はじめてバイク

バイク初心者~そこそこ層へ向けて、バイクについて説明や簡単な整備の仕方を紹介していきます。

メーカー別バイク紹介!スズキのおすすめ400ccクラスの車種とどんな人におすすめか

バイクを選ぶ時に参考にする中で『メーカー』を参考にする人もいるでしょう。
メーカー独特のデザインセンスがあったり、個人的に感じる信頼性、ファンだからという理由とかも色々あるでしょう。


そんな中でも今回は『スズキ』のバイクについて400ccクラスのおすすめの車種をピックアップして紹介していきます。

f:id:steed40chop:20190523193703g:plainどもどもー!バイク初心者の味方、すばるです(^^)/
スズキは日本の4つある代表的なバイクメーカーの一つです。


スズキは結構個性的なバイクを出していてバイク乗りの中にはスズキのバイクに乗っている人を『スズ菌』にかかったなんて言っている人もいますw


スズ菌という言葉は悪口を言っているわけでは無く、スズキ乗りに対しての挨拶だと思ってください。スズキのバイクが好きで乗り換えた人なんかは自分で「スズ菌にかかったわ~」なんて言うくらいですからね。


そんな個性のあるバイクを出すスズキですが、1番ではありませんが国内でもファンや所有者が多くいます。
個性的なバイクがおおいというだけで、スペックや乗り易さなどは他の国内メーカーと同じく良く出来ています。


なので、バイクを選ぶ時に変な偏見を持つ必要は無いので安心してくださいね。
ではではスズキのおすすめ400ccクラスのバイクの紹介をしていきましょう。

 

 

スズキのおすすめ400cc【バイクタイプ別】

 スズキの400ccバイクでおすすめ出来るものは結構多いです。
正直言って「ホンダ、ヤマハ、カワサキ」よりは影が薄いかもしれませんが、市場に出回っている車種には色々なバイクがあります。
そして忘れてはいけない復刻してほしい名車No1.に選ばれたあの『カタナ』もスズキのバイクです。


ただ、最近ではスズキは400ccクラスの新車ラインナップがほとんど無くなってしまいました。※現在あるのはスクーターのみ
その為400ccクラスのスズキ車を探すとなるとほとんどの場合「中古車」になります。

 

スズキのネイキッド

スズキのネイキッドには古いバイクばかりですが好んで乗る人は割といたりします。
ツーリングシーズンになると必ず見るくらいの人気はありませんが、好きな人は好きという感じで好まれています。

 

GSX400S(カタナ)

f:id:steed40chop:20190523225115j:plain

こちらがスズキの名車「カタナ」です。
個性的なデザインの代表格と言えるこのカタナは一度見たら知らなくてもあのバイクなに!?と名前と形を一瞬で覚えてしまう様なインパクトをもっています。


水冷4気筒エンジンはスーパースポーツに搭載されているタイプのエンジンで、そのパワーは圧倒的ですね。
今では大型クラスで『新型カタナ』が姿を現し、バイク市場を賑わせていますが、旧カタナのコチラのデザインもとても愛されています。


独特のデザインにセパレートハンドルというスタイルは、直進安定性はピカイチです。逆にコーナーは練習しないとちょっと大変かもしれませんが、シート高も低く重量もそこそこでとても乗り易いバイクです。

こんな人におすすめ
  • 名車と呼ばれたバイクに乗りたい
  • 個性的なバイクに乗りたい
  • 昔のバイクに乗りたい
  • パワーのあるバイクに乗りたい

結構古い車種であり「誰でも気軽に乗り易い」とは言い難いバイクなので、初心者にもおすすめと大きな声では言えません。

旧型と新型のカタナを比べたインプレページもあるよ
新型カタナと旧型カタナの比較、スペックや排気量はどうなった?見た目と共に考察してみる

 

 

GSX400FS(インパルス)/ イナズマ400

f:id:steed40chop:20190523231206j:plain
▲イナズマ400

f:id:steed40chop:20190523230718j:plain
▲インパルス

 

この手の古いネイキッドは若者に人気が高いです。
ネイキッドバイクにはデザインにハズレがほとんど無くかっこいいものばかりで、更にこの年代になってくると中古市場でも比較的安く手に入るので若者に好まれているのでしょう。


そしてキャブ車はパワーが高いものが多く、今の400ccインジェクション車よりパワーがあるものが多いです。
なので比較的安くかっこいいパワーのあるバイクを手に入れる事が出来るというわけです。


