はじめてバイク

バイク初心者~そこそこ層へ向けて、バイクについて説明や簡単な整備の仕方を紹介していきます。

激安からおすすめ、人気を紹介♪バイクのヘルメット、意外にたくさんの種類!

バイクを始める方にとって自分が乗るバイクを考えたり選んだりしている時間。
これは最初に体験するとってもワクワクすることですよね!

 

しかし、バイクを始める上でバイクをどれにするか?ということ以外にも考えなければいけないことがあります。それは『バイクに乗る為の必需品』をどれにするか!?です。

こだわりの無い人にとっては安く済ませれたらそれでいいや。という人もいますが、正直言ってバイク用品はファッションアイテムといっても過言ではありません!

f:id:steed40chop:20190224143958j:plain

カッコイイバイクを購入し、乗り始めたけど服装や用品がダサいと結構残念だと思いませんか?

 

『俺は足としてバイクに乗っているだけ』『自分の見た目なんかはどうでもいい』
『そんな金使うならバイクに金かけるわ!』という方だったら気にしないでしょうが

 

『バイク乗りってカッコイイ』『バイクに乗っている自分をカッコよく見せたい』
知らない人に見られた時に『カッコええやろ?(ドヤぁ)』って思いたいなどある人は絶対に用品にもこだわるべきです!こだわっている人、そうでない人では全然違います

 

 

バイクに乗る時に一番大切な『ヘルメット』

日本ではバイク乗車には必ず『ヘルメット』が必要になります。
道路交通法ももちろんですが、もしもの時に自分の身を守るという点でも馬鹿にできません。

f:id:steed40chop:20190224145845j:plain

 

バイクは車の様に屋根があり、ボディーに覆われているわけではないので事故があった時には体に大きな衝撃を与えます。そして人間の『頭』はとても重要な部分です、それを守る為にヘルメットは絶対に必要です!【頭真っ裸は絶対にダメです】

 

バイクのヘルメットは意外にも種類が豊富!

一口にバイクのヘルメットと言っても形もメーカーも様々。
たくさんあるから『こだわり派』の人たちを悩ませますw
嬉しい悲鳴ではありますが、たくさん考えすぎると自分がどんなのが欲しかったのがわからなくなってきますw

 

そんなヘルメットですが、種類や人気の物を紹介していきますよー(^^)/

 

ハーフヘルメット

ハーフヘルメットのハーフは『頭部(顔含む)全体の半分』という意味のハーフになります。※通称:半ヘル
簡単に言うと帽子くらいの容量をカバーしてくれるヘルメットになります。
頭部分を保護します。

 

ハーフヘルメットは『人気が高い』です。
理由としては【安価】【カジュアルな服に合う】【かぶり・脱ぎが楽】【軽い】【場所をとらない】といった事が理由になります。

 

ハーフヘルメットの人気(売れ筋)ランキング

1位:マットブラックハーフヘルメット ダックテール 約1400円

f:id:steed40chop:20190224151253j:plain

マットブラック:ダックテール

 

2位:ハーフヘルメットSY-2 ダックテール 約3000円
             f:id:steed40chop:20190224154031j:plain

3位:ハーフヘルメット コンバットタイプ CR-760シリーズ 約4600円

          f:id:steed40chop:20190224154640j:plain



ジェットヘルメット

ジェットヘルメットは半ヘルよりも頭部を守ってくれる範囲が広いです。
後頭部は首元まで、側頭部は耳まで覆ってくれます。その為、半ヘルより危険に対しての安全性は高いです(*´ω`*)※通称;ジェッペル

 

大型シールドをつけている。又はサングラスを合わせて装備している姿をよく見ますね!シールドは走行風にも安全性にも優れています、サングラスは走行風に効果があります。どちらかと言えばサングラスはオシャレで付けている場合が多いでしょう。

 

シールドを装備しても、シールドとヘルメットの間に開閉アタッチメントをつけることによってヘルメットを装備している状態でシールドを上げることが出来ます。

 

ジェッペルはアメリカン乗りに人気が高いですね!

