はじめてバイク

バイク初心者~そこそこ層へ向けて、バイクについて説明や簡単な整備の仕方、製品紹介やニュースをお届け!

夏のバイクのインナーウェアに良いかも!?「BTデュアル3Dファーストレイヤー」

f:id:steed40chop:20190715235659j:plain

バイク乗りにとってバイクの服装って結構重要ですよね。
「ラフにキメたい」「ギアやウェアにこだわって、ライダーらしくキメたい」などなど色々あると思いますが、バイク乗りにとって乗るバイクもそうですが身に着ける装備やウェアもアイデンティティの1つです。

 

 

今回はバイクウェアについての紹介をしますが、バイクウェアと聞くとどんなメーカーをイメージするでしょうか?

  • コミネ
  • ラフアンドロード
  • クシタニ
  • アールエスタイチ
  • ゴールドウィン
  • イエローコーン
  • アルパインスターズ
  • ダイネーゼ
  • シンプソン
  • などなど

たくさんのバイクウェアメーカー(ブランド)が存在しますよね。
バイク乗りの方々は色々なバイクウェアメーカーをイメージすると思います。

 

それは間違い無いですし、バイク乗りとして良い傾向だと言えると思います。
バイク乗りの為に作られたウェアをバイク乗りが着用するというのは正しき形でもあり、良い使い方なのは間違いありません。

 

でも逆に言えば、必ずしも

「バイク乗りはバイクウェアメーカーの製品を着る必要がある」

わけではありません。

 

もちろん、バイク乗り用に作られたウェアはバイクに乗るのに適しており、もしもの時にもライダーを守る性能を備えているのでかなりおすすめなのは間違いありません。

 

しかし、着用するものやメーカーは自分で決めて良いのです。
より自分のバイクスタイル・バイクライフに合うウェアを選ぶ為に視野を広げてみても良いと思います。

 

おたふく手袋株式会社

今回紹介するのは「おたふく手袋」という企業の製品です。
この企業は『作業用品、作業服』『日常で使用出来る服や用品』を製造している企業であり、同じ業種の知名度の高い企業を挙げると「ワークマン」があります。

ããããµãæè¢æ ªå¼ä¼ç¤¾ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

あの有名な「ワークマン」でも最近では日常的に使える、優秀な防寒具がある、などの様にたくさんの方に評価されています。

今回紹介する『おたふく手袋』は知名度こそそこまでありませんが、ワークマンに負けず劣らず質の良い製品を揃えており、バイクに乗る際にも役に立ってくれる製品の存在があります。

 

その中でも今回紹介するのは「インナー」で、暑い夏に活躍してくれる事が約束されたような製品となっています。

 

BTデュアル3Dファーストレイヤー

f:id:steed40chop:20190715235756p:plain
引用:おたふく手袋公式サイト

 

おたふく手袋の高機能インナー『ボディタフネス デュアルファブリックシリーズ」の『BTデュアル3Dファーストレイヤー』がかなり夏のライダーの役に立ってくれそうです。

 

化学繊維の技術を上手に使い、夏の嫌な汗のベタベタ感からライダーをスッキリ解放してくれる工夫が盛り込んである上に価格が安いのでコスパもかなりのものです。

 

化学繊維はアパレル企業も高性能製品を出す時に使用してるね!
「ユニ〇ロ」とかも価格繊維のヒートテックなどでかなり飛躍したしね!

そうだね。化学繊維はかなり優秀でコスパも良いよね。
ただ、敏感肌の人にはちょっと辛いから自分の身体と相談して装着するかを決めないといけないね。

 

BTデュアル3Dファーストレイヤーの詳細紹介

f:id:steed40chop:20190715235919p:plain
引用:おたふく手袋公式サイト

 

この製品は2重構造のウェアとなっており、肌に触れる面と外側の面での繊維構造が異なります。

 

dual_fabric.jpg
引用:おたふく手袋公式サイト

 

肌面部分にはポリプロピレン、外面部分にはポリエステルを使用しており2重構造のインナーウェアとなっています。
水分を含まない性質のポリプロピレンは肌から身体から発生した汗を効率的に外側部分へと排出し、外側に来ている「Tシャツ」などへ渡し、常に肌はスッキリとした状態を維持します。

 

体にフィットする構造になっているファーストレイヤーインナーとなっていますが、3D構造をしているので薄くて透ける心配もありません。

f:id:steed40chop:20190715235846p:plain
引用:おたふく手袋公式サイト

 

更にこの製品には消臭効果を持っている『消臭コアーミシン糸スイトールC』を使用しており、臭いの気になる部分が臭ってしまうのをカバーしてくれるので汗っかきや代謝が悪くて汗が臭いがちな人にとっての心強い味方となっています。

 

switorl-c.jpg
引用:おたふく手袋公式サイト

 

バイクに乗る時以外の使い道も多数

暑い夏のバイクに乗る時にももちろんかなり使える製品となりますが、ファーストレイヤーという事で肌着の様に着用します。

 

『Tシャツの下に何も着ないより涼しい』状態を作り出します。
身体に密着するような形のインナーウェアであり、かなりフィットするので肌着として利用してもゴワつきや、着太りする心配も無いので色々なロケーションで使用する事が出来ます。

  • 屋外での仕事、屋内での仕事
  • 遊びに外出する時
  • 部屋でのんびりする時
  • スポーツ全般

などなど様々なロケーションでの利用が可能です。
洋服と言うのは用途に合わせて枚数を増やせば増やす程たくさんの収納場所を取ってしまい大変ですし、経済的ではありません。

 

しかし、色々な用途に向けて使用出来るインナーと言うのは結構重宝するものでありかなり助かります。

 

値段も安い

この製品は2つのバリエーションが用意されています。

『ノースリーブクルーネックシャツ ¥1,680+税』
『ショートスリーブクルーネックシャツ ¥1,850+税』

の2バリエーションが存在しており、どちらも価格ガ安いですね。

 

1秒吸汗ファーストレイヤーを謳っており、効率的に汗を外側に排出し上に来ている服へ運ぶので肌はずっとサラサラしていて気持ちの良い状態が続きます。
この機能が備わっており、この値段であればかなりコスパは良いでしょう。

1秒吸汗「BTデュアル3Dファーストレイヤー」

Amazonで見る
ノースリーブ:≪Sサイズ≫ ≪Mサイズ≫
ショートスリーブ:≪Lサイズ≫

楽天で見る
≪ノースリーブ≫
≪ショートスリーブ≫
 
 

おわりに(まとめ)

普段いつも着ているTシャツなどでライディングに出かけていたりしているライダーの方、ウェアを変えるだけでも快適性って結構かわるものです。
年々暑くなっている日本列島では暑さ対策がかなり重要となっています。

 

暑さはライダーにとってかなり強敵となり、ライディング中に体調不良になってはかなり危険な状態といえます。
その為、徹底した暑さ対策が今後の日本においてはかなり重要な事となってきまうす。

 

夏は熱中症に注意してライディングを楽しみましょう。

 

 《▼その他の用品情報はコチラから》

→色々な用品を見てみる

 

 

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!?←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村