キャブ車に不安などが無い方はバイク選びの候補にいれておいても良いかもしれません。
割と珍しいバイクなので、知っている人が見ると「お、イナズマじゃん」などとちょっと驚いてくれたりします。

こんな人におすすめ
  • 安いバイクを探している
  • 安くても走行スペックが高いバイクに乗りたい
  • 古いバイクに乗りたい
  • キャブ車に乗りたい
  • 人と被りにくいバイクに乗りたい

ネイキッドタイプでは人と被り易いバイクばかりというイメージがありますが、この2車種は被りにくいでしょう。
あまりバイクの種類を知らない「バイク好き」からはほとんど名前が挙がる事が無いと思います。
コアなスズキファンが好んで乗っていたりします。

 

スズキのスーパースポーツ

スズキのスーパースポーツもまた、そこまで新しい年式の物はありません。
ただスズキは昔から「速いバイク」というイメージがあるので、車種にはよりますが力強いパワーを求めてという場合は期待できますよ。

 

GSX-R400 / GSX-R400R

f:id:steed40chop:20190523232150j:plain

▲画像はGSX-R400R


まん丸2灯ヘッドライトが可愛いフロントフェイスをしているスーパースポーツです。
この年代ではスーパースポーツというよりレーサーレプリカと呼ばれています。


特徴としては現代のスーパースポーツには無いシルエットをしており、リア周りがシュっとしていません。
ちょっと角ばった見た目をしていて、どこかぼってりとした印象がありますね。ただ、このぼってり感が「可愛い!」と思う人もいます。
私も可愛いと思う一人ですw


THE昔のバイクという見た目をしており、ハマる人はハマりますが今のバイクの方が断然かっこいいという意見の人はハマる事は無いでしょう。
ぼってりとした見た目と、可愛いフロントフェイスとは裏腹に軽くパワーもある優秀なバイクです。

こんな人におすすめ
  • 古いバイクに乗りたい
  • パワーのあるバイクに乗りたい
  • 古い見た目のバイクに乗りたい
  • キャブ車に乗りたい
  • 足つきの良いフルカウルを探している
  • 可愛い顔したバイクが良い

軽くて扱い易いバイクではありますが、結構古いバイクなので簡単には初心者にもおすすめ。とは言いづらい車種ではあります、でも乗り易いバイクには間違いないので初心者の方でもこのデザインを気に入ったという方なら良いかもしれません。

 

SV400S

f:id:steed40chop:20190523233524j:plain

スーパースポーツというよりは、ツアラーな感じのSV400Sですがスーパースポーツとして紹介します。
SV400SはV型2気筒エンジンを搭載しており、並列4気筒エンジンと違いエンジンの振動が伝わってきてかなり乗っている感があります。


最初の方はその振動に慣れる事が必要になりますが、慣れてしまうと心地良いサウンドとして乗る楽しみへと変わります。
ハーフカウルという事でデザインで賛否に分かれますが、フロントフェイス自体が結構かっこいいので乗っている人は少なくありません。


乗り心地は良くも無く、悪くも無くといった具合ですが面白いバイクです。
フルカウル化カスタムをしている人もいる様です。

f:id:steed40chop:20190523234326j:plain
参照:https://sv400r.exblog.jp/i2/

こんな人におすすめ
  • 変わったバイクに乗りたい
  • V型エンジンのカウル車に乗りたい
  • 被りにくいバイクに乗りたい
  • 安いバイクに乗りたい
  • キャブ車に乗りたい

軽くて扱い易いバイクです。 その中にVツインエンジンとしての振動を味わえる楽しさや、比較的ツーリングが楽なツアラーという要素があるのでドコドコと遠くへ行きたいという人におすすめですね。
中古市場でも比較的安価な為、購入のハードルも高く無いです。

 

RF400R / RF400RV

f:id:steed40chop:20190523235032j:plain

RF400RやRF400RVも先程のSV400Sと同じ様にスーパースポーツというよりはツアラーな感じのバイクですが、スーパースポーツ枠での紹介。


安価な中古車の代表的なバイクとして市場に出回っているバイクですが
シートは薄いのにそこそこのクッション性を備えており、フルカウルタイプだけどライディングポジションがきつくない、加えてシールドで防風も出来るときたらツーリングにピッタリのバイクですね。


安いからと言ってあなどってはいけないスペックを持っており、やはり昔のバイクはパワーがありますね。
ツーリングに向いているスペックを持っており、エンジンスペックも高いです。
それでいて価格は安いという事で、状態の良いものが見つかれば結構掘り出し物かもしれません。