 

ジェットヘルメットの人気(売れ筋)ランキング

1位:バブルシールド付き 約4,000円~10,000円

 

           f:id:steed40chop:20190224210622j:plain

 

2位:フルフェイス風 約4,000~

f:id:steed40chop:20190224213503j:plain

3位:デザイン付き 約5,000円~

f:id:steed40chop:20190224213713j:plain

 

フルフェイスヘルメット

頭部全体(頭頂~顎先)が全て覆われる形状となっており、ヘルメットの中でも最も安全性が高く、サーキット走行でも使用されています。

 

フルフェイスはメーカーがこぞって最新技術を投入することが多いです。
舗装路が得意なオンロードバイク全般に似合うが、皮ツナギやガッチガチのスタイルにかなり似合います!

 

フルフェイスは半ヘルやジェッペルと違って頭部全体がガッチリとホールドされる構造となっている為、かぶり・脱ぎの動作の際はちょっとばかし大変だったりしますw
それが安全につながっているから仕方ないですけどね!

 

原付なら中年~高齢の方に人気で、アメリカンには【SIMPSON(シンプソン)】、ネイキッド、スーパースポーツには大体のフルフェイスが人気です!

 

フルフェイスの人気(売れ筋)ランキング

1位:マットブラック 約6,000円~

f:id:steed40chop:20190224214714j:plain

2位:デザイン付き 約5,000円~

f:id:steed40chop:20190224214810j:plain

3位:OGK kabuto(メーカー) 約6,000円~

f:id:steed40chop:20190224215432j:plain



 

システムヘルメット

システムヘルメットはフルフェイスとジェッペルのいいとこ取りといわれています!
しかし、あまりかぶっている人を見た事が無い為知名度としては高くないのでしょう。

 

システムヘルメットというのは、フルフェイスの様に頭部全体を覆う事で安全性がとても高く、ジェッペルのように顎の部分からシールドが上にあがるという特徴を持っています(^^)/
しかし、その構造を作る上でパーツ点数が他と比べ多くなってしまう為比較的重量が重いです(´・ω・`)

 

安全性は捨てられないけれど、乗車中の会話・停まる度に景色を見たり周りの様子を気にしたりするのに視界を確保したいという方に良いでしょう!

 

システムヘルメットの人気(売れ筋)ランキング

1位:マットブラック・ブラック系 約4,000円~

f:id:steed40chop:20190224220936j:plain

2位:デザイン付き 約5,000円~

          f:id:steed40chop:20190224221000j:plain

3位:OGK kabuto(メーカー)約10,000円~

f:id:steed40chop:20190224221804j:plain



オフロードヘルメット

オフロードヘルメットは大きなバイザー、ゴーグルの装着を前提とした構造をしておりシールド付属売りは少ない。通称:オフヘル

 

オフヘルについているバイザーはオフロードを走行する際に頭部を守る役割をしています。そこへゴーグルを合わせることにより唯一空いている目元の安全も確保することができます。

 

オフロード走行はガタガタ道を走り、木々の間をすり抜け、ジャンプなどしたりするトリッキーな走行な為シールドが開閉する必要がありません。むしろ稼働して開閉する仕組みのものだと不意に開いてしまい、木の枝などが入りこみ危険です。
その為、稼働シールドが付いているタイプは2重であったりの安全対策がされていたりします。

オフヘルの人気(売れ筋)ランキング

1位:Arai【アライ】(メーカー) 約40,000円~

f:id:steed40chop:20190224223050j:plain

2位:FOX(メーカー) 約30,000円~

f:id:steed40chop:20190224223131j:plain

3位:SHOEI【ショーエイ】(メーカー) 約50,000円~

f:id:steed40chop:20190224223259j:plain



バイクのヘルメットといってもたくさんありますね!
正直調べてみるとネットショッピングで購入されているヘルメットは安価な物を求められる傾向が強いようです。

 

おすすめのヘルメットは?

