はじめてバイク

バイク初心者~そこそこ層へ向けて、バイクについて説明や簡単な整備の仕方、製品紹介やニュースをお届け!

バイク初心者はまずバイクの種類を知ろう!スクーター編

どもどもー!バイク初心者の味方、すばるです(^^)/

今までの記事では【ネイキッド】【アメリカン】【スーパースポーツ】とバイクのタイプを紹介してきました!
でもバイクのタイプってまだまだあるんですよ(*^^)v 

 

f:id:steed40chop:20190218200818j:plain
今回は『スクーター』を紹介していきますね!
スクーターもなかなかの人気を誇るバイクなんですよー(^^)/

 

 

スクータータイプ


さて、いつもの如くになりますが『スクーター』と聞くとみなさんはどんなイメージをお持ちになるでしょうか?

 

 『遅い』『楽そう』『便利』『荷物が載せれる』『車で走っている時邪魔』などなどそれぞれに色々なイメージ・思うところがあるかもしれません!

 

【バイク】というものをしっていくと色々見えてくるものがあります。
まず『遅い』というイメージというのは恐らく原付(原動機付自転車)をよく目にするからだと思います。
通称みなさんが原付と呼ばれるものは排気量50ccのスクーターでしょう。50ccエンジンはパワーも弱く速度も30km/hまでと規制があるので『遅い』とのイメージは仕方がないでしょう。『車で走っていると邪魔』と感じる方もこれのせいでしょうね…

 

しかし、原付と呼ばれるものは125ccまで適応されるんですよ。知っていましたか?
125ccクラスとなってくると車種によっては余裕で100km/h出す事が出来るものもあるので『遅い』というイメージは似合わないでしょう(^^)/

 

『楽そう』というのは本当にその通りです!
ライディングポジションは普段椅子に座っている様な状態で、ハンドルを握る形が加わる程度です。その為ライディングポジションは非常に楽ちんですよ♪

 

『便利』『荷物が載せれる』というイメージは荷物が載せれて便利!という事でしょう。こちらも全くその通り!スクーターは50ccクラス高排気量クラスまでほぼ全てのモデルのシート下に積載が可能な空間が存在します。
基本的にはヘルメット1つ分くらいですが、排気量が大きく車体が大きくなってくるとヘルメット2つ分程のスペースが確保されているものも存在します(*^^)v

f:id:steed40chop:20190218202225j:plain

上写真の【BMW C650】なんかはそれくらいの積載スペースをもっていたと思います。

 

『楽』『便利』には2人で乗る時にも適応されるでしょう!
基本的にタンデム(2人乗り)をする場合にスクーターは一押しです♪
運転席もそうですが、タンデム席もかなりのスペースを確保されていて乗っていてお尻が痛い(´・ω・`)なんて感じることはほとんどないでしょう!
更に、座るスペースが確保されているので初めてタンデム席に座ったとしても恐いというイメージが湧きにくいと思います。

 

人気の車種(~50cc)

  • Dio(ホンダ:ディオ)
  • クレアスクーピー(ホンダ)
  • トゥデイ(ホンダ)
  • ズーマー(ホンダ)
  • ビーノ(ヤマハ)
  • JOG(ヤマハ:ジョグ)
  • アドレス(スズキ)
  • レッツ(スズキ)

人気の車種(51~125cc)

  • FORZA125(ホンダ:フォルツァ125)
  • リード125(ホンダ)
  • PCX(ホンダ)
  • シグナス125(ヤマハ)←私もオススメ
  • NMAX(ヤマハ)
  • マジェスティ125(ヤマハ)
  • アドレスV125(スズキ)←私もオススメ

人気の車種(126~250cc)

  • FORZA(ホンダ:フォルツァ)
  • フュージョン(ホンダ)←最近では微妙かも…
  • マジェスティ(ヤマハ)
  • スカイウェイブ250(スズキ)

スクーターの特徴

f:id:steed40chop:20190218204026j:plain

スクーターは色々と便利です!
普段使いでは『通勤』『買い物』『ちょい乗り』『ツーリング』など幅広いロケーションに対応することが出来ます。
何より数あるバイクのタイプの中で、バックパック1つ分程の積載量をデフォルトで装備しているスクーターは普段使い優秀賞をあげたいくらいですねw

 

そこそこの距離~長距離まで難なくこなしてくれて、尚且つお尻や体への負担も少ないです。ツーリングに行くにしても気軽に出発できてしまうでしょう!必要な物載せれるしね~(*^^)v

峠などの連続バンク・ワインディングに関してはそつなくこなすことが出来ますが、スピードを出して結構攻めるとかとなってくるとタイヤの選別などは必要になってくるでしょう。地面に近いボディーパーツが幅広く・重心も地面よりのせいで細かなバランス調整が難しくなる上に標準でのレーシングスペックなどは期待出来ない為、初心者の方などにはおすすめできません。

 

タンデムは任せておけ!という具合に同乗者は気兼ねなく後ろに座ることが出来るでしょう。後ろに乗せてもらう事が【初めて】又は【1、2回程度】の人でも余裕で携帯を触りながら乗ったり出来るくらい楽ちんですよ♪

 

積載できるシート下は鍵がかかります。シートが蓋の役割をしていて、上下に開閉することによって物の積み下ろしができるのですがシートに鍵がかかるのでシート下に乗せっぱなしなんてことも出来てしまいます!
外出時にはいつも持っていくけれど、毎回室内に持って帰る必要のないものなどはずっと入れておいても大丈夫です。(※バイク本体の盗難には注意!)

 

積載量がそこそこあって、タンデムツーリングもし易い為ちょっとした距離の旅行なんてお手の物♪
突発旅行で超軽装なんかでいくのにもいいですね( *´艸`)

こんな人におすすめ!

普段使いしたい。
荷物が積めるバイクが欲しい!
ヘルメットを家に置いておきたくない。
たくさん乗ってもあんまり疲れないのが欲しい!
タンデムツーリングに行きたい!
旅行にも使いたい!

 

スクーターは特に【普段使いしたい】という人におすすめ!
積載量、ライディングポジションという面で見てこれほど優秀なバイクはありません。
現に私が整備士の頃スクーターで通勤していた店員がいるくらいです( *´艸`)
通勤、通学、買い物にバイクを使用したい人は特におすすめですよ♪

 

終わりに(まとめ)

スクータータイプはすべてのバイクタイプの中で比べてもダントツに便利です!
その為、使用年齢層もとても幅広いですよね!?
ちょっとそこまで~長距離とたくさん走っても疲れにくく、荷物も積めるこの便利さ♪
普段使いしたら結構やみつきになりますw

私個人的にはスクーターは125ccがおすすめです。
速度も十分出て、ボディーもスリムで軽いですよ!
250ccクラス以上になってくるとボディーの幅が結構大きくなってくるので、駐車スペースなどを考えるとちょっと厳しいかも…(;´∀`)という人もいるかと思います。

  • 積載スペースがある
  • 姿勢が楽で疲れにくい
  • ちょい乗り~長距離もいける
  • タンデムが楽
  • 過度なバンク攻めは不安
  • 排気量によっては駐車スペースが…

スクーターはとにかく便利!楽!というのを推します(^^)/
利便性に富んだバイクをお探しの方はスクーターがベストバイでしょう。

※普通自動車免許で乗れるのは50ccまでになります。

 

 

++++このブログはシェアフリーです++++

 ↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

subabro.hatenablog.com