こんな人におすすめ
  • 足つきの良いフルカウルを探している
  • 走行スペックも良く、乗り易いバイク
  • 安いフルカウルを探している
  • キャブ車に乗りたい

デザイン性はお世辞にも高いとは言えないバイクですが、スペックはなかなかに高いです。
私の整備士時代にもこのバイクに乗り続けている人がいて、なんどタイヤ交換をしただろうというくらいタイヤ交換をした記憶があります。それだけ、遠乗りに適しているという事なのでしょうね。

 

 

スズキのアメリカン

スズキのアメリカンはTHEアメリカンと珍しいアメリカンの2車種を紹介していきます。
似合うタイプが違ってくるので、自分の体格なども考慮して考えると良いかもしれません。

 

イントルーダークラシック400

f:id:steed40chop:20190524000221j:plain

こちらのイントルーダーは同じ400ccクラスのアメリカンの中でもトップクラスに入る車格をしています。
かなり威圧的な大きさをしていますので大柄な人やマッチョな人によく似あうアメリカンです。


2001年から2014年まで生産をしていたので、キャブ車もインジェクション車も両方あります。
キャブ車に不安のある初心者の方などはインジェクション車を検討すると良いでしょう。


シートは厚く高反発でそこそこのフカフカさ、ハンドルポジションも楽なのでロングツーリングでも疲労をあまり感じさせません。
大柄な見た目なので重量は275kgとそこそこあるのですが、重さをそんなに感じない操作感があります。


どっしりと構えて走る姿は大人の余裕を感じさせます。

こんな人におすすめ
  • 大柄なアメリカンに乗りたい
  • 長距離でも疲れないバイクに乗りたい
  • ツーリングに向いているバイクに乗りたい
  • お尻が痛くならないバイクに乗りたい
  • タンデムし易いバイクに乗りたい
  • 足つきの良いバイクに乗りたい

アメリカンタイプはどの車種も比較的シートは厚めでふかふかなのですが、このバイクは別格です。
シートの厚みはかなりのもので、座っていてお尻が痛くなる心配が無いです。
ただシートの状態が良くあまり座られていないシートだと、つるつる滑る感じがあるのでそこは注意が必要です。


足つきも良く、リアシートも厚く大きめなのでタンデムもし易いです。
重量を感じさせない扱い易さがあり、アクセルワークもし易いのでインジェクション車なら初心者にもかなりおすすめ。

 

デスペラード400X

デスペラード400が珍しく、あまり見ない理由に玉数が少ないという理由があります。
デスペラードは2年間しか生産しておらず、結構レアなバイクとなっています。


シルエットは比較的スリムなので、大柄やマッチョな人というよりはそこそこの体格の人の方が似合います。


ビキニカウルとアンダーカウルが特徴的でタンクやフェンダー類のカラーパーツとエンジンやマフラーのメッキパーツのバランスが重厚感と高級感を出しています。
走っている姿をあまり見る事が無いので知っている人が、たまたま見たりすると「デスペラードだ」と注目される事間違い無しでしょう。

こんな人におすすめ
  • 珍しいバイクに乗りたい
  • 被りにくいバイクに乗りたい
  • カスタムバイクっぽいバイクに乗りたい

生産年が2年と短く、古いバイクなので初心者にはおすすめできませんが、整備の知識がそこそこにある人が珍しいアメリカンを探している場合などはおすすめです。

 

スズキのストリートファイター

ストリートファイターの基本的な定義は 『スーパースポーツのカウルを取り除いた』という様な、エンジンはスーパースポーツのものを積んでいてカウルが無いバイクという事です。

 

しかし、ストリートファイターは結構最近に出来たタイプ名なので定義が曖昧になっており見た目でストリートファイターとされる事が多いです。
 

SV400

こちらのSV400はスーパースポーツで紹介したSV400Sのカウル無しタイプになるので、ストリートファイターの基本的な定義にもあてはまるストリートファイターバイクです。


SV400Sと同じ力強いパワーのV型2気筒エンジンを積んでおり、パワーは申し分なく、カウルをとった事による見た目もかなりスタイリッシュになっていてかっこいいですね。


タンクの下に見えるフレームというのはスズキのバイクデザインには良くある光景でこれがまたかっこいいですね。
最近出ているストリートファイターバイクとは違い、戦闘的なフロントフェイスをしておらず丸形1灯のヘッドライトのみという所はストリートファイターというよりはネイキッドの印象を与えますね。