まずはヘルメットとしての意義をしっかりと考えましょう。
ヘルメットは何の為に装着しますか?

  • 法律で決められているから
  • 安全の為

と上記2点でしょう。

 

安全の為というのが一番大切なんです!事故を起こした際、バイクというのは人間がとても無防備な状態です。そんな時に頭部を守っていないとどうなると思いますか?

 

下手したら死にます…

 

それを防ぐ為にヘルメットは必要なんですよ?ちゃんと理解していますか?
そしてその性能が優秀なものはやっぱり【国産製品】となります。

 

昔【国産】と【中国産】のヘルメットの耐久力を調べる動画をyoutubeで見た事があります。その差はとても同じヘルメットと言えるものだとは思いませんでした。

 

知っている人は知っている

  • 何台もバイクを乗り換えたりするバイク歴の長い人
  • ある程度自分で整備を行う様な詳しい人
  • バイク関係の仕事をしている、またはしていた人

上記のような人たちは絶対に国産のヘルメットを所持していました。
バイクでの危険をしっかりと理解している証拠ですね( *´艸`)

 

国産で信頼の厚い有名メーカーを紹介
  • Arai(アライ)
  • SHOEI(ショーエイ)
  • OGK kabuto
  • Y's GEAR

この辺の国産メーカーはバイクショップや用品ショップがよく取り扱っている製品になります。ショップ側もバイク関係の仕事をしている以上、安全面ではしっかりとしたものを売る必要がありますのでまず間違いないでしょう!

 

激安ヘルメット

正直激安ヘルメットというのは大手ネットショッピングで検索したらすぐに出てきます。
全てを聞いたり、試している訳ではありませんので安全への信頼性は未知数です。

 

【リード工業】というメーカーが国産なので、激安ヘルメットを求めている際はおすすめです!かなり安価で人気も高いですよ( *´艸`)

 

「PSC」と「SG」

バイクのヘルメットを選ぶときは「PSC」か「SG」のマークがついているものを選びましょう。

 

f:id:steed40chop:20190224225418g:plain

「PSC」マークは製品安全協会が定めた安全基準に適合した表示です。このマークが無いものは乗車用ヘルメットとしての販売が禁止されているものです。

 

「SG」マークは製品安全協会が定めた認定基準に適合した製品を示す物で、製品の欠陥による人身事故には最高1億円の賠償が行われます。

 

私のおすすめヘルメット

私がおすすめするのは【SIMPSON:ダイヤモンドバック】というヘルメットです。
コチラのヘルメットは普通のフルフェイスとはちょっと違ったビジュアルをしており、国産ヘルメットばかりの中では良い意味で『浮く』でしょう!

 

好みはわかれるでしょうが、カッコイイ!という人は多いと思います。
正直私も一目惚れでした( *´艸`)

f:id:steed40chop:20190224225851j:plain

シンプソンは国産メーカーではありませんが、バイク用品としてとても信頼が厚く主にアウターで人気があります!

 

このダイヤモンドバックはアメリカンはもちろん、スーパースポーツ、ネイキッドなどなどほとんどのバイクタイプに合いますのでとてもおすすめ♪

 

 ↓ Amazonで見る

 

 ↓ 楽天で見る

 

 


 

終わりに(まとめ)

バイクのヘルメットを選ぶ際は、安全を考慮した上で購入しましょう!
ヘルメットにも様々なタイプがありますので迷うと思いますが、外さないコツは自分が購入するバイクと同じ色をチョイスする!
又は、黒・マットブラックや白といったどの色にも合う色を選択すると後悔しないでしょう(*^^)v

 

 

 

 

++++このブログはシェアフリーです++++

 ↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村