保!

 

腰横に付けている状態なので、必要なものをサッと取り出す事が出来ます。
ETCを付けていない状態での料金支払いもスムーズに出来るし、バイクに乗っていない状態でも物がサッと出せるのは嬉しい所。

 

 

【肩にかけるパターン】

f:id:steed40chop:20190813234523j:plain
引用:ドッペルギャンガー

 

肩にかける事も出来るので、上記参考画像の様にかなりカジュアルに身につける事も可能です。
腰に付けるパターン程、ライダーにとってのメリットは薄いですがファッション性はコチラのパターンの方が高いです。

 

 

2WAYを使いこなす事で利便性とファッション性の幅が拡がります。
バイクに乗る時は「腰に付け利便性を優先」し、バイクから降りた時は「肩からかけてファッション性を優先」するという使い方が出来るわけです。

 

腰と肩と付ける場所が変わればその雰囲気がガラリと変わるので、この使い分けを行うだけでもファッション性が高いと言えます。
更に、バイクに全く関係の無い場面でも使用する事が出来る見た目なのでとても使い勝手が良いバッグとなっています。

 

 

腰に付けるパターンは2通り

腰に付ける時でも2通りの付け方をする事が出来ます。

 

【ベルトループがある場合】

f:id:steed40chop:20190814003013j:plain
引用:ドッペルギャンガー

 

ベルトループがある場合は付属のカナビラを使用し、そのまま付ける事が出来ます。
バッグ両サイドにカナビラを付属していますので、安定感も抜群でライディングを邪魔する事はありません。

 

【ベルトループが無い場合】

f:id:steed40chop:20190814003301j:plain
引用:ドッペルギャンガー

 

ベルトループが無い場合でも安心。
問題なく装着をする事が可能です。
もちろんベルトループが有るパンツを履く場合でも、付属のベルトを付けての装着も可能です。

 

 

タクティカルベルトがかなり便利でカッコよくなる!

主にパンツにベルトループが無い場合に使用されるベルトの事をこのバッグでは『タクティカルベルト』といいますが、こちらがかなり便利で使い方によってはカッコよくする事が可能です。

f:id:steed40chop:20190814004114j:plain
引用:ドッペルギャンガー

 

タクティカルベルトには、色々なものを引っ掛けやすい様にとベルト内にループが設けられています。
1つ1つが独立したループになっているので、引っ掛けているものが右へ左へとずれる事が無く安心!
上記参考画像の様にたくさんの物を付ける事が出来ます。

  • ヘルメットを被り乱れた髪型に被る帽子をつけておく
  • キャンプツーリング用の小物を付けておく
  • アイコスやグルーなどの電子タバコを付けておく
  • などなど使い道は多数

 

バッグの中に入り切らない、すぐに使用したいものを付けておくのに最適なタクティカルベルトとなっています。
更に付けるものをデザインする事でよりオシャレに、よりカッコよくする事も可能です。

 

 

容量も十分で、便利機能多数

f:id:steed40chop:20190814010045j:plain
引用:ドッペルギャンガー

 

参考画像では『長財布・スマホ・デジカメ』が入っています。
そこそこ大きいものが3点入れてもバッグがパンパン状態では無く、適度な形状をしています。

 

容量自体は1.5Lあるので、これだけのものを入れたとしても形状が崩れる程ではありません。
その為いつも身に着けておきたい貴重品類なんかは簡単に全て入るでしょう。

 

【マルチユースホルダーとバンジーコードで更に便利】

f:id:steed40chop:20190814010503j:plain
引用:ドッペルギャンガー

 

マルチユースホルダーはサッと出したいハンカチなどの薄いものを挟むのにも便利な機構であり、MAX状態であれば500mlペットボトルをも入れる事が可能です。

 

f:id:steed40chop:20190814010642j:plain
引用:ドッペルギャンガー

 

伸縮性のあるコードで、入れるものに大路てマルチユースホルダーのテンションを調整する事が出来ます。
このコードのおかげで比較的大きい物から、薄い物までマルチユースホルダーに収納する事が可能となっています。

 

 

カラーバリエーション

この製品のカラー展開は2つ!
ベーシックな「ブラック」と、アウトドアに合いクールな「グレー」が用意されています。

 

【ブラック】

f:id:steed40chop:20190814011245j:plain
引用:ドッペルギャンガー

 

ベーシックながら、ブラックとオレンジのカラーがオシャレなドッペルギャンガー定番のカラーです。
黒なのでどんな色の服にも合わせやすいので、無難に選びたい人におすすめ!

 

【グレー】

f:id:steed40chop:20190814011311j:plain
引用:ドッペルギャンガー

 

グレーカラーはアウトドアをクールにしてくれるカラーとなっています。
単体でもクールでカッコよく、バイクと合わせるとワンポイントとしてオシャレさを引き立ててくれます。

 

 

おわりに(まとめ)

ドッペルギャンガー製品はアウトドアに特化している事から、バイク向け・ライダー向け製品がたくさん揃っています。
評判も良くかなりたくさんの人がお世話になっている事でしょう。

 

私自身、新製品が出る度にチェックをしていますしおすすめ出来るものが数多く存在しています。
なので何か用品を買おうかな?と考えている場合は是非ドッペルギャンガーをチェックしてみてください。

 

もちろんおすすめ出来る新製品が出たらコチラのブログでも紹介しますので、よかったら参考にしてみてください!

 

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村