こんな人におすすめ
  • 古いバイクに乗りたい
  • V型2気筒のストリートファイターに乗ってみたい
  • パワーのあるバイクに乗りたい
  • エンジン振動が楽しめるバイクに乗りたい
  • 安いバイクに乗りたい

比較的安価なのはカウル有りのSV400Sと同じです、エンジンも同じものを積んでいるのでセールスポイントが変わる事は無く、あとは見た目の好みになります。

 

 

GSR400

トリトンブルーメタリック×パールグレッシャーホワイト

GSRはスズキの代表的なストリートファイターです。
このGSRは現在大人気の「ニンジャ400やCBR400R」というスーパースポーツより圧倒的にパワーがあります。ニンジャやCBRが最高出力が45前後なのに対し、GSR400は61PSもあります。


同じインジェクション車なのに、なぜそんなにも?となるかもしれませんが恐らく排ガス規制年式によるものかと思います。


2014年を最後に生産終了したGSR400はとても優秀なバイクです。
パワーは先程いったように申し分無く、足つきも良い、扱い易く乗り易いしツーリングからスポーツ走行まで楽しめる良スペックオンロードバイクです

 

マッチョなボディは男性から女性と幅広く人気を集めており、チャレンジしすぎない落ち着いた雰囲気のストリートファイターは誰にでも好印象を与えるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 走行スペックが高いバイクに乗りたい
  • 乗り易いバイクに乗りたい
  • オンロードを十分に楽しめるバイクに乗りたい
  • ライディング練習に向いているバイクに乗りたい

足つきも良く、扱いやすいGSR400はもちろん初心者にもおすすめです。
オンロードを十分に楽しめるこのバイクは初心者だけでなく、乗り慣れた人でも十分に楽しめるバイクとして活躍してくれるので大体の人におすすめ出来ます。

 

グラディウス400

グラススパークルブラック/マットフィブロイングレーメタリック

グラディウス400もまたスズキを代表するストリートファイターバイクです。
グラディウスもSVと同じくV型2気筒のバイクを積んでいますが、キャブ車では無くインジェクション車なので振動はあまり楽しむ事ができません。

 

カラーデザインがかなり挑戦的で好きな人にはハマるというバイクです。
画像のものは2015年の最終モデルなのですが、2013年と2015年モデルは黒系ベースのカラーに赤フレームというカラーバリエーションがあり、かなりチャレンジしていますね。


別の年式では白ベースカラーに青フレームなど、カラーリングにこだわったバイクとなっています。
見た目もストリートファイターらしい見た目をしており、結構かっこいいですよね。
グラディウスも現行スーパースポーツよりも高いパワーを持っており、日本人に優しいシート高で重量もほどほどで扱い易いバイクとなっています。

こんな人におすすめ
  • パワーのあるバイクに乗りたい
  • 乗り易いバイクに乗りたい
  • オンロードを十分に楽しめるバイクに乗りたい
  • ライディング練習に向いているバイクに乗りたい
  • カラーリングが独特なバイクに乗りたい

走行スペックは十分で扱い易さもあるので初心者におすすめ出来るバイクです。
また、GSR400と同じ様に乗り慣れた人にもおすすめできるので幅広い人におすすめ出来るので、あとはカラーデザインが気に入るかどうか。

 

 

 

 おわりに(まとめ)

みなさんも「スズ菌」にかかってみませんか?
私自身もスズキ車に乗った事はありませんが、デザインとかを見ていてもかなり自分の好みに当てはまる車種があるので気持ちはスズ菌にかかっていますw

prepare1-mc-pit.hatenablog.com

▲こちらのブログ運営者様が良く「スズ菌」とおっしゃっていますw
私と同じで元整備士だったのですが、最近整備士に復帰した模様…
昔のバイク紹介をしていて知識も深くブログ自体も面白くおすすめです。

 

 

スズキのバイクは落ち着いた見た目からチャレンジした見た目まで合って本当に面白いメーカーです。

 

スペックや信頼度は他の国内メーカーと同じく、高く厚いのでその辺は安心して大丈夫です。


正直言ってスズキは国内メーカーの人気具合で1番になる事は難しいかもしれませんが、良いバイクがある事は間違いないです。
なのでバイク選びの候補に入れても良いと思いますよ。

 

『他にはどんなページがあるのだろう?』
はじめてバイクの歩き方をチェック!←クリック

++++このブログはシェアフリーです++++

↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村