ブログについて

【ブログ】アドセンスのCPCやCTRなどのわからないを解決!アドセンスの見方解説

どもどもー!初心者ブロガーの見方、すばるです(^^)/
ブロガーの皆さん『グーグルアドセンス』活用していますか?
グーグルアドセンスは広告を設置しておくだけで収益が見込めるとっても素敵なツールですよ( *´艸`)

そんな私もアドセンスを利用しており、毎日結果を見るのを楽しみにしています!
まぁ…私の弱小ブログのアドセンス収益なんて(;・∀・)というレベルなんですがw
ブログ運営日数が浅い状態でのアドセンス収益を知りたい方もいると思いますので、収益結果はそのうちオブラートに包みながら紹介していきますね(^^)/
※ド直球で収益結果を公表することはアドセンスの違反につながりますので、あくまでオブラートに包んでになります。

今回はそんなグーグルアドセンスのホーム画面にある『単語のこれ何?』を解消していこうと思っています。

f:id:steed40chop:20190424192714p:plain

グーグルアドセンスを始めたはいいものの
この単語の意味って何…とかなんでこれが上がっていてこっちは上がってないの…?
という疑問というのはアドセンス初心者は必ずと言っていい位ありますw

だってアルファベットの羅列だけじゃ意味わからんもん(´・ω・`)
なんかの頭文字を並べたんだろうなぁとはわかるんだけど、結局わかんないよ!

という事でそれぞれについて説明していきますね(^^)/

 

アドセンス、掲載結果のこれ何?

掲載結果というのはアドセンス内のホーム画面に存在し、ユーザーが一番気にしている部分でもあると思います。
その部分だけの情報だけでも結構な事を知れるので、ここの単語の意味を理解するだけでもアドセンスの見方が大きく変わると思いますよ(^^)/

 

分かり易い単語

  • ページビュー
  • 表示回数
  • クリック数

 

ページビュー

ページビューは文字通り、あなたのブログやサイトのページを何回表示されたかというもので、間違ってはいけないのがあなたのブログやサイトに遊びに来てくれた人数では無いという事です。

1人の方がA、B、Cとブログ内の3ページ(記事)を回遊した場合は3ビューとなります。
3人の方が1ページ(記事)ずつを閲覧した場合も3ビューとなります。

表示回数

表示回数は広告が表示された回数です。
広告の表示回数はブログやサイトの1ページ(記事)にいくつの広告を載せているかで大きく変わってきます。

1つのページ(記事)に3つ広告を載せている場合は、ページビュー数が1で表示回数は3になります。
1つのページ(記事)に1つ広告を載せていて、3人にそのページ(記事)を閲覧された場合はページビューが3で表示回数は3になります。

※広告はページ(記事)よりも読み込みが遅い場合が多く、読者がそのページ(記事)から離れてしまうまえに表示されなければ表示回数のカウントはされません。

クリック数

クリック数はページ(記事)に乗せている広告がクリックされた回数です。
1人が別々の広告を2回クリックした場合、クリック数は2。
2人が同じ広告を1回ずつクリックした場合もクリック数は2になります。

グーグルアドセンスは掲載広告をクリックしてもらう事で収益なるツールなので、このクリック数はユーザーにとってとても気になる情報ですね( *´艸`)

 

分かりにくい単語

  • インプレッション収益
  • CPC
  • ページCTR

インプレッション収益

アドセンスでは、クリックされる事で発生する収益とインプレッション収益という2つの収益が存在します。
クリックされて発生する収益は見積もり収益の所に表示され「自分が獲得した収益」という事がすぐにわかりますが、インプレッション収益に金額が表示されていても何の事かよくわからないと思います。

グーグルの説明によると…

ページビュー1000回あたりの見積もり収益額を表します。インプレッション収益は実際の収益額ではありません。見積もり収益額をページビュー数、表示回数、またはクエリ数で割り、1000を掛けた値です。

計算方法

インプレッション収益=(見積もり収益額/広告表示回数)✖1000

との事で、実際にもらえるお金では無く載せている広告が1000回表示されたらあなたのブログの状況的には「これくらいの収益が見込めますよ」という指標という事です。

インプレッション収益は1000ページビューや表示回数に対して算出する為、ページビュー数や表示回数が少ないと分母が小さくなり、値が大きくなりやすいです。
なので読者数の少ないサイトではインプレッション収益が大きく変動しがちになります。

CPC(クリック単価)

CPCとはクリック単価の事です。
読者によるクリック1回に付きの収益額で、広告のクリック単価は広告主つまり広告を出している会社が決定します。

クリック単価はクリックをされた時の広告のジャンルや出している会社によって変わりますが、アドセンスの掲載結果に表示されるのは平均のクリック単価になります。

例えばその日のクリック数が2あったとし、CPCが¥50だとします。
この場合1クリック目が¥50、2クリック目も¥50だとCPCももちろん¥50です。
1クリック目が¥48、2クリック目が¥52だとしてもCPCは¥50になります。

どちらの場合もその日の見積もり収益額が¥100になり、クリック数が2という事で
¥100÷2クリック=CPC¥50となります。

ページCTR

ページのCTRはクリック数をページビュー数で割った数に100をかけたものです。
ページCTR=クリック数÷ページビュー数✖100
例えばページビューが52回、クリックが4回だった場合、ページCTRは7.69%です。

ページCTRのよくある分かり易い説明だと、100ページビューあたりに何回広告をクリックされているか?です。
このページCTRに関してはブログやサイト運営をしている場合に、結構な指標になってくれる場合があります。

  • アドセンス広告の配置場所
  • アドセンス広告の広告ユニットの選定
  • などなど

ページCTRの情報を基にアドセンス広告の色々な事を考え直す事ができます。
例えば…

「今大体100PVあたり5クリックされているな、もう少し増えないか広告掲載位置を変えてみよう」と行動を起こしました。
「広告掲載位置を変えて様子を見たら100PVあたり2クリック平均になってしまった」

となれば広告掲載位置を変えたせいでクリック率の低下という事に気づく事が出来るのと同時に、どちらの方が適切なのかという実験を出来たという事にもなります。

 

まとめ(掲載結果の見方を知るという事)

アドセンス広告の掲載結果というのはアドセンスを始めてからとても気になって毎日見る様になる項目です。
ただこれらの単語の意味を知らずに見ているのと、知っていて見ているのでは運営ブログに対するフィードバックがどれだけできるのかというのが変わってきます。


最後に説明した「ページCTR」でも結果から分かる事が複数あり、ブログにフィードバック出来る事も複数ありますよね!
掲載結果や見積もり収益額でテンションの上げ下げを行うのももちろん良いですが、その結果を基に運営しているブログやサイトをより良いものにしよう、もっともっと広告が読者の目に止まり易いように工夫しよう( *´艸`)
という様に改善点を探していく事によって、あなたの収益はもっと見込めるようになるはずですよ(^^)/

ではでは今回はここまで(*^-^*)ノシシ

 

《▼グーグルアドセンスの申請方法はコチラ》

www.subablobike.jp

 

++++このブログはシェアフリーです++++

 ↓よかったらポチっとお願いします( *´艸`)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です